次論公論

 
31
 
昨日いらしたA様(仮称 20代 女性)とのお話は久々に無力感に襲われるというか、自分の力の無さを嘆くというか、何とも言い表せない気持ちになる出会いだった。

彼女は最近、斜視とお医者様に診断されて1月前に手術を受けた。術後に今度は上下にずれが大きく生じてしまい、どうしようもなくとりあえずの眼鏡を作成した。それは上下斜位を矯正する眼鏡でアップとダウン合算で5.00Dもの少し強めのプリズム度数が入り処方されていた。別に術後にまだ上下や左右のずれが残っていることを問題視しているわけではなく、現在の手術の精度では大きなずれを少なくする程度のものだというのが僕の認識だった。少なくなったずれを今度は眼鏡で矯正する。これが僕の中ではセオリーだった。むしろ斜視と診断してくれるお医者様との出会いがあったことが彼女にとっては素晴らしい出会いだったとも言えよう。そのおかげで今度は眼鏡でその少なくなったずれを矯正できるという次の段階に進めるようになれたのだから。
 
30
 
いつも見ているブログでこんな提言があった。まずはご覧になっていただきたい。

⇒天木直人のブログ。

確かに民主党の党内での責任のなすりあいを見ていると絶望的になる。当事者がマスメディアに踊らされているか、もしくはマスメディアを利用している。マスメディアを利用すればそれは毒饅頭を喰らったに等しいと僕は思っている。いつか自分もそのメディアの犠牲者となるだろう。官邸主導の政治を理念に掲げた民主党は今は皆で一致団結し官僚をいかに上手に操るか、ここが焦点になる筈なのに、身内で喧嘩ばかり。これでは国民に愛想が尽かされても致し方ないと民主党に一度与党になりなさいと言ったこの僕でもそう思う。このブログでも何度か提言したが、やはりガラガラポンが必要だということだろう。政党は政治家にとって利用すべきで政策はあまり関係ない。これでは僕らも誰に投票してよいのか分からなくなる。ここは天木直人氏の言うとおり、全否定するのも僕は選択肢の一つかもしれないと確かに思う。だが僕はその前の段階で一度共産党に政権を任してみたらどうなるのか、これを見てみたい気もする。本当に対米隷属に見切りをつけて、軍事費の削減を実現し、大企業優遇から中小企業、経営者から従業員。こんな政策がうてるのか?またそれでも日本は国体を維持できるのか?アメリカに愛想を尽かされ、中国に吸収される。こんなシナリオさえアメリカの属国でなくなった時には覚悟しなければいけないし、その最悪の事態を回避する為にはもしかしたら、軍事費縮小ではなく、徴兵制まで整備し軍事費をGDPの10%程度まで増額し、自主防衛する必要があるかもしれない。だが共産党にはそんな政策はうてないだろう。その場合にはそれこそ今度は天木氏の言うように国民党(有権者が草の根で立候補者を擁立する。あくまでも仮称です。)が必要だという声がそんじょそこらからあがるかもしれない。

これもこのブログで何度も申し上げているが今の混沌とした時代では、政治家の方々の動きを待っていては何も変わらない、僕ら(有権者)が知恵をだし、変えると決意し動き出す、これが必要だという点では天木氏に僕は100%同意する。だがその前にもうワンステップ必要ではないか?それが社民党を吸収合併した共産党政権という劇薬だ。これで日本(資本主義)が一度崩壊するのか。それとも(経済活動が)萎むだけ萎んだ後に理想とする社会が待っているのか?僕には分からないが、今の民主党、そして自民党ではこの国は変えられない気がすると思ってしまうのは天木氏と同様にきっと僕だけではないだろう。

僕はここまできたら日本丸が沈むのかそれとも日が昇るのか?その行く末を腰を据えて見届けたいと思う。そんな状況下では焦る気持ちもあるのだが、こんな時こそ焦りは禁物だと思う。国民それぞれがしっかりこれでいいのか?と自問自答する必要があるだろう。

僕は眼鏡業界から日本を変えると言っている。両眼視のケアを全国民が受けられる体制が国益だと主張している。そして現状8割のシェアを得ている量販チェーン店は両眼視の観点からも、国民の福祉に反しているとも言っている。これを消費者に支持されればきっと眼鏡業界だって変われる筈だとも言ってきた。僕は業界を変える気はないし、その力もない。だから僕はせめて消費者に本当に今のままでよいのか?と問いかけている。自分のできることって何だろう?常に考える毎日なのだ。
 
29
 
7/17に梅雨明けしてから、既に都内で75人の方が熱中症でなくなっているそうだ。しかもそのうちの60人以上は60代以上の高齢者、そして室内でエアコンを付けずに高温な室内でなくなってしまっている。こうなると環境の為にとやせ我慢するのにも限界がある。元々僕は人より体脂肪率が高く、体重も平均体重より10キロ以上重く、血圧は高めで、高脂血症、そして痛風の発作におびえながら…、ま~簡単に言えばデブなのだが、そんな僕はエアコンなしでは夜の寝苦しさで睡眠不足で死んでしまいそうになる。だからこらえ性の無い僕としてはエアコン様様といわんばかりにお世話になっている。それでもタイマーでエアコンが切れた後には寝汗をしこたまかいて目が覚め、またエアコンを入れることの繰り返しだ。そんな今だからこそ、今日の雨は僕にとっては恵みの雨だった。久々にエアコンに頼らずに寝られるかな?
 
28
 
今日は痛風の発作明けで久々のビーチバレー、故障しない程度に控えめに楽しもう。その後はカラオケか~?
 
27
 
(何しに来た?ニホンアシ。)

(何しに来たってよく分からないよ。だがあなた方を脅威に感じている方々が僕に君らの繁殖を抑えてこの惑星で満足してくれないか?って交渉してくれって頼まれたんだよ。)

(おかしなことを言う。お前らはこの宇宙とは違う次元の存在だろう?とっくにこの次元では肉体等もっておらず、皆昇華しているぞ。その他所の家で何を言っているのだ。)

(そうだね、君の言うとおりだ。僕は君らが何を思って、何が目的か知らずにここに来たんだ。話をしようじゃないか。)

(そんな必要はない。我らはこの星の生命体は食い尽くした。だからこの星のコアまで入り込み、そしてこの星を爆発させ、そして宇宙を彷徨い、そしてまた寄生する星を見つけ種の存続を願っている。それをニホンアシ、お前らのような低俗な存在が我らの邪魔をすると言うのか?)

 
26
 
白鳳が連勝を47まで伸ばし三場所連続の優勝という偉業を成し遂げた。その記念すべき土俵は謝罪から始まり、謝罪に終わった。僕は賭博という行為の是非を論じる立場にないが、僕も含めて多くの方が麻雀やゴルフ、額の大小はあるかもしれないが一度くらいは博打行為をしたことがある人もきっと数多くいるのでは?と思う。極道の方々にお金が流れたことが社会的にも道義的にも許されないと人は言うが、僕が先日読んだ「憚りながら」という本を読んだ感想ではヤクザという商売も必要悪なのかな?とも思えた。ヤクザにはヤクザの言い分という者があるのかな?と素直におもえたのだ。

僕に言わせればやりすぎ、そんな取締りの状況の中で相撲界の象徴でもある横綱白鳳がその責任を一人で背負い込んだその辛さは僕なんかでは想像のつかない程の重圧だったろう。それでも今場所全勝で絞めた横綱は立派だし僕は感動をいただいた。是非、次の場所でも連勝記録を伸ばし歴代1位の座に収まってほしい。日本人の誰よりも日本人らしい白鳳関には素直にそう思わせる魅力があると思うのだ。
 
25
 
自分で自分を誉めてあげよう。
 
24
 
キューブリックの新作入荷!!キューブリックらしいよ。OWLの新作も入荷、これはグラシアス別注カラーで作ってもらいました。OWLさん素敵!!
 
23
 
今日は新規のお客様より、なじみのお客さんが多かった。同級生との再会を楽しむかのように近況を報告しあったり、夢を語りあったり、愚痴を言い合ったり。お客様と僕は素敵な関係を築けていると思う。僕は接客しないお店を目指している。いや、接客の必要がないお店と言えばいいのか、サービスする、される。これには一種の緊張関係が多かれ少なかれ必ずありそれを楽しむ方すらいらっしゃると思う。だが良い眼鏡を作る為にはこの緊張は不要であり、場合によっては邪魔になることさえある。僕の接客の師匠であり恋のライバルでもある影朗氏は以前にこんなことを言っていた。良いお店の見分け方、それはお客さんと世間話をしているかどうかで判断できるのだと。僕はその通りだと思う。今日も良い世間話がたくさんできた。
 
22
 
「緊急事態発生、緊急事態発生、コールドスリープを解除致します。起床後はまずゆっくりと体の動きを確認してください。」

およそ緊急事態を伝えるアナウンスとしてはふさわしくなくゆったりとした口調で船内のコンピューターは危機を伝えた。ケララを出発してから既に12年程、旅は丁度半ば程まで順調に進んでいた。旅の途中でも特に異常もなく、平穏な宇宙旅行だったのだが、長旅における初めての危機の報せだった。

「ふわ~、どうしたんだアスカ?」

ブッダはいつもの調子で船体の統括コンピューターに話しかけた。

 
20
 
眼鏡屋をやっていると当然だが色々なお客様がいらっしゃる。昨日いらしたお客様は以前にもグラシアスで眼鏡をお作りになったお客様、ここではA様(仮称)とさせていただくが、そのA様には以前にお手元用眼鏡でお世話になった。その時は+1.50加入という老眼鏡のような眼鏡をお作りしたのだが、その時は近見で大きくずれる外斜位だったのでプリズムをベースインという度数で入れた。これは黒目を寄せることが困難な方や寄せることそのものがストレスになっている方にお作りする。

そのA様が手元は楽になったと言って下さったが、今度は遠く用の眼鏡が欲しいとおっしゃりご来店いただいた。

A様いわく、遠く用で眼鏡を作っても手元と同様なかなかご満足いただけないというなかなか眼鏡の作り甲斐のある目をお持ちだった。いつものフレーズで言えば、A様はお客様であり、そして(検査の)先生でもある。早速目をみさせていただくとこのA様は何度測定しても近視で内斜位と出る。僕は近視+内斜位の組み合わせは危険であると師匠からの言づけを守っているし、その場合は疑えと教わった。だが今回ばかりは調節力を計っても、雲霧をかけても遠視であるという結論にはいたらなかった。

結局、今回は近視で最高視力で最弱度を狙い、近視+内斜位を矯正するベースアウトという度数を入れて眼鏡をお作りした。今回の検査が正しかったのかは分からないが、今までの眼鏡だと1時間もかけていると疲れてくるという苦しみが少しでも軽減していただけることを願うばかりだ。

このように遠用と近用でずれの方向が変わってしまうことが決して珍しくない事例としてグラシアスで見かける。だがその場合の処方ノウハウや方法論を業界内で統一見解として持てたらどんなに素晴らしいだろうと僕は思うし、現状そうはなっていないことを僕は本来人の持っている力を使いきれていなく勿体ないと口が酸っぱくなるほどに言い続けている。でもきっといつかは変わるだろうし僕はそれを信じている。
 
19
 
約4年ぶりにご来店、痩せてた。僕もメラメラ燃えてきた。
 
18
 
今日は自転車通勤復活二日目、いつもの自転車道路を鼻歌混じりに自転車をこいでいた。僕は昼でも夜でも空を見ることが大好きなので今日もいつものように空を見上げていた。すると何とも幻想的な風景が目に飛び込んできた。僕は41年生きてきて初めての経験だがみなさんはいかがだろうか?一度ご覧になっていただきたい。

 
17
 
今日本は消費税増と行財政改革が優先、この二つの選択肢の間を揺れ動いているようだ。

今朝の朝日新聞より。

(引用はじめ)「突然の消費増税、弱者直撃」ギリシャ危機に端を発した緊縮財政の荒波が中・東欧諸国で弱者を直撃した。国際通貨基金(IMF)の融資条件を満たすため政府が付加価値税(消費税)を突然5%上げたルーマニアでは、パンの無料配布に人々が殺到している。と見出しが躍り、危機をあおった。

 
16
 

先日の参議院選挙で民主党は負けて、そしてみんなの党は大躍進、そして自民党も1人区で民主党に差をつけて勝利した。繰り返しになるが僕は決まった政党は支持していない。その時に応じて政治家の先生の描くビジョンと自分の理想に近い政党や政治家に投票している。そして僕は自民党よ一度下野しなさいとこのブログで僕の意見を述べさせていただいた。そしてその受け皿は当時最大の野党だった民主党が受け持つべきだと次論を展開した。

その際に僕が恐れていたことは国民が民主党に時間的な猶予を与えられるだろうか?と僕は述べた。

過去記事。

 
15
 
先日のワールドカップの決勝のアンケートについて、うろ覚えなのですが、確か…、スペイン58%対オランダ42%とスペインが実際の試合もポゼッション率も勝ちました。僕はオランダのサッカーに期待してポチっと一票を投じましたが、オランダが華麗に勝つことを捨て、プレスで徹底的にスペースを消していくことに終始したのに対し、やはりスペインはオランダに比較してパスが成功していたようです。ですが延長も含めて120分走り切れたことに僕は驚きを隠せませんでした。日本はパラグアイには成功してもオランダやスペインには90分もプレスをかけ続けられないでしょう。地味ですがあのスタミナと無駄のない動きもワールドクラスでしょう。

それでは結果ですが、

オランダ7票、

スペイン4票
ですが、

結果はスペインが初優勝となりました。でも決定機という意味ではロッベンがキーパーと1対1に二度なった。あの時のどちらかを決めていれば結果はまた違ったものになりました。僕は素人ですがサッカーってキープすれば勝てる訳でもなく沢山点をとればいいわけでもなく、相手より多く点を取るゲームであることを再確認しました。

しかし、

四年後のワールドカップに日本は予選突破なるかな?

監督は誰になるのだろう?いろいろ楽しみです。
 
14
 
五反田にお買い物、その後自由が丘のお友達のお店に見学に綺麗なお店だなぁ~。
 
13
 
先日いらしたお客様(A様)は僕のブログを見てご興味を持っていただきご来店いただいた。とりあえずお話をお聞かせくださいと言うと堰を切ったかのようにお話を始められた。余程困っていたのだろうと僕はお話をしばらく黙って聞くことにした。

 
12
 
昨日はF-1からワールドカップにハシゴした。可夢偉さんが弱小チームながら6位入賞、去年のトヨタ時代の6位だって立派なもんだが、今年のザウバーで二戦連続の入賞の方がきっと価値があるだろうし評価もあがることだろう。可夢偉さん、もう少し夢を見させてください。

サッカーは世界レベルというものはこういった世界か!とただ驚いた。オランダのプレスを見て後半足が止まると思ってみていたら、その運動量の落ち込みは日本の後半と比較しても雲泥の差であれを90分続けられるのが最低でも世界で強豪と言われるための最低条件ではないのでないか?と日本の今後の課題を見た気がした。速く、正確で、持久力があり、そして創造力豊かなプレイ、すげぇ~な。
 
11
 
ダートで6連勝中だったナムラタイタンが負けた。またスターホース候補が消えた。いつになったら僕をわくわくさせてくれるのだろう?

オランダ対スペインがどんな展開になるんだろう。僕なんかじゃ想像もつかないや。

今日はお客様との雑談の中で今後のきっかけをいただきました。とんとん拍子に進むかはわかりませんが、上手くいくといいなと漠然と思います。PC作業中には眼鏡を、これを認知させて、実際に普及させる。これが業界にも、そして国家にも、きっとご奉公できる僕なりの仕事だと思って取り組んでいます。

今日も、皆さん本当にありがとうございました。
 
10
 
トラクションの新型入荷しました。今回はメタル中心に仕入れました。色使いが独特で楽しいよ。

ゼンカの新型とゼンカキッズも入りました。子供用に楽しい色使いを提案したと思います。

見に来てね。
 
09
 
いよいよワールドカップも決勝戦が間近になり、嫌でも盛り上がっちゃうのであります。先日のドイツとスペインの試合のレベルの高さに驚き、そしていつか日本もああなれたらいいなと素直におもいました。

ドイツのシンプルな組み立てからの素早いカウンター、そしてボールポゼッションで上回るオランダのパスサッカー、素人の僕が見てもレベルの高さがわかる非常に見応えのある戦いでした。

では今度の決勝戦って?オランダもスペインに負けず劣らずオールスターのタレント揃い。非常に個人のスキルの高さが印象的な、グループリーグ、そしてトーナメントの戦いでした。では非常にハイレベルな技術を持っている両社が戦ったらどんな戦いになるのだろう?勝敗は時の運ともいえるけど、ボールポゼッションで上回り試合をコントロールするのはどちらなのでしょう?

久々にアンケートコーナーを更新しました。皆さん、オランダとスペイン、どちらが勝の?ではなく、どちらが自らのペースでボールを回せるのでしょう?いつものアンケートコーナーでポチっとお願い致します。
 
08
 
いろいろなルールが有るのか無いのか、よく分からんがとりあえず新規登録をしてみた。

多分…

opteriaglassias

で検索すればいいのかな?

ご興味ある方はご覧になってください。
 
07
 
投票に行ってきました。
 
06
 
僕がお店を開いて5年半、オープン当時から眼鏡の機能性を忘れちゃいけないし、機能性のある眼鏡屋で眼鏡を作るとお客様が得をするよ、こう主張してきた。あっという間の5年間だったが当時を思い返せば機能性に着目しているお店はそれ程多くなく、コンセプトショップという言葉が流行しお洒落なお店で眼鏡を作ることが流行っていた。僕はお洒落な眼鏡が市場に出回ることは自分自身が眼鏡ユーザーとして捉えても素晴らしいと今でも思っている。でもファッションだけ、これではお客様が損をする場合が有るといい続けてきた。ところがそんなことを理念に掲げて営業するお店は少数派で、どちらかと言えば業界を全体で捉えればファッションと低価格、この二つの傾向が見て取れた。高くとも良い品がほしいという中流層以上の方が激減し、二極化したことが大きな要因でもあるし、激安以外の付加価値を提案できなかった業界がお粗末だったとも言えよう。

 
05
 
脳みそには画像を補正する機能がある。多少のずれなら補正をかけて左右の目でとらえた画像のサイズ差を整えてしまう。ところが今日お話しする方はず~っと片目の画像ばかり使い、両眼視をしていない状態の方だった。

以前に検査した時には左右の画像のサイズ差が有りすぎて融像できていない状態だった。とりあえず両目のサイズ差を消してあげれば両眼視しだすことは検査の過程で把握していた。そしてアニサイクルレンズで補正をかけほぼサイズを揃えてお作りした。ここまではそれ程珍しくない事例だ。

 
04
 
今日の朝は早起きしてドラゴンボールとワンピースの二本立てのフルコース、日曜日の朝の密かなお楽しみを満喫しようと企んでいた。ところが、9時からドラゴンボールが始まる予定がフジテレビにチャンネルを合わせるとワールドカップ特集が組まれていた。既に見た対戦の解説が繰り返されていたのであまり興味がなく、他のチャンネルに回してみたが、NHKでそれは止まった。与野党の各党首が一堂に会し議論するという番組が流されていた。だがどの党首も言っていることは僕に言わせれば大差がない、財政再建、成長戦略、内需も外需も、と僕に言わせれば些末な議論を繰り返していた。僕はこのブログで繰り返しお伝えしているのは、日本は成熟期にあり、それなのに高度成長期やバブルの幻影に縛られ、実需なきバブルの再来をあおるかのような国家戦略は短期的な成長に終わり、安定し永続的な成長などのぞむべくもない、と言ってきた。だから眼鏡業界であれば、もっと激しく淘汰されるべきだと思っている。

そしてこんな縮小すら必要という成熟社会で新たな産業を興すのか?それとも既存の企業を優遇し守るのか?そこすら明確には伝わってこない。政治家の先生方も実はどうやったら失われた20年から立ち直れるのか見えていないのではないか?だからそれがメッセージとして伝わってこない。僕はそれを嘆き、政治の世界に優秀な人材が集まらない現状を危惧している。

せめて僕はとこのブログで各種の提言を続けてきた。

時代はひとりのリーダーに頼るだけでは何も変わらず、待っているだけでは何も変革できないと思うからだ。国民一人一人が各々考え行動するべきだとも思っている。

そして物や金に偏重しすぎた価値を少しばかりモラルや精神性に振り子を戻す。これをこのブログでは手を変え品を変え提言してきたつもりだ。

建設業界に無駄の温床をが存在することを指摘し、食糧安保の観点から、職(職人)から食(食人)へと大規模な構造転換の必要性も主張してきた。

医療については診療点数の制度に問題があり、点数で報酬が決まるのではなく、処方や手術のスキルで報酬を決定する仕組みに転換するべきだと言ってきた。

眼鏡業界については、価格とファッション性にだけフォーカスし機能性がおざなりになっている現状を危険だとし、量販店が8割シェアを取っている現状は国民の福祉に反し、本来はお医者様と眼鏡店がタッグを組み国民の視生活をケアするべきで、いずれは専門店と量販店のシェアは逆転するべきだと言ってきた。

また成長過程の幼少期と、壮年期を過ぎ加齢を自覚する時期、具体的に言えば30代後半程度からはしっかりした眼鏡で視生活をケアするべき、そしてPCに依存度が加速的に高まる現代社会も危険だと警鐘を鳴らしてきたつもりだ。

先日グラシアスの常連さんとこんなお話をした。その方はIT業界に勤められ、若いのにしっかりとした好青年だ。そんな彼にIT業界の今後を聞いてみると先輩の仕事ぶりを見ていてもあ~なりたいと思えない、業界内の競争も日本にとどまらずインド等の新興国に素晴らしい人材が揃っている。敵わないなと思うと自信なさげに答えた。僕はそれを聞いて悲しくなった。いつから日本はこうなったのだろう。世界に羽ばたく日本人だってさまざまなジャンルで数多く居る。日本人という民族が決してインドやブラジル、中国、ロシアの若者に比べて劣っているとは到底思えない。実際に何年かほんの数十年前に日本は世界を席巻した。だがこの世の春を謳歌した時代を知らない世代は心が縮んでしまっているのではなかろうか?僕は眼鏡を文化にと夢を語った。今度はマネーでなくカルチャーが世界を震撼させる番だと思う。

僕は、こんな世の中だから、日本から世界に素晴らしい国民の視生活をケアする素晴らしい仕組みを構築しよう、ドイツ式だ、アメリカ式だとしゃらくせえ!、PCが急速に普及した今だからこそ、僕らが日本から新しい検査論を発信してやろうぜ!という僕からのメッセージを投げかけているつもりだ。

もしもこれから眼鏡業界に入ってこようと言う方にはどうかお願いしたい。石原都知事が東京から日本を変えると言ったように僕は眼鏡業界から日本を変えてやろうと意気込んでいる。もしも眼鏡業界に入ってくる方はそれくらいの気概をもって殴り込みに来てほしい。




 
03
 
営業しているかどうかわからないお店、グラシアス、お店を見つけてから実際に入るまでに1年半も掛かった方が居るほどに入りにくいお店、グラシアス。グラシアスを目指してグーグルのマップをプリントして駅から歩いてきたお客様がお店に気づかず素通りしてしまう程に存在感の薄いお店、グラシアス。

だがそんなお店に僕は別れを告げて新たな一歩を踏み出した。このお店のファサードのさりげなさがいいと言ってくださる方も多くいらしたが、いっぽう

「なんでこのお店はこんなに入りにくいのよ!」

と怒鳴りながら入ってくるお客様も少なからずいらっしゃった。そんなお客様のご要望にお応えして僕は看板を付ける決心をしたのだった。それがこれだ~!

SBSH07941.jpg
下の液晶でテキストデーターを、上のテレビで店内の様子や品揃え、検査/加工/フィッティングのこだわりを写真や動画で案内する予定です。

IMG_0314.jpg
アクリルの価格表とイメージを統一させようとしました。ちなみに店頭に価格表がある眼鏡屋さんて少ないよね、これも入りにくい店構えを考慮してせめて価格の相場くらいはご案内しようと思ったのです。

ではなぜこんなに入りにくいお店にしたのでしょう。それは一度に沢山お客様がいらっしゃると困るからです。夫婦二人で経営していますから、月に作れる本数なんてしれているのです。だから僕は本数を売るというよりはいい物を数量は自分で作れる限界に設定し、それを超えるレベルになったらお断りしたいのが本音です。今はまだ年間を通しては余裕しゃくしゃくですが、それでも繁忙期は夫婦二人では限界も感じています。いつかは月に売る本数を超えた場合には翌月まで販売をお断りする予定で、それが目標です。今回の看板は、先日のホームページのリニューアルに続き、目標を達成する為の布石でもあるのです。
 
02
 
少し古い話題だがF-1のヨーロッパGPで小林可夢偉さんが7位入賞という快挙を成し遂げた。ザウバー自体のポジション的には下から数えた方が早いチームだし実際のこれまでの成績も前評判通り完走がやっとだった。中島悟さんに始まり、過去に何人日本人レーサーが挑戦しただろうか?いずれも成功を収めとは言い難い。少なくとも同じ条件で走るチームメイトにすら勝てたパイロットが居ただろうか?僕の記憶が確かなら予選でたまに勝てたことは有ってもシーズンを通じて安定してチームメイトに勝てた日本人レーサーは居なかった。その点カムイさんは凄い、僕はこの間のサッカー同様、ひとりでF-1に挑戦し、成果を手にする若者に感動と勇気をいただいている。カムイさん本当にありがとう。

しかし今年のF-1は面白い。

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 04月 【19件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム