次論公論

 
31
 
正解かどうかは分からない、分からないがそれでも少しでもお力になりたいと思えば、僕ら眼鏡屋は何かしらの対策を考えなくてはいけない。今回お作りした方は、お名前はレイベロロさん、43歳で外で元気に動き回るお仕事だそうだ。この方の眼がパッと見た目にも大変だが、検査するともっと大変だった。まず単純に度が強い。そして斜位もそこそこあり、不同視だ。更に僕は軸性の不等像視だと疑った。まずは従来お使いのメガネの度数を見てみよう。

【従来お使いのメガネの度数】
RS-11.50        V=0.1
LS-12.50 C-0.50 AX4 V=0.5
両目で0.15の視力だった。

 
30
 
今帰ってきました。怒涛の一日でした。明日も頑張るぞ~‼
 
29
 
「親父からの手紙。」

昨晩ポストを開けると珍しく、いや初めてだろうか親父(おやじ)から封書の手紙が入っていた。メモ書き程度を手渡されたことは勿論あったが、仕事場で毎日顔をあわしているのに、わざわざ手紙にするなんてのは余程のことかと少し心配になった。親父は昔から職人気質で無口、お客様の前では懸命に笑顔で武装するが、決して営業の上手な類には分類できない。増してや家族の中では気難しく口数の少ない親父はどちらかと言えば煙たがられていた。それをうまい言葉で表現するのなら威厳ってやつかもしれない。だが今では俺も別の所帯を持ち、仕事が終われば親父とは別の家に帰途につく、そんなおれも今では威厳を出そうと懸命な毎日だ。親父とおれは、お店では仕事の段取り以外では余計な会話は皆無に等しかった。そんな親父から突然に封書の手紙が送られてきたのだから誰だってきっと面食らうだろう。遺書か?とさっと脳裏をよぎるがそれは無理やりかき消した。家に帰ると妻は夕食の仕度をしていた。妻はいつも俺が帰ると一日の出来事を堰を切ったように話し出す。俺は仕事場で毎日、喉がかれるまで話しをするのだから家では聞き役に徹しているしそれが心地よい。だが今日はその親父からの手紙の内容が気になり妻との会話はうわのそらだった。早々に食事をすませ、おれは風呂に入り、床につき封を開けた。



 
28
 
最近、ブログを集中して書く時間が無いな~。今日も一日仕事に追われました。書きたいネタが溜まる一方。明日こそは!乞うご期待m(__)m
 
27
 
今日は、お友達の会社が出展している展示会に遊びにいってきま~す。
 
26
 
岐阜の白熊。
岐阜から白熊が突如グラシアスに来襲した。白熊と言えば、北の国にももうお一方。

くりそつでした。
 
25
 
先日、量販店にお勤めの方からお問い合わせのメールをいただいた。量販店勤務ですからと恐縮されていたがとんでもない。僕は検査法の普及に取り組んでいるが、いずれ専門店と量販店のシェアの逆転を夢見ている。ということは量販店の規模が縮小していけば、そこに見切りをつけた優秀な人材から、独立しようか?それとも他の業界に移ろうかと考えるようになると僕は思っている。僕はその優秀な方々が他の業界に移ってしまうことを業界にとっての不幸だと思う。だからこそこういった方々には頑張って欲しい。スリープライスショップあがりで元牛丼チェーン店の店長だって両眼視機能検査を武器にして何とか5年(!自分でもびっくり。)お店を続けることができた。そうなのであれば量販店であろうとなかろうと僕にとっての先輩方ならどなたでも独立すれば事業の継続は夢じゃないだろう。どうか夢見ていただきたい。

それではそのお問い合わせの内容が、次論公論読者の方々がご覧になってみてもきっと参考になるかと思い、公開してもよいですか?と聞いてみると快諾していただけたので一部、追記及び訂正し公開したい。






 
24
 
昨日、若駒Sというレースが開催された。そこには断然の一番人気と言われて、ディープインパクトの再来か?ともてはやされていたルーラーシップという馬が出ていた。あのディープも同じ足取りで無敗の三冠馬となった。つい同じように強い馬として活躍してくれと期待してしまう。だが道中不利があったとはいえ、敗れた。だがディープは不利であろうとなんだろうと大外を回って綺麗に差し切った。それと比較すれば展開どうのこうと言っている時点でディープと比較できるレベルにないと現状判断せざるを得ない。またかった馬も既にヴィクトワールピサに敗れ、ヴィクトワールピサもローズキングダムとは勝負付けが済んでいる。そう考えるとまだローズキングダムを脅かす馬は登場していないと僕に言わせればなる。それならローズキングダムに期待しようかな~?でもあの馬もまだディープと比較できないしな~、と僕の頭を悩ませる。スターホース不在が僕にとってはとても悲しいのだ。
 
23
 
五日間娯楽三昧で仕事の事は極力考えないように、そう思って満喫してきました。日頃できないことって一杯あるね。でもついニュース番組を見ると血が騒ぐ。「あ~。」と思うことが一日に一度はあるのだ。結局休みの間もこれ書こう、あれ書こうと宿題はたまっていくのでした。ぼちぼち書いていきますんでお楽しみに。ブログにこんなに穴をあけちゃったのも久々、その分充電してまいりやした。皆さん、乞うご期待m(__)m
 
20
 
昨日は同級生とカラオケ、最後は少し真面目な話も、ある友人や自身の仕事について話をしてると友人二人の口から同じ言葉が「俺たちお客さまに喜んでもらって成りたってるんだよね?有難い。」と常日頃僕が心がけていることを言ってくれた。業界は違うが同士を得た気になり勇気をもらった。
 
18
 
僕の人生でお初のラウンドワン、いい汗かきたいと思います。

 
17
 
明日から、この不況下にも関わらず、例年通り5連休を頂戴しようと思っている。その為には加工やそれ以外の通常のお仕事があるので、色々片付けたいと思う。
加工は昨日終わらせるつもりがそうは問屋が卸さないよと言わんばかりにお客様が続き、お店を閉めたのは閉店時間を二時間程過ぎてからでした。常連さんも交えての眼鏡談義に花が咲き、僕や常連さん、皆で新規のお客様のお見立てのお手伝い!いや~楽しかった。
これだから眼鏡屋は止められませんね~♪。

え!お休みは何するの?って?

それはですね~
いつもは箱根で温泉三昧ですが、今年はこんなご時勢でもありますし、大人の事情でお家で大人しくしていようと思っています(苦笑)
その代わり普段出来ない娯楽をお家の近くで出来ないものかと思案しています。映画みたり、漫画喫茶行ったり、散歩したり、パチンコ行ったり、ラウンドワンにも行こうと計画しています。
お!そう考えるといろいろ忙しいな~。一日は寝て曜日を無理やり作ろう。

う~ん、贅沢。

ブログは更新する予定です。でも検査データー等の更新はないかな?ま、日記です。あまり期待しないでね。



 
16
 
眼鏡つくりで大切なのは、眼鏡の五大要素、フレーム、レンズ、検査、加工、フィッティング。こられのうちの一つでも欠けてしまうと眼鏡は伊達でなければ機能しない。眼鏡を道具として機能させたいのなら、この五つの要素のどこにも妥協は出来ないと僕は主張している。

そして検査については、現状普及には程遠い状態の両眼視機能検査、更に両眼開放下における屈折検査も大切だと僕は言っている。度数を決定し、視力や見え心地を大きく左右するこの検査というものは本来検査⇒実証の繰り返しであるべきだと僕は思うが、実は検査⇒仮定⇒実証?と検査と実証の間に過程が入り、更に実証のあとに?が入ることが少なからず僕はある。これが僕の未熟さからなのか?それとも人の心や体について何も解明されていないので、仮定や推測が入っても致し方ないものなのか?





 
15
 
いつも祭りだとワンパターンなので今日はカーニバルにしてみた。なので今日は加工祭り、いや加工カーニバルを開催させていただきたいと思う。なのでまた明日!!
 
14
 
今場所に進退をかけて臨んだ千代大海だったが、奇しくも先輩大関の魁皇関との対戦で引退を決断するという劇的な幕引きであった。突き押し1本にこだわり、こだわるが故に故障がち、常に怪我との戦いで結局本人も目標にしていた横綱は叶わぬ夢になってしまった。だがその突き押しにこだわる姿勢が個性であり、そのスタイルで対戦力士を突き放し、そして僕ら観衆を魅了し、ひきつけた。ご本人としては大関どまりは不本意かもしれないが、これからは後進の指導にあたり、是非ご自身を越えるだけでなくお師匠の千代の富士を越えるような大横綱を育てていただきたいものだ。

千代大海、感動をありがとう。

そして

お疲れ様でした。

この間の出島関の引退といい、相撲界も世代交代の時期を迎えているようだ。せめて魁皇関がそれに待ったをかけて欲しいと思うのは僕だけだろうか?
 
13
 
この間、ミスチルのドームライブに僕と妻とで行ったのは次論公論マニアの皆さんならどなたでもご存知だろう。実はそこで僕は桜井さんから一つプレゼントをいただいていた。実はこの間僕が買ったジャケット、それと似たような(僕の中では限りなく同じもの。)ジャケットを桜井さんがその東京ドームライブで着ていたのだ。あ!桜井さん、僕の真似したなと言ったら妻に怒られたが、色々言われながらもそのジャケットは昨年の年末よりヘビーローテーションとなっている。それはグレーの縦じまのジャケットなのだが、これで「しるし」とか歌っちゃうときっとどこからどうみても桜井さんだろうな~と妄想して楽しんでいる。

「え!?滋郎さんて意外とミーハーなのね。」

何だと!?意外じゃない。僕は桜井さんに関して言い訳しようのない程立派なミーハーなのだ。


ちなみにミーハーの語源ってなんだろう?いつも愛読しているブログのきっこさんや先日ご紹介させていただいた内田先生なら即答しそう。でも聞く前に先ず調べよう。それがネット社会の原則ナリと勝手に決めた。

ちなみに推測してみると

私の(me)+彼女の(her)でミーハーかしら?アイドルをカップルで取り合いしている風景が浮かんじゃったりして、または彼氏が自分の彼女がジャニーズ系のアイドルにゾッコン(死語?)でやきもち焼いて、お前は俺の彼女だろ?と問うと何よ私はあなた(彼氏)の持ち物じゃないわよ。でもアイドルのA君は私の物よ。なんて矛盾だらけの会話をしていたりして(笑)さ、くだらない妄想はこれくらいにして検索してもよっと!







そんなに調べずとも検索一で引っかかるのだからネットって便利ね~。オラの予測は全然外れ意外と昭和初期、昔からあった言葉でおらびっくらこいた。

ミーハー(ウイキペディア)
 
12
 
グラシアスの常連さんに内田樹先生のブログが面白いよと教えていただき、それからちょくちょく見るようにしている。内容は勿論、さすがに文章が洗練されている。今までの僕のブログ記事を先生に校正してもらいたいくらいだ。

今日は面白い記事があった、リンクを貼っておくのでもし良ければご覧になっていただきたい。

内田樹研究室1/10付

 
11
 
書く書くと言いながら延び延びになってしまっていた記事の続きを書きたいと思う。前回の記事でリンクを貼っていたがそれはご覧になっていただけたであろうか?

カーブとあおり角、これは厳密に言えば分けて考える必要があるだろう。だが今回はカーブが掛かる、もしくはあおり角が強くあり、お顔にフィットするように曲線的なデザインのフレームと一緒くたに類別させていただいた。

僕は以前にもカーブは度付には不向きだがカーブという構造そのものは機能であるとお伝えした。では復習しよう。カーブが掛かる効果って何だろう。

プラスの効果としては

①視界が広く取れる。

②顔とレンズの隙間が減少し光り(紫外線、可視光線等)や風、そして虫等の侵入を通常の眼鏡に比較し、より防ぐことが出来る。

③これは厳密にどの程度の効果があるか予測も出来ないが、空気抵抗を減らす効果もあるだろう。その効果はスピードを上げれば上げる程に効果的だ。

④②の効果により、より競技等に集中出来る。宮里愛さんは、それを「ゾーンに入れる。」と以前に表現していましたね。

⑤更に、調光や偏光、偏光調光等特殊なレンズを使えば、反射光や光量全体をコントロールし、眩しい光量下でも視界を確保出来る効果もある。

マイナスの効果としては、

①カーブを強くすることによりレンズが厚くなる。

②カーブを強くすることにより角膜とレンズの距離が通常の眼鏡に比較しよりそのぶれが大きくなる。レンズの端に行けば角膜に近づくことが多い。

③①、②の結果として像がレンズの端では歪む。

④①、②、③の合わせ技1本で装用感が下がる。

⑤①、②、③の合わせ技1本で狙った視力で度を出しにくくなる。狙った度数以上の視力が出たり、それを恐れて度を弱くすると低めに視力が出てしまうこともある。

このようにカーブタイプのフレームやレンズを選ぶということは諸刃の剣であり、一方的にいい話をしていても実際作ってみたらがっかりだったということも充分にありうる。特に度が強い人のカーブレンズの作成は僕程度では一発で合わせられないこともある。

どうかその旨ご理解いただきたいが、多少の不具合は我慢してでもプラスの効果を優先せざるを得ない方がいらっしゃるということだ。遠慮なくこのカーブタイプの眼鏡/サングラスについてはご相談いただければと思うが、その際は目的を明確にされてからご来店いただけるとお話もより具体的に出来るかと思う。
 
10
 
先日、例によって理屈で説明出来ないのだが、上手くドレスアップできたと思うケースがあったので報告したい。

まずは二枚の写真を比べてみて欲しい。20代の男性ヤング様だ。

 
09
 
未だに、鳩山総理のお母様から贈与についての未払い問題と小沢幹事長の献金疑惑とが自民党や大手マスコミにより攻撃の対象とされている。鳩山総理については僕自身もお粗末としかいいようがないが、過去の政治と金の問題についての事件とは一線を引くべきだとも思う。

 
08
 
皆さんはフレームを選ぶ時の基準って考えたことがあるだろうか?きっと意識して選ぶ方もいれば、何となくで選ぶ方もいるはず、でも無意識に自然と同じようなフレームを選んでしまっている方もなかにはいらっしゃるのではなかろうか?きっと同じような形状のフレームばかりを選んでいる方々は自分でも気付かない無意識下の基準というものが実はあるのだろう。ここで問題になるのは果たしてそのご自身なりの基準が正しいかどうか?ここを考えるべきだと僕は思うだ。先に答えを言ってしまえば、絶対に正しいものも無ければ、絶対に間違いというものも無いと僕は思っている。似合わないメガネ、突拍子も無いメガネ、お面だかメガネだか分からないメガネ。そんな物でももしその人が欲しければ、それは立派なニーズになると思う。似合わないメガネを掛けていると分かっていて敢えて外しのテクニックで洋服をコーディネイトすることがある。ミスマッチという奴だろうか?だがそのミスマッチを楽しむ。それもきっとファッションだろう。だからメガネが似合うメガネしかかけちゃいけないんだったら、いつも同じメガネで足りる。それではつまらないからとグラシアスのようなメガネ屋には、こういったシーンで使いたいメガネとその場のTPOに合わせたコーディネイトを相談にいらっしゃる。僕はそれで良いとおもうのだ。こうして力説していてなんだが実は僕の本題はこんなコーディネイト論ではなく、フレームの形状そのものが機能なんじゃない?とファッションアイテムとしてメガネを選ぶ楽しさに加えてフレーム形状にはその場その場に適した使い道があるということをお伝えしたかったのだ。

例えばカーブフレーム、カーブフレームって何?と思われた方は、この記事を

カーブ説明記事

ってそんなことかいていたらそろそろ閉店時間、この続きから明日は始まるのだ~。

中途半端でごめんなさいm(__)m
 
07
 
僕はこのブログで主張していることのうちの一つに、経済規模は適正化を目指し身の丈であるべきであると次論を展開している。何故なら、ミクロで言えば、成長を至上命題とすることで本来の経営スタイルを貫けないケースがあり、更に顧客満足も追求出来ず、もしもそれを追求するのなら価格を下げて満足度を上げる。国内で経費や原価の削減に目途がたたなくなれば、競争に勝ち残る為に多くの企業が海外の安価な人件費でより安いものを提供する。だがそれで産業の空洞化から、雇用の需給バランスの悪化による賃金低下を招き、結局安くて良い物をという消費者の当たり前をニーズに任せて追求すれば、自然と競争の原理により価格は下がり市民の生活水準も下がる。

 
06
 
本日は水曜、定休日、それでも年末年始にお休みを頂戴したばかり、元気もりもりの僕はこっそりと営業しているのでした。急な調整、、修理など何かございましたら遠慮なくm(__)m

さて、溜まった仕事を片付けよう。
 
05
 
僕は先日の記事でご報告させていただいたようにライフワークとして両眼視機能検査の普及に取り組んでいる。実際には月にお一人か多くてお二人の方が、僕のブログを見て検査レシピをご請求下さっている。本当にありがたいことだ。そうなのだが、それで良いのだろうか?とふと考える時がある。この僕の取り組みの是非を論じる前に、今までの僕の取り組んできた経緯をご説明したい。

 
04
 
既に去年の話、過去の格闘技イベントについて今日僕は感想を書きたいと思う。年越しを経て三が日も過ぎたのに何を今更と思うかもしれない、でも書きたいのだ。何故なら今回は見所も愚痴の言いところも満載だったからだ。

まず直前まで対戦カードが決まらない非常事態だったにも関わらず、大会を通じてクオリティーの高い対戦だった。またテレビの構成では良い点も悪い点もあった。どうしてもそこを言いたくて、つい、ということだ。






 
03
 
という訳で殆どゆっくりも出来ず、呑んだり喰ったりの毎日だったプリズム滋郎だが、そんな御餅太りな僕に今日も皆さん会いに来てくださった。本当にあり難いことだと思う。従って今日は手抜きなり~!

また明日m(__)m
 
03
 
年末⇒29日まで営業致します。

年始⇒3日より営業致します。

今年1年本当にお世話になりました。
来年は更にグレードアップ出来るように
邁進しいてく所存でもありますので
今後も変わらぬご愛顧賜りますよう
お願い申し上げます。
 
02
 
今年も素晴らしいフレームをご紹介したいと思うのだが、新年の一発目は‥‥

GOSH

デザイナーの前芝さんが生地から選び、時には自分で生地からオーダーをかける。当然そのプロダクトには前芝イズムが染み渡っている。ではその前芝イズムって何?とふと考えるとそれを言葉や文字で表すのは非常に難解だ。それでも難しいで終わってしまっては宣伝にもなりゃしない。(はい、これ宣伝です。)

ともかく前芝氏のデザインするフレームは、女性の肌に馴染み、そして独創的である。馴染むということは、突拍子も無いデザインではなく、あくまでも王道である。だがそれでも独自の世界観があるのだ。相反する要素を絶妙なさじ加減でハーモニーとして奏でる、それが本当に素晴らしい。デザイナー自信は別にお姉キャラでもないが、それでも女心を巧みにくすぐるのだ。つい「可愛い」とこのフレームを見ると若干テンションと心拍数を上げながら多くの女性が言ってしまう。

様々な生地を組み合わせるとまったく別の生地に生まれ変わる。そして多くのデザイナーが重ねてみないと仕上がりが想像もつかない。だが前芝氏は、その難題を僕等からみるとことごとく成功させている。どうしてこんな組み合わせ思いつくの?と思わず言いたくなるのだ。更に今回はネイリストさんとコラボしカラーリングについてアドヴァイスをもらっているそうだ。ガチンコ勝負の行方は?これも楽しみだ。

決してギミック勝負じゃない。堂々とデザイン職人としての当たり前を貫いている。そんな前芝ワールドにどっぷりと浸かってみてはいかがだろうか?

フェア開催期間~1/3~1/末(予定)

価格帯~フレームのみ18900円(税込み)
 
01
 
あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

とご挨拶は一通りした後は、今年の僕の課題についてだ。

僕はいつも念頭においていることが三つある。今年も、いやきっと来年もこの僕のお題目は変化しないかな?それ程簡単に出来ることだとも思えないし、でも言い続けることに意義があると信じ今年もそれを思い続けるのであった。では僕の人生の課題とも言える、僕の胸に秘める宣誓書を公開しよう。

一つ、両眼視機能検査を普及させること。

一つ、顧客満足度一番店を目指すこと。

一つ、健康な体になること。


いつもこれを僕は考えている。これの解説も理解していただく意味では必要かもしれないが、今回はそれは遠慮させていただく、これは僕がメモ代わりに書いただけなのだ。

それでは、今年もバリバリやりますんでよろしくでござ~る。

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 03月 【18件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム