次論公論

 
31
 

今日は既に眼鏡ライターとしてその地位を確立した感のある、I様がご来店くださった。いつもはお互いの眼鏡マニアっぷりをひけらかして楽しむ僕らだが、今日は僕のオタクっぷりを自慢する事に終始した。(I様ごめんなさい<m(__)m>)

 
29
 

 西暦2027年 天文学者 狩野 琢磨(28歳) は小規模だがワームホールを作る
装置の開発に成功し、フィアンセ 小泉 美和子の見守る中、自身の研究の集大成と
言えるその装置の発表を日本物理学界の150周年シンポジウムの会場で発表していた。


 
28
 

速報で松岡農相が首吊り自殺と報じられた。このブログでも僕は軽くふれた。
国民を舐めるな!と。所がこの例の「なんとか還元水」の大臣は迷惑を掛けたと


「死を選んだ。」親族の方の想いは当然心中お察しするし、心よりお悔み申し上げる。


でも結局この大臣は何をしたのか?

 
28
 

今日はやっと福井出張の疲れも取れ、自転車で通勤した。
しかもニフティーの占いも朝のテレビの血液型選手権も絶好調だった。
そうして自転車で通って自身を鍛えなおしたご褒美か、
今日は朝からお客様がいらっしゃった。決して忙しいお店ではない弊店では
朝はどちらかというとブログを書いたり、清掃したり、と接客以外がメインのお仕事だ。
そんな時に更なるご褒美が…

 
28
 
ネタばれ必至のため、
最初からお読みになる方は
おやめ下さい。
 
27
 
はじめに(言い訳)

 昔から僕はSFが大好きだった。今でもジュールベルヌの「神秘の島」は思い返すし
当時は何回も読み返した。更にハリウッドのSF物は大好物だ。
ただしSFはサイエンスフィクションなのであってあくまでも切り口は
科学ではなくてはならない。そうは言っても僕に天文学や物理学の知識等、
雑学本で読んだ程度の知識しかない。これは困った。でもそうやって敷居を高くする事でせっかくの僕のモチベーションが低くなってしまうのも悔しいし、そうだこれはSFでは無い。空想小説だ。あっ!今気が楽になった。よしなんとか書こうという気になった。
なのでこのお話はあくまでも空想です。
リアリティーは当然必要なのだろうからそこは精一杯努力する。
でもドラえもんの道具をありえない~といって切り捨てるのもどうかと思う。
要はそのレベルな訳である。どうかご勘弁を。またこうしたらもっとリアリティー出るよ。
と気付いた専門家の方がいらっしゃったらなんなりとご指摘下さい。
読者が何人いるのかも分からずにこんなお願いもどうかと思うが。
とりあえず一歩踏み出す勇気が肝心ね。それでは始まり始まり~m(__)m

 
 
26
 

先ほどのブログでバス通勤した話をお伝えしたが、忘れてた。
その前には嫌な事があったのだ。僕が最後部に座る話はお伝えしたが、
それは足元のおぼつかない方はなるべく入り口近くに座らせてあげたい。
それと入り口近くに座ると年配の方が入ってきたらすぐに譲らなければいけないので
譲りようが無い場所に座れば座り続けることが出来るという僕の勝手な言い訳だ。
本当は座らずに立っていれば譲るも譲らないも無いのだから、本来はそうすべきであろう。

 
26
 

今日は僕はバスで朝通勤した。すると途中で若い男性が二人入って来た。
そして最後部に座っている僕の隣に座った。見るともなしに見ると親子らしく、
ファッションは今時のカジュアルだが、僕から見て奥に座った男性は、
よく見ると40代のようだ。別に僕は年相応の眼鏡があるとも思わないし
服装にももちろん規制があるべきだとも思わない。
そんな事を今日僕が感じたわけではないのだ。何を言いたいのかというと

 
25
 

2日間お店を空けて、研修で福井に行って参りましたが何とも刺激的な2日間でした。、またこれからもより一層仕事に精を出し頑張る気持ちにもなれました。セル枠工場では社長さんを始め皆さんで枠作りの思いいれを語っていただき益々眼鏡が好きになりました。また今回の段取りをして下さった同業の眼鏡屋さん、お疲れ様でした。お陰様でお客様にももっと具体的に商品の魅力やこだわりを伝えられるようになれると思います。更に今回知り合った全ての方との再会を楽しむ何よりのお土産を頂戴し、心待ちにしております。本当にありがとうございました。影郎さんも言っていましたが、同業でもこれだけ仲良くなれて楽しくなれる事に本当にびっくりしました。次にあう時はもうすこしスリムな僕であえるようにm(__)m


うちのお客様にはご迷惑をお掛けして申し訳ありません。更に良いサービスが出来るよう努力いたしますので今後とも宜しくお願い致します。

 
22
 

今日の出会いのお知らせの前に


臨時休業のお知らせ


5/23(水)~5/24(木)を誠に勝手ながら休業させていただきます。


尚5/25以降は通常通り営業いたしますので、今後とも宜しくお願い致します。

 
21
 
僕は、よくバスを利用する。最近は歩いたり、自転車で通勤したりして、
使う頻度は随分下がった。そんな僕でもバスを利用すると度々こういった場面に遭遇する。
 
20
 

ものびじょん!?なんのこっちゃ、というのがこのブログの読者の感想だろう。
昨日いらした60歳女性のT様が裸眼でこの状態だった。
この方の眼は右目が殆ど正視(弱い近視も多少ある。)
左眼が強度まではいかないが普通の近視。
このように左右の度数差があると遠くの視力で見ても当然視力差がある。

 
19
 

最近お客様の中で


「大きなフレームじゃないと遠近は作れませんと他の店で言われた。」


とおっしゃる方が弊店にいらっしゃる事が多い、


「うちは一番小さいフレームだと天地20mmから作ってますよ。」


と伝えると本当にびっくりされる。

 
18
 

今日、先ほどトラクションの修理にN様がご来店いただいた。
このN様は1年以上前にお買い上げになり、
フレームのフロント部が破損してしまったと修理のご依頼をいただいた。
一応僕からはN様にフレーム全額の半分は覚悟しておいて下さいと伝えた。
だが送られてきた納品書を見ると修理代金が発生していない。
先方とお客様の過失かどうかの問い合わせも無い。なのに無償で交換だ。
これもフレームを愛する気持ちの表れだろう。
おかげでN様もすっかりトラクションのファンだ。
N様どうかこれからもそのフレームを末永く愛して下さいませ。
決して安くは無いトラクションのフレーム、でもこんなに一人のお客様に真摯に対応していただけるのですから、決して高くは無い、と僕は感じた。


また、トラクションのデザイン、出荷、工場の方、日本の代理店の方、
トラクションに関わる全ての方に僕は御礼申し上げます。まだちっぽけな1小売店ですが、
少しでも1つのフレームを可愛がってもらえるよう努力いたしますので
今後とも宜しくお願い致します。


フレームを1本長く使う事は、「勿体無いよりは愛。」この方が健全だし楽しいですね。

 
18
 
昨日、コンセプトYのデザイナー兵井様と会食させていただいた。
もう既に
このブログでも紹介させてもらっているが、
眼鏡としての機能性に着目するデザイナーが少ない中、
この方は機能性を突き詰めてデザインしたフレームを開発した。
そのフレームを僕は見るといつも「美しい。」ため息を洩らす。
そう機能美とはこういうデザインなのだ。
 
17
 

今日の読売新聞より


「サルコジ仏大統領就任」と報道があった。


他の国の大統領選が連日話題になるのは米国くらいかと思っていたら、
仏の選挙にも日本国民は関心あるのね、と感心してしまった。
そして低迷する日本の投票率に対し、かの国ではどうなっているのか、
チョット関心を持ってしまった。調べてみるとおよそ75%程だそうだ。日本では近年、



衆議院(2003年衆院選の投票率、史上2番目の低い59.86%)でも


参議院(2004年参議院選挙、56.44%)の選挙でも


フランスとは比較にならない程低い。
ところが日本でも過去には高い投票率を誇っていた時期(1980年参議院選挙74.54%)
もあった。また、この投票率だけを取り上げて問題視することは比較的たやすい。

 
17
 

弊店にいらっしゃるお客様の特徴は、何しろ無骨な昔ながらの眼鏡は掛けたくない。
と言われる場合が多い。最近の遠近両用レンズは技術や理論が進歩し、
装用感が劇的に改善された。また天地の低い小振りなフレームにも
充分に収まるレンズが各社から開発されている。


  今日お伝えするニコンの「シープラウド」は
                 ある意味究極のレンズと言ってよい、と僕は思う。

 
15
 
本日の読売新聞でこの法案成立に関して総括していた。そう、既にこの法案は施行まで3年の猶予があるとは言え、国会で可決されたのだ。僕はこの法案自体には反対していない。(注1)ただし充分な手続きを経ずに、このような重要な法案ですら、す~っと通ってしまうことに恐ろしさを感じる。次は参議院選挙だろうか、その時には言わば消去法で民主が躍進すると僕は思っている。またそうならなければ本当に怖いとも考えている。民主も頼りない、でも極端な言い方をすれば一党独裁のようにポンポンと国の行く末が決められているこの状態も嫌だ、という訳だ。
 
14
 

遠くを良く見える眼鏡で手元を見続けることで、
ピントを調節する筋肉を酷使しることはもう皆さんご存知ですね。
このリラクシーは上の部分に遠くの強い度を入れて、
ある地点から境目無く度を弱くして手元を見た時のピントの調節量が減るのです。


「な~んだ累進レンズじゃん!」と思った方、あなたは正しい。


 
14
 

前々から気になっていたブランド、それはデンマークの「BELLINGER」 


独特の色使いだけでなく、細かいテンプルの細工や
カメレオンというテンプル交換出来るシリーズ等、魅力満載です。


そのブランドが何と  6/2(土)6/3(日)  の間は


フルコレクション(約440本!!)ご覧になれます。


※今回のコレクションをご覧になって、気に入っていただけた場合に
その時点で弊店より発注させていただきます。
その為、納期は2週間程掛かりますのでご理解下さいますようお願い申し上げます。

 
13
 

今月に入ってからニコンのシーマックスが良く売れている。
最近のニコンの高付加価値商品に特化した新作ラッシュは勢いを感じる。
またその商品がことごとく良い。


シーマックス(単焦点の最高峰)、


リラクシー(30代からの眼精疲労対策レンズ)、


そしてシープラウド(カスタマイズド遠近両用レンズ。)


どれも金額は高いが、理にかなっており、ニコン独自の商品群を形成している。

 
12
 
僕は最近、歩いてお店まで通勤しているが、今日は多少の疲れが残っていたので
バスで通勤した。すると、初老の、いやもう少しお年を召しているだろうか、
その方の席に座っている姿勢が本当に美しかった。
そこでふと周りを見渡すと満員のバスの中で、
年齢が若くなればなる程姿勢が乱れている事に気が付いた。
ここで自身を振り返ってみると…
 
11
 
今日はいつもお世話になっているレンズ問屋のA様がいらっしゃった。
最近手元はいいが遠くが見づらいとの主訴だ。
見てみると近視が弱くなる方向にずれていた。
更に眼位を見てみると斜位の方向は変わらないがプリズム量が少なくなっていた。
 
08
 
昨日いらしたお客様は、お店に入るのに1年掛かってやっと入れたそうだ。うちでは珍しくないことだ、確かに店の中が見えずに、偉そうに扉を開けて入って来い、という店構えは自分で言うのもなんだが本当に入りづらい。それでも入って来てくださるのだから余程入りたい「衝動」があるのか、それとも今までの吉祥寺の眼鏡屋で期待をことごとく裏切られたのか。いずれにしてもうちにいらっしゃるお客様はたいがい何かしらの目的があっていらっしゃる方が多い。
 
07
 

皆さん、GWはいかがでしたか?最終日は生憎雨になってしまいましたが、そのほかの日は概ね良好だったようですね。5/5のブログでもお伝えしましたが、今年は本当にサングラスの動き出しが早いのです。では皆さんは何の為にサングラスを掛けますか?眩しいから?紫外線が怖いから?きっかけは様々でしょう。でも実際に色にどんな機能があって、UVカット付きのレンズを掛けるとどんな効果があるのか、はっきり回答出きる方はきっと少ないのではないのでしょうか?

 
06
 

順調に約2キロダイエットに成功していた僕だが、
今日の体重計は非情な数値を指し示していた。
前日比に対してアップするという事態になっていた。


本日の体重80.8 体脂肪率27.0 無念(ム~ネ~ン~~)振り仮名ふるとこんな感じ(涙)


これではいかん!でも焦らず行こうではないか!


ちなみ連休最終日はあいにくの雨だった。
それでもお客様は来て下さるのだからありがたい限りだ。
そして今日も影郎さんのフレームもお買い上げいただいた。

 
05
 
スポーツサングラスが今年は売れている、先ほどのブログ同様に、
心と体のバランスが大事だと思う人が
増えたことを表しているのかもしれない。
うちのお店ではスポーツサングラスは3つのブランドを扱っている。
ルディー、スミス、ジールの3ブランドだ。今回はルディーのお話。
っとその前に
 
05
 

最近、常連さんの間では僕のお腹の出具合について熱く語ることが流行している。店長の腹の出方は見事だ。であったり、時には、その柔らかさはマシュマロのようだと讃える方もいらっしゃる。だがたいていは叱咤激励のようだ。つまりもう少しお腹を引っ込めなさいというメッセージらしい。

 
04
 
本日、開店直後、デザイナーが売れないと言っているのにも関わらず、
ポイズンのカラーが即売れた。もしこれを見てみたいなら、
直ちに店舗に来るべし!と総長が言っている(ことにする!)
ちなみに僕には何の権限もこの秘密結社では無い。以上!
 
03
 

お客様からのお問い合わせで多いのが、


「斜位の人は障害者なの?」というご質問です。


当然たいていのお客様は斜位という言葉自体が耳慣れないし、
初めて聞いたという方も決して少ないのでしょう。
ですから弊店での斜位についての現状を総括し
レポートさせていただきます。

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 08月 【15件】
2017年 07月 【18件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム