次論公論

 
31
 
昨日IOFTを総括すると予告させていただいた。だが書く内容がいつもならPCの前に座ればフッっと降りてくるのだが、今日は降りた内容を書くべきかどうか?そこで迷ってしまった。



 
30
 
社会的な意味は一切ないアンケートにご協力下さいまして誠にありがとうございました。結果は…(←別に引っ張るような類いじゃない。)じゃじゃ~ん♪我慢じまじだ~(涙)おいらも一つ大人になったという事で自分で自分を誉めてあげたいです。ご協力有難うございましたm(_ _)m

次回はioftを総括したいと思います。次は一転固いぜ!
 
29
 
シルモ展発表の世界限定50セット(?)モデルと新作がちょこちょこっと入荷致しました。ご興味有る方はお早めに。
 
28
 
杉本圭さん、ioftグランプリ受賞!

取り急ぎご報告まで
 
27
 
明日はいよいよ、IOFTに日本で一番大きな展示会です。しかし僕は既にフランスのシルモ展で仕入は済ましている。だから明日は既存のお付き合いしている所以外は特に仕入れる予定も無い。だが今日、常連さんがお店にいらしてこう言った。

「滋郎さん、明日、滋郎さんはあまり仕入れないっていうけど、それブログの二択で読者に聞いてみてよ。滋郎さんが明日新ブランドを導入するかどうかね。」

と言われた。僕は

「馬鹿いうんじゃないよ、もう無理だよ。グラシアスには既に魅力的なブランド勢ぞろい、必要ないでしょ?」

と言い切った。

そこでお聞きします。明日僕は新ブランドと運命的な出会いをしてしまい、妻の反対を押し切り導入を決めてくるでしょうか?いつものアンケートコーナーにそれを設置しておきますので、ご協力お願い致します。
 
27
 
先日の菊花賞は僕の予想はまんまと的中!!それは当たらないという予想でしたが、それにしてもイコピコ4着、リーチザクラウン5着、…かすりもしませんね(苦笑)でも勝った馬も今まで聞いた事もなく、重賞勝ちも無ければ、連対も無し。そしてG1初出走。この条件で勝った馬というのは居たのでしょうか?井崎井崎脩五郎先生もきっとびっくりされているのではないのでしょうか?二着のフォゲッタブルは良血だとデビュー時には評判になった馬です。

今回の勝ち馬スリーロールス、それでは何もヒントが無かったのかというと有りました。それはデビュー戦です。既に伝説の(名馬が揃った)新馬戦と競馬好きでは有名なレース、そのレースの1着から3着までのメンツが凄い。そして今回のスリーロールスはそのレースで何と4着だったのです。既にご存知な方には恐縮ですが、その1着から4着までもご紹介させていただきます。

1着 アンライバルド 牡2 (皐月賞馬)
2 着 リーチザクラウン 牡2 (ダービー2着馬)
3 着 ブエナビスタ 牝2 (牝馬二冠馬)
4 着スリーロールス 牡2(菊花賞馬)

と錚錚たる面々となりました。

後はリーチザクラウンが有馬記念辺りを獲ってくれれば4頭のG1馬が揃った新馬戦として歴史を刻むことでしょう。これにこりずに予想は続けますが、皆さんはくれぐれも僕の予想に騙されないようにお願い致します。

来週は天皇賞、一番人気はウォッカでしょうし、安田記念でのあの脚を見せられると、広くて長い東京の直線で多少の不利があっても跳ね返せそうですが、こういう時はヒモが難しいですね。またその候補も沢山います。こりゃまた当たらんな(涙)
 
26
 
商業主義ということを物の考え方の軸として据えると、使わなくなったものを誰かに譲るという行為よりも、捨てる。この方が商売人自身の利益となる。一例を挙げるならば、ベビー服を兄弟で使いまわし、それでも次はご近所さんで使って頂ける方にお譲りする。僕の周りでも日常よくみられた光景だ。だがそれを兄弟でもお下がりせず捨てて新調する。この方が勿論ベビー服メーカーにとっては有り難い、そしてベビー服に限らずファッションの流行の多くはこのお下がりさせずに、新調させるように世の中の仕組みとしてできている。今は茶色が流行らないし、今年(の流行)は黒だから黒い服を買おう。これが消費者心理でもあり、そしてそれはメーカーの都合で仕組まれた流行でもあるのだ。

これは眼鏡でも同様だが、本当のデザインというものはメーカーのそういった消費者心理を逆手にとったような戦略的な商品開発はしない。デザイナーや職人が現状考えられるベスト、日々それの追及に終始する。決して他の流行を追いかけず自分の内面を曝け出すかのように絵を描き、また隠そうとしてもその方の感性がその製品には嫌でも表れる。そして名品逸品と世間で称されるMONO達の多くは、決して仕組まれた流行には左右されずに、結果としては流行の最先端を走ってしまうことすらある。

だがこの流行を追わないというスタイルは、流行り⇒廃るというサイクルには乗っからないという意味もあるのだ、その為いつまでも陳腐化しないという利点もある。

さて、それでは商業主義の常識とも言える流行であり、そしてその後に待つ陳腐化、更にはゴミとして廃棄するというサイクルは、僕らに一見豊かな生活を保障したかに見えた。だが今取りざたされて問題視されているのは、その過剰な富を、利便性を追及してしまったが為に生じた負荷を問題視しており、そしてそのエゴは環境破壊を生んでしまったことは、これだけエコが叫ばれる社会では自明の理であろう。

そしてここからが本題なのだが、レンズメーカーのHOYAがライオンズクラブと協調し、そこにメスを入れた。題して

「EYE LOVE ECO PROJECT」

自宅でもう引退されたお眼鏡、度が合わずに使えなくなってしまったたんすの肥やし眼鏡。これらを集めて眼鏡が不足している後進国にまとめて送ろうというプロジェクトだ。グラシアスの顧客であろうとなかろうと問題無いので、どうかこの機会に主旨をご理解いただけたうえでご協力いただければと思う。

日頃から地球に優しいを考える僕としては、HOYAさん、ライオンズクラブさんの取り組みに拍手喝采なのだ。

~プロジェクトの流れ~使わない眼鏡をお持ちの方なら、どなたでも参加いただけます。

①いらなくなった眼鏡をお店へお持ち下さい。

②海外(ライオンズ眼鏡リサイクリングセンター)へ眼鏡を送ります。

③洗浄し度数区分します。

④開発途上の困っている人々にその方の度数に近い眼鏡を寄付します。

※HOYA東京営業所でのみの取り組みだそうです。早く全国的な取り組みなればよいですね。

※店内にそれ専用のボックスを設けさせていただいたので、一応使える品かどうかチェックし、その上で箱に入れさせていただきます。

※尚、使用不能の故障眼鏡がお引取りできません、あくまでも次の方に使っていただくことを目的としておりますのでご理解いただけますようお願い申し上げます。

資本主義の原則として、人に与えた幸せの分だけ、報酬として金銭を手に出来ると、常連さんに読みなさいと言われた本に書いてあった。一つのお店よりも二つのお店、当然ご縁はいただける機会は増えるはず、でも一つのお店でもこうした取り組みで新たなご縁をいただくチャンスを貰ったのだから、これは、見返りを期待する訳ではなくただ、困った方に捨てるのは「勿体無い」と使って頂けるようにしていただければ、僕は勿論眼鏡も幸せだろう。こうして幸せが巡り、巡るのだ。
 
25
 
今回ご紹介するレンズは東海光学のベルーナレゾナス(以下レゾナス)、脳科学を駆使した最新の設計の新商品だ。実際にグラシアスに導入されてからでもシェアを堅実に伸ばしている。それではそのレンズの品揃えを下記の通り簡単にご紹介したい。

 
24
 
眼鏡BEGINが発売されました。グラシアスもちっこく載っていますよ。

相変わらずこだわりが凄いし、情報の鮮度も高い。

お見事!雑誌というジャンルの職人集団ですな。

書店へ急げ!
 
23
 
僕が猛烈にプッシュしている大橋トリオがこのたびメジャーデビューすることが決定致しました。

わ~パチパチ!!!

新譜は11/11リリースとアイフォンのよく分からんアドレスからメールで告知してもらった。

楽しみだな~毎回心待ちにするこの感覚は桜井さん以来だな~。

エイベックスだって、こりゃ一気にスター街道驀進だ!


公式サイト
 
23
 
今週の水曜日に毎月恒例のバレーをしてきた。その際に軽く両足の筋肉を傷めた。その為今日は必然的にバス通勤となった。そして今日は、今まで散々こきおろし、死闘を演じてきた西武バスを誉めてあげたいと思ったのだ。

 
22
 
僕は競馬(を見るのが)好きだ。しかも強い馬が強い勝ち方をすると胸がスッとする。そんな馬に自分の願望を託すのだから、予想なんてしたって当たるはずが無い。当たらないと分かっているから馬券も余程のことがないと買わない。ここ10年で僕のなかでは文句なしの最強馬、ディープインパクト。彼が引退してからはスターホース不在の戦国競馬界となってしまった。抜きん出た馬が居ないために穴党の方には嬉しいのかもしれないが僕のようなタイプはフラストレーションが溜まる。現役最強馬とされる牝馬のウォッカは、先日の毎日王冠で、GⅡは勝ててもGⅠは惜しいレースが続き勝ちきれない、僕に言わせれば名馬には程遠いカンパニーに1馬身ちぎられた。あっと驚く勝ち方もするがこのように凡走も度々繰り返す、安定感に欠ける馬なのだ。牝馬だからと言えばそれまでだが、それにしても僕は競馬界にスターが欲しい、そればかりをレースウイークは考えさせられるし、スター登場!という大見出しをレース結果では期待する。

さて今週は牡馬三冠目の菊花賞だ、圧倒的な一番人気は居ないだろう。だがこの間の春のスター候補達を一刀両断に切って見せたイコピコの足はそれなりに評価すべきだが、これもマークが薄い中での金星で、本番はしっかりマークされるのだから簡単には勝たせてもらえないだろう。そうなのだ。軸となるべき馬すら見当たらず、混戦模様、今回の菊花賞はそういっても差し支えないのではなかろうか?

予想としてはトライアルの評価としてセントライト記念組はどうも勝負付けは済んでいて、負け組みの中での争いとみた。つまり前走セントライト記念組は消し、

そして神戸新聞杯組の中での争いとずばり(馬券を買いもしないのに)言い切る。そして後は血統的にセイウンワンダーは少し適正が他の馬と比べるとマイナス材料か?

残るのはアンライバルド、リーチザクラウン、そしてイコピコとなるが、アンライバルドは脚質的に東京向きだと思われる、直線さしてきて一歩及ばずという姿が目に浮かぶ。

そしてここで原則にかえる。長距離のレースは騎手で買え、この格言を素直に信じたい。また逃げるリーチの5枠9番と差すイコピコの7枠14番どちらもロスが少なく自分のペースに入れるだろう。またリーチにとってはロジユニバースが不出走なのは大きい。皐月賞で互いに序盤で力を使いきり、両馬ともに大敗をきっしたことは忘れてはいけないと思うが、今回はそのリーチにつっかかる馬が僕は居ないと思えるし、良い枠だと思うのだ。

リーチザクラウン(武豊さん)

イコピコ(四位洋文さん)

いわゆる「シイタケ馬券」という奴だ。

さ~皆さんお分かりですね。今まで僕はこのブログでこうして予想をして一度も当てたことがありません。まずこれを外して良さそう、それともいい加減にそろそろ当たるんじゃない?と思われた方はどうぞ、でも事故(酷い誤字ですね、すみません、昨日発見しました。正しくは自己です。)責任でお願いします。

ちなみに僕はいつものように馬券は買いません、何故なら当たらないからです。

失礼致しましたm(__)m
 
21
 
先日何気なくテレビを見ていたら漫画についてなにやらやっていた。(本当に記憶としてはその程度、ぼやっと見ていた。)するとその中で「もやしもん」という漫画があると言っていた(気がする。)

「もやしもん?」

僕は何だその名前はと訝しがる。そして元々漫画好きな僕は、僕の中でその想像が見る見る膨らんでいるのを感じた。

アーティスティック、アカデミック。そんな形容詞が似つかわしい読者が集う次論公論の読者だから半端な僕の発想はケチョンケチョンに叩かれることだろう。影郎さんのように絵描きの方もきっとご覧になる。だが心配ご無用、僕は昨日がお店があまりにも暇だったために、それを創作する時間が有り難いことにあった。溢れんばかりの僕の才能をフル活用し僕は描ききった。

それが以下の作品だ。

もやしもん
どうだ!素晴らしいだろう。

穴あき防止に苦慮して僕がお休みの日でも楽しみにしてくださる読者の為に僕は描いたのだ。創作時間62秒程費やした感動の大作だ。

ちなみに非売品なので欲しいと言われても困るし昨日シュレッダーにかけてしまったのでもう手元に無い。どうしてもと言われれば記憶をたどり再創作するが…。

う~ん、今日は良い仕事をした。


追記~もやしもんの作者の方すみません、本当に知らないんです。失礼しました。

あ!髭描くの忘れた。
 
20
 
八ツ場ダムの是非について賛否両論あるようだが、僕はダムがともかく公共事業でばらまくというスタイルを否定している。本当に必要な、国民に求められている事業に限定すべきだと思っている。ダムだけでなく勿論道路だってそうだ。このブログで繰り返しお伝えしているが建設業界もそろそろ淘汰される時期にさしかかっていると僕は思っている。高度経済成長の時代は遠く過ぎ去り、今は日本は高齢化社会であり、立派な成熟社会だと思っている。量を競う時代では無いと思っているのだ。

 
19
 
実は最近知ったのだが、グラシアスでも取り扱っている人気ブランド

キューブリック。

そのモデルがIOFTオブジイヤーにノミネートされていることをつい最近教えていただいた。これは素晴らしい。のぺ~っとした僕のキャラクターを杉本さんやキューブリックのような珠玉のブランドで引き締めてくれる。本当にフレームメーカーさんが居て初めて小売店が維持していけるのだな~と当たり前を再確認してしまいました。今度のIOFTは通常の三日間ではなく、1日勝負で行こうと思ってるので場内を駆けずり回り、こうしたブランドの旬な新作をみていきたいと思っております。この間のシルモの注文分もぼちぼち入ってきそうですし、楽しみだな~♪
 
19
 
ネタばれの可能性有、注意!
 
18
 
僕は妻とどこか観光などに行くと、必ず○○なら任せろと断言するようにしている。この○○には地名が入るのだが、たいがいしったかぶりなのだ。僕は方向音痴なんだがそれをネタに笑いにしようとして任せろと言い切るのだ。そして妻は苦笑し

「はいはい、分かった分かった。」となる。


 
17
 
先日の記事でお伝えしたFLEYEの似合うWちゃんですが、その後の経過も順調でだいぶ長く掛けられるようになったそうです。

それはともかくこのWちゃんのお父様がグラシアスの一番のお得意様であり、最近は仕事の相談をしたりグラシアスグループ(僕と妻の二人です。)の相談役としてご活躍されています。そのお父様が既にFLEYEのユーザーであり、その次にお嬢様がFLEYEユーザーになりました。そして本日!!お母様もFLEYEユーザーとしてデビューすることが決定致しました。わ~♪パチパチ~♪

そして記念すべき家族全てがFLEYEというおもろい絵が出来ました。

FLEYE狂
ね!?おもろいでしょ?性別やご年齢、それに応じた眼鏡選びなんて面白くないよね?僕にはそんなこと言いませんが、ご家族の中ではそんな会話もされいているのでは?男だから、女だから、子供だから、グラシアスのお客様方ではそんな眼鏡選びを楽しいとは皆さん思っていないようです。自由にお顔を彩ってらっしゃいます。僕はそれよいと思います。

こうしてファッション性に富んだフレームを取り揃えていればお客様はその品揃えに満足するという時代から、これからは僕の予想ではそれは当たり前になります。

そして

両眼視も含めて眼鏡を機能させるということも、これからは当たり前になると僕は予想し、グラシアスを立ち上げました。

グラシアスの原点でもあるキャッチコピーは

お洒落だけでも技術だけでも満足出来ない方へ…。

この基本ポリシーに、開業してから5年が経とうとしても、僕の中ではぶれはありません。お客様のご要望は僕らの考えの更に先を行きます。そして過去の感動は当たり前に変わります。

どうか、両眼視とファッション性の両立が当たり前になりますように…
 
16
 
昨日は鉄也で意識朦朧。

また明日です。
 
15
 
3ブランドの新作入荷致しました。今日は税理士の先生との明日の打ち合わせの為、ぎりぎりのスケジュールです。
明日写真付きで詳細をレポートさせていただきます。
入荷速報でした。
 
14
 
なんとか東名の集中工事をくぐりぬけ、お店に到着。その間ずっと名古屋の先輩に道案内をお願いしちゃいました。お陰様で間に合いました。本当に有り難うございました。

 
14
 
本日はお休みなので、名古屋にひつまぶしを食べに行ってくるでござる。え!?それだけの為にでござるか?さようでござる。

YES WE CAN!

先週は、それを台風に邪魔されたでござるから、それのリベンジでござるよ。ひつまぶしレポートお楽しみにm(__)mで、ござる。
 
13
 
先日、又聞きではあるが残念な話を耳にした。眼鏡業界は一つにまとまっておらず、エベレストがいくつもあると、見解の一致をみない業界を僕は批判したことがある。そしてそれの被害者は消費者であり国民だと僕は思っている。だからこそこの業界を改革しなくてはいけないと僕は力も無い癖に思っている。

その何人もいらっしゃるエベレストのうちのお一人がこういった。

「眼鏡士の国家資格化なんて、僕が生きている間には無理、実現不可能だね。」

と言いきったそうだ。

僕がその場に居たらこういうだろう。




 
12
 
そうアイフォンにはね。てな訳で、この携帯を使い始めてから1ヶ月弱、やっとアプリのダウンロードとかし始めているアイフォン初心者のプリズム滋郎さんでした。

そして昨日は以前にテレビで見て一目惚れしたピアノマンというソフトをダウンロードしたのだった。ユーザーのレビューを見ると賛否両論あるのだが、僕は以外と使えるその操作性に大満足、結構弾けたりするのだ。あまり期待されると辛いかもしれないが、ゲームとしては良く出来ていると思う。

毎晩寝る前にアップルストアで物色するのだった。

でもね、探せば探すほど本当にアプリが出てくる。キャッチコピーに嘘偽り無しだね。グレート!
 
11
 
僕のお師匠にばれると叱られるが、実は最近検査器具を購入した。ロータリープリズムという機械と加工機の遠心分離機をまとめて購入したのだ。

実はお師匠に以前にその機械を購入してみようかな?と相談してみるとあんな高価な物はいらねえよ。と一刀両断されたのだ。お師匠は長年の経験で様々な機械を使用したうえで、偏光板とカバーテストが大切という結論ではないが、今の所の見解になっている。勿論、今後そのお師匠の考えは変化するかもしれないし、しないかもしれない。


 
10
 
先日、印象的なお買い物シーンをグラシアスで目にした。常連さんのお子さんが度付眼鏡のフレーム選びをしていたのだが、お父さんは、お子さんの一番の好みを理解し、グラシアスで眼鏡を作ることに決めた。

別に視力低下が著しい訳でもなく、そこらの一式いくらのお店でだって作れるのに、お父さんはそれを選択肢の中には入れていなかった。それは勿論僕を信頼してくださってのことだと思う。




 
09
 
祭っています。ここの所、何かと忙しい(汗)

…良い事だ。
 
08
 
自宅で臨戦状態だった僕は、何事もなく通り過ぎた台風を見届けてから家を出た。

早速、お店を開けました~!とご報告。こんな日に誰かくるんかいな?

たまりに溜まっている事務仕事をやっつけよう!

いつも通り21時までお店に居ます。
 
08
 
台風のため、本日の開店時間を変更させていただきます。ご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。
 
07
 
今日は何処かの誰かが驚くサプライズが。の予定でしたが台風にびびって断念しました。無念

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【20件】
2017年 07月 【18件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム