次論公論

 
31
 
先日発売されたメンズEXで紹介されたkazuokawasakiさんのMP-69○シリーズの欠品分が入荷しました。シンプルで飽きのこないデザインです。ちなみにこのブログでは何度も取り上げられている世界一の掛け心地のあのシリーズですよ。ご来店をお待ちしております。
 
31
 
opteriaglassias

あなたは今、好きな眼鏡を掛けていますか?似合う眼鏡を掛けていますか?それとも合った眼鏡を掛けていますか?僕は伊達眼鏡なら好きに選べばいいと思っています。ですが視力矯正を目的としたなら眼鏡は道具としての機能性を最低限満たす必要があるのです。その機能性についてはまたの機会に…
10-30 15:12

@kokumin_koe 眼鏡業界の改革を願う者です。1)眼鏡士の業務独占資格による国家資格化 2)処方まで研究出来る公的な研究機関の設立。現状視機能の異状により競争社会の土俵にすら登れずに弾かれている方々が少なからずいます。その方々を救うシステムが必要だと考えます。
10-30 15:11

メガネ業界を改革するのに経験年数も浅く、人より技術が秀でている訳でもない僕は、改革には業界関係者よりも消費者の意識改革から始めることが必要だと感じた。その前に過去の経緯を、まだディスカウンター参入前の眼鏡技術者は半医半商のイメージの上にあぐらをかき、技術を磨くことを忘れていた。
10-30 15:11

@bluesky_AN_life 先日コメント頂いた者です。明菜さんは復活されるのでしょうか?心配してしまいます。
10-30 15:08

両眼視の効果(32)日本人の多くは外斜位です。また急激に増えたPC作業は確実に黒目を内側に寄せる時間を増やし、目の周りの筋肉の仕事量を増やしました。元々外斜位で黒目を内側に寄せる事がストレスになりやすく追い打ちをかける様にPC、携帯、携帯ゲーム等で手元ばかりを注視しているのです。
10-30 15:04

 
30
 
次論公論用語解説

ツイッターを始めて次論公論もコアな読者から一般の方もこられる頻度が高まると予想しましたので、今後は頻繁に用語解説コーナーを更新し拡充したいと思います。ご興味ある方はどうぞご覧になってみてくださいね。

 
30
 
地球サイズの惑星は多数=銀河系恒星の4分の1に存在か―日米チーム

地球サイズの惑星は従来の予想よりはるかに多く、銀河系(天の川銀河)の恒星が円盤状に集まっている部分では、恒星の約4分の1に地球程度の質量の惑星があるとみられることが分かった。東京工業大の井田茂教授ら日米研究チームが、米ハワイ島にあるケック望遠鏡で5年間観測した成果で、29日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 井田教授は「太陽系外の惑星は科学者の想像を超えたペースで数多く見つかっている」と話しており、生命が存在する惑星が見つかる可能性も高まったと考えられる。
 研究チームは、地球から80光年以内と、近い距離にある太陽ぐらいの恒星166個を観測した。恒星から近い距離を、質量がある程度大きい(重い)惑星が公転していると、恒星が重力の影響を受けて揺らぐため、惑星の存在が推定できる。この方法により、22個の恒星では、地球より3倍以上重い惑星が計33個、1周50日以内の近い軌道で公転していることが分かった。
 それより遠い軌道を公転していたり、小さかったりする惑星は、観測ではとらえられない。しかし、このデータに基づくと、恒星の23%に、地球の質量の半分から2倍の惑星が存在する計算になるという。
 ケック望遠鏡は国立天文台のすばる望遠鏡の近くにあり、2019年には次世代の超大型望遠鏡「TMT」(直径30メートル)を国際協力で完成させる計画が検討されている。TMTなら、惑星の大気に生命の存在を示す酸素や有機物が含まれているかどうかが分かるという。(時事通信 10月29日(金)3時4分配信)

自分のブログで趣味ではあるがSF小説を書いている僕としては、この記事は夢が膨らむ記事だった。例えば光のスピードで15年かかる先に、コンタクトをとってみたい。異星人が居たとする。だが現状の地球最速の宇宙船でも往復するのはコールドスリープでもしない限り不可能だろう。だがいつの日か宇宙戦艦ヤマトのようにワープ技術が開発されて瞬時に15光年先に行ける技術が開発されると僕は希望を持って夢見ている。またいつか僕ら地球人は地球を食いつぶし、惑星の生命力を絶ってしまう可能性すら現状の乱開発を見る限りはある。そうならないように環境に対する負荷をどうやって軽減するか、そこを本気で考える時代にとっくになっている。

だが未だに先進国は成長成長と繰り返し、途上国だって先進国に追い付け追い越せで設備や人材に対する投資に余念がない。本来は先進国の必要以上の贅沢や、無駄は模範ではなく、環境破壊の一例を挙げてみても反面教師にするべきだと僕は思うのだがいかがだろうか?どんな物でも使えるものは最後まで使う。勿体ないという世界に誇るべき文化をここは僕ら日本人が率先してみせる必要があるだろう。

グラシアスでは、この眼鏡まだ使えますか?と聞かれれば殆どのケースで僕はピンピンです。と答えている。むやみやたらに新調することをお勧めする立場ではない。メッキが痛んでいれば再メッキすれば良い。溶接が痛んでいれば再溶接すれば良い。それでほぼ新品のように輝きを取り戻している。もしもそれでも飽きたからもう一本欲しいと言われればそれは勿論イメージチェンジのお手伝いをさせていただく。だが新調することに慎重(ぷ♪)で特にイメージチェンジを望んでいない方には極力レンズ交換ですみますと伝えているのだ。

そんな商売人として売上を下げることに懸命な僕は同業者から見れば異星人に見えるかもしれない。

だが僕の目標は本物志向に消費者を誘導することで、眼鏡をただのファッションアイテムではなく、道具であり、その道具としての基準を満たしてから先にファッションアイテムとしての楽しさがある。そこに僕は業界の内外の方々に気づいていただく必要があると思っている。もしもその僕の取組が成功した暁にはきっと眼鏡の市場規模も単価が上がり、実は膨らんでいるだろう。現状は機能性を持たした道具としての眼鏡は異端で、ファッションアイテムとして楽しく、視力だけだせばOKという物販に毛が生えた程度の量販店が主流だ、この量販という業態にした瞬間に数々の消費者に対する欺瞞が生じていると僕はこのブログで繰り返し報告している。そんな隙あらば単価アップを狙うというその行為が実は消費者と販売員の距離を遠ざけ、消費者は価格に対し、疑心暗鬼になり結果としてどうせ機能性が変わらないなら1円でも安くという目利きを放棄したお店選びになるという悪循環を招いている。単価アップという手法を捨てたワンプライスショップでさえ、現状では成長するために原価の高い遠近両用は(儲からないので)極力販売せず、遠用、近用と二本まとめて売りつける複数本提案という方向に方針を切り替えている。

大手が上場という資金調達方法を選択した時から投資家に対するバックを成長という形で還元するしか方法が無いという話はこのブログでも既にお伝えした。眼鏡屋のように本来は人を育てるのに途方もない時間が掛かる業態はゆっくり人の育つ時間に合わせて成長すべきと次論を伝えた。だがそれでは株式市場からは投資するに値しないと判断される。だから人を育てずにどうやって成長し売り上げを作るかという目先、小手先に経営者が走るというこの危険性も僕は指摘している。

だから僕は、量販店はその業態に単価アップや複数本提案をしなければ経営を維持できないという構造的問題を抱えているから仕方がないが、少なくとも専門店では嘘は駄目だと言っている。必要無い機能や高級レンズはその方に必要なければ売上減になろうとも顧客の立場に立ち不要だとアドヴァイスする必要があると新参者のくせにほざいている。だがその専門家ならではのアドヴァイスに顧客はきっと価値を見出し、そしてシェアをじわじわと量販店から奪うだろう。

そしていつかその潮目が変わる日が必ず来ると僕は信じている。
 
30
 
opteriaglassias

両眼視の効果(31)形は分かりましたね。今度はレンズの特性です。レンズに光が通る時には光は厚みのある方向に屈折します。この特性を利用して斜位の矯正をしたり、時には手元を見る時に黒目を内側に寄せる輻輳運動を助ける為に、プリズム度数を通常の近視/遠視/乱視の度数と併せて入れるのです。
10-29 14:30

 
29
 
昨日は四国と大阪からお友達が、その後居酒屋に皆で向かい飲み食いしました。(勿論アルコールが飲めない僕はさんぴん茶。)同業の方々とお話しするのは刺激になるし、元気もいただきますね~。ちなみにGOSHのデザイナーさんもお店にいらっしゃいました。

11月はGOSHの新作発表会やろうぜ!と盛り上がりました。

という訳で、宴の席で急遽決定しました。GOSHフェア。

11/1にから月末までの予定で

GOSHの新旧の作品がグラシアスに集合します。

GOSHファンもそうではない方も、一度日本一のラミネート職人、いや生地職人と言ってもいい程のデザイナー前芝氏の色使い、そして生地の魔法に魅了されてみてはいかがでしょうか?
 
29
 
opteriaglassias

居酒屋なう、大阪と四国からお友達が来ています。更にゴッシュのM氏も急遽参戦。しかも、三店舗全てがゴッシュの取り扱い店で臨時新作発表会になった。ゴッシュの新作やばい。マツケリーこ新作生地もゴッシュオリジナル生地もやばい。さすが僕の思う日本一のラミネート職人。
10-28 21:54

@yutaka1620 jazzと言うよりは13mmなのに11mmの遠近両用レンズと同程度の加入度がフィッティングポイントに入るそうです。その為既存の遠近と比較し、多少遠用度数領域では視力は出にくいそうです。ですが加入の加減で調整するというよりも、明視域の分布を中近重視にした模様
10-28 13:26

両眼視の効果(30)1)プリズムという度数を日常的に考慮して眼鏡を作る眼鏡屋さんは非常に少数派です。ではプリズムを入れた眼鏡を作るとどんな効果が期待出来るのでしょう?その効果の前にプリズムレンズの特性からご説明します。プリズムはある方向の部分だけ厚みのある三角形の形をしています。
10-28 13:21

おおっ!!パート2RT @mireiton おぉっ、 @opteriaglassias さんの名前が! RT: @eyewearglasses: IC! Berlin goes asymmetric with Jiro Ito glas http://bit.ly/cqxiix
10-28 12:08

 
28
 
先日べリンガーのデザイナーさん、クラウスさんがグラシアスに来て下さった。いつものように例のやつをお願いした。

サイン

いつかは壁のスペースが埋まってしまう、ムフフと妄想している。

写真嫌いな僕でもデンマークからのお客さんと撮ろうよと言われた。わがままばかりも言っていられない。

クラウスと。
相変わらずひきつった顔をしている。これだから自分の顔を見るのがいやだな~。

べリンガーは今回のコレクションからテンプルのレーザーカットによる装飾でオリジナリティーを出す方向から方針転換をした。それは量販フレームでべリンガーのまがい物と言わんばかりにデザインを真似されたからだ。

今回のべリンガーは基本的にレンズのシェイプと色使いで勝負している。それは無駄をそぎ落とし、純粋に線の引き加減でのオリジナリティーと掛けた時の驚きを出そうとトライしている。このギミックにこだわらず、デザインで個性を表現しようというクラウスの試みは、実は非常に高度で難しい課題で、それにトライしたことそのものを僕はすげぇ~と感動した。

既存のアイデンティティを捨てて新たな物にトライするときに多くのデザイナーは、更に線を加えデザインを付け加えることが多いように思う。その書き足した行為で満足してしまうことがある。だがそれではプロダクトとしての個性がなんだが分からなくなり、ブランドの方向性が曖昧になってしまうことがある。クラウスはその方向にNOと回答した。装飾を省き、かつ独自性を出そうと装飾を省きながら一歩前にでたのだ。それは脱皮と言ってもいいかもしれない。

確かなことはクラウスはデザイナーとして一つの高みに達したということだ。ちなみにic!berlinはデザインとしてのミニマリズムを創業から追求してきた。だが近年のic!berlinの新作を見ると元々一筆書きでも書けそうなシンプルなデザインから、線を加え、またより複雑で新しい方向性を模索している。一方シートメタルを始めたマルクスは、線を書き加えることは一切しない。ミニマリズムを追求しようという潔さが見える。マルクスとクラウスとラルフの誰がが正しいのかと判断するのではなく、スタートラインの違うそれぞれのブランドの新しいチャレンジと捉えたい。

あ!フレームの写真を撮るの忘れた(汗)

 
28
 
opteriaglassias

なんでもかんでも世代間格差の問題にする事に違和感あり、激しく同意です。RT @kikko_no_blog 59歳の教師が小学生にセクハラサイコロを振らせ、62歳の女が民家に火をつけ、64歳の総理大臣が公約を破って国民を騙す。こんな国で「最近の若いもんは」なんて言えないね。
10-27 16:19

東海のセミナー終了なう、このレンズは他社と比べても加入度数としてはより遠用重視。東海さんとしてのうちだし方も中近ではなく手元がより快適な遠近両用として説明されていた。フィッティングポイントでの加入度は明示されていなかったが、中近としてはというよりも遠近に多少入っている状態のようだ
10-27 16:12

今日は東海光学の新レンズ発表会、東海も他社と同様に遠近と中近の間に位置する新コンセプトレンズを発表するようだ、これで大手町四社から新レンズが発売される事になった。NikonとSEIKOはカタログからは差が見出せなかったが、ホヤは設計を変えてきた。果たして東海は如何に?楽しみです。
10-27 13:55

@qbrick103 誰かのお役にたてるなら嬉しいです。ありがとうございます。
10-27 09:43

 
27
 
今日は東海光学の新コンセプトレンズの発表会と同時に開催された脳科学についてのセミナーも受講してきた。今最先端脳科学では心や意識がどのように肉体の一部でもある脳にどうやって作用し、関わっているかのご説明を短い時間ではあるが大変興味深く拝聴させていただいた。

こうした最先端の科学になればなる程に、心と体は密接に関わりお師匠の教えでもある眼心体の基本コンセプトは正しいのだと実感する。眼だけ見ていても何も分からない、電卓弾いても答えが出ない。それが当たり前と納得するのであった。

そして今日のセミナーのメインディッシュ、レゾナスフィットという新レンズは最近の流行でもある遠近と中近の間を狙った新コンセプトレンズ。但し先行した三社に比較し加入度数は中近より弱めというよりは13mmの累進設計のレンズなのだがその13mmの割には11mmと同程度にフィッティングポイントで加入しているにとどめている。遠用はレゾナスより狭く、中近領域はレゾナスより中間20%、近用で16%広く設計されたそうだ。これで手元が本当に楽になるのか自分用のレンズで検証したい。この東海光学の深レンズで秋の新商品が大手四社から出揃いそのすべてを自分の度数で注文したのでまとめて奮闘記で徹底比較したい。

また設計のご担当者とお話する機会があったのでプリズムに関して僕の思うところをぶつけてみたのだが、何と!今回新レンズに加えて、脳科学を導入した既存のレゾナスでもカタログには掲載されていないが電話応対でプリズムを5Dまで対応してくれることが分かった。レゾナスの装用感の良さにはぶったまげたが以前に作成した自分用のレゾナスはプリズムが僕の度数では作れずに、泣く泣く弱めに作成し、その辛い眼鏡でモニターした経験があるのでこれは有り難い。今度はしっかりと自分用に調整した度数で作成したい。

今月はセミナー続きで1日もお休み無し、でもそのお陰で最新のレンズメーカーの動向をゲットできなのではないかと思う。このレポートに関しても乞うご期待!
 
27
 
opteriaglassias

両眼視の効果(29)そして斜位がみつかり矯正が必要だと判断した場合の改善方法には大別すると3通りあります。1)プリズムを入れた眼鏡で矯正。2)トレーニング3)手術する。3)についてはお医者様の領分です。1)2)に関しては、一部の眼科や眼鏡屋であればそのケアを受ける事が出来ます。
10-26 18:41

 
26
 
先日一般の方よりのコメントで視力と視機能の違い等を分かりやすく消費者に啓蒙する必要がありますね。とご指導いただいた。僕はその通りと思い、自分のブログの次論公論用語解説というカテゴリーを開いてみた。とんだ勘違いなんだが、両眼視機能検査なんて基礎中の基礎なんて単語は既に解説済みだと勝手に思っていたらどこにもその言葉は見当たらなかった。こりゃまずいと思い、先ほど書き足したので、これをいい機会に皆さんもその用語解説をご覧になっていただければ幸いだ。

次論公論用語解説
 
26
 
opteriaglassias

両眼視の効果(28)両眼視にも段階があります。皆が高度な機能である立体視が出来る訳ではないのです。出来る人と出来ない人との差は何でしょう?実はこれに答えるのは至難の技で眼鏡屋ではどんなに頑張ってもどうしようもないケースもあります。ですが両眼視を阻害する要因の一つに斜位があるのです
10-25 20:04

 
25
 
IOFTでの注文分、新作入荷第一号が本日お店に届きました。それは杉本圭さんのセル枠です。

どちらかというとPOPな色使いでかつどなたにでも似合ってしまう奇跡のデザインです。自分に似合う枠は無いとお嘆きのあなたにこそお勧めしたくなるのです。今回は黒/赤/茶の三色入荷です。
 
25
 
opteriaglassias

両眼視の効果(27)だから僕は両目で捉え、左右の目の仕事量を均一にし、極力片方の目に負荷を掛けない事を目的にする両眼視機能検査を推奨し、更に全ての国民がこの視機能のケアを受けられる体制の整備を目標としています。決して目の不具合が原因で競争社会から脱落させてはいけないと思うのです。
10-24 13:37

両眼視の効果(26)自律神経は心身が緊張と弛緩した状態とでその役割を使い分けます。では右目が緊張、左が弛緩した状態が同時に起こる事があり得るのでしょうか?僕は斜位がその神経の矛盾した状態を引き起こす可能性があると疑っています。それは片眼だけしか仕事をしていない時に起こるのです
10-24 13:31

 
24
 
兄よりのアドヴァイスで、悩んでいるなら直接聞いてみろ、こう教えてもらい恐る恐る電話で色々な省庁に問い合わせているプリズム滋郎なのだが、このブログでその一部ではあるがその情報を公開し共有したいと思う。これは眼鏡業界だけの関心事ではなく、一児の子をもつ親御さんにも是非聞いてみたいことだと思うからだ。

実は、先日お店の所在地である武蔵野市より市政に関してご要望があればどうぞというアンケート用紙が送られてきた。

政治にど素人の僕でも何か要望はないか?と聞かれればそれは自らの商売に直結するので無理やりアイデアを捻り出した。

それは以下の通りだ。

 
23
 
今日もお蔭さまで有意義に過ごせました。

ありがとうございました。

プリズム滋郎
 
23
 
opteriaglassias

この記事にいい質問を頂きました。違いの分かる顧客を育てる手間すら省き結局自分の首を自ら絞めたのです。RT @opteriaglassias いままでとこれから。 http://opteriaglassias.blog92.fc2.com/blog-entry-1352.html
10-22 21:45

両眼視の効果(25)自律神経は様々な体の機能を司っています。一例を挙げれば、呼吸、心拍数、体温、内蔵の消化にも関係があります。眼に限って言っても遠くを見る時と手元を見る時とでは自律神経を交感神経と副交感神経とで切り替えます。ここからは仮定ですがもしも右目が交換、左が副交感の状態に
10-22 17:00

 
22
 
僕はコア過ぎる情報満載の次論公論読者の皆さんに今回誇るべきことがある。それは

何と!!

IOFTに行って初めて新規ブランド導入を見送ったのだ~!!!

…。

……。

………。

「え!?」

 
22
 
opteriaglassias

両眼視の効果(24)骨格に続き、今日は自律神経についてです。自律神経失調症という状態は現代社会では決して珍しく無い病気とも言えない病気です。それが斜位と関連があるのか?僕は断言出来ません。ですが精神と密接に関わる体のある神経の状態がプリズムを入れた眼鏡で改善される事があるのです。
10-21 18:59

 
21
 
僕はこのブログでよくこんなことを言っていた。それはこれからの時代は~なる。こんな言い方だ、昭和から平成に変わりもう既に二十余年、既に懐かしき昭和時代であり、平成生まれの子が成人している時代に入っている。元号が変わってからしばらく経っているのに時代の転換期であるかのような言い回しをこのブログで僕はよくしている。では実際にその価値観や基準の変化といったものはあるのだろうか?僕は必ずあると思っている。それがこのブログでいう。

「奪い合う社会から与え合う社会へ。」

というキャッチコピーで、それが僕の想いを言い表している。つまり

いままで=奪い合っていた。

同様にA者からB者へ物/金が移動したに過ぎないが、それを

これから=与え合ってはどうか?

と提案している。無理やり人から剥ぎ取るより、どうぞと差出しお礼を言われた方がなんぼも自分が気持ちがいいと思うからだ。それなら頂いてばかりじゃ恐縮ですと言わんばかりに今度は自分に何が他者へ与えられるのか?僕はそんな喜びを新宿や新潟のお師匠に教わった。そんな与え合う社会のまず第一歩として僕は検査レシピを原価に少しばかりのせた金額で同業の方々へお配りしている。与え合うなら原価で渡せと思われるかもしれないが、CDやゆうパックのパッケージ、これらを在庫すれば原価でお配りしては一時的に赤になる。それではグラシアスの経営が安定しない時には少しのせて落ち着いたら値段を下げる。こんな不公平で欲しいと言ったその時に応じた
損や得が生まれてしまう。これを防ぎ、この取り組みを継続させる為には僕は多少原価に乗せてお譲りしている。ここはどうかご理解いただきたい。

こんな検査レシピをお譲りしてということを続けていると僕の想いの代弁者という方もちらほら見えてきた。僕の代わりに両眼視の必要性や重要さを宣伝してくれている眼鏡屋さんも巣鴨の久保田さんのように出てきてくれている。そして先日のIOFTでも久保田さんや他の方からのご紹介で新たに検査仲間のご縁も複数いただいた。本当にありがたいことで、僕一人で普及活動に取り組む必要はまるでなく、これはと感激してくれた皆がそんじょそこらでやってくれればそれに越したことはない。いずれはネズミ算式に増えて飛躍的に普及してくれないかな~?とまたまた夢見る乙女になるのであった。

ではいままでとこれからっていつ変化したのだろう?バブル崩壊?9.11テロ?リーマンショック?僕には答えが出せない。それはきっと現代が歴史となった時に後世の方々が検証されるのではなかろうか?でもどんな悲惨な出来事や無意味に見える失敗も次の新しい時代に進む為の原動力になれると思う。眼鏡業界で言えば、スリープライスやワンプライスといった業態が跋扈している今、これだって本物志向の消費者を生むきっかけになれると僕は思っている。

失敗や成功を繰り返して僕は三歩進んで二歩下がるのであった。ワン、ツー、ワン、ツー。
 
21
 
opteriaglassias

@yutaka1620 てんげしろうさんのフロー経営について書いた本は僕は影響受けました。サッカーの岡田監督もそのセミナーをうけているそうです。てんげしろうさんの漢字は分かりません(苦笑)
10-20 01:05

 
20
 
ぷは~、燃え尽きたぜ!報告はまた明日以降m(_ _)m
 
20
 
opteriaglassias

両眼視の効果(23)僕は斜位の心や体に与える影響は多岐に渡り、到底眼鏡屋が全てを把握するのは不可能とさえ思います。ですがあまりにも世間や眼鏡屋業界の常識とされる知識に斜位という要素が考慮されず、眼に起因するストレス量を調整するという概念が余りにも希薄であり危険だといっているのです
10-19 15:57

@yutaka1620 安易にパワハラとかいいたくないけど、恐怖や恫喝で動くエネルギーよりも本人のやる気を引き出せる方が何倍も力がでると思うな~
10-19 13:17

 
19
 
今日は一日外回りして、その後にお友達とミーティング。久々のかたもいらっしゃるので楽しみです。
 
19
 
opteriaglassias

両眼視の効果(22)このような状態の多くは眼に上下のずれがあります。上下のずれを眼の筋肉で調整できない場合には首を傾ける癖がつきます。すると背骨が曲がり、すると腰にもストレスが溜まるのです。腰をかばえば膝にくる。この様に姿勢の乱れが実は眼にあったケースは決して珍しくないのです。
10-18 22:10

@nakanopt どこかでご縁がありますかね?お見かけしたらご挨拶だけでもさせて下さいね。
10-18 11:20

@tamu03 同じ頃に会場な着きそうです。
10-18 11:18

 
18
 
いよいよ四型目、yutaro だ。このic!berlinとのコラボのきっかけをくれた方の眼鏡だ。このyutaroさんは、正直お顔が丸い、そして左右の度数差が大きい不同視だ。だからレンズとお顔のサイズが合っていないとレンズの片方だけ厚みが出てしまう。またお鼻も日本人の平均値程度だろうか、インポートの眼鏡をしっかり鼻で止めるのが難しいお顔だ。そしてこのyutaro様は以前から、カーブのついたサングラスが欲しいとおっしゃっていた。僕は普通に作ろうとすると度が強すぎて厚みの出る部分は殆ど歪んでしまって使えず多分慣らすのに相当苦労するだろうと予測した。それならばサイズはそのお顔に合わせ、そしてカーブはフリーカーブであるシートメタルの個性を活かす。だがレンズのサイズは普通のサングラスサイズで作ろうとすると厚み、重さ、歪み。の三重苦が辛いだろう。と予測し、更にナイロールでフリーフォームという考え方をしてみた。写真だと分かりづらいだろうが、鼻側の厚みの出る部分のシェイプを削り、枠と形を変えてみた。本格的なサングラスとして使いたい場合にはこの穴を塞ぐシェイプにすれば良い。だが軽いジョギング程度や室内でのスポーツならこの鼻側の隙間はベンチレーション機能を発揮し曇りにくくなるだろう。このフリーカーブ、フリーフォームという考え方はきっとファッションではなく機能性を求める方には支持されるだろう。

yutaro

これでお終いではないのがyutaro だ。今回の4モデルの中で、唯一、フリーカーブでありながら、実はレンズのあおり角の固定、という考え方についてもコストの規制が有る中で僕なりの考え方を表現してみた。ラルフはそれを見て、

「ジャパニーズオリガミ。」

と喜んでくれたが、まさにその通りで、今回のこのモデルのリム部を上から見るとカクンカクンと二回曲がっている。この曲りが利いている筈なのだ。このナイロールかつ二度の曲げ加工であおり角のずれが皆無とはいかないまでも装用時の広がり程度ではほぼその角度を維持してくれるだろう。つまり見え心地がいい筈なのだ。

あおり角についての説明文


少し長いけど、もう一度通してみると僕の想いがより伝わると思う。お時間のある方はどうぞm(__)m

ic!berlinコラボ1

ic!berlinコラボ2

ic!berlinコラボ3

ic!berlinコラボ4

ic!berlinコラボ5

ic!berlinコラボ6
 
18
 
opteriaglassias

両眼視の効果(21)前回の記事は斜位を矯正するプラスの効果についてですが、これからは斜位を矯正すると意外な体の不具合が改善した事例のご紹介です。斜位を矯正したら姿勢の乱れが改善され靴の踵の減り具合が均等になったと言うのです。これは眼に上下のずれがある場合に多く見受けられます。
10-17 16:40

 
17
 
途中で中断していた、ic!berlinとのコラボ企画についてのご案内、再開しようと思う。今回はyasuhikoというモデル、このモデルも線を引く時に思い浮かべたお顔がある、その方は本当に眼鏡が好きで何本もお持ちだ。だからありきたりのシェイプではきっとそのコレクションに加える衝動は得られないだろうと思った。だがかといってお面だか眼鏡だか分からないデザインは僕の好みじゃない。

そこで天地の高いフレームという僕の線を引く基準みたいなものをこのモデルをデザインすることになんとなく決めた。それがこのデザインだ。

yasuhiko
この天地幅なら遠近も勿論いいが、今流行りの中近両用レンズにも相性がばっちりだろう。実際にお店でフレーム選びのお手伝いをしている時に中近を欲しいと言われるとフレーム選びに難儀する。天地幅があり、かつ格好良いフレームが僕は少ないと思っているからだ。このyasuhikoならこの写真のように伊達メガネで掛けてもいいし、勿論度付にしても決まる。もう流行から定番化したウエリントンやボストンフレーム等は天地幅は足りていても格好良さよりも落ち着きや、安心感の方がイメージとして先に来る。僕はあくまでも格好良いフレームを大人に掛けてほしかった。ちなみにモデルが男性だからと言って女性が掛けちゃいけない訳でもなく、コーディネイトのレベルは上がるが積極的に女性にも掛けていただきたい。バリバリのOLというより少しフェミニンな印象の方に合わせれば抜群に相性がいいとさえ思っている。

このモデルで遠近や中近を作ることも想定されるが、その時には例の丁番部のスリットが利いて前傾角がつけやすいだろう。

更に少し余談に入るが、ラルフが感動してくれたことに実はデザイン以外にももう一つある。それが

「jiroカーブ」

と銘々されたフィッティング法なのだ。大したことをやっている訳ではないのだが、それを今回カタログを見る限りは採用してくれたようだ。そのフィッティング方法を簡単にご説明したいと思う。僕は変わったことはやっているつもりはないのだが、世界中の眼鏡屋を回っているラルフが感動してくれたということは、きっと他のic!berlinの取り扱い店の方にも何かしら参考になるかもしれない。ヨコタ式で言うならば入射角を合わせ骨格に合うようにカーブを付けているだけなのだ。

フィッティングその1
これが通常のic!berlinのテンプル。
フィッティングその2
それをレンズから5センチ程度の部分から内側に折り曲げる、通常はここまで曲げないが分かりやすいように思い切ってやってみた。この最初の曲げで締め込みの加減を調整する。ic!berlinは元々締め込み感があまりないのである程度絞めても痛くなったりすることは稀だとお店でフィッティングしていると感じる。
フィッティングその3
今度はそこから更に4~5㌢の部分を外側に曲げる、ここから先を骨格に沿わせるイメージで広げていく。
フィッティングその4
最後は後頭部のカーブに沿うように内側に折り曲げる。ここは一点にガツンと曲げないように少しずつ曲げていく。

こんな感じでグラシアスではic!berlinのフィッティングをしている。

あ!言い忘れた。今回のyasuhikoもそうだけど、すべての型が、ブリッジ部分を左右非対称にしている。ここが僕の今回のデザインのハイライト、過去のレチルドの作品ではこのブリッジを左右非対称にはしなかった。非常にいじるのが怖く、多少の線の乱れでも全体のデザインの印象は大きく変わる。影郎さんのフラストレーションがあれだけ非対称になっているのに自然に見えてしまうのは、実はあれは凄いことと今更ながら気づかされた。

う~ん、デザインって面白い♪
 
17
 
opteriaglassias

両眼視の効果(20)斜位を矯正するためにプリズムという度を入れた眼鏡で矯正します。その効果は遠近感、スピード感、視野の拡大、眼球運動、空間把握能力等、多くの眼に関する機能が改善します。本を読むのが苦手と言う方の眼を見ると視力は問題無くとも視機能に問題ありというケースが多いのです。
10-16 20:10

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 07月 【15件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム