次論公論

 
31
 
グラシアスにいらっしゃるお客様は、お洒落で掛け心地の良い眼鏡が欲しい。こう言われることが多々あります。そりゃそうだと思います。お洒落はしたい、でも耳が痛くなったり、鼻に跡が真っ赤に付いてしまう眼鏡を辛抱して掛けるのと、掛けてるのも忘れる程に快適な装用感の眼鏡とどっちが良いのでしょう。

きっとファッション性を抜きにすれば皆、軽くて快適な眼鏡を掛けたくなるでしょう。ですがその軽い眼鏡の多くは何かを犠牲にしています。その何かとは例えばファッション性、例えばふいに力を入れてしまって壊れにくい強度。例えば、軽さを追求してレンズシェイプを小さくすればそれは視界が狭くなることを意味し、そして大きいレンズは視界が広くとも、レンズの端に行けば行くほど視界が歪み易くなります。つまり何らかを犠牲にしてその軽快な装用感を得ているのです。

 
31
 
opteriaglassias

眼鏡の価格(4)その不満に答える形でワンプライショップという業態が生まれたのです。この業態では単価アップという営業手法さえも捨てました。屋号がその眼鏡一式価格になっているチェーン店もある程に分かりやすい価格体系です。強度の近視や遠近両用だと高いのかな?という不安を打ち消したのです
01-30 21:35

 
30
 
ワールドベースボールクラッシックで、原監督はダルビッシュさんをクローザーに起用し皆を驚かせ、立ち上がりコントロールが安定しないダルビッシュさんではあったが、結局期待に応え見事に優勝してみせた。ワールドカップのドイツ大会では、初戦のオーストラリア戦で、先制し守りを固めようとした日本に対し、残り9分で三点入れられた悪夢の記憶として僕の中で残っている。そこでヒディング監督は矢継ぎ早に三選手を投入し、そのうちの一人が昨日も散々日本を苦しめたケイヒル選手だった。あの時、ジーコの起用法に納得がいかないという話は当時このブログでも僕の意見として記事にした。それとは対照的に点をとりに行けと分かり易くかつ効果的な交代枠の使い方にヒディング監督は凄いと畏怖させられた。

今日の深夜に決着した日豪戦。ここでも両監督の采配で決着がつき、そして日本が勝利した。香川の代わりに、パサーのイメージが強い柏木選手ではなく、今大会初スタメンでありドリブラーでもある藤本選手を起用した。香川選手と同様に得点に絡む動きを期待しての起用だった。だが、その起用も効果的には機能せず、オーストラリアの嫌らしい程にシンプルなゴール前にロングボールを放り込むという戦術は、日本側に嫌でも守りの意識を植え付けさせた。更にセンターにロングボールを入れては時に、守りを固めた日本をあざ笑うかのようなサイドの空いたスペースで裏を取られた。何度も危ない局面を作られ完璧にオーストラリアペースで試合を支配された。そこでザッケローニ監督は、僕にしてみれば常識外の、

点を取ってもいないのに守備固めの指示をした。

それが藤本選手に変えて、岩政選手の投入だった。僕の常識はいともたやすく覆され、そしてこの起用がピタリとハマる。この交代により守備に専念させられていた長友選手が高い位置をキープし攻撃に出る余裕が出来た。これが延長戦の得点シーンにも通ずるのだが、そうは簡単に点は取れない。結局PK戦かな?と覚悟と諦めの入り混じった雰囲気が漂う時間帯に得点チャンスは訪れる。ここでも二枚目の交代枠で使った李選手が見事なノートラップボレーを叩きこむ。どフリーの状態であれば前田選手でも決められたかもしれない。だからあそこは李選手じゃなくとも得点は出来た可能性はある。でも僕はこう思う。李選手は、何とか短い出場時間でも結果を出そうと必死にポジション取りした努力が報われたのであって、疲れ切った前田選手の足はではあの絶好の位置はキープできなかったかもしれない。そう考えれば監督のファインプレーとも言えるし、大方の解説でもそういっている。

ともかく、ザッケローニ監督の起用した控え選手や交代枠の使い方にへ~と感心させられ、過去の常識に囚われることが如何に愚かなことかと思い知らされた試合でもあった。今回の大会を通じて控え選手とレギュラーとのプレーの質の差が殆ど感じられなかった。それは過去の代表チームに先発と控えの技術に差が有った訳でもなく、今回の代表チームの技術が揃っているという訳でもない。それは意識の差であり、どの選手が出てもモチベーションがどんな時も今回の代表は高かった。

その意識の管理こそがザッケローニ監督の表には出てこないが、一番大きなビッグプレーだったかもしれない。
 
30
 
opteriaglassias

僕のラーメンのお師匠と三ツ矢堂製麺なう。美味しいかな~。
01-29 21:29

フライの新作も入ってきた。うひょ~!!
01-29 11:54

テオの新作が来た~!!ヤッホー♪
01-29 11:28

 
28
 
最近グラシアスでナイロールフレームの売り上げ頻度が高まっている。それはグラシアスも開業丸6年を経て、顧客年齢層が少し上にシフトしたために生じた変化だ。もう少し詳しく言えば、グラシアスに5年前にいらしたお客様は当初は遠近両用で手元をケアするという段階の方が多かった。所が顧客の年齢層が多少だが高齢化したことによる調節力不足に加え、近年増々高まるPCに対する依存度増は仕事上で過度に近方視させる傾向を強め、遠近両用よりもより近方視を楽にさせる中近両用レンズの必要性が増したという二つの要因がミックスされた変化だ。

そんな時に今主流のフレームの多くは天地幅が30mm以下のであり中近両用レンズでは作りにくい場面が多々ある。だがブローラインがメタル、そしてフレーム下部がナイロンの糸で吊られているナイロールタイプのフレームはレンズの形状を変化させて天地幅を稼ぐ事が出来る。今日ご紹介するケースはREALのフレームだ。天地幅が狭いレンズシェイプでは非常にスタイリッシュなイメージを作る事に成功しているフレームだが、その天地幅を広げるとどうなるだろう。
ナイロール-2
これが元の形。格好いいよね?
ナイロール-1
それをおよそ4mm下に広げて32mmにしてみた。
ナイロール-3
ナイロールってこんな枠、何も無いように見えるかもしれないけど実はレンズに溝を掘りその溝にナイロンの糸で吊られている。ちなみにグラシアスではフロロカーボンという釣り糸を使っているよ。
ナイロール-4
少し引いて観るとこんな感じ、野暮ったさが多少でるけど、それも味わいじゃない?何よりREALという逸品の掛けごこちに魅了されたお客様はその掛けごこちのまま中近両用レンズが使える事が嬉しかったみたい。

こんな形の天地幅を広げる事はグラシアスでは無料で変更しています。遠慮なくご用命下さい。
 
27
 
日韓戦、痺れた。事前の情報ではカタール戦で二点目を失点した際に四つのミスが有り、キーパーの川島に注意したと報じられ、場合によっては韓国戦では西川選手にキーパーを交代する?という噂も流れた。だが実際に始まってみるとスタメンには川島選手の名がスタメンリストに連なっていた。

僕は正直安定したキャッチングの西川選手が好みだが、今回に限ってはこれで良かったと思う。もしも一度のミスを許さず、その度にスタメンから外されてしまっては選手はキーパーに限らず委縮するだろう。監督の言うとおりそつなくこなすことだけに集中し、自身のオリジナリティーを無くしていく、そんな選手間の空気になってしまうと思うのだ。だが監督は

「今回もお前を信頼しているから汚名を挽回してみろ。」

と言葉には出さずとも起用で示し川島選手を先発に起用した。男気溢れる(ように見える。)川島選手がこれで燃えない筈がない。そして他のチームメイトも監督の言った通りこなすというよりは、自身のオリジナリティーをだし、かつチームに貢献しようとしているように見えた。僕はこれが凄~く嬉しかった。

監督と選手との信頼関係が、監督の見事な人心掌握術によって形成された。その瞬間を僕らは見れたことになる。

監督はこうも言った。

「良いキーパーは確かにミスが少ない。だがミスの無いキーパーも居ない。」

こうおっしゃった。言い換えればミスしてもいいよ。でも次は一歩成長した動きを見せてくれ。これは僕は見事なリーダーシップだと思う。ちなみに松下幸之助は洗濯機を開発する際に、開発者達に向かって

「どんどん失敗しろ。」

と言ったそうだ。失敗が成功の元であることを松下幸之助もザッケローニもしっかりと認識していたに違いない。

そして汚名挽回の機会を監督から与えられた川島選手は見事にPK戦で1,2本目をセーヴし、委縮した韓国選手に3本目は枠の外にはずさせた。このキーパーには中途半端な所に蹴ったら止められる。こう思わせることに成功したのだ。こうして今大会の川島選手は終わり良ければすべて良し、例え、オーストラリア戦に敗れたとしてもきっと無様な負け方はしないだろう。堂々と相手のフォワードの前に守護神として立ちはだかると思うのだ。

更に、二点目の得点シーンで本田選手はPKを止められた。だが細貝さんの素早い飛び出しで得点になったが、このPKを外した本田選手をそのまま延長後のPK戦でもトップバッターに起用する。この采配も本田選手にとっては嬉しい事だろう。この監督からの信頼があり、中心選手としての自負があるから、本田選手は敢えて日本代表のディフェンス陣にオーラが無いと言い切り、嫌われ者役を演じて見せた。こんなこと言わずに済むのならそれに越したことは無い。なあなあで済まそうとする日本人が多い中、本田選手のこうしたリーダーシップは異彩を放っている。だが僕はこの本田選手の強烈な個性を支持したい。1億総中流社会から多様な国家へ。

日本はその変化の過渡期と言える。僕には本田選手がその変革の象徴に見えてしかたがない。

このようにトルシエ、ジーコ、オシム、岡田監督、そしてザックジャパンになった訳だが、イタリアの面白みの無いサッカーとは対極的な、選手にある程度の自由を与えるザッケローニ監督のサッカーは、今の日本代表にとっての適任だと僕は思えた。10年前ではなく今だからザッケローニスタイルが日本に合うのだ。

オーストラリアは強い。オーストラリア戦に勝てるかどうか分からない、香川選手の骨折の報せは代表にとってはマイナス材料かもしれないが今の代表なら誰が代わりに入っても高いモチベーションを維持してくれるだろう。

少なくとも僕は楽しみにしている。
 
27
 
opteriaglassias

眼鏡の価格(3)当初は三つの価格で基本的にはレンズの単価アップもワングレード程度、非常に分かりやすい料金体型で消費者の心を3プライスショップは掴みました。ですがそれでもその三種類の価格差に不透明感があったこと、また球面から非球面レンズに単価アップする際の説明に不充分さがあった事。
01-26 23:18

iPhone5待ちが正解って普通に思っちゃうね。RT @yutaka1620 iPhone 4のホワイトモデル、iPhone 5に先立ち、2月末か3月初めに発売決定とのリーク情報!|ギズモード・ジャパン http://bit.ly/fddeq6 :出るんやw
01-26 12:54

 
26
 
今日は、ビッグサイトで行われる宝飾/時計の展示会に行ってきます。タイトなスケジュールなのでご飯を食べる間もきっとないでしょう。飽食展にならないように気をつけます。

それでは行ってきま~す。
 
26
 
opteriaglassias

眼鏡の価格(2)価格差の説明に入る前に眼鏡屋にどんな業態があるのか整理してみましょう。1)3プライショップ~価格を三種類程度用意し原価に応じた小売価格を付ける。オリジナルの生地を使った。素材が高価なチタン製、デザインがこっている=手間がかかっている。こんな理由で価格差があるのです
01-25 18:42

 
25
 
日韓戦で日本は引き分けはあるものの、5年間勝ち星が無いそうだ。今大会の韓国チームはパクチソンさんを中心に若手も勢いがあり、新旧のバランスが取れた非常に良いチームだそうだ。一方日本は本田さん中心の代表かと思いきや、一躍時の人となったのが香川選手だ。その21歳の若手が日本の中心であり、そしてキャプテンは長谷部さん、そして同じボランチの位置に唯一の三十代、遠藤さんが位置している。次のワールドカップで遠藤選手がレギュラーでいられるかどうかは分からない。だがザッケローニ氏も言っているように、現状で最強のメンバーを集めるのなら南アフリカ大会の代表を集めれば良い。だが、ザッケローニ氏は四年間で代表をチームとして機能させる為に、今大会を成長させる大会と位置付けた。その成長と結果。この両方を求められるのが代表監督としては辛いところなのだが、今の所最低限の目標であるアジアカップベスト4まではその目標をクリアーしてみせた。

ここはお見事という他ないが、本日その日韓戦が行われる。ここしばらく日本は韓国に舐められっぱなしだが、何とか一泡吹かせたいと思うのは僕だけではないだろう。

代表チームの皆さん!応援しています。怪我のないように、そして笑顔で試合終了の笛が聞けますように。
 
25
 
opteriaglassias

あいのり2が熱い!コバッチ~!
01-24 21:54

眼鏡の価格(1)以前は眼鏡を買うとなれば相当の出費を覚悟しなくてはいけませんでした。ですが良い時代になりましたね。今では数千円で眼鏡一式が購入出来るようになりました。一方未だに百貨店で眼鏡を買えばいともたやすく一式10万円を超えられます。では何故こんなに価格差があるのでしょう?
01-24 19:18

 
24
 
眼鏡士の方には常識かもしれないが、僕程度のなんちゃって眼鏡士だと偽近視の判別とその対応に苦慮する。

今回のケースも正にそれで僕は視力低下はしたが、それは偽近視と判断し度数交換はしなかった。そんな事例を実際に例を挙げて紹介したい。そんなの当たり前とかの突っ込みは出来ればご容赦願いたい。今回の主旨は自分の知識不足をさらけ出し、これから眼鏡士を目指す方のお力に少しでもなれたら良いという想いで書こうと思った。

【以前の裸眼視力】
RV=1.5
LV=0.5

【今回の視力】
RV=1.5
LV=0.15

実際にレフと言う機械で見てみると左目に有った近視が多少強くなっていた。

【以前のレフ値】
RS-0.25 C-0.25 AX136
LS-0.50 C-0.50 AX71

【今回のレフ値】
RS±0.00 C-0.50 AX145
LS-1.25 C-0.25 AX80

この状態で、僕は完全矯正値に5分程+2.00加入し雲霧を掛けた。するとレフ値は右目は変わらず、左目の近視が5分程度でも1段弱くなり、偽近視が抜けた。更に裸眼視力が0.3まで回復した。これで僕は確信を得た。

更にHOYAのNV-20という近用視力表を用い、完全矯正値に+0..50加入し、50㌢を片眼遮蔽して見せた。すると緑寄り(調節力不足)と結果が出た。今度はそれが赤よりに変化するまで少しづつ離れて言ってくださいと伝える。

すると55㌢で赤よりに変化した。

更に反対の眼も同じ手順で検査するとやはり55㌢で赤に変化した。左右同じ距離で赤に変化したことで左目の偽近視は緊張によるもので、緊張が抜ければ元に戻ると伝えた。ただし現状の裸眼視力の左右差は無視してい良いとも思えないので、今後もこの視力差が残るようであれば、左右目に+度数を加入した老眼鏡のような眼鏡で過度の緊張を防ぐということを提案した。これとは別に左右の調節力を測定し、近点で揃えるというやり方も勿論あるが、どちらが良いのだろうか?今回は一つずつつぶしていくやり方で雲霧後の近用レッド/グリーンで測定してみた。

このケースで安直に左目に近視を入れてことは、近視で縛ることを意味し、健康になるという観点からかけ離れることになると僕は思うので、

視力が低下した=近視の度を強くする

という考えは危険であるという僕の想いをお伝えしたかったのだ。
 
23
 
GYAOでこの間始まった「あいのり2」がアップされていた。以前のあいのりが突然終わってしまったことに僕は涙したが、いよいよ復活。嬉しいことにヤマジが今回のメンバーにも居た♪相変わらず少し挙動不審だけど、ヤマジ節は健在!また泣かせてくれるかな~?

必見よ!

GYAO
 
23
 
opteriaglassias

良い眼鏡とは(15)結論、良い眼鏡の定義を画一的に論ずるのは今の成熟していない眼鏡業界では危険であると僕は感じました。まだ結論を論ずる段階ですらないという事です。僕の言う三つのFはあくまでも僕が言っているに過ぎないと、何とも中途半端な結論になってしまいました。またいつかの機会に。
01-22 23:28

 
21
 
昨日のNEWSで中国が深刻なインフレで庶民の生活を直撃し、富裕層はその物価高騰の流れの力を借りて骨董品を買い漁りピークで売り抜ける。こんなNEWSだった。富める者にお金は集中し、持たざる者のお金は余計に流れ出る。
もしもあの情報ソースが事実ならば、この世は何と理不尽なのかと僕は溜息をつく。

このBlogでは一貫して再分配の仕組みを再構築せよと提言している。戦後の高度成長期を経て日本は世界で最も富める国に敗戦国から立ち直って見せた。これに宗主国でもあるアメリカの思惑による恩恵があったことは間違いなく、ここ20年にも及ぶ景気後退局面にもアメリカの強い意思が働いていることも間違いない。アメリカの土地を買い漁る日本人に

「おいおい、調子に乗りすぎじゃない?」

と現実を知らしめる為にもアメリカの支持のない日本に繁栄は無いと言わんばかりに、新自由主義やグローバリズムという大義名分は物作り国家としての日本の体力を奪っていった。一方過度な元安は日本の産業空洞化を招いている。その中国が深刻なインフレで悩み、その大元がアメリカの刷り過ぎたドルが投資として中国の物価高騰を引き起こしているという。先日中国のコキントウ国家主席がアメリカに向かい、アメリカも丁重に出迎え表面的には歓迎した。だが裏では中国の元安を元高に移行させるような資本による圧力を与えている。

二枚舌、これが外交の現実だと改めて思うのであるが、日本にこの強かさを求めるのは無理な相談だろうか?今、新興国の多くは海外からの投資を積極的に求めるアピールを官民挙げて求めている。だが今まで説明してきた経緯からすれば、この外資頼みの成長戦略の行く末は結局富裕層に食い物にされバブルのその後には食い荒らされたマーケットが残り、その良い見本が2011年の日本ではないか?と僕は思っている。

新興国ではなく、成熟社会の日本で過去の夢よもう一度と言わんばかりに海外からの投資を求めていてもそれは現状にそぐわず、結局一時的なバブルとその後の惨状を招くだけではなかろうか?ならばどうしたら良いのだろうか?

これも僕は一貫している。身の丈の生活、身の丈の経済規模に戻り、その後は急激な資本の流入を防ぐ防波堤を国家として構築するべきだと言っている。それ程に急激な資本の流入は、成熟社会である日本にとってはリスクだと思うからだ。

つまり自由に経済活動をさせることがリスクではないか?と現状の規制緩和が理屈抜きに是であるという世間の論調に釘をさすべきだと中国の現状や日本の失われた20年を例にだすまでもなく、ある程度のルールのある経済活動が国を外資から守ると僕は思うのだ。
 
21
 
opteriaglassias

良い眼鏡とは(14)量販店の存在そのものを認めてい無いわけではないのです。ニーズの数だけ業態があって良いと僕も思うのです。ですがあまりにも眼鏡業界も量販店が増え過ぎて価格のみでお店選びをする方が増えてしまいました。だから僕は眼鏡の持つその可能性をTwitterで発信するのです。
01-20 23:50

 
21
 
毎年恒例の冬季休暇第二弾を

1/17~1/21

いただきます。皆さまにはご迷惑をお掛けしますが何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。
 
20
 
opteriaglassias

良い眼鏡とは(13)だから僕は情報発信します。眼鏡に関する理解を国民に深めてもらおうとお願いします。眼鏡を変えれば仕事の効率が上がる。集中力が今まで以上に維持できる。お医者様がさじを投げた不定愁訴がただの斜位によるものだった。その事実を知っても国民は量販店を選ぶのでしょうか?
01-19 12:59

 
19
 
opteriaglassias

サウジのモチベーションが下がっているとはいえ、日本のお家芸のフリーキックからの得点ではなく流れから五点取ったのは大きな収穫。フォワードのメンバーに大きな変更が無いことからこれはザッケローニ監督の手腕によるものなのかしら?もしそうならサッカーって奥が深いな~。
01-18 00:17

柏木さんは序盤は動きも少なくチームに馴染んでいないなと思ったら途中からしっかり相手をチェイスしてチームに貢献している。今回のアジアカップは若返りであり成長が課題だったけどもしかしたらこのチームは化けるかもしれないね。監督がスタメン決めるのに頭抱えるなんて嬉しい悲鳴。
01-18 00:04

 
19
 
僕は10年程前に浜松に住んでいたことがある。およそ半年程だったのだが暖かい気候と人との出会いは僕を大の浜松贔屓に変えさせた。そして元々鰻好きだった僕はいつまで浜松にいられるか分からないのでそれこそ一心不乱に鰻屋さんを食べ回った。そこで得た結論は、

浜松の駅前は観光客向けのお店が殆どで美味しい鰻屋さんは皆無に等しく、少なくとも僕は駅前で美味しい鰻屋さんい出あえなかった。結局僕の好きなお店は国道から1本入った

うな光(みつ)さん

という鰻屋さんだった。そして僕は以前にも妻をそのお店に連れていったのだが今回も久々に浜松に鰻を食べに行こうと計画したのだった。このお店で妻は白焼きセット、僕は肝焼きセットを注文した。実はお勧めは白焼きセットなのだが鰻重と白焼きのコンビで出てくるそのボリュームには僕の胃袋は悲鳴をあげそうだったのだ。その為僕は肝焼きセットにさせてもらい妻からコッソリ白焼きを分けて貰った。ここの蒲焼きは肉厚なのだがフワッともっちり弾力はあるのだが箸でスッと切れる。味は蒲焼きは濃厚、白焼きは生姜とワサビ醤油で食べる。白焼きは表面はカリッと中身はジューシー。このコントラストが堪らないのだ。

捌くところから始めるので30分程待たされるが、それも美味しくいただく為の調味料と思えば待つのも楽しく思えるから不思議だ。いつもより少し早起きして浜松に着いたのが13時程、ラストオーダーが13時半なのでそれでもギリギリだった。結局食べ終わると閉店時間がギリギリだったのだが何とも贅沢をした気になる。

さ~メインディッシュは食べたからおうちに帰ろうとはならないだろうと妻の行動パターンから予想はしていたが、お次はイチゴ狩りだそうだ。だが僕は今からイチゴを狩ってもとてもじゃないが元はとれない。お願いだからそれは勘弁してと頭を下げた。結局

アグリス浜名湖

という地元の野菜と果物を置いていて、かつイチゴ狩りもやっている施設に行き、そこでイチゴパックをツーパック買って許して貰えた。だがそこで事件が起きた。僕ら二人は僕の両親にみかんデーモンと命名される程のみかん好きなのだが、そこでふっと目に付いたみかんの色艶が何ともいい感じ。しかも一袋150円という有難い価格、妻は4袋を手に取り買い物カゴに入れた。他にも野菜を買って車に戻る。その場で二人とも我慢できなくなりみかんの皮を剥き始めた。

「あ、甘い。」

すると妻が無言でシートにもたれていた体をムクっと起こし車から出た。僕は夢中になって食べていたのだが、もしや?と思ったらやはりそうで帰ってきた妻の手には更にふた袋下げられていたのは言うまでもない。

そのアグリス浜名湖で相当満腹になってい僕らは休憩しようということになった。二人とも温泉に限らずお風呂好きなので浜松の温泉と言えば舘山寺温泉、その温泉街でゆっくり出来る所はないかとiPadで(やや自慢)検索してみると昨年リニューアルOpenした

ウェルシーズン浜名湖

という宿の運営している日帰り温泉プランのようなものを見つけた。そこは大小様々なお風呂が用意され更に休憩するスペースも充分にあった。またお風呂好きとしては

露天風呂

源泉掛け流し

この二つの条件もクリアーしていることが決めてだった。そこで昼寝もはさみ3時間程ゆっくりさせてもらったら時は既に19時、普通ならそろそろ帰ろうかとなるのだがここで妻が恐ろしいことを口にした。

「浜松って宇都宮に並ぶ程餃子好きなんですって、せっかくだからそれも食べて行こうよ。」

とこんな恐ろしいことを口にしたのだ。

そこで更に検索し

石松

という餃子定食屋さんに行く事にした。その定食屋さんはテレビでも何度も取り上げられているらしく、芸能人の写真やサインが数多く飾られていた。

実際に食べてみると非常にアッサリキャベツがメインの具で専用のタレはやや甘い。僕らは二人で二十個の餃子と御飯を一つ分け合った。既に若干の悲鳴を挙げていた僕の胃袋だったがここでは10個の餃子をペロリとたいらげたのには自分でも驚いた。

そしていよいよ浜松をあとにすることになるのだが、車に乗り込むと今度は

「食後のデザートの時間だね。」

と後部座席から先ほど買ったイチゴを引っ張り出してきたのだ。僕は内心ひえ~!と思いながらもイチゴの味にも興味があったことも事実なので結局5~6個口に入れた。このイチゴは

章姫

という品種らしいのだが、甘味も素晴らしいのだが、香りが独特で非常に良い香りがしたとレポートさせていただく。

さ~後は帰るだけ、そう思っていたら帰りの足柄インターで妻は三島コロッケ入りの日本蕎麦を注文していた。~何とも逞しい胃袋をお持ちだと僕は驚嘆したのだが、その頃の僕の胃袋は立派にもたれ、妻は遠慮しているのかと気を使い何度も食べなさいと蕎麦を進めるのだが、やんわりとお断りしたのは言うまでもない。

途中圏央道という道路が青梅の方まで開通しているのかと思い海老名で東名から乗り換え帰ろうと思ったが、圏央道に乗ったと思ったらすぐさま終点ですとの道路標識、全然開通していなかった。Uターンして帰ればそれ程ロスではなかったが、そこで引き返しては男が廃る。僕は軽~く目に涙を浮かべながら一般道をひた走るのであった。

そんなこんなで結局家に辿り着いたのは13時。いや~日帰り温泉で走行距離が凡そ550km、充実した、いや胃袋にとっては充実し過ぎた休日であった。

 
18
 
opteriaglassias

ガッツだけなのかと思ったら岡崎さんの足元のテクニックも凄いな。おみそれしました。
01-17 23:58

西川さんのキャッチングは僕の知る限り歴代の代表のキーパーの中でも一番上手いと感じた。調子がいい時はキーパーを変えないのが原則ならば準々決勝でもスタメンは西川さんでも良いかも。サイドバックのいのはさんのディフェンスも内田さんより安定感がある。スタメンで悩めるって幸せ。
01-17 23:54

 
17
 
実はここ半年で僕は痛風の発作が四回もでている。治まってからしばらくするとまた痛くなるの繰り返しなのだ。

今回の発作は、最初に

右足の親指、次に

右膝、次は

右手首、更に

左膝。

ここで打ち止めなら良いのだが、未だに足を動かさずに固定していると親指あたりがシクシクと痛み出すのだ。こりゃ堪らんと最近はユリノームという薬を飲んで尿酸値というのを下げようと工夫している。僕は70才までこのお店で検査法の普及に取り組むという目標を掲げている。その為には痛風なんて病気は今の内に克服しなくてはいけない。だから僕は

お酒は止めた。

ラーメンは回数減らした。

甘い物は相当減らした。

マックは食べていない。

大好きな松屋の牛定だって食べてない。

食べるのはゆっくりに変えた。

良く物を噛んで食べるようにした。

お店から自宅まで7キロ歩くことも始めた。(毎日やると発作がでそうになるのでとびとびでやっている。)

姿勢のみだれを気にするようにした。

呼吸は極力深くゆったりとを心がけている。

精神的なストレスを抱えないように「せい」を「お蔭」変えられるように発想の転換を常日頃考えている。

それでもこの痛風という病気は僕から発作という形で僕に更に健康になれと言ってくる。なかなか克服しがいのある病気だな、と感じる。でもまだ僕は幸せだ。僕の取組で改善できる余地のある病気なのだから、原因不明の難病という訳でもなさそうだし、これを乗り越えられたら僕はもう一歩成長できる気がする。

上を見ても下を見てもきりがない。僕は(現状を受け入れて)今を幸せに生きているのだ。

ただ不満が一つある。影郎さんは他のお店では痛風のお見舞いのお電話を入れていたが、僕には一切ない。どういうことだろうか?影郎さ~んからかかってくるとしたらこんな感じだろうか?

「滋郎さん大丈夫?お店手伝いに行こうか?いつもならnorikaちゃんにちょっかいだすけど、病気の今なら真面目に尻も出さずに働くよ。」

とこう言われるのを待っている。すると僕は

「結構です!」(実際僕ら夫婦で間に合っている。ガク。)

ときっぱりお断りするのだ。むふふ~♪
 
16
 
マルクスから毎年恒例の限定モデルが4型各1点ずつ届いた。色は全て白。最近のマルクスらしい少し大ぶりなモデル。簡単に言えば丸が二つに角が二つ。イメージしにくいよね。ごめんなさい。休み明けに見にいらして下さいね。
 
16
 
opteriaglassias

REALのRF104の一部が入荷しました。日本じゃなきゃ作れないモノ。コストを度外視してでも良いパーツを使いたい。売れる金額はいくら?そんな事は一切考えずに作られたフレームです。掛けてみるときっと思わず「あ」と驚かされるでしょう。
01-15 19:55

世間は100年に一度の不況だと騒ぎ立てる。バスの中では老人が老人に席を譲る。若者はそれに気を配れる余裕も無い。僕はバスの後部で某然とそれを見つめる。ただ黙ってその風景を見つめる。
01-15 10:53

 
15
 
任天堂さんとのやりとりで三回も記事になったが、最後の記事で3Dそのものは悪くない。と結論付けたつもりだが、どっこい、今度は別の意見もでてきた。これは眼鏡屋としも困るし、消費者はもっと困るだろう。

判断するのは自分自身で自己責任。こう言われても判断しようがなくなってしまうと僕は思うのだが皆さんはいかがだろうか?リンクを貼っておくのでご覧になっていただきたい。

ロケットニュース24


今度は8才未満は、と線を引いている。だが今回のネタの方がまだ根拠や具体的な悪影響が明記されていて良いとも思うのだが…。

う~ん、分からん。
 
14
 
という訳で本日は加工祭りの為にブログをさぼりたいと思います。楽しみにしている片には申し訳ありません。

加工終わるかな~。

と冷や汗モードな滋郎さんであった。

ちなみにアジアカップは熱いね。昨日ニュースzeroでカズさんとヒデさんが対談されていたけど、ヒデさんがその中でサッカーは世界中で均一化している。それ程代表チームに差が無くなってきていると言っていたけど、まさにその通りで本気のガチモードではこの間のヨルダン戦を見ても分かるようにFIFAランクで100位程度の国でも引いて守れば一点とるのも大変、つまり勝ち点3を取ることがいかに格下でも難しいということが本当によく分かった。昨日のシリア戦も凄かった。今回のグループリーグでは優勝候補の一つと目されていたサウジアラビアがグループ最下位なのだから、日本だって最終戦おとしたら…、あれ落としたらどうなるんだろう?ま、いいか後で調べよう。今の所昨日の結果では得失点差でグループ首位だった気がするけど。う~ん気になる。

それではまた明日。
 
14
 
opteriaglassias

良い眼鏡とは(12)視力が出ればという程度では多くの量販店や安売り屋さんでも比較的簡単な検査でそのハードルはクリアーするでしょう。ですがそこで終わりではないのです。その先の匠の世界を知ったうえでそんな機能性を付加した眼鏡屋は必要無いとNOを突きつけられたら僕も諦めがつくのです。
01-13 20:59

@yutaka1620 いいでしょ?もうすぐアイパッド2も出るみたいだし気になるな~。
01-13 15:50

 
13
 
僕は量販店に奪われたシェアを再度専門店が取り返す事が国益だとこのブログで公言している。その為には差別化が必要だと専門店に携わる誰もがおっしゃっていることも知っている。そして僕はその差別化の答えの一つに両眼視機能検査があると本ブログで提言している。

だがこの差別化の答えとは別に一つだけじゃなくても良いと思うのだ。むしろ複数個あった方がよりこちらの戦力になる。そして僕のもう一つの差別化の答えは

カーブ処方になる。

カーブも両眼視機能検査もどちらも量販店では手間がかかりすぎて手を出しにくい。付け焼刃で手を出せばクレームの嵐となる。これに逃げないから専門店と言えると僕は思うのだがいかがだろうか?

また先日のブログでコダックさんの取組を素晴らしいと評価させてもいただいた。カーブ用仮枠を独自に開発されたのだ。それは今後のカーブ処方において一歩も二歩も前進させる力となるだろう。そんなカーブ処方を大事だと創業当時から認識し、カーブで度付出来る?とお客様に言われた場合にも極力NOと言わない、いやYESと言える為の勉強を続けてきたつもりだ。

そんなグラシアスだからカーブレンズを使った眼鏡自体はそれ程珍しくない。だが今日の仕上がりは自分で言うのもなんだが綺麗に仕上がったので苦手なアイフォンのカメラでシャッターを押してみた。

【使用した枠】ラビリンス COBRAⅢ 

【使用したレンズ】KODAK セレクトマックス 5カーブ 1.67 表)シルバーミラー 裏)AR カラー)加藤八 タンパSH グラデーションラインを10mm下げて染色依頼した。

cobra-1
流石に影郎さんが苦心して作った作品だけあり、佇まいが美しい。ちなみに掛けるとしっくりくると僕が言うとお客様はびっくりするが、本当にそうなのよ。

cobura-2
上から見るとカーブがついているのが分かる。これであおり角はおよそ25度、カーブは8カーブにせず、あおり角を強めにつけてハイカーブのように見せている。これもきっと影郎さんは苦労したのだろう。枠を加工機で読みとると6.9カーブと言われ、コダックの5カーブで注文したレンズを5.2カーブで削る。1カーブ程度の差は過去の経験から問題無と判断、むしろ6カーブにこだわることで角膜からの距離が眼を左右に振った時に安定せず視力に差がでてしまうことを予測した。4カーブではなく5カーブというのが仕上がりの綺麗さを求めてベストバランスと判断。
cobra-3
この写真が僕のこだわりが分かり易いと思う。前後に厚みを振り分け極力枠からレンズがはみ出ないようにヤゲンのカーブを設定した。今回のレンズは-3.00程度なのだが、これならパッと見度が入っていないよう。
cobura-4
元の度無カラーレンズはハードコートかもしれないが、お客様と相談しよりえげつなくシルバーミラーにしてみた。更に通常の発注方法だと多分薄めに仕上がると予測し、グラデーションラインを10mm下げて染色していただくように特注した。

度数は計算ソフトに入れて再補正をしている。プリズムを少し入れて球面を減らし、乱視を加えている。詳細はいつものサイトに投稿しておくのでご興味ある登録店の方は見てみて欲しい。

お客様は喜んでくれるかな~?楽しみだ。
 
12
 
グラシアスにUQWIMAXを導入してから1週間が経とうとしている。今この記事もiPadで快適に書いているのだが、早速その使用状況と感想をレポートしたい。

IT音痴の僕はiPhoneの時と同様にセットアップでギブアップしそうになるが、UQWIMAXさんのフォローの窓口が渋滞する訳でもなく問い合わせ出来たのが本当に助かった。電話のご担当者様にはご迷惑をお掛けしてしまった。僕の気持ちが届くか分からないがお礼を言いたくなる。それ程に気持ちよく応対してもらった。電話応対して下さった方々皆さん、お世話になり本当にありがとうございました。

お陰で楽しくハイスピードのMobile環境を満喫させて貰っています。

ではその使用環境だが、現在お店には既にWIFI環境は構築してある。僕のiPhone(3GS)とiPad(WIFIのみ32GB)はお店では既にWIFI経由でネットに接続していた。そのお陰で自宅でもこうしてBlogをそこそこ長文を書く気になっている。それもiPadと専用ドッグ+キーボードを購入しその上でUQWIMAXを導入したお陰なのだ。

吉祥寺のお店と西東京市の自宅、そのどちらも接続の環境は良好で、事前にUQWIMAXは電話の種類が屋内での使用環境には適さないと聞いていたので窓際にルーター(AtermWM3500R)を置くように配慮しないと上手く繋がらないと聞いていたのである程度は覚悟していた。ところが良い意味で予想を裏切られたのだが、一階のリビングでも二階の寝室でも特にどこに置いても電波の状況は変化なくいつも鞄にルーターを入れて持ち歩いているのだがそのまんまでも一階二階問わず接続出来る。一階にルーター、二階にiPad、そんな環境でも使えるのだ。今後は妻にもスマートフォンに買い換えてもらう予定なのだが、それでも一階で妻がスマートフォン、二階で僕がiPadでBlogを書く。こんなシーンも余裕でこなすことが予想出来るのだ。

こうして考えるとMobileルーターを導入したことで何が変わるのか?これを考えるとスピードが早くなったから効率が良くなったというレベルではなく、ライフスタイルそのものがが劇的に変わると言っても過言ではない。WIMAX以前と以後ではこんな状況だからと我慢する、その我慢が皆無に等しくなるのだ。

また、導入前は自宅のデスクトップpcも以前はジェイコムのケーブル回線(160gb)を契約していたが、WIMAX導入を見越して解約して固定費を下げた。そのpcにWIMAXとUSBで接続出来る環境を整備して活用しようと考えていたがそれも不要な程にiPadとWQWIMAXの組み合わせの相性は良く。ストレスフリーであったと報告させていただく。

今後はUQWIMAXもWIMAX2という規格で下りで300以上の回線速度を誇るサービスも導入予定しているそうなのだが、現在の快適さを考えればこれで充分な気もするが、もしもそれに見合うデバイスを用意し使用してみると今回気付かされたように、また知らず知らずにしていた我慢に気付かされるような革命が僕の中で起こるのだろうか?そんな期待すらさせて貰える夢のある出会いであった。
 
12
 
opteriaglassias

良い眼鏡とは(11)ですから僕は僕の考えを押し付けるのではなく、眼鏡選びにに機能性という要素を付加すればこんなメリットがあるよと消費者に啓発し眼鏡や眼鏡屋選びの基準にもう少し機能性という要素を考慮し上手に眼鏡選びをしましょうと提案しているのです。視力が出ればOKが現状なのでしょう
01-11 20:36

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 04月 【20件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム