次論公論

 
30
 
泣いたゴリラ。

僕は人って素晴らしいと思いながら人ってなんて愚かなんだろう、と思う事もある。レスザンヒューマンというブランドがある。人間以下の生物なんていない、人間が一番の下等生物だと言いたいのだろう。僕は人の愚かな一面にふれると確かにそう思う事もあるし、自分の心の中にそんなもやもやした怒りや、恨みつらみのネガティブな感情が無い訳でもなくて、他人に対して上から目線で

「あなたは愚かだね。」

と言い切れる筈もなく、他人と同様僕も愚かでもあり、そしてもしかしたら自分でも気づかない程の愛を僕は持っているのかもしれない。つまり人は誰でも多面性を有している筈である事を指摘しているのだが、そんな人と比較して野生の生物は下等であり、乱暴な学説では本能のみに生き、感情は無い等という学者の言葉も聞いた事がある。喜怒哀楽全てを保有するのは人だけである。こう言いたいのだろうが、今回の上記の記事でココさんは偉く哲学的な言葉を発している。

「苦労の無い穴にさようなら(Comfortable hole bye)」

僕にはあの世があるのか無いのか分からないが、このココさんの言葉はふっと腑に落ちた。人が低俗で、ゴリラが高尚なのではなく、きっと人にもゴリラにも色々居て、それがこの世なのだろうと思う。もしも全ての生物に感情が有り、意識があり、僕らは見られているのと証明されればきっと地球での生き方そのものを劇的に変える大きなトピックになるであろうと感じた。

少なくともゴリラに限らずお猿さんに感情があると思った方が人間の鼻っ柱のポキっと折れて謙虚になれるのかもしれない。
 
30
 
opteriaglassias

今からおいでよ(^_^)☆“@ushiru: @bikunobi @grandelojo @opteriaglassias @jujooyaji いいーーーなあぁー!!!(´Д` )”
04-29 23:24

これからカラオケ。
04-29 22:23

いつものわ、です。旨えな~。 http://t.co/LuZhgaOE
04-29 20:46

マルクスは天才だと思います。“@tubumi: マルクスTお薦めですよ! RT @opteriaglassias: お待ちしてま~す。です@kairouen: @opteriaglassias さんのメガネフレーム話を読んで、ずれにくくて軽いメガネが作れるかもしれないと思ったので
04-29 18:01

@kairouen はい、お待ちしておりま~す(^^ゞ
04-29 17:43

お待ちしてま~す。ですが今日は19時閉店ですよ~。(*^◯^*)“@kairouen: @opteriaglassias さんのメガネフレーム話を読んで、ずれにくくて軽いメガネが作れるかもしれないと思ったので、今日夜ちょっと寄ってみよう。”
04-29 17:22

枠84)お次は緑、緑の枠は難しいと多くの眼鏡屋さんが思っているかもしれませんですが、ある条件下では物の見事にはまります。それは髪の色が茶色い方とのコラボです。緑と茶色は木々の枝葉の関係と似ています。ですから相性が悪い筈がないのです。髪が枝、眼鏡が葉、素敵にお顔を彩る事でしょう。
04-29 10:33

 
29
 
昨日紹介したA様の眼を僕は特徴的だと昨日の記事で述べた。

それは端的に言えば内斜位という事で、眼が内側にずれる癖や筋肉バランスの異常がある状態を僕は内斜位と言っている。このA様は以前の僕なら間違いの無い内斜位と判断し、疑いもせずにBO(ベースアウト 以下BO)にプリズムを入れて眼鏡を作っていただろう。

では実際に検査ではどんな値を指し示したのだろう?

【フォロプターという機械での測定値】
プリズムベースアウト10.5D

【偏光板という器具での測定値】
プリズムベースアウト4.0D

【カバーテストでの測定値】
プリズムベースアウト6.0D

既存の検査法ではどれもが内斜位という結果になった。

カバーテスト≧偏光板≧フォロプター

といった検査の正確さがあり、フォロプターに比較し偏光板はBOよりに4~6Dずれる、偏光板とカバーテストを比較するとまだ偏光板の方がBOよりにずれると思うが、まだその傾向を把握しきれていない。つまりカバーテストでも内斜位方向に動けばまず内斜位という結論になってしまう。

だが僕は本ブログで途中で方針転換し、内斜位、特に近視+内斜位という組み合わせは、やばい組み合わせである事には変わらないが、近視の場合の内斜位はまずその内側にずれるそのずれそのものか、それとも近視のそのものの存在をまずは疑うべきだと言って方針転換した。そのきっかけをくれたのは大阪の田村先生との出会いであるという話をお伝えした。

自分で気付いた訳ではないのだが、これは今の眼鏡業界の中では異端であり、現状多くの眼鏡店がフォロプターを使用し検査している方が多数派で多くの方が本来疑うべき内斜位のそのずれを本当に存在する物だと認識しプリズムをBOに入れて眼鏡を作成しているのでは?と思い本ブログでご報告したい。

では今回このA様にはプリズムをBI(ベースイン 以下BI)に入れて眼鏡を作成したと昨日のブログで報告させて頂いた訳だが検査の結果では「全て」内斜位だと示しているのに僕は真逆の外斜位を矯正するBIというプリズム度数を入れて眼鏡を作成しているのだ。このブログを読んでくださっている方々には勿論眼鏡業界の方、そして医療の関係者の方々もご覧になってくれている。その方々に僕は反論を受ける事も覚悟して敢えて報告している。それ程に重要な報告だと思うからだ。ま、反論をくれればまだ救いがある。多くの方はまたあの訳の分からない眼鏡屋がとんでもない事を言っていると思う方が多数だろう。そんな僕の様な事をいう人は業界内でも殆どいらっしゃらないからだ。

なのでもしもご質問があればコメント欄でも何でもお寄せいただければ喜んでお話しさせていただく。

では何を根拠にして僕はBIにプリズムを入れると決断したのだろう。簡単な事で、この方は内斜位では無いと疑い、そしてその本来外斜位である筈の眼は何かの緊張により内側に寄せる癖が付いてしまったと僕は思っていた。それでどうにかしてその緊張がとれないかどうかを試してみたのだが、すると今回は一発で緊張がとれた。

それは以前に怪我の功名という記事でご説明させて頂いた。無理やり複視を起こさせて緊張を外すという検査法をこのA様にもやってみたのだ。このA様もこのプリズムを入れると複視を起こした。僕は前回同様

「ぼんやり見ていて下さい。」

と伝え5分程度お店の端の方を見ていてくれとお願いしたのだ。そして今回も見事、緊張がほぐれカバーテストではベースインにずれてくれた。また5m先の視力表を見させた状態でプリズムをBIに入れた状態とプリズムの入っていない状態、そしてBOに入れた状態を見させ、

「見やすいのはどれですか?」

と聞いてみる、するとBIに入れた状態が字も濃く見えるし鮮明だとお答えになったのだ。勿論このBIに入れた状態で近くを見させると遠見よりも更に楽に見えるとお答えになった。

つまりプリズムを入れると決めたのは僕ではなくA様ご自身でよく見えると自覚があったという事なのだ。これからはプリズムを入れて両眼視機能検査に取り組み顧客満足度を上げたいと考えている方にはこの点はコツの様な物として認識して頂きたい。プリズムを入れて眼鏡を作るかどうかは自分でお勧めするのではなく、使ってみたいと被検者に感じて頂けるようにアナウンスする事が肝心になる。今回もA様のご意思で決めて頂いたのだ。

今回はBIに入れる事で輻輳癖ともいうべき緊張ぐせを取り除きたいと思いBIに入れている。またBIに入れて遠見の視力表をみさせそれで遠見視力が改善するという事は両眼視した際の融像のレベルが上がっていると僕は判断したより両の眼の焦点を中心窩に近づけたと判断したのだ。

今回のこの処方でA様の眼鏡に対する不満や不信感、そして絶望に近い感情、その全てが払拭できるのかどうかは僕も分からない。だが少なくとも以前より改善していると一歩でも二歩でも前進できる事を僕は願っている。

A様、慣らしが終わらずにいつまでも見え心地が悪い等の違和感があれば遠慮なくお申し付け下さいませ。

登録店の方へ

この度数データーもいつものサイトに掲載しておきますのでご興味ある方はご覧になってくださいね。
 
29
 
opteriaglassias

うん、おいらは立派な大人なり。(^_^)☆“@tubumi: @opteriaglassias  我慢の美学 しのぎましょう それが大人ww ”
04-28 23:13

有難うございます~、なんとか我慢して大盛りも替え玉も回避。僕も大人になりました( ̄^ ̄)ゞ“@tubumi: @opteriaglassias  お疲れさまでした 完食~ ”
04-28 23:04

今日は閉店後に原宿まで来て九州じゃんがらラーメンを食べに来た。本当は秋葉原に行こうとしたが時間が間に合いそうにない。僕は九州じゃんがらの全部入り。奥様は焦がしニンニクが効いてるこぼんしゃん。あっと言う間に僕は完食。細麺が最初から硬めなのが好印象。は~美味かった(^_^)☆
04-28 23:01

七年前にお買い上げのオルグリーンのフレームを蝶番が故障し、メッキやパッドも痛んでいたので新品仕上げの修理に出しました。納期は一ヶ月掛かりますし費用もしますが一本新調する事を考えればずっと割安です。この商売が日本人らしい、僕は支持します。 http://t.co/sBqhZnvK
04-28 20:27

枠83)つまり青い枠は男性、女性問わず今では立派に動く枠になりました。そしてもう一つ新しい傾向が自分のお店では見てとれます。それは白い枠の動きです。この白は肌の白い方が掛けるとよく馴染みます。また小麦色に焼けた肌の方が掛けるとその対比でより眼鏡が主張しそれをお洒落と感じるのです。
04-28 09:47

 
28
 
先日いらしたA様(仮称 36才 男性)は今まで掛けた眼鏡はことごとく気持ち悪くなり掛けられない。裸眼視力は0.15なので、当然もっと遠くを見たいニーズはある。だけど掛けられない、そんなジレンマを抱え何とか掛けられる眼鏡をというご要望でご来店頂いた。

実際に過去の眼鏡があれば、それに対してどう変えたという事が具体的に言いやすいのだが、その過去の使えなくなっている眼鏡達はご持参されなかったので比較は出来ない。また過去にお買い上げになったお店がどんなお店か?等と不躾な質問もしたくない。

だが今そのA様が受け取られてフィッティングをしてそのまま掛けて帰られた。お顔の様子からはそれ程の違和感を感じている様子も無かった。では今回の眼鏡と過去の眼鏡、一体何が違ったのだろう?

A様が過去に技術の有る専門店では買わずに量販店、プライスショップで買っているとして、そのお店とグラシアスが何が違うのだろう?と僕は考えてみた。

今回使用したフレームは杉本圭のKS-19、ボテッとした塊感がイマドキだと僕は思っている。そんなフレームなのだが、このフレームのレンズシェイプは角がなく、また溝も深く掘ってあるので非常に歪みが取り易い。その為、今回は両目共に歪みを歪み計をあてながら加工をして綺麗に取り除いている。

①レンズに歪みが入っていない。

更に

②アイポイントを取り、狙った度数が視線(視軸)を通る様にマーキングした事で余計な収差が発生しないように気を配った事。

③両目に合算でプリズムをBIで2.00D入れて作成している事。

④球面度数で視力を弱めに調整し周辺部に発生する収差を軽微に留めようと調整した事。

⑤上記の④の効果と③のプリズムを入れた効果で輻輳と調節を助ける様にしている事。

敢えて言うならこの様に①~⑤の点に留意して眼鏡を作成した。この①~⑤のどれがA様の装用感に対してプラスに働いたのか?これが僕の感じる疑問なのだが、正直どらが利いたのかとんとわからない。もしかしたら僕が何とかしてあげたいと一生懸命時間を掛けて検査したその手間や行為そのものがもしかしたら信頼感につながったのかもしれないし、他店に比べて特別な事と言えば、プリズムを入れている事なのだが、僕は装用感を上げる為にプリズムを入れる事が時たまある。もしかしたら今回のケースもそれが利いたのかもしれない。

更にフィッティングが上手くいかなければ痛み、そして掛ける事が文字通り苦痛になる。今回ばかりは原因の特定が不可でお手上げとしか言いようがない。

また、このA様は少しばかり特徴的な眼をしていた。そのA様の眼については明日の記事で別枠を設けたい。
 
28
 
opteriaglassias

枠82)実際に青い枠は以前はまるで動きませんでした。ですが近年の大きな変化は綺麗な色目の青は白い肌の女性が掛けるとその白さがよりフレームとのコントラストで際立つ事に女性が気づきました。また美白ブームがその傾向に拍車も掛けました。更に男性も黒ぶちに代わる色として濃紺を探しています。
04-27 09:33

 
27
 
opteriaglassias

枠81)それでは次は弊店での販売実績をふまえて枠の色の流行についてお話したいと思います。近年の大きな傾向としては青色の動きが大きく変化しました。以前はお子様様に男の子は青、女の子は赤のように子供向けで一部品揃えがありましたが大人向けの枠に青は売れないからと品揃えが無かったのです。
04-26 09:54

 
26
 
先程の遠視の方の検査データーをいつものサイトに書いておきましたのでご興味ある方はどうぞご覧になってください。ご意見ご質問はいつもの様に遠慮なくお願い申し上げます。

いつものサイト
 
26
 
僕は遠視は潜伏するので気をつけて~とこのブログで警鐘を鳴らしてきたつもりで謙遜交じりに

「私は(僕は)眼だけはいいのよ。」

と仰る方の一部に遠視の潜伏が有り、実際には眼が良いどころがストレスの溜めやすい危険な眼だったりもする。そんな方が決して少なくないと言ってきた。

今日いらしたA様(39才 PCを長時間見るお仕事)もそんな遠視の状態だった。だが裸眼視力は二年前までは2.0、本日お店で検査すると両目で0.8とご本人も自覚されていたが急激に視力低下を自覚するようになった。ではそんなA様の眼には最初から遠視はすんなりでたのだろうか?まずはレフという簡易な検査機械での測定値以下の通りだ。

【レフという機械での測定値】
RS±0.00 C-1.00 AX84
LS-0.25 C-0.75 AX90

この様に最初は遠視のえの字も無い。それを片眼遮蔽屈折検査という検査法で測定すると多少の遠視が出てきた。
それが以下の数値だ。

【片眼遮蔽屈折検査での測定値】
RS+0.25 C-0.75 AX90
LS+0.25 C-0.50 AX90

この様に多少遠視気味という測定値になった。だが価格勝負で運営されているお店では当初のレフという機械での測定値をベースに度数決定されてしまう事があるから要注意だ。

だがここで終わらない、一般的なお店ではこの様に片眼遮蔽での状態で検査する。だがこれを両眼解放屈折検査といった片目を遮蔽しないで測定すると調節の介入が更に外される。ちなみに

調節の介入=遠視が弱めにでる。(弱度の遠視であれば上記のレフでの測定値のように近視よりに測定される事もある。)

その測定値は以下の通りだ。

【両眼解放屈折検査での測定値】
RS+0.75 C-0.75 AX90
LS+0.75 C-0.50 AX90

この様に変化した。この両眼解放屈折検査を実施しているお店はどちらかと言えば少数派だと思う。このひと手間を掛けて少しでも遠視の潜伏を炙り出す手間が必要だと理解しているお店が少数派だという事だ。

この調節の介入を外し、屈折異常の量を正確に測定する技術を僕ら眼鏡屋は競っている。だがどんな検査法を用いてもこのA様の遠視の潜伏を短時間で全量炙り出す事は不可だと僕は感じている。それは例えば調節麻痺剤を使っても凝り固まった眼は調節の形を維持しようとする事が多々あると僕は思っている。つまりこれ以上の潜伏を炙り出す為には、ここから先は手探りで進む必要があるという事だ。

そこで僕はS+.1.00を加入して遠見を見させる。そして眼を閉じ腹式呼吸で深呼吸をさせる。そしてゆっくり今度は視力表を見させた。すると先程の度数と変わらず1.2の視力が出る。ここで更に遠視は潜伏していると確実視した。

今回このA様の主訴は

「最近タブレットとかスマフォ、そしてPC画面を見ると10分もせずに疲労が出る。それを何とかしたい。」

そう仰った。先ほどのS+1.00を加入していない状態ではきっとこのお方の主訴は改善されないだろう。だから今回は遠視の処方の原則に則り最高視力で最強度を狙って作成した。つまりこの場合は焦点距離は無限遠に設定され、焦点距離を手元に調整する事は避けた。

僕はこのA様はまずこの度数を常用していただき、更に遠視の潜伏があれば矯正するし、手元もこの度数なら裸眼に比較し明らかになるだろう(実際に検査時に楽と感じて頂いた。)だが手元のレッド/グリーン視標を見させるとこの度数でも緑寄り更にS+1.00加入の必要があると検査結果は教えてくれた。だがそんな度数を初めて眼鏡を掛けるこのA様は掛けこなせないし、掛けこなしたとしても手元のケアだけにとどまる。

それならば無限遠に焦点距離を調整し常用させる事で全ての距離で遠視のケアをしようと僕は思ったのだ。

今後数年後に今回の眼鏡でも疲れるときっと仰るだろう。その場合には手元用に調整しもう一つ作って下さいとお願いした。

A様とはきっと長い付き合いになるだろうなと思った。ちなみ眼位はどうなの?と次論公論の昔からの読者なら思ったかもしれない。答えは外斜位だった。

遠視+外斜位は危険な組み合わせ。

僕はずっとそれを言ってきた。だが

①今回はほぼ正位に近い外斜位だった事、

②近見では固視ずれしていたが、遠見では固視ずれが確認出来なかった事、

③近見での固視ずれを矯正しようとプリズムをBIで両目合算で1.50D入れると装用感が酷くなった事、

④更に加入をしなかった事も含めてまずは眼鏡に慣れて頂く事、

以上の①~④を考慮し今回はプリズムの処方を見送った。数年後に手元用を作成する場合には勿論しっかり矯正する予定だ。

【今回作成した度数】
RS+1.75 C-0.75 AX90
LS+1.75 C-0.50 AX90 両目で1.2

使用したレンズは弊店の在庫レンズ、SEEDの1.60球面UV(一組¥6.300.-)で作成した。凸レンズでは収差が気になり訴えられるケースが多いが、今回は初めてなので敢えて球面で提案した。今後眼鏡にご興味を持っていただき、理解が深まればブルーライトカットレンズや非球面なども提案したいと思っている。

フレームは僕が世界一の掛け心地と公言している(勝手に言っている。)カズオカワサキのMP695、名作と謳われるMP692からの派生シリーズだ。このリムは歪みも非常に取り易く綺麗に歪み無で加工が出来る、掛け心地だけでなく本当に素晴らしい名作だと思う。製作は福井県の増永眼鏡。どうか長く可愛がっていただきたい。

A様これで少しでもPC作業が楽になれば良いですね。再調整等は遠慮なく申し付け下さいませ。先ほども申し上げましたが、眼鏡屋と車屋は似ています。売ったらお終いではなくどちらの商売も販売してからがお付き合いの始まりなのです。今後ともよろしくお願い致します。
 
26
 
opteriaglassias

枠80)つまり手に取ると派手に見える金メッキも掛けると馴染むのです。更にピンクゴールドならば女性の肌にもしっくりきますね。眼鏡の場合は掛けた状態でどんなイメージを作るのかが肝心で実際の見た目とはずれがある事を理解して選ぶと後悔が無いのかもしれません。 金はそれ程派手ではないのです
04-25 16:19

 
25
 
opteriaglassias

今生の別れかと思うと涙無しには食べられませんでした。(T_T)“@to___mmy: @opteriaglassias さん、特例出て良かったね♪"@grandelojo: @to___mmy 二人だよw"”
04-24 22:40

枠79)僕もは金色の枠には金ならではの良さがあり根強いファンが居る事も紛れの無い事実です。その説明に入る前に金無垢の枠と金メッキとを分けて考える必要がありますが金無垢は別枠を設けてご説明したいと思います。日本で普及されている金メッキは日本人の肌に馴染む様に色合いが調整されています
04-24 09:59

 
24
 
PCメーカー国内生産回帰

震災後に、世界的な景気後退も相まってなかなか明るい話題が見つからずに正直ふさぎ込んでいる日本、そこに久々に明るい話題が報じられた。

一部を引用してご紹介したい。ネタ元はリンクから飛んでご覧になって頂きたい。

(引用始め)日本企業にとっての戦略的な課題は、コストを下げることではなく、高くても買ってもらえる価値を訴求することである。1ドル360円時代と比べると、円の価値はほぼ4倍になっている。発展途上国の追い上げも厳しい。このような環境では、コストで競争することは難しい。勝つためには、高くても買ってもらえるだけの価値の訴求が必要である。(引用終わり プレジデントより)

僕ら思っている以上にメイドインジャパンはブランド化しているようだ。だがここから先はサムスンが無駄な機能を切り捨て低価格化で勝負したのに比し、日本ならではの物づくりとは?皆で考える必要がある。SHARPが皮肉とユーモアたっぷりなガラパゴスというタブレットを発売したが大きな空振りで終わったようだ。高機能、高付加価値を求められる日本の独特な市場を揶揄してガラパゴス諸島の様だと評しているのだが、日本の本当の強みは高付加価値ではなく、僕個人の意見として細かい顧客のニーズに適宜対応する個別対応能力が日本の強みであり、個性である気がする。国ごとに異なるニーズに対応してみせる柔軟さが日本の文化であり、どんなカレーやラーメン等を例に挙げるまでもなく異国の食文化でさえも日本式に昇華してみせるこの日本人の対応力こそが世界からも称賛の声があがるのだと思う。

一方およそ二千年の歴史を有する日本古来の守るべき伝統文化もあり、その歴史その物に価値を見いだす方もいるだろう。だがそことビジネスはしっかり分けて考える必要があると僕は思うのだ。
 
24
 
opteriaglassias

枠78)それでは金色の枠について説明してゆきます。今現在閉店での販売比率として金色の枠はその販売比率は高く有りません。一時はバブルの象徴と持て囃される時期もありましたがこの20年間の景気後退によりそんなお祭り騒ぎどころではなくなってしまいました。でも金色の良さは無いのでしょうか?
04-23 10:11

 
23
 
僕は本ブログで何度かTPPに関して分からないと自分の頭の足りなさを曝け出してきた。最近はテレビでもTPPに関してはそれ程取り上げなくなってきた。まるで一通り説明したから説明責任は果たしたと政治家の先生に言わせる為に報じたかのようだ。

それでも僕は興味があったので自分なりに本を読んだりして勉強してみた。それで理解は深まっただろうか?答えはイエスだが、それではそれの是非を言えるか?と聞かれるとNOと答えざるを得ない。未だに理解出来ない事が山の様にあるからだ。

ただ一つだけおぼろげながら見えてきた事はTPPに参加しても貿易に関してだけにフォーカスしてみれば決して国益とは言えないという事がこの僕にも見えてきた。

皆さんはえ!?と驚かれないだろうか?関税を撤廃し一つのルールで貿易する事は日本にとっても大いにビジネスチャンスが生じる事ではないの?と思われないだろうか?僕もそう思っていた。だが事はそんなに単純ではない様だ。

このサイトが上手にまとまっていたのでご興味ある方はどうかご覧になって頂きたい。この三橋さんという方は既にネットでは有名人でyoutubeで探せば何件もヒットする。

TPP亡国論

これをご覧になればわかるかと思うが、TPPはアメリカの国益を目指し、日本を誘い込むための罠と言って何ら差し支えないと僕は思うようになった。

つまり今現在TPP推進と主張されている方は親米保守というくくりで何ら問題無いとも思える。ところが今日のいつも見ているサイトではこんな記事が掲載されていた。

天木直人のブログ

これは非常に重要な指摘で、この記事では民主党も自民党も既存の政党は駄目だと中国の要人の言葉を借りながら天木先生がおっしゃっている事になる。

だが、ここが肝心だがその今世間で持て囃されている橋下氏はTPP推進を公然と主張している。それは中国にとっては不利益である筈なのだ。中国にとって理想とすべきは、鳩山元首相や小沢一郎氏が目指した東アジア共同体や日中米の三角外交。これらの施策で、決して日本が対米隷属一辺倒になる事を望んでいない筈なのだ。

そして

アメリカにとっての悪夢もまさに日本が物を言うようになる事で、鳩山元総理が退陣に追い込まれたのも、小沢一郎氏が検察の無理筋捜査を受けた事も実はこの二人が目指した世界が米国にとっての不利益だったからだと僕は思っている。

今、野田総理を退陣に追い込む世論も野党の攻勢も勢いがまるでない。これは野田総理がTPPにしても原発にしても、そして消費増税にしてもアメリカの意向を忠実に再現しようと取り組んでいるからで、それを邪魔だてするマスメディアの大きなうねりも現状見てとれない。それはアメリカにとっての国益を、いやアメリカの願いを叶える総理だからである。

果たしてこれで我が国は独立国と言えるのだろうか?と僕は思うのである。実際に僕はこういった裏の動きが透けて見えてしまうと

「こんな状態で独立国と言える訳ないじゃん。」

と泣けてくるのである。国益を目指すと宣言する総理は簡単に首が挿げ替えられるのがこの国の実情なのだ。

さて橋下氏に戻ってみれば橋下氏はTPP推進に賛意を示している。それはアメリカに喧嘩を売っても自分のやりたい事は出来ない。多少の日本にとっての不利益(TPP参加)は目をつむり、他のやり方でやりたい事(教育改革等)をやろうとしているのか、それとも親米保守の方に取り込まれてしまっているのかが現状では判断がつかない。僕は以前に本ブログで、決められない民主主義はこの危機的状況では国家としての役割を果たせず、危機的状況では独裁と揶揄されようとも決断出来る政治に期待したいという思いは勿論今でもある。

だがこのTPP参加だけは国体を揺るがすとてもじゃないが看過出来ない重要な事柄だと思う。

何度でも言うが食料自給率を上げる事が喫緊の国家としての課題であると僕は思っている。だがもしもTPPに参加した場合にはそれが真逆の方向に進んでしまう可能性がある事を僕は恐れている。そして今後の人口爆発を見据え食料を国内で賄える体制の整備こそが国益だと思えるのだ。

この様に食糧安保だけを考えればTPP参加は検討するにも値しない。だが安全保障は食料だけでなく、軍事的側面も考慮して政策を決定する必要がある。宗主国の機嫌を損ねて日本が単独で日本国国民の生活を守れるか?そこを問い詰められればNOと言わざるを得ない。今日本は朝鮮半島、中国、そしてロシアと領土問題を争っている。それに抗う為にアメリカは必要無いのですか?と聞かれれば返事に窮する。だが実際にその三国と領土をめぐって紛争になったとして果たしてアメリカは日本を助けるか?と聞かれれば識者の言葉を借りればそれもNOとなってしまう。つまりアメリカを頼ってもアメリカとしてもその三カ国と争う事は決して得策だとは僕が見ても思えない。つまりアメリカはいざとなったら茶を濁す可能性を考慮すれば僕らは自主防衛という選択肢を選ぶ必要性も出てくる。こういった大きな流れを僕らはみなくてはいけないと思うのだ。だが少なくとも宗主国であるアメリカはどうやって日本の富をかすめとってやろうか?これを虎視眈々と狙っている事は紛れのない事実だろう。

国益の主張出来ない国、それが我が国日本である。そんな独立国は僕は日本以外に知らない…。
 
23
 
opteriaglassias

田無にオープンしたわの姉妹店、毎日ホルモンに来ました。楽しみだな~。 http://t.co/wNt91hbS
04-22 20:28

枠77)切れ長の目をした醤油顔の方がシルバーの枠を掛けると玉型によっては意地悪く見えてしまうので要注意です。逆に部下に指示だしを強く言わなければいけない時にはあえて銀の枠を選ぶ事も有りなのです。この様に銀の枠は諸刃の剣とも言うべき個性が強くでるお色目である事はご理解頂けましたか?
04-22 10:10

 
22
 
僕は両眼視機能検査というへんてこな名前の検査法を推奨している。いずれ全ての国民がこの検査を受け、その検査によって決められた度数の眼鏡を掛けられる体制の整備をライフワークとさせてもらっている。言い訳がましいがそれが実現できるかどうかは問題ではなく、それを放置している事に僕の良心が許せないという思いでやっている。

実際に七年間(ブログを始めて5年程)こんな事を言ってきて僕の提言が僕の言葉の効果によるものなのかは不明だが、それでも小売店、問屋、そしてメーカーが動きだしている事はこの場を借りてご報告させて頂きたい。全国(本当よ)から僕のやっている事を見てみたい、という申し出がぽつぽつ来ている。全ての眼鏡店が実施するという目標には程遠いが、改革の第一歩くらいは踏み出せていると僕は思っている。

レンズメーカーにしても特注範囲が3Dでは足りない場合があるよ。せめて5Dまでも研磨出来る研磨プログラムの用意とセミの厚みの確保をお願いすると言い続けてきた。すると各社、こんなちっぽけなお店の経営者が言ったからかどうかはともかく、軒並み作成範囲の拡大や作成範囲外の受注を始めた。バタフライ効果なんてものはこんな物かもしれないしどんな些細な事象でも波紋一つくらいは作れるのかもしれないと多少の自信も頂けた。

ただし変わっていない事もある。それは僕が目標に掲げている量販/激安店と専門店とのシェアの逆転だ。専門店が国民の福祉の為に奉仕する、いや奉仕出来る体制を整備し基本的には間に合わせの眼鏡であったり、ご予算に余裕の無い方々以外は専門店で眼鏡を購入する事で僕は

メガネを変えれば日本が変わる。

と大風呂敷を広げてきた。だが現実は真逆の方向に向かっている。業界での主流派は量販店から価格体系をシンプルにし購入単価を下げたプライスショップが主流になった。複数のレンズの中からどれを選んでも購入単価が変わらないという業態だ。これのしわ寄せをまず業界全体が受けている。一例を挙げればレンズやフレームのメーカー、そしてそこで働く従業員も回す為の接客をこなす事を強いられる。限られた時間の中で顧客満足を追求する。これはどんな零細企業でも当然そんな経営努力は必要だ。だが現状の一式単価では何かを割り切り、何かを捨てなければこの単価は実現出来ない。それを消費者は知るべきだと思うのだ。

この眼鏡を作るという職人技を求められる業種にも非正規雇用を増やす傾向にあり、本来評価されるべき職人が働くステージが皆無とは言わないがどんどん隅に追いやられていると言って何ら差し支えないだろう。つまり消費者が価格を追求すればする程に、職人の必要性を経営者は感じずに、価格を下げる事のみ追求してしまう。

現状スケールメリットを活かせない専門店は価格競争力という点では分が悪い。だからこそ僕は圧倒的な差を量販/激安店に対して見せつけるべきだと主張してきた。そして価格競争力が無いが差別化も出来ない、こうしたジレンマに陥った専門店は無理やり価格で勝負しようと自身のお店の価格を下げてセット商品を作ってきた。そういったお店はどうなったのだろう?答えは軒並み惨敗したと言って良いだろう。

だから僕はまだ経営者としての良心や手間を掛ける時間的余地のあった量販店が消滅しかけ、プライスショップに転換しつつある今だからこそ、逆に差別化がしやすい環境にある。つまり今は僕らにとっては好機であると捉えるべきだと思っている。

ではそのチャンスをどうやって活かすのだろう?僕はその答えのうちの一つが両眼視機能検査であり、プリズムを入れて処方する事だと思っている。更に僕は全ての方にPC作業時にはPC用に調整された眼鏡を掛けるべきだと主張しそこに新規市場開拓の可能性を見いだし訴えてきた。実は、今こういった業界の大きなうねりの中で両眼視機能検査を謳っているお店はそれ程珍しくなくなってきた。だが例えば形式的に検査だけを実施し、その効果を消費者に体感させなくては検査に時間ばかり掛けても、その時間を掛けてくれた事に有難味はあったとしても、眼鏡を掛けたプラスの効果を体感させるには至らないだろう。

ではどれくらいの方がその両眼視機能検査でプラスの効果、いわばベネフィットを体感できるのだろう?実はそこが僕は把握していない。このブログでは何度もお伝えしているが、

レンズメーカーの出荷ベースでのプリズム処方比率は単焦点で2%

アメリカ式の両眼視機能検査を実施しているお店で20%

ドイツ式でのその比率は50%~80%

と非常に大きな幅が存在している。実際にプリズムが必要な人が全人口中、何%の方がプリズムを入れたら恩恵を受けるのかが僕には分からない。今後の課題だと認識しているが、少なくとも2%という事はないだろうと思っている。

この比率を上げる為にはもうしばらく時間が掛かるしまずは多くの専門店がこの両眼視に積極的に取り組む環境が必須となる。そしてその効果を体感した方の口コミでそのニーズは高まるだろう。そうなれば後は現状両眼視に取り組んでいない専門店もそれに取り組まざるを得なくなると僕は思っている。

更にそうなれば激安店もそれに着目するだろう。僕はそれで良いと思う。だが激安店にこの検査法を導入させるのであれば劇的な検査法の時間短縮が必要になるが僕の立場で言えばそれは至難の技だ。またその検査が出来る人材育成にも相当のコストが掛かる。更に1本の眼鏡に仕立てる手間として加工、フィッティングも相当のレベルアップが必要になる。そのコスト(手間)を掛けてでも人材育成に激安店が踏み込むだろうか?僕は短期的には無いと思われるが、中長期的にはそれも有りうると思っている。

だがそれは激安店にとっても大きな勇気を必要とされるだろう。何故なら自分の土俵(マスメリットを活かした価格競争)から降りてきて僕らの土俵(眼鏡を高度に機能させる職人技の練度を競う)で戦う事を意味しているからだ。そしてその土俵で戦えば僕らにも充分に勝ち負けになるだろう。何故なら人件費、教育費、そして一本を仕立てる手間を省いて同じ業態の他社との差別化をはかり、競争力をつけるビジネスモデルだからで眼鏡を高度に仕立てる業態にするという目標を掲げた瞬間に価格競争力を失う事を意味していると思うからだ。ただしそこでも競争は必要だと僕は思うしその全ての業態の中で技や品質を競う業界に変革するのが僕の目標だ。

僕は僕の眼の黒いうちに何とかこの新たな土俵を整備したいと思っている。ただしそこで弾き飛ばされるのは僕かもしれないが(苦笑)
 
22
 
opteriaglassias

枠76)手にとったイメージとは真逆にお顔では主張する銀が似合う方は、例えば入社したての新入社員、当然仕事は出来ませんね?でもだからこそ銀の色の持つ力を借りるのです。また中間管理職の方も部下の動きに目を光らせるのにも役に立ち、そしてその主張する加減をレンズシェイプ等で調整するのです
04-21 10:20

 
21
 
今日いらした方はお店にいらした当初から首を傾ける癖が気になった。僕は

「あ~、きっと上下斜位があるのだろうな。」

と勝手に思っていた。実際に検査に入ると想像以上に大きなずれがあった。これは大変だと思うが、今まで首を傾けて無理やり見やすい姿勢を作る事が習慣化していたので検査の最中も常にそのずれを直しながらの検査にならざるを得なかった。

通常この上下斜位がある場合にはそのずれを打ち消す方向に首を傾けて融像を助けるケースが多い。右アップに視標がずれればそれを打ち消すように視標を動かすこれを通常無意識にコントロールしている。だが今日のケースはちと違った。このお方は多少のずれなら無理やり融像しそしてそれが大きな外眼筋のストレスになっていたと僕は推測した。だから中途半端なずれで融像して眼精疲労を起こしてしまうのなら、いっそ大きくずらして片目の画像を使わない方向に首を大きく傾けてしまえと言わんばかりに上下斜位が大きくずれる方向に大きく首を傾ける癖があった。

ちなみに首を常時傾ければ背骨が曲がる。

背骨が曲がれば腰に負担が掛かる。

腰をかばえば膝に来る。

この大きなストレスの流れをこの首の傾きは形作る。これを僕は問題視している。

このお方もこれで眼のストレスが軽減するだろう。そして体や心、そして自律神経にもプラスに働く事を僕は期待している。僕は眼鏡屋である。世間の常識では眼鏡屋は視力をだす事が仕事でそれが出来ればOK。という認識の方が多いだろうし、実際にそういったお店が業界でもシェアを占有している。だが今回の一例を見ればわかる通り、眼のストレスが様々な経路で体や心を蝕むケースが僕は有ると思っている。そして多くの方はそれをご存じない。僕はこの眼のストレスの危険性を世間に啓発する必要性を感じ訴えている立場だが、実際にはこの危険性は実は業界内でもそれ程知られていない。

どうかこのブログを読んだ皆さんくらいは、明日は仕事場で一通り見渡してほしい。すると一人や二人は首を傾ける癖がある人が自分の周りに居る事に気が付くだろう。斜頸そのものはそれ程のレアケースでは無いからだ。だがもしもそういった癖がある方がいらしたら聞いてみて欲しい。

「自分のその首を傾ける癖がある事気づいてる?」

そして

「その方が原因不明の不定愁訴で悩んでいない?」

と聞いてみて欲しいのだ。その方のご年齢が高齢になれば成る程にきっと

「あ~実は〇〇で辛いんだよ。」

と答えられるに違いない。そんな方には是非一度両眼視機能検査を謳っている眼鏡屋さんに相談に行く事をお勧めしてほしいものだ。
 
21
 
opteriaglassias

枠75)お次はシルバー、銀色です。よくご年配の方が私は地味にしたいから金色より銀にしたいわと控えめに仰います。ですがお顔の上に乗せた時、金と銀ではどちらがより強く主張すると思いますか?答えは銀です。金は多くのケースで肌に馴染み、手に取ると金より控え目な印象の銀は強く主張するのです
04-20 10:12

 
20
 
opteriaglassias

ね~、たまらんかったとです。♪( ´▽`)“@nanashino: 凄く綺麗な青ですね~! RT @opteriaglassias: ベリンガーの綺麗な色目にやられました。 http://t.co/0eFrQvWy
04-19 21:00

 
19
 
opteriaglassias

特にうちの奥様が偉くお気に入りでした。“@mireiton: 私も今季のベリンガーでこのモデルが一番好きでした~。 RT: @opteriaglassias: ベリンガーの綺麗な色目にやられました。 http://t.co/0eFrQvWy
04-18 12:09

ベリンガーの綺麗な色目にやられました。 http://t.co/0eFrQvWy
04-18 11:59

specエスパス仕入れ終了。イチローさんが掛けてたピンクのフレームも仕入れましたよ~。 http://t.co/CSVMoTyX
04-18 11:05

枠74)皆さんはえ!?赤はそこに入らないの?とは思いませんか?実際に多くの女性は素敵に赤い枠を掛けこなしています。ですが赤にも色々有りますが原則的に赤い枠は肌に馴染ませるのではなく、口紅の色に 合わせていると僕は思います。顔の中に既に有る色に馴染ませる。これが原則だと思うのです。
04-18 08:05

 
18
 
opteriaglassias

さ~てお店を閉めて渋谷に向かおう!明日は展示会。一日で何会場回れるかな?良い出会いがあるといいですね。行ってきま~す。
04-17 21:16

枠73)女性の肌に茶色い枠は肌に対して濃過ぎる場合があるので要注意だと僕は思います。では女性の肌に馴染む色とは何でしょう?あくまでも一般論ですが僕はピンクが一番馴染むと思います。次にからし色、そして淡い紫。これらの色で肌に馴染ませ自然なイメージを作りたい女性に提案しています。
04-17 10:28

 
17
 
opteriaglassias

おらとREINさんは似ているのかもね。不思議~(^_^)☆“@Rein0804: @opteriaglassias 前半読んだ時点で自分が考えた内容と後半がほとんど同じ考えでびっくり(笑)良くも悪くもストイックで職人気質な私たち日本人は自分たちが築き上げたものにプライドがあ
04-16 21:50

枠72)つまり髪の色と肌の色、それらに枠の色を合せたり、逆に浮かせたり、そのコントラストでお洒落を楽しむ観点があるときっと眼鏡選びも楽しくなります。多くの男性の肌には茶色い枠はよくなじみます。一方女性陣では色白な方が多い昨今、茶色い枠は穏やかで優しいイメージを作る事に一役かえます
04-16 11:43

 
16
 
今日はのっけからお詫びで始まりたいと思う。今日のブログはある業界に対する不満であり、特定の業界に対する救済措置を講じる政府に対する不平不満の様なもので、グラシアスのお客様でもその特定の業界にお勤めの方も当然いらっしゃると思うし、そんな方々がこの記事を見たらきっと良い気持ちはしないだろうと鈍感な僕でも理解できる。だが僕らは血税というと勇ましいが、ともかく日々懸命に働いて、そして応分の負担を僕らがしている訳で、その税金の使い道はしっかりその用途と効果を見張る必要があるという思いから今日の記事を書いている。どうかその点はご理解頂きたいし不快な思いをされた方がいればお詫び申し上げたい。

ネットを見れば日々新しいニュースが飛び込んでくる。今回僕があれ?と思ったのは以下の記事だ。

Sony最終赤字…。

Sony一万人削減…。

シャープ赤字拡大

今回はこの二社を取り上げたが別にこの二社だけが業績不振という訳でもなく、日本の家電業界全体が韓国や台湾との競争に競り負けたと見るのが冷静な分析だと僕は思う。

だがちょっと待って欲しい。今回の業績不振の原因を国内需要だけに限ってみれば明らかにエコポイントの反動でマイナスに振れているだけではなかろうか?確かに外需に関しては為替差損が生じている事は理解できる。だが日本国内だけに限って言えば、無理やり実需以上のニーズを生み出そうとした景気刺激策、これに乗っかり消費者は今がお買い得と消費行動に走った。だが消費税をもしも引き上げるとしたならばその前には駆け込み需要が生ずるのと同様に今回のエコポイント終了前の駆け込み需要で大手家電メーカーは利益を上げているかどうか(ここが問題だと思っている。)はともかく大きな恩恵を受けている。そして必要以上に作り売りさばいた(その分ゴミも出ている。)筈だ。そしてエコポイントの財源は当然僕らの税金で賄っている。大手家電メーカーはこの税金を使用してその会社としての利益を受けて、そうは言っていないが、

「さ~エコポイント特需も終わったので人員を削減します。」

と製造業において非正規雇用を増やしてきた恩恵を受けて従業員をリストラする。そしてその職を失った方々にもやはり失業保険という税金が投入される。つまり今回のエコポイントという制度で二度も税金が投入される事になる。これが本当に正しかったのだろうか?と僕は感じてしまったのだ。経営者が軸足がぶれずに10年、いや20年先の世界の趨勢を見据えて企業戦略を練っていればこんな場当たり的な雇用カット等不要になるのでは?と感じた。

ここで僕らは大きな岐路に立たされている事を僕らは考える必要がある。今後もこういった工業製品でシェア世界トップを狙いに行く、もしく最低でも勝ち組に入る事を狙っていく成長戦略を採るのか、

それともIBMが中国の会社にPC部門を売却したようにインフラさえ整えばいい方は悪いが誰でも作れるモノはそのモノづくりを新興国に任せ、僕らは別の事業や新たな応用技術の研究に特化する。または少量生産ならではの良い物をほそぼそと作り、その日本の物づくりのカルチャーにシンパシーを感じる世界の方々に少ロットであるが故に売価は高くなるがそんないわば日本ファンを相手に物を売るのか。言わばマスメリットを活かすビジネスモデルではなく、質を高め規模が不要なビジネスを展開するという選択肢だ。

米IBM、PC事業を…。

極論を言えばこの二択の壁が僕の眼の前には立ちはだかっている様に見える。そして僕は常に本ブログでは実需以上に物を作るな、そして実態経済のレベルまで萎めと日本の新自由主義論者が唱える成長戦略に疑問を呈してきた。

そしてグローバリズムなんて物はアフリカまで金が回った時点でジ・エンドであり流行廃りの類の経済論だと言ってきた。世界の所得格差を利用してその浮いた人件費を戦力として戦うのがグローバリズムだとするのなら、その所得格差が無くなってしまえばどこで作っても変わらなくなる。また国外から物を運ぶ物流コストを考えれば海外で作った方が返って割高になる時代が遅かれ早かれ到来すると僕は言ってきたのだ。更に言えば治安の問題だってある。日本程仕事に集中しやすいリスクマネージメントをしやすい国が他にあるだろうか?あるとするならば天災というリスクだ。だが世界にモノづくり拠点を移し、今物づくりを止めてしまっては一度失われた物づくり文化を取り返すのには相当の時間と労力がかかる事になる。そのリスクを僕は恐れて一度萎めと言ってきたのだ。高収益、低コスト、その無駄を省いて利益を上げる事ばかりが経営者の資質だとする風潮が今の日本に蔓延っているのではなかろうか?こんな今だからこそ、

「どうだこんな物日本以外では作れないだろう?」

と威張って出せる代物を、その日本ならではのモノとは何か?そこを僕らは考える必要がある。

僕はいつの日か自分でブランドを立ち上げてそのフレームをヨーロッパでアジアで北米で、ビジネスを展開する夢がある。だがそれはテクノロジーを誇りにするつもりは無い。僕は日本独自のカルチャーを輸出したいのだ。その夢が実現出来るかどうかは分からない。だが夢の実現はまずその夢を想う事から始まる。だとするのならばもうしばらくその夢を見て楽しみたいと思う。

結論を言えばバブルは必ず弾ける、そしていつの時代もその弾けたあおりを喰うのは僕らは末端である。まずは腹をくくって実需に沿ったストラテジーが、堅実な企業経営にはつながらないだろうか?行政や誰かに頼った業界はまた困ればそれに頼る。そして僕はそれが安直だと言っているのだ。

ここで再度耳タコフレーズで〆たい。

「安直は怠惰への道」である。
 
16
 
opteriaglassias

@ushiru うん、良かった~(*^◯^*)
04-15 23:44

友達夫婦が離婚するしないで揉めていた。僕達夫婦は何とかやり直せないか二人の間に入ってお互いの意見を聞いた。でも昨日僕らが入る最後の話し合い、そこでは99%離婚が成立しそうだった。僕は今朝何とか奇跡が起こってくれとお祈りした。先程最後の家族会議でその奇跡が起こりやり直そうと決まった
04-15 22:57

さ~てネットをしばらく見ないでこれからF1だ。可夢偉選手はグリッド三番手からどんなレースを見せてくれるかな~?楽しみだ。ベッテルどうした?
04-15 21:52

枠71)黒ぶちに関してまとめますと浮いて見えるご職業、イメージとして遊び人の様な印象を持たれている方こそ是非黒ぶちをお試し下さい。それでは次はブラウンです。ブラウン系の枠は男性であれば自然に馴染みます。また眉毛の濃い方、前髪を黒い毛の色でしっかり作っている方、こんな方にお勧めです
04-15 12:59

 
15
 
僕ら夫婦は僕は外斜位、妻は内斜位、検査のお勉強するには非常に都合が良い実験台になれると自負している。今グラシアスでは丁稚奉公の様に検査のお勉強の為にあるお店の二代目が週に二回程お店に来て勉強している。そんな時は他にお客様がいらっしゃらなければ僕ら二人がRさんの実験台になる事が多い。

先日も丁稚奉公中のRさんが妻の眼の視力測定をしていた。妻は僕ごときのレベルでは難しい目で基本は内斜位でカバーテストでも、フォロプターでも偏光板でも全て内斜位と通常の検査では結果として出る。だがその妻を大阪の田村先生は立派な外斜位であると言い切って教えてくれた。そして僕は実際にその場で妻の眼がカバーテストで外斜位方向にずれている事をこの目で確認した。

それ以降僕の内斜位に関する捉え方は劇的に変化した。あれだけ確実に全ての検査で内斜位と結果がでてもそれでも本来は外斜位であり、何らかの精神的なストレスや緊張、過去のトラウマ等が心を内向きに向かわせ、そして心が閉じれば目も閉じると言いたくなる様に眼が内側に入ってしまう事がある。これを筋肉だけで説明しようとすると無理があり、実はそこに精神や神経が複雑に絡んで目を内側に入れてしまうと僕は推測している。だがその妻の眼を外に開かせた田村先生の検査をその場で見ながらも僕はどうやって妻の眼を開かせたのかが分からなかった。

ただ一つ言えた事はフォロプターの使い方に田村先生独特の使い方があった事で、僕も実際にその使い方を真似てみたし、今も内斜位と検査結果が出た場合にはその方法を真似ている。また妻にもそのやり方を試してみた。だが開かない。妻の眼は僕が検査すれば相変わらず内斜位と結果がでるのだ。

だが先日Rさんが検査した結果ぽつりとこんな事を言った。

「Rさん、どうでした?妻の眼は?」

と僕が聞くとRさんはこう答えた。

「はい、奥様は外斜位のようですね。」

と答えた。僕はたまげた。何でそうなったのか?不思議でしょうがなかった。そこでどんな検査をしたかをもう一度時間を遡って調べてみる。すると内斜位と出る筈の妻の眼にRさんはBIで4.00Dずつ仮枠に入れていた。そしてそこで無理やり妻は複視を感じていた筈だ。そこで妻はその状態で融像を諦め脱力した可能性を僕は疑った。その場で妻の眼を見る、するとやはり外斜位と結果は出た。僕はこの無理やり複視を起こし脱力させる方法を昨日他のお客様で試してみた。

そのお方は弱度の近視で

フォロプターでは

BO10.50D

偏光板では

BO4.00D

カバーテストでは正位(殆ど目視ではずれが分からない状態、外斜位であればBI3.00D程度であれば目視で判別する事は難しいケースが多い。)

と全て検査結果は内斜位と出ていた。ここで僕は完全矯正値の状態でこのお客様にBIで4.00Dを左右の眼に入れて掛けさせた。

「物が二つにダブって見えますか?」

と聞くと当然はい、という答えが返ってくる。だが僕はその状態で

「二つにだぶって構わないのでぼ~っと遠くを見ていて下さい。」

と輻輳と調節が入らない状態でぼ~っと5m以上遠くの壁をぼんやりとダブった視界のまま見させた。その状態を10分程度続け、そして今度はプリズムを外してカバーテストをすると

お見事。

眼は外斜位方向にずれていた。そしてその状態でBIに1.00Dずつ入れて最高視力の視標を見させたが、プリズム入りと無しでは入れた方が視力の改善を自覚されていた。これでこの方の眼に関するお悩み全てが解決するかどうか分からない。だがこのお方がグラシアスにいらした主訴は

「今までどんな眼鏡を掛けても疲れてしまい、長時間かけ続けられなくて困っている。」

という主訴だったのだが、今回の眼鏡がその解決のきっかけにでもなってくれれば幸いだ。ともかく今回ばかりはRさんに感謝感激としか言いようがない。怪我の功名というのはいささか失礼な言い回しだと思うが、Rさん本人もその効果を分からずある意味乱暴に妻にBIのプリズムを入れさせた事でこんな新たな発見につながった。

Rさん本当に有難うございました。弟子に教わる師匠では情けないが、実際にそうなのだから仕方がない。でもどんな形でも検査論が一歩でも二歩でも前進するのであれば僕のメンツはどうでもいいというのが僕の正直な思いだ。

ともかく近視+内斜位は危険な組み合わせで本来有る筈の無いずれであるというのが僕の見解で、これの矯正方法については業界内でも様々な意見がある事は承知している。だが今回のご報告が業界内での議論に一石を投じる事が出来れば幸いだと僕は思う。
 
15
 
opteriaglassias

現代と江戸時代の間には無限の選択肢が有りませんか?現代の良い点は残し江戸時代から学ぶべき事は謙虚に歴史から学ぶのです。二元論で凝り固まるのがリスクだと僕は思います。失礼しました。“@ShinyaMatsuura: 原発廃止の文脈で「日本は江戸時代に戻ってもいいじゃないか。今よりエ
04-14 10:22

枠70)まだレスザンヒューマンの様なソリッドなイメージの玉型であれば同じ黒ぶちでも多少やんちゃなイメージ作りが出来ます。ですが今流行しているクラシックスタイル、中でもウエリントンタイプのフレームはフレームの色と玉型の相乗効果で更に勤勉なイメージを作り出す事が可能だと僕は考えます。
04-14 09:50

 
14
 
opteriaglassias

枠69)ですから黒ぶちを掛けるにあたり最悪な組み合わせは、性格はともかく見た目として生真面目な方がそれを掛ける事です。すると生真面目さが更に上塗りされますが現実はそういった方程お店で自分のイメージに近いからと黒ぶちを最初に手に取ります。僕はその効果を分かってますか?と聞くのです。
04-13 10:15

 
13
 
今年の皐月賞は有力馬の故障もなく順当に勝ち上がってきている。また既に勝負付の済んでいる馬も居るがそれでもまた未対決の馬もいるし見どころ満載だ。ただし今回のレースはもしも馬券を買おうと思ったら非常に難解だと僕は思う。

抜きんでた馬が居ないのだ。またこの時期で無敗の重賞勝ち馬が居ない事からもどんぐりの背比べ状態かもしれない。昨年はオルフェーブルがここから破竹の連勝街道を走り続けたし、あの強さはほんまもんだと僕も負けた阪神大賞典で思い知らされた。

だが現時点ではとお断りさせていただくが、昨年のオルフェーブルくらすの馬が見当たらない。馬券的には人気が割れるので妙味がでてくるが、僕はあくまでも強い馬がスカッと勝つシーンを見て胸躍るしストレス発散が出来るのだ。

っという訳なので何と昨年は1レースも当たらなかった僕の競馬予想だが、明日の予想もきっと当たらないだろう。だが敢えて言わせて頂ければ名前もずばりワールドエース。厩舎やオーナーの期待の大きさが窺い知れる名前だ。そのワールドエースの単勝1点勝負か、それともアグネスタキオン産駒の最高傑作と言われるグランデッツアか、その二頭の馬連。ここら辺が狙い目だと僕は思う。

この予想は馬連一番人気かなぁ~、一番人気だとすると僕の予想は当たらないから迷惑かけちゃうな~。でも強い二頭のたたき合いなんてゴールシーンは想像しても楽しげだし…。

っと買いもしないのに予想を楽しんでいます。何故なら当たらないからです。m(__)m
 
13
 
opteriaglassias

グラシアスで丁稚奉公しているRさんの為にお客様であるKさんが実験台になりにわざわざいらして下さいました。毎週木曜、金曜は原則丁稚奉公ですのでご協力頂ける方がいらっしゃいましたらどうかよろしくお願いしますm(_ _)m http://t.co/rOKHLz1z
04-12 18:33

枠68)またイメージが軽い、最近の言葉で言うとチャライタイプの方々にもうってつけで自分に足りない勤勉さを強調出来るのです。実際に芸能人の多くがこの黒ぶちを掛けています。現実離れしたスターであると自覚すればする程にプライベートでは地味に振る舞いそれに黒ぶちが一役かっているのです。
04-12 14:20

そうです、美味しかった~。また吉祥寺にいらして下さいね。“@nobu933: @opteriaglassias 永福町の大勝軒でしょうか。ちなみに函館の隣町の七飯町に暖簾分けされたお店があります。で人気店です(^_-)-☆昔風の東京ラーメン食べたくなってきたぁ。また吉祥寺に行きた
04-12 09:13

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 05月 【22件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム