次論公論

 
31
 
前回のハンガリーGPで負傷したフェリッペマッサの代役に皇帝シューマッハーが電撃復帰することになった。予測不能の事故の後だけに仕方がないのかもしれないが、それにしてもこれから約3週間程度でチームの力になれるだけ体力は回復するのだろうか?僕は不安で一杯だが、皇帝様なので居るだけでもよいのかもしれない。ただ、開発能力については、ブランクそのものがデメリットになりにくいのでは?シューマッハーのフィードバックには期待してよいのかもしれない。
 
30
 
意味は分かりませんが、今の僕はこんな感じです。
今日もひ~!!という僕の叫ぶ声がこだましました。

ともかくまた明日m(__)m
 
29
 
アンケートでフィッティングを有料化することの是非をとろうと試みたが、昨日の時点で12対9で反対の方々の方が優勢のようだ。当然だと思う。むしろ賛成に9票入っていたことに僕が驚いた。それ程フィッティングは無償でという業界内での常識は世間に浸透しているということだろう。だがこうして消費者の意見を一つ一つ拾って集めるという作業が、今の僕ら眼鏡業界に従事する人に求められていると思うし、どちらかというとそれがおざなりになっていた不思議な業界だったのではないか?消費者が何を求めているか?ということよりも競合他社の戦略は?それに勝つためには?そればかりを追求しすぎている気がする。もっと原点にかえるべきだと僕は思っている。商売はお客様のためにある。そしてその満足の代価として僕らは利益をいただいている。その結果としてお客様、従業員、そして取引先。その全ての満足があるのだと思う。

 
27
 
先日いらしたお客様からこんなことを言われた。

「こちらで買ったフレームなんですけど、調整していただけますか?」

ここまではよくある会話で僕は「あいよ。」

と返事し、調整した。だがその後から少しいつもの風景とは変化した。そのお客様は見え心地が良くなったと喜んで下さったので僕も素直に喜んだ。するとそのお客様は少し遠慮がちにこうおっしゃった。

 
27
 
昨日はさすがに大人しい日曜日になるであろうから、溜まりに溜まった加工をしようと企んでいたのだが、その僕の楽観的な予測はものの見事に外れてしまった。昨日の余韻を楽しむかのように多くのお客様がいらして下さった。そして加工は更に溜まった。

そんな僕がそのトランクショーの様子を丁寧に書く気力も残っておらず、どうしたものかと思案していた。(←その暇があったら書きなさい。)すると僕には多くの諸先輩方がいらっしゃることに気付いた。そして手抜き記事(←言っちゃった。)であることを極力分からないように、他のブログでの記事のリンクを貼るのだ。これならその方々のセンス溢れる文章で、僕のこの溢れんばかりの想いを代弁してくれる。そうかこんな手があったのか!!

トランクショーの様子はここ

それとここも!

影郎さん、ありがとうございますm(__)m
お陰で立派に手抜きが出来ました。
 
25
 
皆さん、本当にありがとうございました。
井上さん、アケミさん。影郎さん。

そして沢山のお客様が東京以外からも
集結してくださいました。
皆さん、本当にありがとうm(__)m

また明日このブログで会いましょう。
 
24
 
7月25日のトランクショーについて…

25日のトランクショーにて購入希望のお客様へ~誠に申し訳ありませんが、トランクショー当日の検査は11~12時、18時半~21時とさせていただきます。(土日祝の検査予約はお受けしておりません)トランクショーにて購入されるお客様は25日以降の検査をおすすめ致します。

●今秋発売予定! 影郎デザインワークス 「Mashura」 先行予約会開催! (内金をいただいての予約完了となります)また、「Mashura」の写真撮影はデザイナーの希望によりご遠慮願います。

■「REAL」お買い上げのお客様には「REALオリジナルバッグ」プレゼント!

▲影郎氏、井上氏によるサイン会開催!

(ご購入に関わらずご希望のお客様にプレゼント!規定枚数に達し次第終了となります)

7月25日
トランクショー終了後の16~18時は

打ち上げpartyです!
影郎氏、井上氏とファンの皆様との

親 ・ 睦 ・ 会

おやつ飲み物持参OK!

持ち込み差し入れ大歓迎!(極簡単な準備はいたします)

但、最低限のマナーとして

飲み食べながらの

フレーム選び、試着は

ご遠慮下さいませ

また、

手荷物(貴重品)等の管理はご自身でお願い致します。


この文書を妻より午前中にブログにアップしたらどうですか?とメールで連絡をもらったが、今のいままで途切れることなく来客が続き、やっと今お昼ご飯をいただいた。どうやら明日来られない方々と、明日は混むだろうからとなかなか鋭い読みで本日ご来店下さったようなのだ。お陰でこれから急ぎの準備となる。

明日は天候に恵まれるかどうかも分かりませんが、従業員一同(妻と僕)皆様のご来店をお待ちしております。それではまた明日!!
 
23
 
今、大相撲が凄いことになっている。昨日は休みだったので、ゆっくりと大相撲中継を見る事ができた。昨日の注目取り組みは無敗の白鳳と1敗の大関琴光喜。これが凄かった。始まる前から地元の琴光喜に対して応援の「コトミツキ」コールが割れんばかりに響き渡る。いつもの琴光喜ならここで萎縮してしまうのだが、昨日は違った。解説の元寺尾親方も言っていたが、琴光喜は当たり負けもせず良い形も作る。だがそこから攻めきれないと解説されていたが、この日も当たりもよく。そしてまわしも取れた。ここからがいつもと違った。攻め続けたのだ。一度土俵際まで行っても返される。だがもう一度攻める。最後は白鳳が根負けし、土俵を割った。

両者ともに力を出しつくし、見事な勝負だった。今日は白鳳は魁皇と、琴光喜は今場所今ひとつ調子の出ない横綱朝青龍と。今場所の朝青龍となら何とかなるのではないか?それ程琴光喜の取り口には気迫が満ち満ちていた。昨日の気力を維持できれば、横綱も夢ではない。自然とそう思えた。やはり心技体、技と体格では一切引けをとらずとも、心の弱さを常に指摘され続けてきた琴光喜、一皮向けた姿を今日も魅せていただきたい。何せあの朝青龍が横綱昇格前だが、「琴光喜とだけはとりたくない。」と言わせる程の器だったのだから。
 
22
 
僕はニコンのレンズが好きだ。特にシープラウド、シーマックス、シースタイル、この三種類は乱視が強い方には滅法評判が良いし、売っていても手ごたえを感じる。お客様の喜びが手に取るように伝わってくるのだ。

そして今回も少し難しいケースで、僕がシースタイルなら作ると言う条件を出し、我儘を言って作っていただいた。

【フレーム】
ic!berlin の 新ライン トレシック vendredi
このレンズの幅は64mm 鼻幅12mm、これにPD62mmの人のサングラスを作るというのだから気合が入る。※1

【レンズはニコンのシースタイル1.67】
カーブ指定出来る両面非球面レンズ、ニコン独自の八軸設計も採用する。またコートは最先端のシークリアーが標準。レンズ径を大きく取り、乱視が強い方のカーブとしてはセイコーのワイドテックと並び最強だろう。
だが、今回はあまりにも度数が強い為、セイコーは作成範囲から外れていた。その為必然的にニコンで決定した。

それでは簡単に度数データーも下記にあげておく。

【作成度数】
RS-2.50 C-0.25 AX150
プリズムベースイン0.25度
LS-4.00 C-1   AX1  
プリズムベースイン0.25度

見ての通り乱視が強いのだ。だが正直ビクビクしながら
お客様にも

「自信ないよ。」

と言いながらお渡しした。
するとお客様が上下に首を振って見え方をチェックしていた。
僕は
(あれ?歪むのかな?)

と焦った。

だがそのお客様はレンズの端に目線を縦にも横にも振ったが、殆どゆがみを感じないというのだ。
ニコンのシースタイル恐るべし。
こんな度数であおり角もつき、そしてレンズ径は馬鹿でかい、そんな悪条件では間違いなくこのレンズをお勧めするが今の所外れなし。

ニコンのレンズ関係者の方々、我儘な注文に答えて下さいまして本当にありがとうございました。

※1~分かりづらいと思うが、レンズ径が64mmと非常に大きなイマドキのサングラスだ、そしてそれに加えてフレームPDとお客様のPDが大きく差がある。これが僕がびびった原因だ。何故なら偏芯※2しないと径が足らず、加工できなくなってしまうのだ。

※2~光学中心をずらし有効径をかせぐ、レンズ径の大きなサングラス等では頻繁にこの注文をする。だが今回は非球面で作ると決めていた。だがセイコーのワイドテックでなければ非球面で大幅に偏芯は受けてもらえないのだ。ちなみにニコンのシースタイルと東海光学のモードサンクは2.5mm偏芯は受けている。



 
21
 
昨日の深夜、僕は残業して実は眠たく、早々にグースカ状態にしてやろうと企んでいたのだが、TVが悪かった。BSでマイケルジャクソン特集をやっていて、BADの16分(?)ノーカット版で感動したし、でもそれが終わってやっと寝られると思ったら今度はドリーム10がやっていた。個人的なベストバウトはメルヴィン・マヌーフ対パウロ・フィリオ 打撃のマヌーフと寝技のフィリオ。普通はこういった立ち技対寝技の試合はかみ合わなく、盛り上がらずに判定か、それか寝技の選手が速攻タックル決めて、瞬殺しちゃうパターンが多い。だがこの試合は序盤からマヌーフが圧倒した。ボディーにも顔面にもいいのが何発も入った。だがフィリオは耐えた。そしてチャンスを待ち、一回のチャンスをものにして極めた。互いの長所が上手く引き出せた素晴らしい試合だったと思う。
 
20
 
先日お伝えしたAちゃん、まずはその以前の記事をご覧になっていないとこの先を読み進めてもあまり理解しにくかと思われます。まずは過去の記事からご覧下さい。

いったいどうしたらいい?

このAちゃんが、今日1ヶ月程度経ったので再検査という形でご来店して下さった。過去の記事にもあるとおり、Aちゃんには前回僕は0.3程度の視力になった眼鏡を作った。それが正しいかも分からないがそれでも何とかしてあげたいと思ったのだが、今日検査した結果、基本的な方向としては間違っていないと言っても良さそうだった。

今日Aちゃんは、両目で視力が0.7出た。本人の装用感としても遠くは今までより多少みやすく、手元は明らかに良いそうだ。だが歩くのはまだ怖いそうなので、授業中にだけ掛けているそうだ。

この歩くのが怖いというのは両眼視がまだ出来ていない状態なので、致し方ない。またこの時点で内斜位を矯正する方法もきっとあるとは思うのだが、遠視の度数が安定していない現状では、プリズムを入れるのに高価なレンズをお勧めするのも僕は心苦しいし、やはり長く使えない可能性がある場合には極力安価なレンズをお勧めしたくなる。

ともかく、これで今までよりは多少でも授業中の集中力が増すという予測くらいはつく。これで遠視をしっかり矯正すれば斜位量もきっと減るだろう。そこを今後の検討課題としたい。

Aちゃん、もうちょっとの辛抱、ごめんねm(__)m

 
19
 
昨日の

神戸対川崎の試合で

すんげぇ~ゴールが生まれた。

僕は日本で日本人によるゴールでこんなに感動するとは思わなかった。それ程素晴らしい感動を生んだゴールがこれだ!!!

スーパーゴール

キャプテン翼を見て育った僕としては今、猛烈に感動しているのだ。

ツネ様ありがとう。でも残念ながら代表では辛いかな~。でも守備力が更に上向けば可能性はない訳じゃないし、応援しています。何しろ今代表で一番層が薄いのがセンターバックですから。


※え~っと、業務連絡、他の人のブログを見るとブログに動画とか貼っているけど、それって僕のブログでも出来るのかしら、以上IT音痴な滋郎さんの独り言でした。

最近、僕は何気に滋郎さんを気に入ってきている。サンズイとったら慈しむだし、う~ん悪くない。
 
18
 
皆さんは眼鏡をつくりに眼鏡屋さんに行くと、まずは何をしますか?

大別すると

①フレームを選ぶ

②検査をする。

③レンズを選ぶ。

この三つの手順をに別れますが、皆さんは必ずこの道を通って眼鏡を作ることでしょう。お店にいますと色々な方がいらっしゃいます。だいたいが①+②で八割くらいでしょうか。残りの二割はレンズ指名買いのお客様です。お陰様でお店を開いて四年半、最近は検査で多少評判にでもなったのでしょうか?まずは検査をしてくれと言われる方が増えてきました。ですがまずはフレームを見たいという方も多くいらっしゃることでしょう。また、レンズなんて高い品に変えても変わらないよ。という方も当然いらっしゃるでしょう。僕はレンズだって目的に合わせてそれぞれ得手不得手がありますし、その好みを店員に伝えて提案してもらうべきだと僕は思っています。フレームなんてものはそれこそ機能性からファッション性までインポート物も含めると大変な数のジャンルが出来てしまいます。

僕の感触はフレーム2に対してレンズ1という感覚なのですが、それが合っているのかずれているのか確かめてみたくなったのです。意外と軽視されがちなレンズ。ですが見え心地という眼鏡選びの基準を持ってしまうとなかなか簡単にレンズをそれ「で」いいやと言いにくくなるのも事実と言えます。またレンズの種別によってはフレームの形状に若干の規制があるとご存知な方はどの程度いらっしゃるのでしょう?グラシアスでは遠近両用でも天地は20mmあれば遠近は作っています。具体的あげれば、theoのブラックタイが丁度天地が20mmです。これより小さい玉形はなかなか無いと言ってもよいとは思います。ですが中近両用等のタイプになるとまた変わってきます。僕はどちらかという軽視されがちなレンズというものの開発者のこだわりをもう少し身近になれるようお伝え出来ないかな?と日々考えているのです。

それではお聞きします。皆さんが眼鏡屋さんに行きますとまず最初に何を選びますか?

①レンズ

②フレーム

でお答え下さい。え!?検査は?それはまたの機会にしましょう。検査が最優先な方は二番目はフレームかレンズかでお答え下さい。それではまた一週間よろしくお願い致します。


今回もアンケートにご協力下さいまして本当にありがとうございます。

今回の結果は、

眼鏡を作る時に重視するのは、

フレームと選んだ方が、32名

レンズを選ばれた方が、5名

と僕の予想では2対1程度でフレームが勝つかな?と思っていたので僕の常識は世間の常識とはずれずれであることが露呈してしまった。だが前向きに考えれば、昔は昨日一辺倒でお洒落なフレームを探す事が困難な時代だったと思うのだが、それから時代は変わり眼鏡でお洒落を楽しみたいと思う方が増えたのかもしれないと前向きに考えようと思います。また、機能重視でもカズオカワサキやZ-PARTS、コンセプトY等のように機能とお洒落と両立できるブランドを支持する方々の一票も入っていたのかも?と推測もします。ともかく、今回の結果は素直に受け止め、フレームの目利きの力がこれまで以上に求められていることを常日頃意識し、より良い提案が出来るように僕らも勉強しなくては時代に取り残される気も僕はしている。

最後に一言、でもねレンズも大事よ~。

ありがとうございました。
 
17
 
頭痛

肩こり

眼精疲労

腰痛

顎関節症

めまい

耳鳴り

乗り物酔い

瞼の痙攣(麻痺)

顔面の麻痺

姿勢の矯正

うつ病

自律神経失調症

メニュエール病

突発性難聴

飛ばし読み

球技の上達

絵を描けるようになる。

転ばなくなる。

 
16
 
『自民の両院総会署名簿「した、してない」で混乱も』

 首相周辺や執行部は依然、両院議員総会の開催に消極的で、両院議員総会に代わる「総括の場」を開くことを検討している。党大会に代わる議決機関である両院議員総会の場で、麻生首相に即時退陣を求める声や、総裁選前倒しを主張する声が出れば、展開によっては麻生首相の退陣につながりかねないとの懸念があるからだ。署名した議員の中には、総会で総裁公選規程を改正し、総裁選前倒しを実現して麻生首相の交代を狙う議員もいる。一方で、首相が地方選の総括と反省、次期衆院選に向けた決意を述べればよしとする議員もいて、「目的や意図はバラバラ」との見方が出ている。実際、中川氏らが名簿を提出した後になって、「自分は『麻生降ろし』には賛同しない」「自分は直接、署名していない」などとして、署名名簿から外すよう求める議員も複数出た。逆に、新たに名簿に加わった議員もいる。各派閥は、署名名簿に掲載された所属議員に、署名の真偽や目的をただすなど、確認に追われた。党幹部の一人は16日、「21日にも衆院を解散し、8月30日衆院選という日程は予定通りだ」と語ったうえで、両院議員総会や、それに代わる「総括の場」も開く必要はないとの考えを示した。 (7月16日12時31分配信 読売新聞)

 
14
 
関東甲信越地方が梅雨明けですって!普段から、太めな僕はいたる所がじめじめしているのですが、それでも梅雨時はそれに拍車がかかるのです。でもこれで気分も身体も晴れ晴れ、今日も楽しく仕事にとりくめます。

 
12
 
次論公論史上最も写真を使った記事となるであろうことは既に予想はついていた。今回の並々ならぬ僕の意気込みを誰が理解出来るであろうか?きっと凡人には到底理解しえないことだろう。

な~んて(余計な)前振りしながら、Lessthanhumanとグラシアスのコラボモデルの紹介記事なのである。







 
10
 
道州制については

賛成 17

反対 2

という結果となりました。問題は山積しておりますが、議論に議論を政治家の方々は勿論、僕らもある程度の情報は知っておく必要があるのではないのでしょうか?

ご協力ありがとうございました。
 
09
 
グラシアスのキャッチコピーは、お洒落だけでも技術だけでも満足出来ない方へというファッション性と機能の両立を狙ったのだが、ところがお客様でその眼鏡の機能というものをどれ程の方々が理解し、それを欲しているのだろうか?要はお洒落で普通に視力出ればいいじゃん、と考えている方が大勢であろうとも僕は考えている。僕がやろうとしているその両立のためには手間が掛かる。その手間を考えれば1本○千円とかで販売することは到底無理な話なのだ。

ではここで読者の方々に問いたいと思うが、その前におさらい。僕は眼鏡の機能の要素として5つあると勝手に主張している。それは以下の通りだ。

フレーム

レンズ

検査

加工

フィッティング

以上の5つの要素を満たして初めて眼鏡は機能すると主張している。検査にこだわって加工とフィッティングに手を抜く事は、僕は考えられないのだ。それでは早速いつものページの右上にそのアンケートを作成させていただく、どちらか選べないという方も、敢えて言うなら自分の好みとしてはどちらを優先しているのか、それを出来ればお答えいただきたい。何しろ今の眼鏡業界は低価格化とファッションアクセサリーに向かって一直線に向かっている。こんな時だからこそ、まてよと言える眼鏡屋も必要だと思うのだ。更に言わせていただければ、僕はこの機能性はどのお店で買っても大差ない状態をつくり、そしてそれ以上の企業努力で新たな顧客サービスを模索するべきだと思う。ところが現状は、高い眼鏡屋だろうと高い割りには意外と機能にこだわっていなかったり、安い眼鏡屋さんだって懸命にやっている方もいるだろう。要は値段でそのお店の技術レベルやこだわりを判断できないのが問題であり、消費者もきっとそこは困っていることだろう。

僕はいつかどのお店に行っても最低限両眼視機能検査を受けられる状態を整備し、国民が心も身体も健やかになれるところ思い描く。眼の不具合で競争社会から脱落する人が一人でも減ることが僕の喜びなのだ。そのためには今消費者のニーズである。ファッション化と低価格化に更に機能という要素を加えていただき、消費者が上手に眼鏡屋選びが出来るようにしてみたいのだ。

現状ニーズのない要素と言って差し支えない機能性、このニーズを作ることが僕の仕事の第一歩だ。その先に普及の道がきっと開ける筈だ。

それではアンケートにご協力お願い致します。


アンケートの結果は大方の予想を覆し、

機能性を重視すると答えた方が

29名

ファッション性を重視すると答えた方が

12名

という世間の常識とはかけ離れた結果となったと思います。このブログを書き続けて2年、滋郎毒に犯された方々が少しは増えてきたのかなと感慨もひとしおであります。補足をするのなら僕はファッション性を否定しているのではないのです。眼鏡でお洒落をする楽しさをしってしまった人に、機能一辺倒の眼鏡を掛けることはストレス以外の何物でもないことでしょう。ですが今は機能という眼鏡の本来必要な筈の要素があまりにも省かれ軽んじてこられてきたことを僕は問題視しているのです。

お洒落も機能もどちらも消費者に妥協させぬよう、僕らは日々トレーニングするべきでしょう。

アンケートにご協力下さった方々、ご協力下さいまして本当にありがとうございます。
 
08
 
僕は、眼鏡屋という職業を半医半商だと言っている。商売だけでなく、半分はお医者様になったつもりでするべきだ、ということだ。そして眼鏡屋度数決定に専念し、その前段階として、お医者様には、視力低下の原因は屈折異常であると診察された場合には、眼鏡作成許可書(仮称)を出し、その後眼鏡屋で視力測定などすれば分業出来て効率的だと主張している。だが実際にはお医者様のみ処方箋というものを発行する権限があり、僕らには度数決定権すらないと思える。

そして眼鏡屋を国家資格化したうえで、処方箋の権限を眼鏡士に移すべきだと僕は思うが、過去の経緯を見るとこれを既得権益を守る、奪い取る。そういった戦いにしてしまったがために、眼鏡士を法整備化させることに失敗している。僕は、そこに消費者の利益が絡んでいないと当たり前を言っているに過ぎない。では、お医者様にも利益有る提言は出来ないものか?と僕は常に思案している。ここで僕の妄想癖システムが起動した。

いつものように現実性はないかもしれないが、こんな医療制度改革はどうだろう?

お医者様は現行の診療点数で報酬を決定するわけではなく、全て評価制にする。それは外科医であれば手術の成功率であったり、再発のパーセンテージ、そして薬をいかに少なくかつ効率よく処方出来るか?また人気の有無をはかるうえでは来院の患者数も評価の対象となろう。こうすれば、お医者様は生活のために必要性の薄い薬の処方を抑えるだろう。こうすれば国としての医療費も削減出来る。技術の無いお医者様は自然と人気は落ちる。だからお医者様も今以上に勉強に励むことだろう。お医者様の業界も技術/知識レベルの標準化に向かうのだ。僕ら眼鏡業界は日々の売上がそのままお客様の評価なので、現状のままでもよいとは思う。後は、消費者に正しい知識を僕ら店頭で日々伝えるその積み重ねが大切だ。

僕は基本的には西洋医学の臭い物に蓋をするような薬は極力服用の頻度を下げるべきだと思っている。頼れば頼る程に依存度が上がる。終いには薬漬けだ。こうして薬無しでは生きていけなくなるが、いっぽう、過度な薬物依存は身体さえ蝕むリスクもあるだろう。これを軽視しがちだ。

ともかく良い眼鏡を作れる仕組みに現行の法制度はなっておらず、是非それは改革したいと思うが、今の僕はそれを言うにはあまりにも無力だ。だが僕が改革せずとも、消費者がそれを支持すれば、僕は可能性がゼロではないとも思っている。草の根をなめるなよといいたいのだ。
 
07
 
5月にサンオプチカルさんで作ってきた作品の画像がアップされました。奥様のデザインがいつかこれで量産してみたいねと夫婦で話ています。

僕の作品はレチルドの第二弾候補です。前回のオーヴァルと比較し、スクエアで左右非対称にトライした意欲作で、それで掛けても馴染むラインを探すのにいつもサッと描いてしまう僕ですが相当の試行錯誤があった作品です。レチルドのコンセプトとして奇をてらう訳でなく。自然(ネイチャー)であり、日常(デイリーユース)であるデザインを心がけています。掛けたからと気負うことなく付き合えるフレームデザインを目指しているのです。

サンオプチカルブログ
 
06
 
静岡の知事戦で投票率が60%を越えました。僕はまずは投票してかra文句いいましょうといってきた立場なので素直に嬉しく思います。ただこれで地方選で民主党が4たてと連戦連勝が続いていますが、郵政民営化の選挙で圧倒的多数をとった自民党がここぞとばかりに暴走したように、民主党に雪崩のように票が流れ、圧勝してしまうことも心配しています。何せ、今回は民主党は候補を一本化出来なかったにも関わらず、僅差ですが勝ってしまった。これは大きいと思います。その票も加えれば圧勝なのですから、都議選、衆議院選と民主党は圧勝するでしょう。ですが、その圧勝した民主党を暴走させない方法も今から議論するべきでしょう。形ばかりかもしれませんが、国民主権として民主主義国家を僕らは標榜しているのですから、僕ら有権者がコントロールしやすい仕組みが欲しいと思います。

 
05
 
フライbyアキットの新作が一型入荷しました。ステンドグラスのようで綺麗、陽のしたですかしてみたい気分になります。川上さんて凄いな~。でも勝負はフロントよ。かけてみると絶妙と唸らされます。

え!?画像?

もう~、わかってるでしょう?
 
04
 
ここしばらく、まともにブログが書けていなくて、ネタは溜まるいっぽう。ごめんなさい今日も色々祭りますが、今日は魔法使いの話。

常連のお客様が調整のためにご来店、

「その後、そのフレームの評判はどう?」

と聞くと、

「最高です!♪」

ご機嫌の様子。その後続けて

「でもお母さんは、この眼鏡を見て、ある日突然ケラケラ笑い出し、あんた変わった眼鏡を掛けてるわねと言い放ったそうです。」

僕は不思議に思い、

「え、別々に暮らしているの?」

と確認すると、

「いや、同居しています。」

と笑っておっしゃいました。

しかも購入後に1年程経過しているのですから、それに気付かないお母様も只者ではありません。


そのフレームはテオの「SUMERIAN」というフレーム。店舗で陳列している分にはパッと見た目、明らかにただものではないオーラを放っていますが、これが掛けて見ると絶妙な感じに馴染むのです。そのため一緒に暮らすお母様も1年間気付かなかったというのですから、これぞテオマジックと言えるでしょう。

え!?そのフレームの画像はないのか?

はい、見に来てください(苦笑)
 
02
 
フランシスクラインの新作とリピート分が少しだけ、
ほんのちょっぴりね、入荷致しました。
ご興味ある方はお早めにm(__)m

毎回このブランドが入荷する度に、
うちの奥様のセレクトには感心するわ~。
 
02
 
7/3、通常なら営業日ですが、急遽お休みを頂戴いたします。
お客様にはご迷惑をお掛けしますが、
どうかご理解下さいますようお願い申し上げます。

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 11月 【10件】
2017年 10月 【19件】
2017年 09月 【21件】
2017年 08月 【20件】
2017年 07月 【18件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム