次論公論

 
28
 
僕は強めの外斜位(遠見BI16.00)だ。
いつも使っている度数は両目にBI4.00度ずつ
プリズムを入れている。それでも僕は気を抜けば
すぐに両の眼が開き、左右の眼がそっぽを向いてしまう。
だから意識してもしなくても僕は常に眼に力を
入れている日常となる。だが僕はそれが当たり前だと
思っていた。それくらいの努力や仕事を眼にさせないと
眼も堕落する。しっかり働けよ。と自分の器官の
尻を叩いてきたのだ。

 
27
 
今日は朝から色々忙しく、記事を掛けそうにありません。
ごめんなさい。また明日。
 
26
 
大阪への強行出張、その成果は
今後お客様にお見せしなくてはいけませんが、
それでも非常に為になる勉強会でした。
そこで学んだ事とはずばり

「バランス」

だと僕は感じました。。僕らは様々なシーンで
バランスをとっています。そしてそのバランスが
肝心なのだと思い知らされました。

とりあえず昨日、睡眠を殆どとれなかったものですから、
その知的興奮に満ちた体験談は、また後日
このブログで紹介させていただければと思います。

その先生のホームページを下記に
あげさせていただきます。
ご興味有る方はどうぞ。

視覚情報センター

田村先生というお方なのですが、淡々と、
しかも熱く僕にご指導下さいました。
本当に有り難いし、先生のご苦労は
無駄にしてはいけない。そう自然に思えたのです。
また相手にとっては迷惑かもしれませんが、
また僕に素晴らしい出会いが有りました。
と僕の喜びをお伝えさせていただきます。
 
25
 
大阪に行ってきます。先生の仕事ぶりを
拝見出来るのですからこの時間を無駄に
しないようにしなくては。そしてお客様に
フィードバックしたいのです。
 
24
 
今日いらしたお客様は右眼と左目で約6.00度程の
度数の開きが有り、しかもそのまんまの度数で
眼鏡を掛けられていた。それで問題無かったが、
最近少し眼鏡を掛けると疲れるようになった。
そういう主訴でしたが、結果として左右の近視や
乱視の度数としては変化は無かったが、
斜位量が水平/上下共にずれの量が増えていた。
その為微調整程度で良かったようだ。
これ自体には何の問題は無い。

 
23
 
昨日まで、約1ヶ月強の加工祭り状態から
抜け出せず、隙あらば加工室にこもっていたが、
その日々も後二日、そのくらいの目途はついた。
その後には先日浮かんだある事の
準備に取り掛かりたい。そう思っている。

サムライジャパン、強いですね。

フェブラリーステークス、直線の叩きあいには
震えが来ました。そしてついに実現したカネヒキリ、
ヴァーミリアンに代表されるダート最強世代の
二強を破り、サクセスブロッケン、カジノドライブ。
この二頭による決着。ただこの結果すら
これから始まる長き戦いのきっとプロローグに
過ぎないのだろう。

いんや~しびれたしびれた!
 
22
 
今日の夢は中学生の僕が生きている時代に
ゾンビが日本全国で出現し、人類は存亡の危機に
立たされた。という良く有るっちゃある話の夢を見たが、
それは途中で終わってしまった。今日の夜は
その続きが見れるかな?あ~怖かった。題して

「LIFE OF THE DEAD~ジョージ・A・ロメオに捧ぐ~」

僕はゾンビ映画は大好きだが、
ゾンビは大嫌い。微妙な男心なのだ。
 
21
 
感性とは、人間の持つ知覚的な能力のひとつである。

感受性とは、外界の刺激や印象を感じ取ることができる働き。

 
20
 
今日は、僕の夢でもあるジャパニーズスタンダード、それが何故必要か?それについて簡単にご説明したいと思う。また改めて説明する事を必要だと感じた事例も有ったのでご紹介したい。





 
19
 
来た来た来た~!

影郎さんのTABUの新色。この間のプチトランクショーでは
ご覧になれた方もいらしたのですが、都合がつかなかった
方々も多くいらっしゃることかと思います。
是非遊びにいらして下さい。
 
18
 
昨日に引き続きプロレス団体のお話、ではなく、
今日はWOFという展示会に行って参ります。
素敵なフレームとの出会いが有ると良いのですが…。
 
17
 
自称格闘技マニアのこの僕だが、
この間の戦極でも、三崎さん、吉田さん、
そして五味さんまでもが総崩れ、
時代を作ってきた方々が苦杯を舐めた。
唯一その五味さんを破った北岡さんが、
超新星と言える程の強さをみせてくれたが、
まだ伝説となるような歴史を築くには到っていない。

 
16
 
僕は幼い頃、罪の意識もなく平気で嘘をついていた。
僕は、物忘れが酷いから、

「親はちゃんと教科書持った?」

と心配して声をかける。僕は持ったと思っているが
その場で確認するのが面倒だから

「うん、持った。」

と確認もせず即答する。そしてよく教科書を
忘れて廊下に立たされていた。

嘘をついて良い筈が無い。これは一般常識だろう。
だが嘘も方便という言葉もあるのだから、
きっと時には嘘をついても良い時が有る筈だ。
例えば不治の病に犯された方に、

「大した病気じゃないんだから、
    早く治してまた一緒に遊ぼうぜ。」

これは方便ではなかろうか?一方

「明日の宿題はもうすんだ?」

そう聞かれて

「うん、終わった。」

と嘘を付く。この二つの嘘には決定的な違いがあるが、
それは勿論、誰の為に嘘をついているか、これに尽きる。
相手を思い嘘をつく、その心は優しく、
そして自分が楽したいからと自分の為に嘘をつく。
大人になった今の僕にはこれを醜いと感じる。
ここが決定的に違うのだろう。こうして大きく分けると
嘘は二種類に大別される。

先程もお伝えしたが、僕は幼少期に嘘つきだった。
そして僕は最近考えるのはもし自分に子供が居たら、
どうやって自分の為に嘘をつく事がいけない事なのか、
それをどうやって説明するかを考えている。
究極の答え等有る筈も無いが、
それでもおぼろげながらその像が浮かんできた。
嘘を類別するのに、もう一つの手法が有った。
それは誰に嘘をつくかだ。

相手に嘘をつくのか?

それとも自分自身に嘘をつくのか?

この分け方だ。相手に嘘をつく事は勿論よくない事だ。
だが自分に嘘をつく、もう少し具体的に言うと
自分の思いを表に出せずしまいこむ。
これこそ子供はしてはいけない事ではないのだろうか?
自分に嘘をついている事。もしかしたら自分は
嘘をついた事。それを後ろめたく思うかもしれない。
それでその子の心はよどむのだ。
本来澄み切った純粋な心で、乾いたスポンジのように
世間を知識を吸収していくべき子供の心が
濁ってしまっては、これからを背負って立つ人材が
育たない事すら意味している。
そして嘘は一つつけば、それに更に嘘は上塗りされていく。
そうしていくうちに子供は次はこう聞かれたら
どうやって嘘をつこうか?そんな事に労力を割いてしまう、
それこそ勿体無い。僕はそう思う。

相手をおもいやる嘘はきっと自分も苦しい。
だが同じ苦しさでもそれは自分には嘘は
ついていないのだ。誰かの為にと何かをするから
人は見返りを求める。だが病中の方に嘘をつく行為に、
僕は無償の愛すら感じる。

自分の(利益の)為に自分自身にすら嘘をつく。
そうはなりたくないものだ。

ここしばらくのニュースを見る限り、
政財界の方々は、もう一度そこから
やりなおしてみてはいかがだろうか?
 
15
 
昨日は2/14、好きな人に告白したり、
お世話になっている方にお礼の意味で
チョコレートを配る日、その名もヴァンアレンタイデー。

……う~ん、少し違う気が(汗)

先へ進もう。グラシアスにも常連さん達が、
様々な贈り物を届けにいらした。その内訳は、

豚の形(しかもかなりメタボ。)のチョコレートや、

一粒うん百円もする高級チョコ、

そして次郎くんと書いてある。
ノーシュガー、ノーエッグのクッキー。

この方々は皆僕に贈り物をと思ってきていただいたが、
それぞれ微妙にそのメッセージには相違がみられる。
豚チョコちゃんをくれた方は、

「あんたはこんな風に見えているのよ。」

と日頃の僕の不摂生に対し警鐘を鳴らしてくれている。
またノーシュガーのクッキーには美味しくて、
しかも健康な食べ物を食べていつまでも良い眼鏡を
作り続けてくださいね、という僕には勿体無い程の
お気持ちがこもっている事が分かる。
また一粒うん百円のチョコをくれた方には、
僕が普段からあまりチョコとか食べていない事が
分かっているので、せめてこんな時くらいは
好き放題に贅の限りをつくしたチョコを食べてくれ。
そういった思いもいただいた。こうして様々な思いを頂戴し、
今日の僕はまた加工祭りに向かうのだ。

そう、ヴァンアレンタイデーの宴の後に…。

ん!?何か間違っていないか?

お!そうそうヴァレンタインデーだった。

そうかそうか常日頃、笑いに厳しい僕は、
天文学で使われる用語のヴァンアレン帯と
ヴァレンタインとかけて書いたつもりが、
そんな事は既に書いているうちに忘れていた。
説明しよう!ヴァンアレン帯とは、

ここに書いてある。

どうだろうか?ご理解いただけただろうか?
ちなみにSF小説作家の肩書きを勝手につけている僕でも、
読んでもチンプン漢文、難しすぎる。

ま、よいではないか。それでは皆さん、
くれぐれもチョコの食べすぎには要注意。
僕みたいになっちゃうよ。

ダイエッター次郎
 
14
 
とある場所の高名な先生のお店に
今度勉強会に参加させてもらう事となりました。
僕に足らない物を短時間ですが少しでも
吸収出来るように、気合、今から入っています。
 
13
 
しばらくお休みしていたYELLシリーズ。
今日は次論公論に久々の登場だ。今回はよく有る
パターンなんだが知られていない事例を
ご報告させていただきたい。匿名希望の
男性なのだが仕事でパソコンを平均8h程度
見ているそうだ。だが最近眼が疲れるし肩もこる。
だがグラフィックもするので極力色づれしたくない。
その為カラーレンズは入れたくない。
といったご要望だった。僕はこういった場合には、
ご予算の都合さえつけばレブラのレンズを推奨する。
その特徴をこのお客様も調べていらしたようで、
すぐにそれは納得していただいた。だが今回は、
そのレンズの宣伝ではなく。眼鏡屋ではよく見かける
事例なのだが一般の方には馴染みの薄い、
そんな目の状態をお伝えしたいと思う。

 
12
 
少し古いねたになるのだが、先日久米宏さんがニュースキャスターを勤められているテレビ番組で、タイトルの「あなたは何故働くのですか?」と視聴者に問うという企画があった。僕はえらい難しい事を聞くなと思っていたが僕の答えはすぐに出たので、他の方々がどういった考えなのか興味津々だった。

 
10
 
すみません、今大作を仕上げた所で消えてしまいました(涙)
諦めて加工祭りしてきますm(__)m
 
09
 
皆さんもご存知だとは思うが、グラシアスはお陰様で
4周年を迎える事が出来た。そしてメーカーさんや、
いつもの常連さん達がここぞとばかりに遊び来てくれた。
そして僕は(僕の接客スタイルはほったらかしだが)
いつものように皆とただ談笑していた。
それがまた心地よかった。不況と言われるこの時代に
このイベント期間中、いつも賑わった。

本当にありがたく思うし、

感動させてもらったし、

「力」もいただいた。

皆様、本当にありがとうございます。
いつも正直で有る事に満足せず、
これからもお客様にご満足いただけるよう
努力してまいる所存でもありますので、
どうかこれからもグラシアスを宜しくお願い致しますm(__)m

 
08
 
今日は朝から影郎さんがいらっしゃいました。
またポイズン党の総長、特攻隊長もいらして
久々の対面で和んでおります。そして新作の数々、
溜まりません。影郎さんは、他社で使っている生地でも、
その生地を活かすのが本当にお上手。
別の生地のように見えます。また眼鏡の楽しみでも
あるのですが、同じ形でもまるで別物、
新鮮な感動をいただけます。
ありがたやありがたやm(__)m
 
07
 
今日僕は初体験、ネイルをしてみました。

「え!?男性がネイル?」

きっとそう反応する方がきっと多いかた思いますが、
僕の正直な感想は

「たっのしい~、全然有りじゃん♪」

でした。勿論、男性は男性らしさを全面に
出したデザインでも勿論良いとは思いますし、
ピンクのラメを美しいと感じる男性だっているでしょう。
それをしているからオカマだとか、
そろそろそういっている時代でも
無いのかもしれません。僕はそう感じてしまいました。
固定観念、それを一度拭い去り、そしてまずは
チャレンジする所にもしかしたらビジネスチャンスは
転がっているのかもしれませんね。
中島さん、勉強になりました。
ありがとうございます。

初ネイル
こんな感じなら男性でも自然、僕はこれを
「ピンキーネイル」と勝手に
呼んでいます。あ~楽しかった。
 
07
 
今日から二日間、カリスマネイリスト、
中島さんによるネイルサービスを実施していま~す。
爪にピンクのネイルを施し、そして眼鏡は
何にしようかな?また逆も有りなのではないのでしょうか?
僕はそんな眼鏡を絡めた楽しみをこれからも
提案出来ればいいな~と何となく考えています。
皆様お誘いあわせの上、遊びにいらしてくださいねm(__)m
 
06
 
何故か知らぬが、僕の大好きなテレビ番組、
めでたく10周年を迎えた「あいのり」が終了する
事態となってしまった。僕はこの番組を
見て号泣するのが日々の生活の垢を落とす為に
必要だったのだが、これからどうすれば良いのか?
また良い番組を探さなくては(汗)

 
05
 
ある製品をデザインしようとした時、デザイナー自身が
望もうと望むまいと、必ず自分のこだわりや人生観、
それらがそのデザインには反映される。
そして今日グラシアスにいらっしゃる
フライbyアキットのデザイナー、川上さんの
作られる世界は、僕の目にはとても優しく映る。
きっとこの絵を書いた方は優しさに満ちた方
なんだろうな、とつい想像してしまう。
影郎さんが繊細な方だと作品を見る限り
そういったイメージを受けるのとは好対照だと
僕は感じた。そんな川上さんは1日限定だが
自身の作品を携えてご来店していただける。
本当に有り難いと僕は思う。皆さんもどうぞその
川上ワールドにどっぷりとはまって見てはいかがだろうか?

勿論グラシアスでも今後取り扱いを始めますが、
それでもフルコレクションをご覧になれる機会は
そう無いと思いますよ。
 
04
 
明日から四日間、グラシアス四周年の
イベントが始まります。今日はフランシスクライン、
そしてレチルドのme ray が無事到着しました。後は、
五日にフライバイアキットの川上さんが新作を
携え来て下さるのを待つばかりです。

 
03
 
先日、セイコーのレンズの最高峰
スーパーP1〈ネオ〉を自分の枠に入れてみた。
前回の記事でもお伝えしたが、セイコーさんは
強度のプリズムに対応しているのは
この商品のみだった。それ以下ではいつもの3.00度数
までしか作成出来ない。それはメーカーが悪いのではなく、
ニーズが無いのだから仕方が無いというお話をした。

ではそのセイコーのレンズにプリズムを入れると
どうなのか?結論から入る。

「ぶっちぎりに良い。」のだ。

これでは過去のHOYAのプレミアムや東海光学の
ベルーナレガリアと比べるのが失礼な程にだ。
採点項目にそれらの商品と比較すれば全て
10点としてしまいそうな程に楽なのだ。
だがそれではレポートにならないので、
HOYAの名誉挽回の為と、シビアな採点をする為に、
HOYAの最新レンズ、トリニティーで作成し、
そことの比較で再度判断したい。その為、
セイコーのレポートはしばらく時間をいただく事を
どうかご理解いただきたい。

10年前に遠近を使ってみて諦めた方、
最近のレンズは凄い!掛けた瞬間

「え!?これ遠近なの?」

と感じてしまった程だ。もう一度騙される価値は
有ると僕は断言したい。その代わり、
ご予算の都合がつく限り最新の設計の方が
(後悔しないという意味では)安全だとも思う。
僕にしてみればサミットプレミアムでも充分に
凄いと思っていたが、更にその上の世界は
とんでもなく広く、そして深かった。

あ~それにしても悔やまれる僕の眼、
斜位がもう少しすくなければ、
全ての商品レポートが出来たのに~。
 
02
 
いよいよ、二周年四周年のイベントも迫ってきた。
新作「me ray」について、連日メーカーさんと
詰めの確認をしている。到着が待ち遠しい。
フランシスクラインも本国フランスから出荷したと
ご連絡をいただいた。そしてFLEYEの川上さんも
ご自身のブログで今回のイベントを紹介してくださった。

 
01
 
僕がフレームの品番をタイトルに持ってくる事は
非常に珍しい事だが、それ程、このフレームには
お世話になった。何度も加工した。
注文しても注文しても欠品になってしまう。
そして今回がメーカーさん曰く最後の納品と
なるらしいのだ。今後は工場にリピート注文を
かけないそうだ。そして昨日、グラシアスに
そのCH-046が入荷された。
今更説明の必要もないかと思うが、
この眼鏡はガリレオというドラマで俳優の福山雅治さんが
使用した事によって一躍脚光を浴びた。
そのドラマ終了後も、その人気は衰えず、
グラシアスでは常に在庫出来ず、
入荷しては欠品の繰り返しが1年以上続いている
まさにお化けフレームだ。

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 04月 【19件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム