次論公論

 
31
 
今日は朝一番で清々しい気持ちにさせてもらった。先日、眼鏡をおつくりしたSAKI様(22歳 女性)が調整のためにご来店して下さった。また今回のケースは是非、他の眼鏡屋さんと知識と喜びを共有したいと思ったので報告させていただく。

 
30
 
以前にもお伝えした大橋トリオ、トリオなのに、二人組みというユニットが、ユニット名はそのままに今度は一人でメジャーデビューした。別に一人でも二人でもクオリティーに問題が無ければ良い。では中身はどうだったのだろうか?…いい!!とてつもなくいい!!もう本当に一度で良いから騙されて欲しい。ご自身のホームページでも試聴できるそうなので一度お試し下さい。

以前の僕のレビュー

公式ホームページ

癒されるよ~♪
 
29
 
憲章7章明記、軍事措置に含み=拉致問題にも言及-対北安保理決議素案

【ニューヨーク28日時事】日米両国が英仏中ロと韓国に配布した北朝鮮に対する国連安保理決議の素案の概要が28日、判明した。国連憲章第7章の下で行動するとうたい、将来の軍事的強制措置に含みを残した上で、北朝鮮の核実験を「最大限の表現で非難する」と表明。北朝鮮が「拉致問題を含む人道上の懸念」に対応する重要性を強調している。
 2006年の1回目の核実験後に採択された対北制裁決議は、7章41条で定められた非軍事的措置に制裁を限定するため、「憲章7章下で行動し、41条に基づく措置を取る」としていた。これに対し素案は「憲章7章下で行動する」とだけ述べ、制限を取り払った。ただ、検討中の追加制裁に純軍事的な措置は含まれていない。
 素案はまた、加盟各国に06年決議に基づく対北制裁の即時実施を要請。北朝鮮に対しては「すべての核兵器および核計画の放棄」を義務付け、核実験・ミサイル発射の停止や国際原子力機関(IAEA)による監視受け入れなどを要求した。6カ国協議への即時復帰も強く促した。拉致問題に触れたくだりは前文に挿入されている。(時事通信)

この記事をヤフーから、拾ってきたが、ヤフーというのはいわゆるいけいけ系の方が多いようで、軍事制裁をする方向性を支持している方が多数のようだ。これを与党の工作員という方もいれば、たまたまという方も居る。僕には勿論判断がつかない。だがいけいけ論調の方々にお聞きしたい。

軍事行動を起こすときにあなたが当事者となって動くのですか?
それともテレビゲームを見ているかのように安全な自宅から観戦するつもりなのですか?

ということだ。

僕はもし自分の家族が目の前で殺されかけているというのなら話は別だが、今、北朝鮮の取っている行動はただの挑発行為に見える。それに乗っかりこちらから先制攻撃等しては、むしろ相手の思う壺なのではないか?と思える。更に東アジアで紛争が起こり、それで儲かる軍需産業や金融屋。そんな奴らを喜ばせるだけではないのか?と普通に思ってしまう。

人の命を屁とも思わず、戦争当事国双方に資金や軍事力を提供して漁夫の利を得る。もしもそんな奴らが居るとしたら僕は許せない。今の僕らに必要なのは冷静さであり、そして時間だ。ことを急くから答えが決まってしまう。ここは逆に窮鼠に猫を咬ませるくらいの余裕が欲しいものだ。

僕の私見では、北朝鮮がもしも核兵器を韓国や、アメリカ、そして日本に落としたとしたら、国際世論から袋叩きだ。もしも将軍様が狂ってしまったというのでなければ、そんな玉砕覚悟の政治的決断なんてありえないと思う。要はただの脅しの筈なのだ。もしも脅しでなくとも、日本は国際社会という味方をつけられる。

戦前の日本も日韓併合までは国際世論の主流派であった。満州に傀儡国家をつくりだした時点から、中国に進出していた欧米列強と利害関係になってしまい、孤立してしまった。

もしも過去の歴史を教訓とするのなら、
               ここは待てだ。

 
28
 
ま~つりだ、まつりだ。加工まつ~りだ~♪

また明日!
 
27
 
先日グラシアスに衝撃が走った。何でも常連のA様(30代 女性)がめまいが酷く、救急車で運ばれたというのだ。

幸い大事には到らなかったが、それでも退院後2週間経っても完治とはいかず、未だにふらふらしているそうだ。このA様は元々外斜位でBI5.00度程度、遠見でずれが有ったが、それでも僕は多少の近視で、かつ輻輳も上手に出来ること。また視力としても問題なかったためにプリズムは入れなかった。水平はずれがあったが上下にずれは僕の検査では見つけきれなかった。

 
26
 
グラシアスでの着実にファンを増やしているブランド、デザインマルクス。そのブランドの新ラインがグラシアスに届けられた。この新ラインはチタン製のシートメタルなのだが、何しろ軽い。以前から軽さと堅牢さを兼ね備えていたブランドではあるが、以前にも増してその軽快感は向上している。

また僕の中ではこのマルクスのシリーズ全般は、レンズのシェイプが小さいデザインが多いのだが、そういった意味ではシートメタルでも小さな玉形はマルクス、大きく面白い物は?と聞かれればic!berlin。とこのように住み分けが出来そうだ。ちなみに今回のマルクスもネジ無し、溶接無し。しかも…。その先はお店でご覧になってください。

さ~商売商売♪(苦笑)
 
25
 
僕は以前に民主党の企業献金廃止の提言に対し、それでは不十分と断じた。結局社長さん名義で献金は残り、分かりやすい便宜供与はともかく、特定の業界を優遇するような税制等は当然残り、結局何も変わらないと指摘した。そんな僕と同じ事を考えている方がいらしたのでリンクを貼っておく。参考にして欲しい。

 
24
 
僕は不憫な子だったのだろうか?皆さんは当たりまえなのかもしれないが、人生初の体験をさせていただいた。昨日は常連のお客様がオールスターでお店にきてくださり、僕にお祝いの言葉くれた。ブログにも多数の方から40歳の誕生日を祝う言葉をいただいた。だが僕は今までの40年間でこれ程自分の生まれた日を祝福されたことは記憶にない。

 
23
 
価格破壊と言われて久しいが、100円ショップのダイソーやマクドナルド、ユニクロ、吉野家、これらの企業も価格破壊の代名詞と言っても差し支えないだろう。そして僕の勤めていた松屋も牛丼業界では価格破壊の先駆けといわれていた。

 
22
 
眼鏡雑誌の中で、そのクオリティーでは双璧をなすモードオプティークと眼鏡BEGIN.。その眼鏡BEGINが本日?発売されました。今回はグラシアスのレチルドも紹介されたり、グラシアスの名前があちこちに。僕の苦手な顔写真も掲載されているページもあります。今回もその作りこみは半端じゃない。お近くの書店へ急げ~!!

尚、

「グラシアスの名前が本の中に何ページ有るか?」

これに正解された方には福井のお土産のお菓子がついてきます。(←きっと外れてもついてくる。)皆さん!頑張って誤植を見つけるグラシアスの名前が何ページあるか、見つけてみてください。一ページに複数グラシアスの名前がある場合は一箇所と数えます。またプリズムレンズに関する紹介ページ(2P)もご用意していますのでそこは一箇所と数えます。では頑張ってみよう!

ほなさいなら。
 
21
 
今月はLOOSE、と新ブランド「グラニート」フェアを

開催しております。

新旧のコレクションがグラシアスに大集合!

この機会をお見逃し無くm(__)m
 
20
 
本日(5/18の夜に書いている。)は徹夜明け、

朦朧としながらこのブログを書いている。

昨夜は僕の苦手な帳簿付け。

そして徹夜明けに銀行に入金に行ったのだが何と!

もう一回、何と~!!僕の行きつけの銀行、

(う~んなんかおかしいな。)

…僕の馴染みの銀行。こんちわ♪

やっぱりおかしい。

僕とお取引している多摩信用金庫(う~ん、しっくり♪)

の前に商工会議所があるのだがその前に(大袈裟ではなく。)

100m以上行列が出来ていたのだ。

先日お伝えした商品券を買い求める方々が

列をなしていたのだった。

皆さん、早くいかないと無くなるかどうかは分かりませんが、

発売期間が五日間と短いのも事実なので、

お早めにお買い求め下さいませ。
 
19
 
明日から手作り眼鏡の研修と工場回りのために
三日間臨時休業致します。
皆様にご迷惑をお掛け致しますが、
何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

5/19、5/20、5/21⇒臨時休業。

5/22以降は通常通り営業させて
いただきますので、宜しくお願い致します。
 
18
 
昨日行われた牝馬のマイルG1。ヴィクトリアマイル。断然の一番人気だったウォッカが、好意から直線抜け出し、直線ぶっちぎり7馬身の差をつけて圧勝した。牡馬に混じり、ダービーを取った馬なのだから、勝って当たり前と思うかもしれないが、昨年は2着に惜敗しているのだから僕は勝って当たり前とは到底思えなかった。だがそんな僕の不安を完勝という形で見事に払拭した。僕は今でもウォッカより引退したダイワスカーレットの方が強かったと思っているが、それでもこの勝利を見るとダイワスカーレットが飛び抜けていて、ウォッカだってダイワが居なければ立派な歴史的名牝だったのかもしれない。たらればは勝負事に禁物かもしれないがウォッカはこれで5冠目だが、もしもダイワがいなければ桜花賞は間違いなくとっていだであろうから、6冠馬だったのだ。

こうして牝馬二頭で星を分け合ったが、果たして好敵手が互いにとってよかったのか悪かったのか?それは当の両馬にしか分からない。だが僕は強い馬が連勝街道をひた走る姿を鑑賞するのが好きなので、同じ世代に歴史的名牝二頭は少し勿体無い気がする。ともかく競馬の醍醐味は引退後の再会にある。ウォッカやダイワの子達からどんな名馬が誕生するのか?少し気が早い気もするが、それを楽しみに待ちたい。
 
17
 
今日は久しぶりにブログは一息つきます。
ごめんなさ~いm(__)m
 
16
 
僕は創業してから約4年間、開業の時に借り入れた借金を返すことで一杯一杯で、それこそ今の僕の年収よりも眼鏡屋でサラリーマンをしていた時の方が余程高い4年感だった。そんな状況だからこの4年間自分にご褒美と言わんばかりの高額なお買い物なんて僕も妻もしていない。出来るわけもない。だがこのブログで再三再四申し上げている通り、それでも僕は幸せだと言っている。

 
15
 
政治もマスメディアもお金(献金や広告料)にしばられ、本来の目的を忘れてしまっている(もしくは目をつぶっている)現状があるということは、このブログで何度か僕の見解としてつたえさせていただいた。現代社会で一番困難なことは「真実を知ること。」ではないか?そんな今でも、懸命にジャーナリズムを発揮しようと努力されている方々がいる。僕は最近知ったのだが皆さんはきっとご存知だろう。だがもしも知らない方がいらしたら是非ご覧になっていただきたいサイトがある。昨日の記事では与党よりの発言を支持し、今日は野党を弁護している新党大地の鈴木宗男氏のお言葉を紹介させていただく。

ジャーナリズム

 
14
 
議員の世襲を制限するという方針を民主党が発表した。その解説を産経新聞で簡易にご説明いただいている。最近ネット社会では政権に媚を売っていると酷く叩かれる産経新聞だが、僕は以下の記事を見てそれ程酷いとは思えなかった。皆さんはどう思うだろうか?

 
13
 
武蔵野商店回連合会及び武蔵野商工会議所が武蔵野市の店舗向けに発行する

「元気だせ武蔵野商品券」



5/18~5/22までの5日間限定で発売されます。

 
12
 
今日いらした方は、入って来るなり眼が疲れるんですけど、どこの眼科にかかっても原因が分からずにたらい回しになってしまうと言われていた。原因が分からないから処置のしようがないと言われるそうだ。今日も原宿の眼科にい行ったが眼に問題が有るとは思えない。こういった見解だったそうだ。これは大変な方がいらした、そう思いながらも「僕で出来ることがあれば是非お力になりたいので見させて貰えますか?」と早速お話を伺ってから見させてもらった。

 
11
 
僕はグラシアスを評して、「駆け込み寺」という謳い文句を使ったことがある。それは、他のお店や、時には眼科でさえもさじを投げざるをえない状況になってしまい、どこかでこの不満を解消してくれる眼鏡屋は無いだろうか?とさがしている方々に、たまたまご縁をいただいたに過ぎない。だが眼鏡屋歴を浅いこの僕の作る眼鏡で普段の生活もままならない方々が一気に快方に向かってしまう(決して百発百中でもない。)ことが度々みられた。僕は検査論を語る資格もなく、基本的には師匠の受け売りだがそのやり方を素直に実行すれば

 
10
 
前回はニコンの量販グレード、ビーダーパルのレポートをお送りしたが、今回は、それの一つ上のグレード、ニコンのプレシオiというレンズの評価を、あくまでも独断であることをお伝えしつつご紹介させていただく。この両者の比較してみると以前にニコンのセミナーでニコンの開発者の方がおっしゃっていた。
 
09
 
僕は、今の世の中にはびこる二元論、これが大の苦手だ。思想や芸術、政策、これらをこの人は良い人、悪い人と、スパッとナイフで切ったように分類出来る筈がないとさえ思っている。それなのに最初から立場を決めて、答えがあるかのように自分の答えが正しく、それが全てだ。こう言いきっている記事やブログを見ると、おいおい大丈夫かいな、と心配になる。かくいう僕も自分のポリシーや眼鏡を作る上での技術論なんてものに自信なんてこれっぽっちもない。

 
08
 
常連のお客様が次論公論のテンプレートの変更を提案してくれた。僕は何となくで選んだ形式だったのであまり愛着はなかったし、マンネリはどうかとも思ったので気軽にOKと返事した。ところが出来上がった自分のブログを見るとあまりにも自分の意向が反映されていて驚いた。僕のやりたい事が整然と並べられていた。どうして僕の頭の中が分かるのだろう?と不思議に感じた。

そして今回は色々な機能が付け足されていたが、僕のお気に入りは

「ALL」という機能、

過去の記事をこのボタンを押せば全て記事のタイトルとその内容のさわりが見られる。こうしてタイトルを見ると僕の考えもまた整理できるというものだ。次論公論のコアなファン(ほんの一部)の間では最初の頃に書いた記事が人気が高かったりする。途中からご覧になっている皆様も一度過去のタイトルだけでもご覧になってみてはいかがだろうか?

僕は初期の傑作を一つ挙げろと言われれば迷わず

「女性の屁」

というタイトルの記事をお勧めする。まだ1日にほんの数名しかご覧になっていなかった頃に、その日だけアクセス数がぐっと増えた。下ネタ強しは本当だったと感心したものだった。最初はフレームの紹介もせずに商売っけ抜きにやっていたが、お客様にたまには新作のフレームの入荷案内くらいしろとお叱りをいただいてからはたまに案内するようにしている。そんな次論公論の変遷も楽しんでいただければ幸いだ。

それではページの右上に有る「ALL」という文字をクリックするとそのページに飛ぶので、一度ご覧になっていただきたい。勿論過去ログでもお気に召せば「拍手」は大歓迎(催促している。)なのでよろしく!!
 
07
 
「たけしの本当は怖い家庭の医学」で隠れ斜視という言葉で斜位を説明し、目を酷使すると場合によっては自立神経失調症になる、と番組で取り上た。その件をブログでアップするといつもの2.5倍の方が当ブログにいらした。それ程興味があるのか?と驚いた。前回のブログでも指摘したが、番組の編成上仕方が無いのかもしれないが、誰にでもある眼位のずれを病気であるかのように伝えたのだが、その伝え方に僕は問題があったと感じた。ここで僕の考えをもう一度整理してお伝えしたい。

まず眼位のずれがみつかり、それがストレスとなっていると判断した場合には、

 
06
 
今日はこっそり営業しています。
もし調整等でお急ぎの方は
こっそりいらして下さい。

こっそりですよ。
 
05
 
先程、常連のお客様よりお電話をいただいた。どうやら「本当は怖い家庭の医学」で隠れ斜視や隠れ遠視について危険性を伝えているとのことだった。どちらかというと視力でしか判断せず、眼鏡の不具合で発生する健康を害する要因には触れずに視力が出ればOKとしてきた医療/眼鏡業界の経緯は当ブログでも以前より指摘してきた。

こういったテレビ番組で少しでも啓発できるのであれば喜ばしいことだ。だが「隠れ斜視」とは何だ?少なくとも僕は聞いたことが無い。実際にヤフーで検索しても医学や眼鏡屋のブログやホームページでは殆どヒットしない。この番組の説明を見ても僕はただ内斜位や外斜位を隠れ斜視と言っているのに過ぎないと感じた。一般の方に分かりやすくするためにその言葉を生み出したというのなら分かるが、過度に消費者の不安をあおるような番組作りは僕はあまり感心しなかった。

確かに僕も斜位の検査を全ての方に実施すれば、多くの方の能力が増え、当然稼ぎも増え、学力が平均値に追いつかず脱落する方々が減る。それは裏の社会に行かざるをえない方々も救える効果があるとさえも伝えてきた。放置することは危険だが商業主義の中、「数字(視聴率)」だけを追いかける番組作りに違和感を感じた。ともかく両眼視機能検査をしたうえで良い眼鏡を作る必要性をこれからも訴え続けてゆきたい。世間の方に興味を持ってもらう。それが普及の第一歩だ。
 
05
 
今日僕は夢を観た。勿論夢を観るのは初めてではないが、妙に記憶に残る一つのフレーズがエンドレスで脳内を駆け巡る。そんな不思議を感じる夢はそう多くない、以前にこのブログでも紹介した「効率化と怠惰」というフレーズが夢で象徴的だった。あの夢以来の印象に残る夢だった。

 
04
 
グラシアスでも人気のドメスティックブランド、LOOSE。今月はそのLOOSEの新旧コレクションが大集合!更に、グラニートというブランドも今回グラシアスでは初お披露目、可愛いですよ。期間は今月一杯を予定しています。この機会をお見逃しなくm(__)m
 
03
 
今年の春の天皇賞は小粒だな~。というのが第一印象、今後はともかく現状では歴史的な名馬といわれる馬が僕に言わせれば一頭も居ない。アサクサキングスが一番人気というが、アサクサキングスは、牝馬のウォッカや引退してしまったダイワスカーレットと比較しても明らかに、牝馬の二頭の方が強かった。牡馬達よ、それでいいのか!?過去のどの天皇賞よりも盛り上がりに欠けるのであった。

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 02月 【15件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム