次論公論

 
31
 
opteriaglassias

最近斜視の矯正の為にいらっしゃる方が増えた気がする。そしてその方々が口々に言うのは自分の眼がまさか眼鏡でどうにかなるとは思わなかったと答えられる。確かに眼鏡ではどうにもならないケースはあるがご来店頂く方々の多くはその眼鏡でどうにかなるケースだった。もっと広く知らせる必要がある。
03-30 10:24

最近、デザインの意欲が湧いてくる。僕はデザインそのものを捻り出すというよりは天から降りてくるという感覚だが、その降りてくるデザインをアウトプットするのは手書きじゃなければいけない気がする。古いタイプの男である事は自覚していたがイラストレーターを使わずに手書きとは、ただの頑固親父だ
03-30 10:18

枠55)シートメタル、セル、チタンの眼鏡。それぞれに特徴、個性があるのは分かって頂けましたか?軽さと堅牢性に秀でたシートメタル、ファッション性に優れるセル、調整のしやすさや見えごこちまで考慮した設計のし易い従来の金属性フレーム。それぞれに一長一短ある事がご理解頂けたと思います。
03-30 10:15

 
30
 
opteriaglassias

僕はボソボソと呟いていたレンズ講座、それを紹介して下さっていた方々がいらっしゃいました。本当に有難く思います。この場を借りて御礼申しあげます。あの呟きが誰かのお役にたてるのならこんなに嬉しい事はありません。
03-29 09:10

枠54)それはレンズとレンズを結ぶブリッジと言われる鼻の上に跨がる部位です。僕らはそこの角度を測定し、再補正を掛けたりします。ですがここがふにゃふにゃだとその角度は不安定になります。僕はそれを問題視しています。何度も言っていますが弾性を求められる場所と強度が必要な部位があるのです
03-29 08:49

 
29
 
opteriaglassias

ゴングが鳴った!!ファイト!! http://t.co/XgAyk6lZ
03-28 18:59

オス!気合い入れて闘魂と食材を胃袋注入します。仕上がってますよ~。お待ちしてますm(_ _)m“@tubumi: @opteriaglassias フードファイター魂炸裂ですね~ がんばってくださいませ~(金)行きます~”
03-28 18:13

う~んスティーブジョブズに座右の銘を聞くのは馬鹿げてるって村上龍さんが仰ってたけど、改めて聞くと深いな~。尊敬です。“@SteveJobs_BOT: 墓場で1番の金持ちになることは私には重要ではない。夜眠るとき、我々は素晴らしいことをしたと言えること、それが重要だ。”
03-28 17:49

イタリアンの食べ放題のお店にきたら開店してすぐなのに、大行列。凄いな~。フードファイターとしてはうでがなる、いや顎が胃袋がなる、のだ。 http://t.co/0Xt4L6Mg
03-28 17:39

 
28
 
opteriaglassias

量がやべえ~。大盛りがない意味が分かった。スープが絶品。面麺は好みから言えばもう少し腰があってもいい。でも最近はやりのこってり一辺倒ではなく。昔ながらの東京ラーメン。なのに新鮮さも感じさせる憎い奴、でした。ご馳走様でした~m(_ _)m http://t.co/EmoRLHIN
03-27 22:26

今月の吉祥寺ラーメン部の部活動は永福町に遠征です。大勝軒といってもつけ麺で有名なあの大勝軒ではありません。どんなご縁を頂けるかな?楽しみだ。 http://t.co/VbfzwOal
03-27 21:48

枠53)通常の眼鏡であれば硬さが欲しい部位には純チタン、弾性が欲しい箇所にはβチタン。または素材毎に肉厚の調整で強度の加減が出来ます。ですがシートメタルの多くは、その調整が考慮されずに全体の締め付け感で顔をホールドします。ですがそれではずれてはいけない場所まで角度が変化します。
03-27 10:13

 
27
 
opteriaglassias

枠52)シンプルな構造でネジや溶接を使わず各パーツを組み込んでいく多くのシートメタルはシンプルであるが故に壊れる場所がない。そういった表現が適切かもしれません。柔軟なのに堅牢なのです。ではシートメタルに弱点は無いのでしょうか?実は僕に言わせれば多いにあります。その話はまた明日。
03-26 09:33

ペレスおめでとう。ザウバーの皆さんおめでとう。可夢偉さんの表彰台が夢じゃなくなった。F1でより大きな夢が見られる。う~ん。最高!!
03-26 00:58

 
26
 
opteriaglassias

もうすぐF1だ。可夢偉選手は予選はふるわなかったけど本番は活躍してくれるかな?楽しみだ。フェラーリが弱いと盛り上がりに欠けるな。マッサどうした?
03-25 22:50

枠51)通常の眼鏡は各パーツ毎に作成しネジや溶接で繋ぎますが僕の知る限りではいつまでも緩まないネジや剥がれない溶接は少なくとも眼鏡業界には普及していません。つまり眼鏡の故障の多くはネジ抜けとロー離れという溶接が剥がれてしまう故障です。ですがシートメタルにはそれらを使わないのです。
03-25 10:04

 
25
 
opteriaglassias

@objectxplosive いつも本当に本当に有難うございます。m(__)m感謝してもしきれない程です。
03-24 11:36

枠50)そんなシートメタルの利点は何でしょう?今世間にあるシートメタルの多くは厚さ1mm以下の薄い素材を使っています。それが長所でもあり、実は弱点にもなっているのです。まずは長所から、単純に薄いのでまずは軽いのです。更にICベルリンを筆頭に多くのシートメタルは圧倒的に丈夫なのです
03-24 10:24

お早うございます。今日はこちらからですね?いつも有難うございます(*^◯^*)“@_5839230888561: @opteriaglassias おはようございます。ブログを拝読いたしました(^_^)b”
03-24 09:56

 
24
 
プラスティックの枠にもアセテートやセルロイドといった生地からくり抜き成形後に研磨し仕上げる製法とインジェクションといって型に流し込み成形するやり方がある。スポーツブランドの多くはこのやり方を採用するケースが多く、型の形次第でデザインの自由度が高く、比較的カーブが強かったり立体的な形状も作り易いというメリットがある。

この通常のセルやアセチの枠であれば溶着剤を用い、鼻が低かったり鼻幅が狭くて掛からない場合には鼻の部位を専用のパーツでカスタマイズするのだが、このインジェクションの枠には鼻盛りをする術が僕にはなかった。

だがササマタさんのチタームというパーツは基本的に接着も溶着もさせずに単純に枠に穴を開けてパーツをねじ込み摩擦で止める。この方法ならせっかくの枠が無駄にならずにしっかり掛けられる。そんな便利な部品がこれだ。

インジェクション

お困りの方がいらしたら遠慮なくご相談下さいませ。
 
24
 
opteriaglassias

枠49)シートメタルという製法は加工機の進歩なくしては普及すらしなかったでしょう。レンズに溝を掘り、そこに基本的には人の手で引っ張った程度では伸縮しない素材をレンズにはめ込みます。当然一回の加工ではレンズと枠のサイズは合いません。二度三度と擦り直す必要が有りそれを実現したのです。
03-23 10:12

 
23
 
以前に正直者は夢を見るというブログ記事を書いた。そこで僕は会社の評価の為に目の前のお客様そっちのけで点数稼ぎをする愚かさとそのシステムの矛盾を説明した。

そのブログを書いた時にも感じたのだが人は

何のために生きているの?

という問いかけでこの問いは震災後の僕の頭の中をぐるぐる駆け巡っている。この生命の存在意義ともいうべき根源、その人としての根っこの部分を僕ら現代人は忘れてしまい、目先の利益だけに執着するようになっている。これが現代社会の諸問題の大きな原因となってはいまいか?と僕は常日頃感じている。

では政治で言えば中長期的視点からの国家像であったり理想像。そういった大局観とも言える理念を謳える政治家はどこに行ってしまったのだろう?目新しいところで言えば民主党の

「国民の生活が第一。」

等というキャッチコピーで国民の生活に困っているという悲鳴に応えた形でこんなキャッチコピーにしたのであろう。だがこのキャッチコピーから100年先の国家像といった物は一切見えてこない。僕らはどんな暮らしを僕らの子供や孫の世代に残し、そして僕や僕のお師匠達からの遺志はどうやって伝わり、守り、そして日々前進していくのだろう?

国家としての基本的な理念が政治家の中でさえまとまらず、勿論僕ら国民にはその全体像なんてものはちっとも見えてこない、いや興味すらないのかもしれない。だが僕がこのブログで言い続けている事は

生活すべてが政治、

なのである。もしも僕の提言がそれ程的外れでないとすれば国民の営み全てに政治が関わっている事になる。つまり政治に無関心だという方は自分の生活にも無関心でどうでも良い、こう言っている事に等しいと僕は感じる。だが実際は先程の民主党のキャッチコピーを見ればわかる通り無関心を装っても生活に困窮し助けを求める方は沢山いらっしゃる事になる。ここに大きな矛盾が生じている。

では僕はどうなのだろう?僕は、僕の願いは、

生きる為だけに生きたくない、のである。

僕は三大欲求だけを満たされればそれで良しではなく、僕は人々の暮らしがより質が高まり、そして健康で幸せに暮らせる社会を夢見る。そして眼鏡屋という職業はその国民の健康と直結していると感じている。だからこそ僕は国民の期待に応えられる業界にならなくてはいけないと言い続けてきた。

量販店の存在意義を否定はしない。業界の裾野を広げ、眼鏡に興味を持った方の入り口として立派に社会貢献しているとも思っている。だがそればかりになってしまってはいけないとよと言ってきた。

そして僕ら専門店は困った方の拠り所として社会に貢献し常に上を目指して研鑽する必要があるとも言ってきた。

大坂の橋下市長は原発即時廃止という政策を発表した。また連携が噂されている東京の石原知事はたった一度の失敗で原子力を諦めるべきではなく、必要以上に恐れる感情を単なるセンチメントであり、過去の被爆体験がそうさせていると発言した。僕は石原慎太郎さんは好きな政治家だが、こと原子力も含めたエネルギー政策では受け入れられない点がある。一方、橋下知事はTPPに賛成だ。僕は製造業に限っていうのなら、まだ理解を示すが一次産業に関しては食糧安保の観点から絶対に反対という立場をとっている。TPPにしても原発にしても効率や規模の拡充が国家戦略として必要で規模の成長なくしては国家の存続そのものが危ういという危機感からこの二つの重要な政策を支持し発言していると思われる。だがそこに至る前にまず規模の成長を、弱者を救済出来ないような国家像を国民が支持しているかどうか?そこをもっと深く議論する必要がある。

少なくとも一有権者であり国民でもある僕は経済的には鎖国し身の丈の経済運営を心がけ、規模ではなく質の向上を国是とせよ。いわば「身の丈の経済像」を理念として本ブログで掲げてきた。そしてその為に生みの苦しみはあるが萎めと言ってきたのだ。

金があれば多くのやりたい事が出来る、そういった事も当然あるが、一方金が僕のやりたい事を邪魔する時さえあるのだ。つまり儲からない事には投資や努力する意味がないといった価値観がはびこる現代社会では国民の健康よりも経済が回る事を重視する選択もありだと思ってしまう。これが僕は自由にやらせ過ぎる資本主義の大きなリスクであると主張している。

このように政治家の政策や言動一つをとっても天下国家を論じている気運は伝わってこない。それは国民の総意として100年後にこんな国にしたいと議論してこなかった、その放置のつけとも言えるのだ。そこに敗戦後の占領政策が絡んでいる事はいうまでもない。

僕には100年先の眼鏡業界像は正直見据えられない。医療や科学技術がどれだけ進歩するかが分からないからだ。だが少なくとも今後30年を見据えて国民の健康を守れる眼鏡業界にする為に、法改正が必要で現状は矛盾だらけだと指摘してきた。

コンタクトがいくら技術革新し普及しても斜位は残る。

現状の技術では外眼筋の筋肉バランスを誰もが正位や微小な外斜位にもっていく技術は無い。

レーシックが普及はしても老眼や斜位は残る。

調節だけケアしても輻輳までも含めたケアが必要だ。

そしてPCに対する依存度は高まる事はあれどもPCが生活の中から消えていくという社会は考えにくい。

また紫外線は常に存在する。その対策としてサングラスの技術論の構築も必要だ。

この様にファッションアイテム以外のニーズとしても僕ら眼鏡屋としての役割は少なくとも今後数十年間は残るだろう。

だが行政が自由競争、グローバリズム、優勝劣敗とやっている内はいつまで経っても量販店の天下が続くだろう。マスメリットという利点をフルに活用しその小売単価低下を消費者は支持してきた。

だからこそ、こんな時だからこそ。

僕らはその量販店との違いを分かり易く説明する必要がある。諸先輩方は今眼鏡業界を動かそうと躍起になり活動されている。だが国家資格制度の普及でどんな利点があるのかを消費者に理解を求めなくてはいつまで経っても法改正は夢のまた夢となる。

何故なら

売価は高いが責任を持って良い眼鏡を作る専門店という業態そのものを消費者の多くは支持していないからだ。

そして僕は両眼視という観点から業界に一石を投じたい。どんなさざ波でも良いので何かを動かしたい。そんな思いで日々ブログを書いている。

業界の改革の第一歩は一つ一つのお店のファンを増やすところから始まり、消費者の支持を受けて初めて法改正が成り立つ。何故なら民主主義の原則としてマイノリティーの意見は反映されにくいからだ。僕らは業界の中で売り上げ実績として多数派に立つ必要がある。シェアを取られっぱなしで何をいうというのが他の業界から入ってきた僕の正直な感想だ。

生きるだけなら今の売り上げを維持し日々食べて飲んで寝て、それを繰り返せば良い。だが僕は国や消費者、諸先輩方に恩返しする為に日々取り組んでいる。それは

生きる為だけに生きたくない。

いや

生きる為にだけに生きるだけの道を行きたくない。

そんな思いなのだ。
 
23
 
opteriaglassias

枠48)その欲しい強度毎にパーツを作り溶接すれば良いのでしょうか?実際に通常の眼鏡はそうやって作られていますがパーツ点数が増える事は溶接箇所が増える事を意味しています。また眼鏡の故障は溶接箇所とネジの緩みや抜け、これらの部位が故障し易いのです。ならばとシートメタルが登場しました。
03-22 09:48

 
22
 
今日はプリズムで10Dという度数でお作りしました。

これが削る前。
10D


削る前のレンズで見ると大丈夫かいな?と心配になるが削ってみるとこんな感じ。
10D-2

フレームに収めてみると意外とすんなり収まった。S-8.50Dという強度の近視に関わらず耳側のコバ厚は大した事ない。でも渦は目立つね。
10D-3

上から見てみるとこう。
10D-4

掛けてみると鼻にかかる重さも苦痛を感じる程でもなくこれなら見え心地はともかく鼻が痛いから掛けられないという事はないんじゃないかな?ちなみに重さは度の強い右目のレンズで

4.3g

左目は更に軽いと思う。

使用したレンズは

日本レンズ 1.67AS つるつるコート。

使用したフレームは

ハスキーノイズ H-57-3

え?何故厚みがあるのにナイロールなのか?って?

それは強度のプリズムでは(僕の知る限りでは)加工機ではサイズがずれてしまって二度擦り出来ないのでナイロールなら一度試し摺りをしてサイズ合わせだけしておけばぴったりに仕上がるからです。もしも二度擦りしてもサイズがずれない調整法をご存じな方は教えて下さいね。強度のプリズムで歪みを入れない精度で加工しようと思えばナイロールが最適だという今の所、僕の結論になっています。ちなみにハスキーノイズは小さいレンズ径の枠を多く作ってくれているから、こうした特殊な事例では重宝するのです。

さて喜んでもらえるかな?うん喜んでもらえるさ。

あ!日本レンズさん毎回無理言ってすみません。これからもよろしくお願い致します。
 
22
 
opteriaglassias

枠47)弾性のあるチタンの代表格がベータチタンです。一例を挙げれば剛性が必要なフロント枠には純チタン、弾性が必要なテンプルにはベータチタン。この様に使い分けしているケースが多いのです。ですが厳密に言えば、前枠でも柔軟性が欲しいリム部もあれば、動いて欲しくないブリッジ部もあります。
03-21 12:30

こちらこそフォローもれしてました。失礼いたしました。“@_5839230888561: @opteriaglassias 青山グループの、加藤です。アカウント名の、変更がまだ分からずこのままです(^_^;)宜しくお願いします(^_^)b”
03-21 12:22

 
21
 
opteriaglassias

枠46)では日本のお家芸であり今世界では主流になっているチタン製の枠は素材として何処が優れているのでしょう?まず単純に軽い、硬い、腐食しにくい。更に肌との親和性が高くアレルギー反応が出にくいという利点もあります。硬いという要素には一長一短あり弾性のあるチタン合金も開発されています
03-20 10:19

 
20
 
僕は日本人の多くは外斜位と言ってリラックスゾーン(僕が勝手に作った造語で安静位とも言い換えられる)が外にある方が大半で、内斜位と検査結果が出た場合にもその存在を疑えと大阪の田村先生に教わった。それまでの僕は近視+内斜位はやばい、しっかり矯正しなくてはと考えていたのだから一気に方向転換した事になる。近視+内斜位がやばい組み合わせである事に対して僕の見解は大きく変化した訳ではない。

だがその内斜位だと判断した場合の対処方法が大きく変化したという事なのだ。

今日ご報告させていただくケースも少し迷うケースだった。

A様(仮称 50代 男性)は弱度の近視で遠見カバーテストでは殆ど動かない弱い外斜位であった。主訴は何しろ眼が疲れる。その他には腰痛、胃腸が弱く過敏である。また字をモニターと手元の資料を交互に見る立の動きには追従出来るが横の動きに対応出来ずに、行が飛んでしまい狙った場所に目線がいかないといった感覚でお困りだそうだ。

通常こういった主訴では輻輳(黒目を鼻側に寄せる事。)にストレスが生じていて近見の眼位で大きく眼が外にずれるケースが圧倒的に多い。だが今回は遠見では動かず、近見でも微量のずれだった。それでもと遠見一杯程度にBIにプリズムを入れて見させるとピントが合うのに時間が掛かる、それではと少しずつ弱めにしていくとプリズムを入れない方が楽だと自覚があった。もしやと思いBOにプリズムを入れてみると今度は瞬時にピントがあうと答えられた。

「当然ここでは輻輳過多、余力が一杯であることを想定する。」

そこで輻輳テストをしてみると何とも心もとない寄り方で寄ってくる。ある意味50代というご年齢を考えれば当然とも言えるが、それでも目を内側に寄せる筋肉が有り余っているようにとは到底見えない。

そこで僕は緊張している為に常にリラックスゾーンから内側に入れてみる癖が染みつき、そして本来の外斜位が潜伏しているケースを疑い、手元用の度数に調整した仮枠にBI4Dずつ左右の眼に入れる。当然くらくらして気持ち悪いかと思ったが、A様はそれ程辛そうでは無かった。A様には

「極力ぼんやりとその40㌢先の資料の場所に目線を置いておいてください。」

と伝えた。

そして10分程その状態にした後今度は遠見と近見でカバーテストをしてみる。すると見事に遠見でも大きくずれ始めたし、近見では更に大きく眼は外に開いた。つまり脱力させる事に成功したという事なのだ。

そこで今度は左右の眼に合算で2D入れて遠から近への視線の移動をさせてみると今度は問題なく瞬時にピントがあうと嬉しそうに答えられた。

昔の僕なら最初のBOに入れた状態で良く見えると答えられたそのA様のお言葉を信用してBOに入れた眼鏡を作っていたであろう。その考え方を田村先生に違うと教わったお蔭で改める事が出来た。

では何故よく見えるというA様の答えを信用してBOに入れてはいけないのだろう?見えるのだから良いではないか?と皆さんは思わないだろうか?まずA様はフォロプターでも偏光板でも外斜位である事は疑いようも無かった。また網膜の異常対応でも無かった事は確認済みだ。外斜位であるA様にまず内斜位を矯正するプリズムを入れるという事は、A様の脳や神経に緊張状態を是と刷り込む事を意味していると僕は思っている。本来人は、緊張と弛緩を肉体的にも精神的にも状況に応じて繰り返す。だがBOにプリズムを入れるという事は弛緩せずに緊張で縛る事を意味しているのだ。これが自律神経にも影響を与え、消化器官等に影響を与える可能性を僕らは考える必要がある。

では、プリズムを入れなくても球面度数で焦点距離を調整してあげれば特にプリズムは必要無かったのではないか?と思われるかもしれない。ここは議論の余地があるし、もしも答えを出したいならこういったケースを何例か集めて経過観察する必要があるだろう。現状そういった仕組みを僕が構築している訳ではない。だから観察する事例が少なく結論には至らないだろう。だが僕はプリズムを入れた根拠はこのA様の眼や正確に緊張壁がある事を疑っている事で、もしも検査の過程で緊張をほぐしたとしても、また緊張してしまえばそこで凝り固まってしまう事を恐れてプリズムを入れてみた。

このプリズムを入れた眼鏡を常用する訳ではないが、少なくともこの眼鏡を掛けた時くらいはA様の緊張をほぐしてあげたいと思うのだ。そしてそれが緊張壁を直す事にもなりA様のご満足に繋がれば有難い。

従って今日のブログはいつも以上に結論には至っていないとどうかご理解頂きたいのだ。
 
20
 
opteriaglassias

枠45)中国製でも日本でもそのどちらでも日本らしさを表現するのは可能です。デザイナーとしてはそういった選択肢がある中で、どうしても日本製がいいと言わせる付加価値を日本の眼鏡産地である福井県鯖江市は考えます。そして多少高くとも日本製がいいと言わせる何かを皆手探りで探しているのです。
03-19 15:31

 
19
 
opteriaglassias

は~い。“@tubumi: @opteriaglassias 向かってます~ごめんなさい~ 連絡します”
03-18 18:55

今晩は~レイさんみえないけど迷ってないかな~?“@tubumi: 副仕事終わった~ これから吉祥寺に向かうなり”
03-18 18:53

枠44)そんな日本らしさをデザイナーは自分で表現出来ます。ですがデザイナーはコストは高いが日本で作るか?それとも中国で作るかを当然考えます。僕はいつか自分のブランドを立ち上げるとしたら意地でも日本の工場にお願いします。ですがそうではなく中国の価格に価値を見出す方もいるでしょう。
03-18 10:32

 
18
 
前代未聞のレース、珍事が起こった。

僕はシンボリルドルフの時から競馬ファンだったが、その長年競馬のレースを見てきたが、こんなレースは見た事ない。

そして負けてなおこんなに強いと思った事も初めてだった。

僕はディープインパクトが歴代最強の馬だと信じて疑わない。だが、このオルフェーブルは同じ条件でディープと何度か戦えば勝ったり負けたりが出来る馬かもしれない。だが今回の春の珍事はオルフェーブルの気性の悪さから来ているが、こんな気性では海外遠征で相当苦労するだろう。気性だけを比較すれば優等生だったディープの圧勝だ。

色々な意味で強烈なレースだった。


 
18
 
opteriaglassias

僕は運良くあたりました。“@junichisuto: ミスチルは大好きです♪ RT @kamep0000000000: @junichisuto フォローさせていただきました!よろしくお願いします♪趣味の音楽鑑賞⇒ミスチルファンですか?今年はドームツアーだから取得難しそう・・”
03-17 10:48

枠43)これは非常に難解なお題目であり、そしてまた回答は一つではないと思っています。ある人は日本の伝統芸能にヒントを頂きデザインに反映する人もいれば、またある人は日本のアニメやゲームに日本らしさを感じさせるのかもしれません。僕は幾何学模様とは対極にある揺らぎにらしさを感じるのです
03-17 10:27

 
17
 
opteriaglassias

枠42)戦前戦後に僕らは欧米の文化に憧れ、巧みに生活に取り入れ、そして最初は模倣しました。ですが日本に限らずある一つの国にはその風土が育む独特な感性が自然発生します。ある時は四季が、ある時は食文化が日本らしさを表現します。では日本人らしさを眼鏡で表現するとどうなるのでしょうか?
03-16 09:50

 
16
 
opteriaglassias

本日テオの新作が入荷。昔ながらのテオファンが喜びそうなレンズの小さいテオらしいデザイン。スクエアとラウンドのキュートな奴です。
03-15 19:54

枠41)それのヒントはヨーロッパにあります。ドイツのマルクスやICベルリン、フランスのアランミクリは価格競争の土俵に乗っていません。ドイツの二つのブランドは独自のアイディアで勝負し、そしてアランミクリは独特な色彩感覚で勝負しています。ヨーロッパは成熟社会で日本もそうなるのです。
03-15 19:47

 
15
 
サントリーの社長さんがずばっと現在の政財界をぶったぎった。僕は以下の文章に共感したのでご紹介したい。

(引用始め)歯に衣着せぬ言動で知られるサントリーホールディングス(HD)の佐治信忠社長。2月8日の決算発表の席上、政財界に苦言を呈し、“本音の論客”としての存在感を見せつけた。会見でのユニークな発言を振り返ってみた。

 
 
15
 
opteriaglassias

枠40)僕は出来ると思います。日本には中国にない積み重ねた歴史があるのです。それを僕は文化にしようと提言して来ました。例え技法が劣っていても日本人でなければひけない線があり、それをcoolだと世界的にも認められていて、日本人のファッションセンスは世界でも一目おかれているのです。
03-14 09:56

 
14
 
opteriaglassias

枠39)日本の工場ならではの技法が最新の機械では簡単に削り出してしまうのです。設備投資に一歩も二歩も日本が負けているのは間違いなく、そういった意味では職人の技量に頼るセル枠は設備にお金をかけられない工場の苦肉の策だったのかもしれません。日本ならではの枠は開発出来ないのでしょうか?
03-13 10:07

 
13
 
僕はお店で接客しているとこんなお問い合わせを時たま受ける。

「娘が斜視なんですが、その矯正はここでは出来ますか?」

こんなご質問なのだが、その場合に僕は自信なさげにこう答える。

「すみません、ケースバイケースとしか言いようがありません。出来る事もあれば、僕の出来る事をの限界を超えている事もあるのです。ですがお力になれるかどうかわかりませんが一度診させてもらえませんか?」

 
13
 
opteriaglassias

枠38)ではメタル枠にはどんな技術革新が有ったのでしょう?廉価製品ではニッケル合金製もまだ見かけますが、以前は日本のお家芸であったチタン製フレーム。これも中国製を中心に普及価格帯に降りて来ました。一昔前なら日本の工場でないと表現出来なかった加工法も今ではそれを探すのが難しい程です
03-12 09:51

 
12
 
僕は眼鏡学校を出た訳でもなく、専門店で長期間修行をした訳でもない。

鉄筋工から牛丼屋の店長、そしてスリープライスショップがこの業界へのとっかかりだった。

そんな特異な経歴だが、無駄な経験は一つも無かったと今でも思っている。過去の失敗も含めてそれが今物凄く役に立っていると感じている。

だが、僕は今の職歴を見ても分かるように基礎を勉強する機会もなく両眼視機能検査等と難解な検査法を学び、そして今はそれを普及したいと偉そうにのたまっている。そんな僕は驚くほどに基礎知識が欠けていると常日頃感じている。基礎はそれなりにやったつもりだが、それでも分からない物は分からない。

するとある日お客様にこんな事を聞かれた。

「UV400ってありますけど、あれって400nmからどこの周波数帯域までカットしているんですか?」

と聞かれたのだ。僕は当然400nm以下をカットするものだと思っていたが、それがどこまでカットするのかは知らなかった。そこで早速レンズメーカーに電話して聞いてみた。

すると答えは明確だった。

A:400nm以下だそうだ。

ちなみにUV380というタイプよりUV400の方が秀逸だと言われているが、それはカットする周波数帯域が広いからだ。今回のケースでは通常は大気でカットされるUVC波を出すブラックライトがあり、白内障を患っている方にそのUVCは有害だが、通常のUV400でカットできるのか?というご質問だったが、

答えはUV380でもUV400でも問題無だが、UV400の方がカットする周波数帯域が広い分効率よくカットするという事になる。

は~、恥ずかしい(~_~;)
 
12
 
opteriaglassias

おぉ~?ここにも同志が!美味かったっす!“@junichi225: @opteriaglassias ウチは生餃子を買ってかえって晩御飯でした!美味いですよねー!!”
03-11 21:59

美味かったで~す)^o^(“@A64yokota: @opteriaglassias おぉ!餃子~~。餃子最高~~”
03-11 20:26

みんみんで餃子。美味いな~。 http://t.co/VMRWOJMr
03-11 19:59

枠37)この様に機能性に拘れば眼鏡の形やデザインにはかなりの規制があり、理想像を追い求めればデザインにそれ程の種類が必要だとは思えません。所がそこにファッションアイテムとしての要素を加えるから、それこそデザインには無限の可能性があり常に斬新なデザインで感動を与えてくれるのです。
03-11 10:18

 
11
 
opteriaglassias

枠36)軽量な枠でも僕に言わせれば強度が必要な部位と肉厚を削ってもよい場所があり、そこがデザイナーの腕の見せ所です。また、日本で流通している多くの眼鏡は既製品です。つまり千差万別なそれぞれのお顔に合わせて調整する必要が有るのです。例え強度を落としてでも調整が出来る余地を残すのです
03-10 10:24

 
10
 
opteriaglassias

枠35)重い枠と軽い枠では当然軽い方が良いと言えるでしょう。軽い車はブレーキがよく効きますね。それと同様に軽い枠も首を振った時にはズレにくいと言えるのです。ですが巷にある軽量枠の多くは重さや硬さが必要な部位の肉厚も削ってしまっています。僕はその重量バランスの乱れを問題視しています
03-09 10:12

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 08月 【15件】
2017年 07月 【18件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム