次論公論

 
30
 
先日、グラシアスにも専用駐車場が出来るという
事件が起こった。吉祥寺の駐車場1台当たりの
相場は3万円前後、だが弱小眼鏡店グラシアスには
それを何台分も借りる体力も有る筈が無い。
だが黄色い看板が目印のタイムズさんは、
そんな僕らに手を差し伸べてくれた。もし良ければ、
パーキングチケットを優遇してお渡ししますよ。
そう言って下さったのだ。正直今、グラシアスの顧客は
武蔵野市周辺の方々が殆どだが、一方関東全域、
遠い所では長野や静岡からも口コミでいらっしゃる
お客様も居るのだ。電車で来る方、そしてお車で
いらっしゃるお客様、それぞれいらっしゃるが、
僕は遠方から来てくださるお客様に、
実は心ぐるしい思いもしていた。そんな時に
タイムズさんはお声がけしてくださったのだから、、
正に渡りに船だった。そして年明けの1/3から
そのサービスが始まる。それは1万円お買い上げ毎に、
タイムズさんの駐車場チケットを400円差し上げます
というサービスだ。ただし、

駐車券をご提示いただいた時に限りますので、
車に忘れないようにご注意下さいませ。
その位置等は下記サイトよりお確かめ下さいませ。

小さなお店でもお客様用の駐車場をご用意することが出来る。
そんな良いサービスですね♪タイムズさん、
ありがとうございました。

タイムズホームページ

タイムズ位置、満車情報
 
29
 
昨日の記事で拍手は宝物と書いてみたら、
10拍手その記事についていた。
何か催促したみたいで恥ずかしくなった。
でも頂いたものにはお礼を言わないとと思い。
今書いている。あの~、その~

「拍手をありがとうございます。」

ですが、余り興味の無い
話題の時はスルーで結構ですから、
遠慮なくスルーしてくださいねm(__)m
多分次論公論読者の中で一番感心の無い記事が
競馬ネタではないのでしょうか?まだ予想が的中すれば
ご興味も持ってもらえると思うのですが、
当たらない、とズバリ言い切った事が
当たっているだけですから…。
それでも僕は競馬を見るのが、
いやもっと具体的に言うと強い馬が、強い勝ち方をする場面を
見る事がすきなのです。つまり歴史の証人という意味でしょうか?
そういった意味では37年振りに有馬記念を制した
ダイワスカーレットは歴史的な名牝と言えると思います。
ですが過去の最強馬と比べてどうか?
僕に言わせればまだそれを論ずる段階には無い。
僕はそう思っています。来年は海外を中心に
戦っていくそうですから、そこでの戦績が楽しみです。
競馬の予想を外す事には何の恥ずかしさも感じないのですが、
自分に拍手をくれ、そういったと思われると
物凄く恥じらいを感じてしまう次郎であった。
 
28
 
僕のブログは極力リンクを貼らないようにしている。
僕の主張は特定の誰かの利益の為に動いている訳では
無いからだ。だがそのせいかどうかも分からないが、
1日に僕のブログにいらっしゃる人数は90人弱で、
ほぼ安定している。逆に言うともうすぐこのブログを始めて
2年も経過しているのに、1年前と大差無い程の効果しか
あげていない事にもなる。この数字だけ見ていると少し
へこみ、そして落ち込んでしまうが、実はそれとは別の
数字は劇的な飛躍を遂げている。それが「拍手」だ。
以前は拍手が付かない日も有れば、ついても2~4程度
だったのが、今は平気に4くらいはついている。以前と比較して
文章のクオリティーを上げた記憶も無いので、それだけ
次論公論のマニアの方が増え、そしてその方々は
熱心に応援して下さっている。と僕は前向きに考え、感謝している。
まさか素人の書いた小説に(12/28現在13拍手が最高値、)
そんなに拍手が付くとも思っても見なかった。もしかしたら、同じ人が
携帯やパソコンで二回。三回と打ってくれているのかもしれないが、
その気持ちだって僕にしてみればありがたいし立派な応援だ。

 
27
 
明日は競馬の1年における総決算!
有馬記念、ダイワスカーレットの軸は
外せそうにありませんが、他は僕に言わせれば
どんぐりの背比べ、大差ないと思っています。
でも大胆にも予想はしちゃいます。

ズバリ!!
1着 アサクサキングス

2着 ダイワスカーレット

3着 スクリーンヒーロー

の3連単と、この3頭BOXで買い。

 
26
 
先日、お店を閉めた後に近所のファミレスで
妻と遅めの夕食をとった。すると隣のテーブルの
三人組の会話のボリュームが大きいせいか、
嫌でもその会話が耳に入って来る。
すると現在女子高生らしいその女性は、

就職どうしよう?と悩んでいたようだった。

 
25
 
もうすぐ年の瀬、今年もあっという間の1年でした。
また、本当にお店は順調で、お店はいつもお客様の
笑顔で満たされていました。こうした環境で働ける事に
幸せを感じています。

あと一頑張りでお正月、今年も年末年始の営業日程は
若干不規則になってしまいます。ご迷惑をお掛けしますが、
どうかご理解下さいますよう、何卒お願い申し上げます。

年末は12/30まで営業。

年始は1/3より営業。

また1/13~1/16は冬季休暇を頂戴致します。

営業日程をお確かめの上、ご来店下さいませ。
ありがとうございました。

 
24
 
この最終話、これを書き上げるのに約半年掛かった。それ程に自分の広げた風呂敷をきっちり責任もってたたみこむ。それの苦しみをこの半年間味わった。きっと物書きを生業としている方にしてみればきっとほんの小さな苦しみに過ぎない事だろう。だがそれでも苦しかった。そしてその苦しみと向き合った時に、僕は自己分析をせざるをえなかった。実は僕は、この小説に出てくる登場人物との別れを惜しんでいる、そういった一面も有る事に気付いた。それ程にこの小説を書いていく中で、このキャラクター達は勝手に動こうとする、そしてそれを御するのに実は苦労した。だがその苦しみが有ったお陰で僕はそれぞれの登場人物に対して何とも言えない愛着を感じていたのだ。

 
23
 
「どれだけ泣いていたんだい。」

狩野はナザレに聞いた。

「それ程でも‥地球の単位で10分程よ。」
 
「そ、そっか、何か時間の感覚が無くて‥。」

「当たり前よ、悲しい時は我慢するものじゃないわ。
私もお母様を亡くした時は、しばらく当たり前が
出来なかった、身内を亡くすという事はそれ程の事だと思うわ。
増してや琢磨さんの場合は‥、私でも想像がつかないわ。」

「それが不思議と今は穏やかで、落ち着いているんだ。
現実を受け止めたって訳でもないし、
でも会えて良かった心からそう思ってる。
諦めなくて良かったってね。それはともかく
ブッダはやらかしてないかな?」

 
 
22
 
昨日のG1、僕が新馬の頃から注目していたセイウンワンダー
というグラスワンダー産駒の牡馬が優勝しました。
これでこの馬は4戦3勝、そして初戦の敗退理由も
出遅れ、そして勝った馬がツルマルジャパンなのですから
負けても尚強しの感があったのです。そしてその後の
レース振りは素晴らしい。陣営は次は皐月賞を
とりに行くと言っていますが、叩き台は弥生賞の王道を
狙って欲しいものです。また過去4戦全てマイルというのも
気がかりです。一度は2000mのレースを体験させても
おきたいからです。とにかく後は無事に進んで
欲しいものです。「無事これ名馬の条件なり。」と
岡部さんは言ったそうですが、
ディープにしてもルドルフにしても本当にタフでした。
セイウンワンダーも過去の名馬に負けない程に、
タフでそして美しい馬に育って欲しいものです。
とりあえず内をついた岩田騎手の手腕も
セイウンワンダーの末足、どちらもお見事。
そしておめでとうございます。

 
21
 
昨日は溜まりにたまった加工を深夜の
0時近くまでやっていた。すると僕のお店の加工場は、
外から見えるように小窓がついているのだが、
そこから帰宅する方々が皆、わざわざお顔を
下げてご挨拶してくださる。

一つの場所で3年半もやるとこれだけご縁を
いただいたのだと感慨深くなる。
するとその0時になろうかというその時間に
常連のY様ご夫婦がいらっしゃった。外からニッコリと
笑顔を送ってくださる。慌てて妻が扉を開けた。
すると仕事の後にご夫婦で夕食をとった後に
帰ろうとすると僕が一心不乱に加工している姿が
目に付いたとの事でご挨拶に来て下さった。
それから30分余り、眼鏡談義やその他諸々の話に
花が咲き。楽しい時間を過ごさせてもらった。

東京に眼鏡屋は数多くあれど、深夜の0時から1組の
お客様の為に店を開ける。そうそうそんな眼鏡屋
あるもんじゃない。眼鏡オタク以外に誇れる事はあまりない、
だがこの融通の利く感じは、
少しは威張っても良いのではないのだろうか?

仕事帰りにお疲れモードの中、ニッコリとお声がけ
下さった皆様も、本当にありがとうございました。
 
20
 
先日、お邪魔してきた幡ヶ谷(笹塚ではありませんでした。汗)のリエゾンさん、元々オーナーシェフの加藤さんは、うちのお客様のお友達、そういった関係でした。また仲の良いお店フリークエントパックスさん主催のパーティー等でそのこだわりの品々を堪能してきました。そして前回、伊藤家親族一同でお邪魔して以来の久々のリエゾンだったのです。そして今回は12月のスペシャルコースでしたが、それに贅沢にもアラカルトでコースに追加し、ボリューム満点の夕食となりました。それでは携帯の写真なのであまり画像の品質はよくありませんが、ご紹介したいと思います。

 
19
 
僕が密かに小説を書いていた事は、
次郎マニアの、更に極一部のマニアの方しか
ご存知ない筈だ。素人が書いた小説なんてものは
そんなもの、そう理解しているつもりだ。
だが最後に書いたのが5/7、それから実は僕は
苦しんでいた。最後まで書ききる事がこんなにも
苦しいものだとは思ってもみなかった。
ストーリーは出来上がっている。
後はそれを頭からアウトプットすれば良い。
だがたったそれだけの事が出来なかった。
昨日僕はその進まぬ自分に腹を立て、
過去の小説を最初から読み返した。
そして最新の頁に入った途端に拍手が

4拍手ついていたのが目に入った。

 
18
 
以前の奮闘記でもお伝えしたが、
敢えて人体実験のように極端な度数を処方してみると、
本人も想像が付かない程に辛い違和感と、
そして体が悲鳴を上げる事態となってしまった。
実は、三日間で僕は音を上げたのだ。

「もう我慢出来ん!」

 
17
 
今日、僕は奥様と厚岸(あっけし 読めるかな?)の
牡蠣を食べに笹塚のリエゾンまで行って来ます。
ここのお料理はどれを食べても美味しく。
そしてホスピタリティーにもいつも感動を頂きます。
皆さんも良かったらどうぞ。

リエゾンホームページ
 
16
 
今日は、グラシアスオリジナルフレームについて、
業者さん(何かこの言い方、妙によそよそしいなぁ~)
と打ち合わせ。今回は4型5色、計20バリエーション。
そしてそれが各バリエーション共に1本しか作りません。
つまり1本売れたらそれで終わり。そんなアホな~!
と思われた方。でも本当なんです。その4型の中に
必ず黒は入れますが、それ以外の色は基本的に
同じ型では二度と使用しない予定です。気に入って
いただけるかは分かりませんが、他とバッティングしない
という意味では価値は有る、そう思っています。
せっかくオリジナルを作るのですから他所に有るものを
作ってもしょうがない、それが僕のポリシー。
だから分かり難いかもしれませんが、僕なりのこだわりも
反映し、グラシアスらしさを考慮しました。
このフレームは小顔の女性か、小顔の男性向けのデザインと
なっています。残念ながら僕のような巨顔族の方には
あまりお勧めしにくいのですが、そういった方々向けには
ボチボチ発売しますので、それもお楽しみにm(__)m

またラフスケッチ等で今後もこのブログでチラ見せしますから
乞うご期待!!
 
15
 
先日、常連のモロ師崎様から変わったご要望が有った。
それは、

「今度スノボしにスキー場に行くんだけど、
そこが温泉も付いているんです。その露天からの景色が
素晴らしいそうなので、是非温泉でも眼鏡を掛けたい、
そしてスノボの最中もゴーグルの下に眼鏡を掛けたい。
その過酷な二つの条件を満たせるフレームと
レンズの組み合わせ有りますか?」

とのお問い合わせだった。

 
15
 
先日、フレームと有るお客様の
素敵な出会いがあったのでご紹介させていただく。
僕が多くを語るよりは、百聞は一見にしかず。

とくとご覧下され。

和服美人
眼鏡の裏の色と着物の色を合わせる。


笑顔
失礼な物言いはどうかご容赦いただきたいのだが、
切れ長の目にこのオルグリーンのヘルキャットは
お顔が怖くなってしまうのかな?と少し心配したが、
表のブラウンの温かみがそれを
打ち消してしまうのだろうか?
物凄く穏やかな表情を形作っている。

ヘルキャット
髪の色、そして肌の色、お召し物の色。
そして眼鏡の色形。僕には提案出来なかったが、
このK様は上手にご自身の魅力を引き出されてる。

参りましたm(__)m


                                 カメラマン 奥様
 
13
 
今日は北京から観光で来たご一行様の検査、
そして接客で大忙し!通訳のS様、
お疲れ様でした。しかしK様、僕の宝物、

ic!berlinの桜と、

トラクションのドラゴン。

この二本まとめ買いには正直やられました。
大切にお使い下さいませ。また、もうお一方のK様、
混合乱視に、近見でのみ大きくずれる外斜位。
その為、近見での調節不良を起こしていました。
さぞや辛かった事でしょう。
今回の眼鏡できっと楽になる事でしょう。
お楽しみに。

手抜きですみません。
 
12
 
本日、モードオプティークが発売になりました。
かなり、詳細なシルモ、IOFTレポート等。
今回はいつも以上に見所満載!
今日帰ったら湯船に浸かって、
シワシワに(皮膚が)なるまで読もう!

全国の書店へ急げ!!
 
11
 
昨日の辛さを無理やり忘れ、
今日はどうかと朝から掛けてみる。すると掛けた瞬間に、
前日と同様、コメカミ、そして右目に強い違和感がした。
そしてそれでも我慢して掛け続けた。
すると耐え難い頭痛が30分程で襲ってきた。
極力歩かないようにしているのにも関わらずだ。
でもここで負けては男が廃る。
それでも辛抱強いプリズム次郎は耐えた。
だが1時間程経った所で、収まるどころか
猛烈な吐き気まで伴い、強烈な辛さだった。
だが目標としていた1時間をクリアーした事で、
何とか自分を誉めてあげた。そして眼鏡を
いつもの単焦点に切り替えた。
しかしフレームは関係無いが、

この辛さは何だろう?

 
10
 
前回までで僕の今回作った眼鏡の度数と
経緯をご説明した。それでは今日から体験レポート開始!

 
09
 
僕は自分の今までの人生を駄目駄目な
人生だと理解している。だが眼鏡店として独立してからの
自分の方が、過去の自分より比較的好きになれる。
それは今の方が自分に嘘をついていないからだ。
過去の自分は自分の判断より、
上司や会社の判断を当然優先し、
そしてこんな僕でも、そこそこ自分を殺して働いていた。
別に手抜きをした覚えも無いが、
会社の評価は散々だった気がする。
だがそんな不良社員の僕の立ち上げたお店が、
前職の外食業の全国チェーン店の中で、
顧客満足度で1位をとった。

 
08
 
1日遅れでK-1GPをビデオで見た。決勝戦は
僕の希望通り、バダハリとボンヤスキーの対戦となった。

だが結果は…

 
07
 
今回、このレポートを書くきっかけとして、
僕は敢えて一番新しく作った眼鏡に極端な処方をした。
通常遠近両用眼鏡の度数作成の肝は、

「欲張らない事」だ。

 
06
 
明日はダートのG1ジャパンカップダートだ。
そして僕の応援するサクセスブロッケンが
自身に苦杯を舐めさせたヴァーミリアンと
再戦する。これだけでもワクワクなのだが、
その他にもダートのそうそうたる面々が
一同に介し激突する。前走本場アメリカでぼろ負けした
カジノドライブも、日本のダートで14馬身ちぎった実績も
有ることだし見てみたい。その他にもサンライズバッカス、
ブルーコンコルド、ワイルドワンダーワンダースピード、
フリオーソ、いずれも日本のダート戦線で好成績を
収めてきたツワモノ揃いだ。そして取捨が難しいが、
砂のディープと言われたカネヒキリ。
故障明け復帰後1戦目も勝ち負けでは
無かったが0.6秒差の9着。
ガラッと変われば分からないし、
勿論自力はこの中に入っても抜けている。

 
06
 
僕は今39歳、既に遠近両用も含めて
何度か自分の足りない調節力を、レンズで補う眼鏡は
既に何本か作成済みだ。その僕の今愛用している
眼鏡の度数はプリズムが水平方向が片目にBI4.00度 
上下には0.75度。合わせて4.75度、
プリズム度数を入れて眼鏡を使用している。

 
05
 
今回、オルグリーンさんのご厚意で、
既存のコレクションに加えて、シルモの新作の発表会も
兼ねてオルグリーンフェアを開催する事が出来た。
そして元々綺麗な色目で、軽く、機能的、
そして何より格好良いオルグリーンが、この度更に、
劇的な進化を遂げた。今回の新作の内二型は、
従来の独特で優しい色使いはそのままに更に軽くなった。
変更点は、

フロント=純チタン テンプル=ベータチタン
     ⇒全て※1ベータチタンに変化した。

 
04
 
明日からのオルグリーンフェア、
何と!オルグリーンよりノベルティーグッズが!!
デザインも素敵なTシャツが三日間で合計10名。
先着でご注文いただいた方にプレゼント!
ま、それはともかく今回はシルモの新作も
ギリギリ間に合い、初公開です。
皆様どうぞお誘いあわせの上ご来店下さいませm(__)m
 
03
 
グラシアス草創期からの人気ブランド、

オルグリーン。

そのコレクションが12/5~12/7までの
三日間グラシアスに勢ぞろい。
独特の色彩感覚と秀逸な掛け心地。
その色合いの妙を是非お楽しみ下さい。

オルグリーン

 ※尚、シルモの新作も今回は含まれますので、
新作の場合は入荷まで1ヶ月程度はお時間を頂戴致します。
 
02
 
先日、お店を閉めた後にサンロード(吉祥寺のアーケード街)を
何か食べる物ないかな?とうろうろと徘徊していた。
すると常連のお客様がいらっしゃった。何と、
今からストリートライブをやるユニットのプロモーションを
手掛けているというのだ。その名も

「trunk(トランク)」

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【20件】
2017年 07月 【18件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム