次論公論

 
30
 
先ほど某ブランドの営業担当の女性がグラシアスにご挨拶いらした。そこでいつものように雑談タイムになったのだが、その女性に、

「どのブランドが売れているんですか?」

と聞かれたので

「インポートなテオとic!berlin、日本のだったらラビリンスとコンセプトYかな?」

と答えたたら

「ラビリンス私も好きです、プライベートで自分用に使っているんです。影朗さん渋くて格好良いですね。」

と目の中にハートマークをキラキラさせ言うもんだから僕は、

有ること無いことを適度に織り交ぜ、幻滅させておいた。

影朗さんにファンが居ると言うと喜ぶだろうし、僕が適当に悪口を言ったことがばれると(怒られて)困るので内緒にしておこう。

くわばらくわばら~。
 
29
 
ここ数日、やたらに多様という言葉目にする。誰かに自分の意見を押し付けず自分と異質であることを受け入れることが多様性を認めるということであるのなら、それは対人に限らず国家間にも通ずるものがあるのでは?僕の理想とする社会はこの多様性を皆が当たり前に受け入れて個性を活かし努力に応じた評価を得られる社会。また商業主義の中ではマイノリティーの意見はたいがい抹消される。だか僕はそれで寂しい思いをすら誰かが居るのなら、その方向けのデザインでオリジナルの眼鏡で大手が作れない隙間の商材を開発したい。こんな僕みたいな変な奴が沢山出てくれば業界もきっともっと多様になることだろう。
 
28
 
今季のic!berlinのカタログより。
ic!berlinコンセプト

昨日はラルフがどこの馬の骨かもしれないこの僕のデザインに感動してくれて採用してくれたことに感謝するし、肩書きにとらわれず、デザインそのものを見てくれたことをありがたく思うし、頭の柔軟なラルフってすげえ!という僕の気持ちを書いて〆ようと思っていたら忘れてしまった。

今日は、ic!berlinのカタログの10P位のところに掲載されている僕がデザインしたフレームのコンセプトについて英文ではあるが書いてあるので紹介したい。

ちなみに和訳は勘弁してほしい(汗、涙、汗、涙、汗涙汗涙…滝汗)

書いてある内容はよく分からんが、アメージングカスタマー jiro ito だけは理解できた。今回のモデルは四型で一型四バリ、つまり16バリエーションあるそうだ。これが例の右利き、左利きと比較して選べるのだから、きっと楽しいと思う。

繰り返しになるけど、どの型も非対称を誇ってはいないつもりだ。非対称であるから顔に馴染むのだ。変わった眼鏡が欲しいという方にはきっと物足りたい、非対称だから、掛けてみたらどんなイメチェンが出来るのだろう?そう思う方にもお勧めしない。あくまでも自然に、これが僕のこだわりだ。

この利き顔をという奴はどこで決定するのだろう?正直お店で接客していてもパッと見てこの人右利きだ!なんて思ったことがない。右利き用、そして左利き用と左右掛け比べして初めて

「あ、私は右(左)利きだ。」

と気づかされる。その利き顔決定要因は?これも未だに分析中で答えが出ていない。だが今僕でわかる範囲でお答えしよう。それは

左右の目の高さ、左右の目の大きさ、眉毛の高さ、眉毛の大きさ、眉毛の吊り具合、前髪の分け目、頬骨の出っ張り具合、顎のライン、鼻の曲がり方。ざっと見てこんな要因で利き顔は決定されると現時点では思っている。

つまりお顔を左右に割って、非対称が目立つなっと言う方程、既存の左右非対称の眼鏡ではその非対称具合が際立ちご満足いただけなくなる。目の大きさや高さに左右差があればあるほど、今回のシステムが活きてくる筈なのだ。

次回は僕の名前から付けたjiroを紹介したいと思う。
 
27
 
僕がゴルフの練習を始めてみると先日ゴルフ業界の方に相談したら、そのお方がなんと立派なゴルフボールとタイガーウッズがかぶっていそうな帽子をセットでくれた。まだ8番と7番アイアンだけしか練習場でも打ったことのない僕としてはまだ過ぎた物ではあるが、早く、この球を使ってコースを回ってみたいと夢だけはますます膨らむのであった。いつかドキドキのコースデビュー、その為にも練習場に向かうのであった。

そのボールにはたいとりすとと買いてあった。僕は良く知らないが眼鏡業界で言えば、アランミクリなのかな?それとも999.9、実はローデンシュトックだったり…。とゴルフに詳しくもない僕はありがたみもきっと半分で、そこそこ知るようになると恐縮しきりだったり…(汗)

ゴルフに詳しくで眼鏡にも詳しい方、タイトリストって、眼鏡業界で言うとどんな会社?是非教えてくだされm(__)m

公式ホームページ
 
27
 
2010年4月16日、ic!berlinの総帥ラルフが日本に来た、そして東京のic!berlinの取扱い店を自分で自転車を漕いで回るという企画があった。その日の最後の予定がグラシアスだったのだが、その日はあいにく雨で、春先の冷たい雨がラルフの体温を奪っていった、筈だった。ところが疲労困憊である筈のラルフは、来るなりグラシアスにいらしていたラルフファンとファンサービスを始めた。一緒に写真を撮ったり、またグラシアスに来店記念のサインまでしてもらった。今でもそれはグラシアスの壁を飾っている。

そんなファンとの触れ合いの場で僕は場違いなことを言い出した。それは僕の夢についてだ。僕は勿論英会話ができる訳ではないので、片言の英単語とボディーランゲージでこう言ってみた。

「僕はいつかこのお店がもっともっと大きくなったらいつかあなたとコラボしてみたい。良ければ僕のデザインしたフレームを見てくれないか?」

と聞いてみた。そして僕はレチルドの「me ray」の右利きと左利きバージョンを常連の女性にかけてもらった。そして彼女は右利きを掛けると不自然で、左利きを掛けると自然だろう?僕の少ないデーターだが、過去の経験では40%の人が右利き、40%の方が左利き、そして20%の方々が両利きだとプレゼンした。ラルフはそれにえらく感動してくれた。僕は過去のデザインも見せた。ラルフはそれにも興味津々でアイフォーンのカメラやビデオでしきりに僕のお話等を収めていった。

そしてラルフはそれらを一通り見終えるとこういった。

「よし、やろう!今すぐにね。とりあえず、5型デザインを作ってみてくれ。」

と言われた。僕は売り言葉に買い言葉で

「本当!?それなら1週間で書き上げてメールで送るけど、僕はキャドも使えないし、図面は寸法指定してラフで起こすだけだよ、それでもいい?」

と聞いた。ラルフはノープロブレムとうなづいた。

そして僕は本当に1週間で5型図面にし、

そしてそのうちの4型が採用された。

それが

jiro

naomi

yasuhiko

そして先日記事にした佐川裕太郎様のお名前をいただいた。

yutaro

だ。ic!berlinのデザインコンセプトとしてモデルの顔を思い浮かべて線を引くというコンセプトが有るそうなので僕も郷に入れば郷に従えと言わんばかりに僕がお世話になっているお客様のお名前を借用し、その方々のお顔を思い浮かべてデザインした。この時にお客様の度数、顔幅、そして瞳孔間距離等を考慮してデザインするのだから、もしも今回採用された方は、デザインが気に入るかは分からないが、少なくとも見え心地や掛け心地は既存の枠よりもいいはずだ。このモデルを決める過程が実は苦しかった。4ないし5のモデルをグラシアスの顧客から選ばなければいけない。yutaroさん程のアイシーマニアが居れば自然とその中から選ぶが、yutaroさん程の変態(失礼)は他には見当たらなかった。だから、ここは僕は、選ぶのに苦労するくらいなら滋郎というモデルにしてしまえと自分の名前のモデルを作った。残りの二つは感謝の意味も含めて、日頃感動をいただいている方のお名前を付けようと思い、naomiとyasuhikoに決めた。それでは次回から各モデルのコンセプトを紹介したい。
 
26
 
先日お伝えしたICベルリンとの僕にとっての夢のコラボ企画。本当に、本当に始まりは些細なものだった。今回はお名前を出して良いと了承していただけたので公開するが、グラシアスきってのICベルリンファンである佐川裕太郎様、そんなICベルリンファンとのお店での雑談から思っても見なかった急展開をみせ一気に商品化が実現した。

時間は少し遡る、僕は以前にレチルドというブランドme Rayというモデルのデザインをした。このブランドは一つの型にツーサイズ用意した小顔の方向けのフレームで、かつ顔にも腕と同様「利き顔」があると仮定し、左右非対象にデザインし、それを反転し、オーソドックススタイルとサウスポースタイルの二種類品揃えした。要は2(サイズ)×2(デザイン)の色バリを除いても4種デザインが存在するモデルだった。非対称を誇るのではなく、顔に馴染ませる為に非対称な顔には非対称なフレームの方が自然だというコンセプトで、このデザインのヒントにしたのはコンセプトYであり、影朗さんであり、そしてテオのデザインだった。じつはこの左右非対象のアイデアを思いついた時からICベルリンとのコラボを考えはじめていた。それはレーザーで切り抜くシートメタルという製法そのものがレチルドのコンセプトと相性がいいと思っていたからだ。この製法であれば、一つの型を反転すれば容易に費用をかけずにツーバリエーション作れる。これならそれ程高い上代設定にもならないだろうと思った。ICベルリンにとってもそれ程負担やご迷惑を掛けないだろうと思ったのだ。

そんな話を佐川様と話していたのだ。そして僕はその時に1分程度でラフスケッチを書き上げ、そのモデル名を佐川様から頂戴してyuutaroにしようと約束した。本当にこれが始まりでこの夢から僕の思いは現実化していった。

これがその時のラフ、本当に大雑把な絵だ(苦笑)
ラフスケッチ

次回はラルフとのやり取りをご紹介しようと思う。
 
25
 
景気が回復のきざしすら見えない中、菅政権の消費増税、法人減税を党員の方々は支持をし再選した。僕はこのブログでは消費増税が必要かどうか、国家財政が破たん寸前なのか分からない。でも法人減税とセットで消費増税を検討しているのなら、法人減税は必要ないので、どうか消費増税を回避していただきたい。と主張してきた。

 
24
 
以前にこのブログでも僕のこの気持ちは紹介したことがある。僕は子供の頃、

「大人になりなさい。」

という言葉に過剰に反応したと僕の体験を述べた。この大人が子供にしつける時に言う言葉には

「聞き分けの良い子になりなさい。」

という意味や

「夢ばかり見ていないで現実を見なさい。」

こんな意味で使う時もあるだろう。まるで夢を見ることが罪とでも言わんばかりにだ。僕は大人が必ずしも正しいとは限らないし、夢を見られないなら大人になんかなりたくないと思ってこの年まで生きてきた。

 
23
 
今日は嵐のような天気、よし加工祭りだなと気合いを入れたがどっこい朝から丁度いい感じでご来店が続いた。なので今日のblogは手抜きです。
 
21
 
夏も終わりが見えてきた頃、グラシアスでは今日タレックスばかり問い合わせやお買い上げのお客様が多かった。僕に言わせればサングラスは一年中使っても良いと思っているので昔ほど夏限定商材ではないなと感じているが、ここ数年その傾向に拍車がかかっている。
 
20
 
僕のご近所にゴールデンレトリバーという犬種のわんちゃんが居る。名前は飼い主から直接聞いたわけではないが、なっちゃんというらしい。元来犬好きで前世は絶対犬だと思っていた(実際は違うらしい。)僕はこのなっちゃんがなんとなくいつも気になっていた。

なっちゃんはいつも寝ている。飼い主が出てきても人が家の前でお話ししようとも常に眠っている。正確には目を閉じているだけで聞き耳を立てているのかもしれないが、とにかく動きの無いわんちゃんなんだ。僕はそんな悠々自適なのか天涯孤独なのか分からないこのわんちゃんのことが気になっていた。当初は感情がないのかな?表情もないな、と心配する気持ちの方が大きかった。ところがいつしかその僕の想いは、よ~しいつかなっちゃんに人も捨てたもんじゃないと考えを改めさせ、そしてその上でお友達になろうと変化していった。まず僕は家に帰ると荷物を置いてなっちゃんの寝ているお家に向かい極力

「なっちゃん~♪、おやすみ。」

と声を掛けるようにしていた。そこらの木と変わらぬ対応でなっちゃんは無愛想だった。だがいつからだろう?二週間くらいかな?なっちゃんは声を掛けると尻尾をふるようになった。僕の知る限りでは尻尾を振っていれば敵意ではなく喜びに近い感情だと思っている。つまり僕はそこらのニホンアシで歩く生き物から、なっちゃんに興味を持っている特殊な存在として認めてもらったのだ。僕は嬉しくなって妻に報告した覚えがある。

だがここからは一進一退で、僕となっちゃんの距離は時には近く、そして時には遠のいていった。それは僕が声掛けをさぼれば遠のき、そして頻繁に顔出しすれば距離は縮まった。だがこの夏の猛暑はそんななっちゃんと僕の間に大きな壁を設けた。なっちゃんは当たり前だが毛がぼうぼうでこの酷暑にやられてしまったようで、僕なんかにかまっている余裕すらなくなってしまったらしい。僕が顔出ししても尻尾も振れなくなってしまった。なっちゃん大丈夫かな?他所の犬なのに余計な心配をしてしまった。

ところが、暑さも落ち着き、寝苦しさから解放されたここ数日でなっちゃんはまた僕に対して尻尾を振るようになった。そして一昨日事件は起きた。

いつも縁側に寝ているなっちゃんは僕が声を掛けても目を開けて尻尾を振る程度だったのだが、一昨日は違った。僕の顔を見るなりむくっと起きてフェンスまでゆっくりではあるが駆け寄ってきてくれたのだ。僕は嬉しくなって一杯体や頭を撫でてあげた。その晩は妻になっちゃんが…、と報告したのは言うまでもない。

そう、なっちゃんに人間も捨てたもんじゃないと元気をあげようと思っていた僕はこの瞬間に元気をなっちゃんからいただいていた。

なっちゃん、ありがとう。そしてこれからもよろしく。

ちなみに昨日の晩はなっちゃんはいつものように、目を開けて尻尾を振るのみだった。

う~ん、なっちゃんったら気まぐれね~(苦笑)
 
19
 
ホームページのトップページにツイッターのタグを埋め込んだ。未だにツイッターでの立ち位置が確立できていないプリズム滋郎であった。とりあえず何かを発信したいと思うのだが、今は色々な人のつぶやきを見て勉強している。

フォローしていただけるのであれば是非よろしくお願いします。
 
18
 
白鳳関が千代の富士の記録を抜いて単独二位の記録をうちたてた。もしも朝青龍関が居ればこうはならなかっただろうし、朝青龍関もライバルと呼べる横綱不在で優勝記録を積み重ねた。だがライバルと言える強敵不在の中でもモチベーションを下げずに戦い続ける白鳳関、白鳳関が戦い続けているのは過去の双葉山の記録とも、対戦相手の力士とも違う。きっと己との戦いなのだろう。そんな心技体そろった横綱白鳳を僕は尊敬してやまない。

僕は僕で大阪のお師匠の受け売りで

「眼・心・体」

これらをトータルで整える眼鏡作りを究極の目標としているが、道は険しく極めたと言えるのはいつの日だろうか?とりあえず白鳳関の連勝記録が止まろうとも、僕の眼鏡道は果てしなく続くのであった。
 
17
 
今日はゴルフ練習場でレッスンプロさんに教わります。過去に自分の下手さ加減に驚いて挫折した苦い思い出があります。今度こそ、その思いで
 
16
 
今日は朝から怒涛の来店ラッシュ。検査、お渡し、それの繰り返しでした。なので今僕は燃え尽きてカスッカスです。また明日~。
 
15
 
僕は以前に伊藤家の風景という記事でデフレの勇であるユニクロは恩返しの意味も含めて日本製の衣料品を高額でもよいので開発し、日本にお金を回してはどうかと提言した。

だが、さすがに柳井さんだ、僕にそんなこと言われるまでもなく、ついにメイドインジャパンの9.990円のジーンズを開発したと今朝のニュースで僕は見た。

早速ユニクロのホームページを見ると5.990円から開発され、最高額で9.990円という商品展開だった。正直言えばこういった商品を買うターゲット層は後5.000円高くとも購入すると思われるので、もっと高くともいいのではないか?と思うが、まず実験的に作るという意味なら完売するというのが最初の目標になるのだからよしとしよう。中国の賃上げストライキ、そして尖閣諸島の問題等、大手になればなるほど、中国で商売をするリスクが高まっている。決してすべての中国人が暴力的であると結論付けるべきではないが、一部の反日感情のを直接的に暴力で表現する輩が居る。そんな奴は日本人にだっているのだから僕はそれ程中国を嫌わなくても良いと思っている。

領土問題、もしもこれが無くなったら?どんな素晴らしい世界だろう。とつぶやいてみる。
 
14
 
現代社会おいて長時間の輻輳(黒目を内側に寄せる動き。)運動が大きなストレス要因となっているとこのブログでは繰り返しお伝えしている。例えば、書類の目通し、PC作業。これらが大きなストレスであると僕は疑ってかかっている、先日初めて眼鏡をお作りするご夫婦がいらした。お二人とも40代中盤で最近手元が辛いという主訴で初の老眼鏡を作ることになった。お二人とも不同視ではあったが、片目の視力が正視に近い状態で遠用視力は出ていた。だがそれでは片目しか使っていない。融像という脳の機能を使わず遊ばせていることになる。これはこれで問題なので本来は遠近両用等でケアするべきだが、何しろ初めての眼鏡なので僕は一歩づつ行こうと方針を決めた。

 
13
 
飽きもせず毎日毎日プリズムプリズムと騒いでいるプリズム滋郎なのだが、未だに日本全国どの眼鏡屋に行っても両眼視のケアを受けられる体制の整備は遅々として進んでいない。この原因については自身のホープページでも解説し、このブログでも何度も取り上げてきている。以下の四つにその原因は集約されていると僕は思っている。

要は

プリズムは面倒くさい、

プリズムは儲からない、

プリズムは難しい、

プリズムの効果を眼鏡店勤務者、眼科医も含めて多くの国民がご存じない。

 
12
 
日本振興銀行破綻、これがペイオフの予行演習でなければいいですね。
 
10
 
沖縄から帰ってきたらアップしますね。

今回の沖縄旅行はパックツアーだがそれにレンタカーもチョイスできたので僕らはトヨタのヴィッツというコンパクトカーをレンタルした。そして那覇から名護のホテルまでを高速を使って移動した。また本来なら名護から那覇を下道で行けば面倒に感じるのだが、無料化の恩恵を受けて、五日間の滞在中にトータルで3往復させていただき、その代金で浮いた分をその他の買い物や食事の費用に回すことができた。

高速を使えば、『安・近・短』を『安・遠・短』に出来るのだから、今まで名護なら名護にしか滞在しなかった旅行のプランが那覇⇔名護を行ったりきたりするプランに変更出来た。これにより人の動きが活性化し、それに伴い、物・金も当然動く。僕は東京の首都高を無料化すると言われても、ただでさえ渋滞だらけの高速がそれに拍車がかかると想像するだけでもゲップが出る。だから沖縄のような観光がメインの県では無料化し、需要と供給のバランスがとれていない首都圏は有料のままでインフラ整備を更に進めるか、それとも遷都や道州制も考慮し東京一極集中を回避するか。方策としては様々だが、現状のままで東京を無料化するという選択は無謀におもえる。このようにケースバイケースで判断し、その場に応じた対応をすれば僕は高速道路の無料化は決して愚策とは言えないのではないか?と思っている。ところがこのその場に応じた対応やかゆい所に手が届くかのような行政サービスが実はお役所仕事にとって実は一番の苦手だったりする。だから僕は市長や区長さんには、バリバリの政治家上がりの人より、サービス業の社長さんの方が向いていたりするのでは?とも思う。そういった意味ではタリーズ珈琲の社長さんがさきの参議院選挙でみんなの党より立候補し当選したが、あういった方々が国政で一兵卒として埋もれるよりは地方自治の首長さんになってバリバリ改革してくれないかな?と期待したりもする。

お仕着せであり、お決まりの行政サービスにはそろそろ僕らははっきりとNOを突きつけるべきだろう。そして阿久根市の首長さんが、議会の承認を得ずに専決処分で副市長を決定し議会の反発をくった。だがその専決処分を議会の議決より優先することを総務省も認める可能性を示唆している。

では議会の役割とは?と問われるとこのような専決処分が頻発すれば議会制民主主義の危機と多くの人は思うだろう。だが逼迫した地方財政、その中で第二の夕張市にならないよう地方自治体は行財政改革を僕に言わせれば国政よりも一歩も二歩も先を行っている。その危機的状況を打破するのに首長の独断と避難されようともバサッと予算を削る政策が必要なのかもしれない。

僕自身、この是非を語れる程に知識は無いが、地方行政の在り方をこれからも見守っていきたい。

今回の旅行で僕は少なくとも沖縄では高速道路無料化という不況対策は有効に機能していた。と私見ではあるが、報告させていただきたい。ただし、こういった改革が国が主導よりも地方自治体に権限を委譲し、その首長の判断でもっと活発に行われる地方分権の必要さも感じたプリズム滋郎であった。
 
09
 
正しくは、金は天下の回り物。説明不要だろが一応ネットで調べた意味を転載させていただく。

意 味: 金銭は一か所にばかりとどまっているものではなく、常に世の中を巡っている。今はお金がなくてもいつか手に入れたり、今持っている者もいつか失ったりするということ。(ことわざデーターバンクより)

 
08
 
福井に観測史上初めて台風が上陸。最近お天気ネタで初モノが多いな~。異常が日常だ((~_~;)
 
07
 
<シャープ>発電効率が世界最高の太陽電池開発

シャープは6日、世界最高の発電効率となる太陽電池を東大と共同開発したことを明らかにした。従来の最高記録は米国企業の41.6%だったが、シャープはこれを上回る42.1%を達成。発電効率が45%以上になると大手電力会社の火力発電所や原子力発電所並みの発電コストになるといい、シャープは一段の効率化とともに早期の実用化を目指す。シャープと東大が開発した太陽電池は、太陽光を電力に変換する半導体に、レンズで光を集めて照射する「集光型」と呼ばれるシステム。砂漠や農地など広大な敷地で行う太陽光発電に適しているという。現在は実証試験の段階で、シャープは集光型の発電効率や量産化に向けた研究・開発を進め、環境意識が高く、広い土地が比較的確保しやすい欧州など海外の電力会社などへの納入を目指す。【清水直樹】(毎日新聞 9月6日(月)18時37分配信)

 
06
 
今日は珍しくプリズムを入れなかった事例だ。

A様(仮称 14才 女性)は初めて眼鏡を作りにご来店下さった。さっそく検査すると遠見で大きな斜位(BI11D)が有った。これは何か悪戯しているかな?と普段の生活の様子を聞いてみる。ところがそれ程不具合なく生活されているようだった。

とりあえず答えは出ないが、検査を先に進めてみる。すると輻輳(黒目を寄せる)検査と近見カバーテスト(BI5D)で遠見に対するずれの少なさと輻輳余力がふんだんにあることを確認し合点がいった。ご年齢的にまだ若く、えいや!と力づくで眼球運動出来る筋肉量もお持ちだった。この場合には僕はプリズムで矯正することは滅多にない。ただし遠視の潜伏だけは疑い、慎重に検査したが僕の腕前ではそれを発見できなかった。今回僕の見立てでは左右ともに弱い近視、この場合は手元作業時に眼鏡を外すことをお勧めしている。過度な緊張を入れさせないためだ。

まだ中学生のA様は授業中、黒板とノートを交互に見る場合には眼鏡を掛けて、家で予習復習する場合には眼鏡を外してくださいとおすすめした。少しでも近視の進行スピードを抑えたいという目的だ。この効果がてき面な場合も、一切効果なく近視が進む場合とある。今回は少しでも効果がでることを願う。

このご報告がどこかのお店の

 どなたかのお役に立ちますように。
   
         プリズム滋郎より。
 
05
 
この間ネットでこんなつぶやきをした。

小沢一郎出馬宣言!!小沢一郎がクリーンかどうかは分からない。でも二年がかりで特捜部が捜査して引っかからないんだから、今はもしかしたら日本一クリーンかもね。にもかかわらず、メディアの世論調査ではダーティーなイメージ、このギャップは何?ネットの統計とも真逆だよ。 (opteriaglassias ツイッターより)

 
04
 
欧州最強馬ハービンジャーを社台グループが購入

今年の英G1・キングジョージを圧倒的強さで制したハービンジャー(牡4)を社台グループが購入した。欧州の複数のメディアが同時に報じている。同馬はキングジョージ優勝後の調整中に左前脚を骨折して引退。患部の手術は成功している。(スポニチアネックス - 2010/9/4 7:05)

ヨーロッパの強豪が日本の軽い芝に合うかどうか、それは分からない。向こうの重たい芝にディープでさえも苦戦したのがその証拠だろう。一方、エルコンドルパサーはその芝にも適合したのは元々ヨーロッパの血をひいていたからで、アメリカのサンデーサイレンスが日本であれほど活躍すると予測したお見事だった。

過度な期待は禁物だが、サンデー血脈一色の日本の牝馬に合わせる種馬が思ったより少ないのも事実なのであろうから、それに対する種馬として僕は歓迎する。と言うに今のところはとどめておく。

 
02
 
グラシアスでもコンスタントに支持していただいているブランドOWL、その新作はブローラインとアンダーリム部の組み合わせを変えられるのだが、それをグラシアス流にアレンジしてみた。

写真だと分かりづらいけど

下がブルー

上がブラウンのツートンカラー。

素敵だと思わな~い?

OWL
 
01
 
今日はブランチにMacの チキンバーガーをいただいた。ソルトandレモンという味でさっぱりだけどしっかり味がついていた。しかしMacは決して安くない。それでも売上をキープできるのだから、新商品の開発力がすばらしく。安易な価格競争で売上を維持しないという戦略かな?それに比較して牛丼業界はお粗末だね。そして眼鏡業界は全体としてどんなビジョンがあるのだろう?僕にはなかなか見えてこない。

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 07月 【15件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム