次論公論

 
30
 
opteriaglassias

驚いた。ライコネンが噂のあったウイリアムズじゃなくてルノーからF1復帰。今年は無理でも来年にクビサが復帰してチームメイトになったら今年のマクラーレンと同じくらいレベルが高くて熱い戦いになりそう。
11-29 19:51

レンズ93)ノンコート、ハードコートの見過ごされやすいメリットとは何でしょう?それはそれらのコートには反射防止機能がついておらず、それが故に光をカットする効果があるという事です。具体的に言えばレンズの表面、裏面合算で13%程度光を貫通させずに反射させ、これによる効果があるのです。
11-29 12:33

 
29
 
先日の大阪市長、府長の同時選挙。民意を受け市長は橋下さん、府長には大阪維新の会に所属し元県議の松下さんがそれぞれ当選された。これによって大阪都構想に着手する足がかりが出来た。逆を言えば足がかりに過ぎないとも言える。今後は法改正も含めて国も動かさなくてはいけない。前途多難であるというのが冷静な分析であろう。

今回の選挙を橋下氏は独裁か?

それとも反独裁か?

 
29
 
opteriaglassias

レンズ92)まずノンコートは安価であるという事です。ご予算の余裕の無い方でも提案が出来るのです。ハードコートですが傷防止コートを付けてせっかくのレンズの寿命を伸ばそうと思う方でご予算の余裕があれば提案します。でもノンコート、ハードコートにはそれ以外にも実はメリットがあるのです。
11-28 12:57

 
28
 
opteriaglassias

今日は先日常連さんに教わったお店、キッチンククゥに来た。カレーが美味しいと聞いていたが残念ながら品切れ、僕はキノコのドリア、奥様はオムライス。美味しいかな~?楽しみだな~。
11-27 19:22

レンズ91)殆どの度付レンズがハードマルチコートならそれよりグレードの低いコートには意味が無いとは思いませんか?所が一部のサングラス用レンズではハードマルチコートとハードコート、ノンコート半々くらいの確率で提案しています。それらの安価なコートにも立派にニーズが有るということです。
11-27 11:41

 
27
 
僕がゴルフを初めて半年、それから五回程コースを回った。最初は159叩き、その後、139、125と叩いた数は僕にしてみれば順調に減っていった。そして四回目のコースデビュー前に僕は目標を125から10減らし115に設定した。実際に前回感じた僕の弱点であるドライバーとアプローチを練習し少しは芯をくって飛ぶようになってきた。そこそこゴルフの真似事ではなくゴルフが出来るのでは?自分自身に期待もしていた。

しかし現実はそんなに甘くなかった。スコアの数字を小さくするどころかなんと

135も

叩いた。練習の成果は実り全18ホールの中でドライバーを使う14ホールのうち、11ホールでドライバーはフェアウェーをキープしドライバーは僕の期待以上の成果を上げていた。だがそこから残り200~300ヤードを4~5回も叩いてグリーンに辿り着くのだ。ちょろったりダフッタリ、全然アイアンが上手く当たらなかった。そして前回より10も余計に叩くはめになった。そこで僕は学習した。

「あ、そうか、アイアンが一度叩けるようになったからって苦手なクラブだけ練習してもダメで、日々使うクラブ全てを練習しなくちゃいけないんだ。」

と思ったのだ。そしてそこから練習の日々が始まると思っていたが、今度は仕事が忙しくなり練習に全然行けなくなった。そこで僕は次のコンペの五日前から四日連続で練習に行った。そしてほぼ二か月振りでも意外と当たる事に驚いた。また苦手なクラブだけでなく全てのクラブを少しづつ練習する方法に変えてもみた。

そして

当日、僕はまるで自信が無かった。前回135叩いた時はそこそこ練習したつもりだった。だがそれでも125よりスコアを落とした。今回は駄目かも?と脳裏をよぎる。

そして今回のコースのアウトの最初のホールは僕の苦手なロングコース。そこで僕は驚異的な数字を叩きだす。何と15回も叩いたのだ!初めてコースを回った時でさえ1ホールあたり12回が最高の数字だったのだが、それを五回目にして楽々と超えて見せたのだ。ここで僕の今日のゴルフはじっと我慢の展開になる事を予想出来た。

そしてそれから前回の練習を踏まえて万遍なく練習した僕はここでまた予想と違う結果を残す。前回は苦手なドライバーとアプローチだけを練習した。するとアイアンだけが調子が悪かった。

ところが今回全てのクラブを一夜漬けで練習した僕は、全てのクラブの精度が酷かった。ドライバー、アイアン、アプローチ、パター。その全てが前回よりも悪かった。途中から僕は下手くそな癖して自分のモチベーションを維持する事だけに集中せざるを得なかった。投げ出して帰りたくなる程に辛いコースラウンドだった。何しろ最初から最後まで全ての状態で最後までストレスが溜まっていくのだ。快心の一撃が10回に一回でもあればまだましだし、過去のラウンドではそれ位の頻度で良い玉が打てた。だが今回は…。

結局僕は初めて回った時と大差ないスコア

150回もの

ハイスコアを叩きだしたのだ。途中から僕のサングラスは日よけではなく、僕の涙隠しになっていた。それ程に僕は自分の下手くそさに嫌気がさしていたし、不甲斐なさを嘆き両目に涙が溢れんばかりに溜まっていった。今回この記事を書くまでにしばらく時間が掛かった。冷静になり客観的に自分のプレイを分析できる精神状態になるのにそれだけかかったという事だ。

ここで二つ分かった事がある。

一つ目は

練習は正直である事。

二つ目は

どんなに下手くそでも上手い人でも各レベルに応じた楽しさ、悔しさが有るという事。

練習をしなかったらやはり駄目だった。全てのクラブを練習する必要があり、中途半端な付け焼刃は通用しない。また僕は初めてラウンドした時に159回叩いたが疲れただけでストレスはそれ程感じなかった。だが今回は多少上達した分だけ150で回っても猛烈な悔しさに襲われた。ゴルフを人生に例える方がいらっしゃる。僕は今回このゴルフでは地道に継続する大切さと動揺を抑え平静を保つ重要さを教わった。ゴルフをやっているのだが、そこから人生訓のように教わる事が沢山あるという事だ。

今回は悔しいを通り越して情けないになった。こんな思いはもう沢山だ。と僕は今せこせこと練習している。次回は二月。これから僕は自戒の意味も込めてゴルフの成績をこのブログで後悔公開しその僕の奮闘どころか激闘記を書きつづっていけたらと思う。

僕の友人が僕に慰めるように言った。

「滋郎、まずゴルフを好きになれよ。」

と、残念ながら僕はまだゴルフを好きにはなれていない。ただ自分の下手くそさを嘆いているレベルだ。だがいつの日か上手な人みたいに打てるようになれば好きになれるかも、とその尻尾くらいは125回で回った時に見えた気がした。だから僕はまず好きとか嫌いじゃなく、上手になれば自然と好きになれる。そんな思いで練習しているのだ。そんな僕の心境の変化も本ブログで書いていきたいと思う。
 
27
 
opteriaglassias

レンズ90)ではコート編の始まりです。コートをしていない状態をノンコート、傷防止に硬い皮膜を塗布するのがハードコート、そして反射防止コートとハードコートを重ねて塗布している状態をハードマルチコートと言います。現在日本で流通している度付レンズの殆どがハードマルチコートになっています
11-26 12:43

 
26
 
opteriaglassias

レンズ89)眼鏡屋は専門的な知識が必要で残念ながら一般の方がその専門的知識を有しているケースは稀です。ですから知らないと思って知ったかぶりが容易に出来るのです。だから僕は皆さんに騙されないで下さいとそのレンズの選び方をレクチャーしていますし是非皆さんは店員を論破して貰いたいのです
11-25 17:53

 
25
 
フランス出張では仕入れの為に行ったはずが実は僕の本命はロンシャン競馬場に行き世界最高峰のホースレース、凱旋門賞を見に行く事だった。(内緒よ。)

そしてそこで日本馬二頭は惨敗を喫してしまう。いつの日か日本馬が勝利するシーンを現場で見たいと願っているが、そう易々と夢がかなう筈も無い。そんな僕の淡い期待を強烈な末足でぶち砕いた凱旋門賞の1、2着馬が今週のジャパンカップに参戦する。この間のエリザベス女王杯では日本の秋華賞馬をすっと抜き去ったスノーフェアリーを更に軽々と抜き去ったその馬、デインドリーム。過去の凱旋門賞馬がジャパンカップに参戦しても戦績はパッとしない。欧州の重い芝と日本の芝では質が違い、凱旋門賞馬は日本の芝には合わないというのが競馬ファンでは定説だった。

だが今回の凱旋門賞馬はちょいと違う。レコードで勝ったのだ。これなら日本のスピード競馬には対応できるのではないか?これがもっぱらの競馬通の論調だったし、僕も強い勝ち方を期待したくなる。だがディープインパクトでも凱旋門賞は勝てなかった。同じメンバー/枠順で東京競馬場でレースをすればディープが圧勝するだろう。競馬においてそれ程にアウェイのハードルが高く立ちはだかっている。

迎え撃つ日本馬も今回は錚々たる面々だ。現役最強牝馬に、ドバイワールドカップ覇者。天皇賞馬、最強世代と言われている四歳世代からもトゥザグローリー、ペルーサ、どちらもG1をいつ勝ってもおかしくない器だ。

ただし僕は実は別の所に着目している。それは三冠馬オルフェーブルと最強の四歳世代との力関係だ。勿論今回オルフェーブルは走らない。だがオルフェーブルに何度も対戦し過去四度負けている、負けてはいるが現三歳世代でオルフェーブルに次ぐ成績のウインヴァリアシオン。この馬が勝てないまでも最強世代に対してどういった負け方をするのかでオルフェーブルの実力も計れると思うのだ。万が一にウインヴァリアシオンが勝ってしまったらそれに勝ち続けているオルフェーブルは相当強い。ちなみに来年にオルフェーブルは凱旋門賞に参戦表明をしているのでもしもウインヴァリアシオンが勝ってくれれば僕の凱旋門賞に対する興味や期待が俄然膨らむというものだ。

予想を敢えて言えば

ブエナビスタは内枠を嫌い、エイシンフラッシュは外枠をロスと考え、デインドリームは強いが善戦どまり、トーセンジョーダンは強烈なレコード駆けした後だけに反動を考える。

結局ローズキングダム、ペルーサ、ヴィクトワールピサの三つ巴の争いと予想する。最強四歳世代はやはり強かったという結論に落ち着くと思うのだ。ローズキングダムとヴィクトワールピサが前目の高位置を確保し、末脚勝負に掛けたペルーサはブエナより枠の利を活かし半歩前から差してくる。そんな展開を予想している。

ちなみに僕は馬券は買いません、何故なら当たらないからです。
 
23
 
opteriaglassias

そうなんですね。難しいな~。“@mireiton: @opteriaglassias ありがとうございます! ソフトバンクの人に聞いたんですが、バージョンアップしてもしなくても消えちゃったりしてることがあるみたいで、一概に言えないみたいです。”
11-22 11:15

レンズ87)それでは次はコート編です。皆さんは眼鏡屋でコートはどんなタイプにしますか?と聞かれて即答出来ますか?多くの方は返事に窮する事かと思います。実際に私が接客していてもコートはいつも◯◯コートですと答えられる方は極々少数派です。殆どの方が店員任せといって差し支えないでしょう
11-22 11:13

 
22
 
メンインブラックというアメリカの映画がある。そのある場面で

「タブロイド紙に真実が隠されてる。」

という様な事を言ったシーンがあるそうだ。そうだと書いたのは僕もグラシアスのお客さんから聞いたからだ。今大手メディアは何とか経済界の主旨にそって成長戦略だなんだと書きたてる。勿論恐慌前夜の今にそんな物はまやかしに過ぎないのだが、恐慌が来ると言って更に庶民の警戒心をあおり、更に景気が冷え込む事を恐れてもいるのだろう。どちらにしても恐慌になる事が分かっていればパニックを避ける事も出来る。備えあれば憂いなしだと僕なんかは思う。

そんな中日刊ゲンダイは僕はよくやっていると思う。どうかご覧になっていただきたい。

TPPの黒幕 経産省女性官僚がやったコト

 
22
 
opteriaglassias

最新のバックアップは万全?なんか事前に直近のバックアップをしないとアプリが消えるって聞いたよ。“@mireiton: 新しいiPhoneを今受け取るんだけど、家に帰って同期するまで電話帳も同期できないし、今日はあわあわしそうだな…。これから仕事だけども。”
11-21 12:39

 
21
 
AVの監督である村西とおるさんのブログをいつも見ているブログの方が紹介していたので覗きに行ってみたら僕が最近難しすぎて判断を下せない、でも僕らの生活に直結しているTPPについて面白い切り口で語っていた。

色々な考えがあるものだ。ご興味ある方はどうぞ。

村西とおる日記。
 
21
 
opteriaglassias

レンズ86)カメラ好きの方々は当たり前の様にどこどこのメーカーのレンズの写りが好きだと自らの拘りを口にしています。所が眼鏡のレンズを選ぶ際にメーカー指定でいらっしゃるお客様はゼロではありませんが皆無に等しいでしょう。拘りが無いのではなく、何にこだわったら良いのか分からないのです。
11-20 11:50

 
20
 
opteriaglassias

今月の吉祥寺ラーメン部の部活動は鯛塩ラーメンの名店、真風(まじ)です。替え玉上等で美味しく頂きました。ふ~、最高~!! http://t.co/O0mToRlT
11-19 21:23

レンズ85)設計に関してまとめれば、球面、外面非球面、内面非球面、両面非球面。大きく分けて単焦点レンズにも種類があり、また同じ球面レンズでもカーブや角膜からの距離、焦点の位置の設定、レンズの歪み、フィッティング等でも違和感の原因となり、同じ設計でもカーブが変われば別物なのです。
11-19 12:52

 
19
 
opteriaglassias

@yutaka1620 勿論、フレームデーター、あおり角、前傾角、頂点間距離。これらを踏まえて設計します。ここにシーマックスでやったように本来は目的距離も考慮するべきでしょうね~。ニコンさん素晴らしいです。
11-18 12:46

レンズ84)ちなみに軸補正を無限に近い程に細かく制御しているカールツァイスですが、このレンズは両面設計ではなく、内面非球面設計です。カールツァイスは外面は一定の方が光学性能が安定し向上するという考えの様です。この様にメーカーのこだわりによって設計に関する捉え方も様々なようです。
11-18 12:16

@yutaka1620 厳密に言えば無限ではないのですが、これ以上収差補正のポイントを細かく出来ない程に緻密に補正を掛けているという事だそうですよ~。あ、ちなみにカールツァイスは両面設計ではなく内面でした~。失礼しました。早速加筆修正しますね。
11-18 12:12

レンズ83)それがNikonで言えば、シーマックス、シースタイル、東海光学で言えばリバティWAS。カールツァイスで言えばインディヴィジュアルシングルヴィジョンシリーズになります。これらのレンズでは軸補正の細かさを競っています。Nikonは八軸、東海は六、カールツァイスは無限軸。
11-18 11:58

 
18
 
アイスランド、アイルランド、ポルトガル、スペイン、ギリシャ、イタリア。ヨーロッパ諸国の景気後退やソブリンリスクの話題が大手メディア各紙の一面を連日のように飾っている。僕はヨーロッパ発の金融恐慌が起こり、そして過去の歴史に学ぶのであればその先に戦争が待っているとお話しした。戦争行為が何よりの景気刺激策になるからだ。

そして今日もこんなニュースがネットを駆け巡る。

スペイン国債、7%寸前…財政危機が波及の恐れ

イタリアは既に景気後退。

モンティ新内閣が発足=政治家抜きの「危機管理型」―イタリア

 
18
 
opteriaglassias

レンズ82)その斜めの視野に補正を掛けるには同心円状に増えていく収差をコントロールしていても効果は限定的になるのです。そしてその歪みは乱視が強くなれば成る程に酷くなります。そしてそんな強度の乱視の方の斜めの視野の補正に軸補正という概念を活かしたレンズが発売されるようになりました。
11-17 18:46

 
17
 
レスの新作が入荷しました~。

ブラックアイスの新作が入荷しました~。

ジールの一部リピートフレームが入荷しました~。

新規ブランド、GROOVER が入荷しました~。

と書くのが精一杯のプリズム滋郎さんでした。

最近ブログの更新が滞ってしまって申し訳ないです、はい。

トホホ~。
 
17
 
opteriaglassias

東西線で調度三鷹直通の電車が来たからゆっくり三鷹迄行ってみよう。そこから橋場行のバスに乗る。そこから歩いて15分くらいで家に着く。今そば食べたから腹ごなしにも都合がいい。それからバレーの支度だ。地下鉄の駅と駅の間でもWiMAXは電波が安定してる。う~ん、いい時代になったなと思う
11-16 21:18

お見事!二時間があっというまに流れるジェットコースタームービーのようでした。有難うございました。 http://t.co/3v651fwp
11-16 21:18

下北沢のシアター711にて今日は舞台を見ます。前回はハイテンポなスピード感であっという間に時が過ぎる魔法をかけられたかのようでしたが今回はどうでしょうか?楽しみです。開演40分前。 http://t.co/yEdES6mz
11-16 14:21

 
15
 
opteriaglassias

レンズ81)いくら両面非球面レンズでもそこに遠視/近視以外に乱視度数を入れてしまうと収差は均等に広がっていきません。単純に言えば乱視を矯正する円柱レンズ、この度数には向きがあるのですが、その円柱レンズが入っている軸度とそれに直行する軸には補正が効きますが斜めの視野は歪むのです。
11-14 20:00

 
14
 
opteriaglassias

レンズ80)この複雑な制御に手間が掛かり、そして両面非球面は外面に非球面補正を掛け、更に内面にも非球面補正を考慮した研磨をします。この効果により遠視や近視だけであれば理論上歪みを感じにくい視野が同心円状に広がります。強度になれば成る程に効果的なのですが乱視が入るとまた変わります。
11-13 14:02

 
13
 
グラシアスは店名で、実は法人名として(有)ojim(オジム)という社名が別にある。企業にはそれぞれ決算月という物があり、一年の締日を1月~12月までその中から法人設立時に自由に決算日を決められる。ojimの決算は9月末。一般の方の感覚からすれば9/30は大晦日、10/1は元旦になる。そして9/30までの売上、仕入れ、その他の経費をまとめて損益を確定し税務署に申告する。

今年は3/11の大震災等の影響や欧州発のソブリンリスク、それに伴う急激な円高による為替リスク。自然災害もリスク要因として考えれば一年中リスクだらけだった事になる。僕も含めて他の業界の経営者の方々もさぞや胃の痛い思いをしたのではないか?決算時に売上予算を達成するかどうか?それが自分の一年間辿ってきた歩みであり、それが自身に対する通信簿になると僕は思っている。店長業時の僕はそういった煩わしい売上予算とかの類は極力忘れるようにしているのだから社長業の僕から見ればお気楽なもんだと思う。

今日はojimの社長としてそのリスクだらけの一年間で結果はどうだったのか?その報告を先日税理士より頂いたので今日は報告したい。

 
13
 
opteriaglassias

レンズ79)外面非球面であればこのセミの表面に非球面補正を掛けた形状を外面のカーブの数だけ作れば良いのです、外面非球面の裏側は乱視と近視の度数だけを考慮すれば良いのですが、内面に非球面補正を掛けようと思えば非球面を考慮し、更に近視や乱視、遠視等の度数を考慮し複雑な形状に研磨します
11-12 20:57

 
12
 
opteriaglassias

レンズ78)例えば表がニカーブ、裏が四カーブなら、近視を矯正するs-2.00という凹レンズになり、表が四、裏が二ならs+2.00という凸レンズになります。凹レンズで言えば裏のカーブがきつくなれば成る程に周辺部の厚みは増していき、凸レンズは逆に裏が浅くなれば中心が厚くなるのです。
11-11 11:52

 
11
 
僕は処方箋ではなく検査を自分でした方のおよそ半分以上にプリズムという度を入れてメガネを作っていると本ブログで何度か報告させてもらっている。だが実際に検査をしていてこの方にプリズムを入れたメガネをお作りした方が疲労感は軽減するし、有効だなと感じる方は100人検査すればそのうちの7.8割の方にプリズムを入れたくなる。

この7.8割-5割=2.3割。この差は何なのだろうか?

 
11
 
opteriaglassias

レンズ77)同じ素材を使えば原価は一緒ですね。ですが一般的に内面非球面の方が高額になります。これを説明するにはセミという塊状の物から説明します。レンズの製作過程では全ての度数に応じた型がある訳ではありません。表カーブが2カーブで作れる度数が複数になるように分厚いレンズを作ります。
11-10 17:57

 
10
 
opteriaglassias

は~い、ありがと!“@tubumi: @opteriaglassias おつありです(^-^) レンズセミナーおつれさまでした 残り少ない休日ゆっくりお過ごしくださいませ♪”
11-09 17:20

お疲れ様~、おらも今帰りのバスの中。“@tubumi: 主仕事終わりました~ ふ~”
11-09 17:16

西武線でWiMAX+iPhone4Sの組み合わせ、サクサクで快適~。
11-09 14:30

レンズ列伝3)東海光学より11/18より脳科学を駆使した新商品、レゾナスマイチューンというレンズが発売される。元々遠用明視域の広さや装用感には定評があったレゾナスだが、一方手元の視野の狭さが気になるとレポートさせていただいた。今回はその入口の中間が20%広げる事に成功した。
11-09 14:15

今日は東海光学のセミナー、新商品の発表だっていうから興味津々。後ほどまた速報しま~す。
11-09 13:09

カールツアイスではこの倍でも作成出来ます。でもいろんな意味で見栄えがしませんし…と悩みます。“@naka___ji: こんなプリズム量…作れるのか。RT @IamOKYourOK: メガネのプリズムは重要ですね。メガネってこんなに楽なのかと感じさせます。 RT @opter
11-09 01:16

@IamOKYourOK 今日は色々有難うございました。勉強します(^-^)/
11-09 00:01

 
09
 
opteriaglassias

沖縄でマグニチュード6.8、震度で言えば4。お友達は大丈夫かな~?日本は北から南まで地震が収まらない。逃げるとこないな~。昔は地震が来ると喜んでたのに、最近はびびりまくりだ。おら弱いな~。
11-08 12:14

レンズ76)一般的に非球面レンズと言えば外面に非球面補正を掛けたレンズをさし単焦点レンズで内面非球面レンズは少数派です。また価格も内面非球面レンズの方が高額になります。何故高くなるのでしょう?ここは少し専門的になり難解ですがついてきて下さいね。この価格差は製造の手間による差異です
11-08 12:11

 
08
 
opteriaglassias

レンズ75)では球面、非球面と設計を説明し、その違いも違和感の原因であると説明してきましたが、実は非球面には外面非球面と内面非球面と二種類の設計が有るのです。難しくなってきましたね。僕も一杯一杯です(汗)レンズの度は表面と裏面のカーブの曲率の差で度を付けるというのは説明済みです。
11-07 12:34

 
07
 
テレビの地デジ移行に伴う特需が大いに家電量販店の経営を後押しした。そして今ではテレビが売れないとメディアが騒ぐ、僕にしてみれば買い替え特需を無理やり作りだして地デジに買い換えさせたのだから、売れなくて当たり前。こう思うのだが…

今日はこんなニュースがメディアで報じられた。

家電量販市場 25%縮小。

先程説明した経緯からすればこんなの当たり前で大手家電メーカーの経営陣だって折り込み済みな筈だ。今から慌てる必要も無い。そんな体制を整備するのが正に経営だと思う。

またこんなニュースも有った。

テレビ大不況「4K」は業界を救うか

先端分野に特化し、基礎ではなく応用の分野で勝負する。それが日本の生命線だとこの記事では言いたいのだろうか?正直僕は映像にそれ程こだわりは無い。そんな僕でも地デジ化に伴う画質の向上は感動した。またそれで充分という気もする。無理やりにニーズを作り出さざるを得ないこんな移り変わりの早い業界にテレビもなってしまった。正直多くの日本国民は地デジで充分。こう思っていると思うのだ。だが流行廃りが高速化した今。次から次へと流行を産み出し、そして常に研究していないと事業が成り立たなくなっている。というのが家電業界の今らしい。

だがそんな知恵や技術の安売りにつながる開発競争はきっと企業の体力を奪うだろう。結局自分で自分の首を絞めているのだ。

ここでメディアが無理やり煽っているという指摘は的外れではあるという僕の見解は既に述べている。メディアを動かしている会社なり投資家が実はそういった流行廃りを作り出しているからだ。

翻り見てみればメガネ業界も無理やり新商品を捻り出し、顧客満足には程遠い生き残りゲームを繰り広げ結局市場規模を縮小させてきた。

今日本の全ての業界でこんな事が起こっているのではなかろうか?僕は本ブログで提案しているのは

身の丈の経済である。

例えば日本であれば、もっとゆっくり、世界に出る人は出たっていいけど、でももっと内需を大事にしようよ。外需を取る為に内需を死滅させるかのような行為はまさに自滅である。だから時間のもっとゆったり流れるのどかな世界にしようと言ってきた。

時にはルネッサンスという言葉を用い、少し昔に答えがあるとも力説してきたのだがいかがだろうか?

家電業界ももっと自分を大切にしないと眼鏡業界みたいになっちゃうよ。と他人事じゃなく見えてきた今日のプリズム滋郎だったのだ。

追記~ちなみにご存知な方には申し訳ないけど、地デジの画質はアメリカの企画に合わせる為に無理やり日本が企画を統一したそうです。実際にはNHKさんがテレビを買い替えなくても地デジ程度の画質は実現出来た。でも企画が変わった方が何かと家電メーカーには都合がいいじゃない?って事だよね。TPPが導入されたら全ての業界でそうなるの?って考えたら恐ろしくなった。

    最近TPPにうなされるプリズムTPP滋郎でした。

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 10月 【11件】
2017年 09月 【21件】
2017年 08月 【20件】
2017年 07月 【18件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム