次論公論

 
31
 
opteriaglassias

両眼視34)PC用眼鏡についてまとめますと①ピントの調節②外眼筋の運動量③光の量。この三点を考慮し、眼の仕事量を抑え、そしてストレス量を眼鏡でコントロールするのです。これは視力は関係ありません。眼が良いから眼鏡は不要とは一概には言い難く、それぞれに斜位を考慮した眼鏡が必須なのです
10-30 11:18

 
30
 
opteriaglassias

両眼視33)更にPCもゲームも光るモニターを集中して見続けます。この光も実はストレスなのです。また調節力の豊富な若年層から老眼前の壮年期末期の方でも長時間のPC作業は目に大きな負荷を掛けます。だから僕は長時間手元の光るモニターを見続ける場合にはPC用眼鏡が必要だと提唱しています。
10-29 11:18

 
29
 
opteriaglassias

今日の天皇賞はエイシンフラッシュ、そこまでは良かった。でもカレンブラックヒルは負け過ぎだな~、オルフェーブルと比較するレベルにありません。そうすると二着のフェノーメノ、そしてそれをダービーで破ったディープブリランテが世代最強となりますが、惜しくも引退。予想はいつもの様に外れでした
10-28 17:30

両眼視32)日本人の多くは外斜位です。また急激に増えたPC作業は確実に黒目を内側に寄せる時間を増やし、目の周りの筋肉の仕事量を増やしました。元々外斜位で黒目を内側に寄せる事がストレスになりやすい日本人に追い打ちをかける様にPC、携帯、携帯ゲーム等で手元ばかりを注視しているのです。
10-28 15:39

@tubumi あれ?PANAには確か液晶ひっくり返るノートあっても、純粋なタブレットってまだ発売されてないんでしたっけ?
10-28 11:07

Windows8のタブレットに興味有るな~、やはりオフィスとフラッシュが普通に扱えるのはメリット以外の何物でも無い。でもAndroidの初期は酷かったし、様子見かな~?“@siro_kuma3: iPadに対抗心を燃やすSurface http://t.co/ExTDHqBb
10-28 10:54

 
28
 
opteriaglassias

両眼視31)形は分かりましたね。今度はレンズの特性です。レンズに光が通る時には光は厚みのある方向に屈折します。この特性を利用して斜位の矯正をしたり、時には手元を見る時に黒目を内側に寄せる輻輳運動を助ける為に、プリズム度数を通常の近視/遠視/乱視の度数と併せて組み入れるのです。
10-27 11:13

 
27
 
今年の天皇賞はメンバーが結構凄い。ここ数年の重賞ウイナーが勢ぞろい。凱旋門賞後の検疫の為か、出走不可なオルフェーブルを抜いたオールスターかもしれない。ここでルーラーシップが圧勝してしまうと、ルーラーシップとオルフェーブルは勝負付けが済んでいるのでつまらない。

オルフェーブルに肉迫する。まさに優るとも劣らないと言ったスター候補生の誕生を僕は願うのだ。

となると三歳馬の大将格、現在五戦無敗のカレンブラックヒルが僕の中ではそのスター候補生となるのだ。

だが毎日王冠で古馬をぶったぎったとはいえ、一番人気というのが気に入らない。

何故なら天皇賞(秋)は一番人気が不遇の時代が長かったからだ。しかも前日売りで3.5倍という一番人気としては何とも心もとない数値。それでも僕はカレンブラックヒルがここを無事勝ちきって、JCか有馬でオルフェーブルとデッドヒートを繰り広げるシーンを夢想する。

ではお待ちどう様でした。

今回の天皇賞の予想は

シルポートが大逃げをうって集団を引っ張ります。カレンブラックヒルは先行勢の集団に位置し直線半ばで先頭に躍り出ます。ですがそこに一頭他馬を切り裂くように追い込んでくる馬が居るのです。それが人気の落ちたG1馬、エイシンフラッシュです。カレンブラックヒルは一度は刺されるものの、ゴール前に一伸びして差し返し鼻差でゴール。そんなシーンが目に浮かびます。

つまり

本命=カレンブラックヒル

対抗=エイシンフラッシュ

大穴=シルポートの単騎逃げが成功するケース。

これを予想したいと思います。

え!?この馬券買うの?

ですか?

勿論買いません。何故なら当たらないからです。ちなみに去年のG1は全て外れました。

博才が無いのもたいがいにせえよ、と我ながら思いました。

予想はともかく、日本を飛び出す器のお馬さんが出てくる事を願うばかりだ。
 
27
 
opteriaglassias

両眼視30)1)プリズムという度数を日常的に考慮して眼鏡を作る眼鏡屋さんは非常に少数派です。ではプリズムを入れた眼鏡を作るとどんな効果が期待出来るのでしょう?その効果の前にプリズムレンズの特性からご説明します。プリズムはある方向の部位だけ厚みのある三角形の形をしたレンズなのです。
10-26 11:07

 
26
 
今回の記事は自信なんてまるでなく、いつもにも増して報告としての意味合いが強くなる。

どうか暗闇の中を小さな豆電球で照らしながら歩いている感覚、そんな頼りない発展途上の眼鏡屋の兄ちゃんからの眼鏡作成奮闘記である事をご理解頂きたい。

今日いらした方、A様(仮称 65才 女性)は、ご家庭で転倒した際に頭を痛打し、その後物の見え方がおかしくなり、眼科に行ったそうだが、結局表題の滑車神経麻痺と診断されたのは三件目の眼科で結論が出たそうだ。僕は常々眼鏡屋の限界はあるとお伝えしていたが、今回のケースも眼鏡の限界を超えていると僕自身も思う。

 
26
 
opteriaglassias

両眼視29)そして斜位がみつかり矯正が必要だと判断した場合の改善方法には大別すると3通りあります。1)プリズムを入れた眼鏡で矯正。2)トレーニング3)手術する。3)についてはお医者様の領域で僕の出番無です。1)2)に関しては、一部の眼科や眼鏡屋であればそのケアを受ける事が出来ます
10-25 11:24

 
25
 
opteriaglassias

行ってきま~す(^_^)☆“@shiratama_55: @opteriaglassias 気をつけて行ってらっしゃ~い”
10-24 13:51

変態だけど、白い肌の方にはそれ程やばくないよ。( ̄▽ ̄)“@tubumi: 変態ストライプとww RT @opteriaglassias: トラクションの新作。生地がやばい。 http://t.co/Eq9zokt3
10-24 13:51

でしょ?僕も一緒です。(^_^)☆“@kentgogo: @opteriaglassias こんなん見せられたら物欲が。。。( ;´Д`)”
10-24 13:50

トラクションの新作。生地がやばい。 http://t.co/Eq9zokt3
10-24 11:23

これからサイトっていう展示会。行ってきま~す。 http://t.co/VCAzM5Oa
10-24 09:24

 
24
 
opteriaglassias

眼鏡BEGINを買ってきた。タイトルに「PC用眼鏡は今や現代人の常識!?」と謳ってる。僕が言い始めた当初からは隔世の感があるね。そうです。用途別にチューニングされた眼鏡を掛ければ消費者のベネフィットとなるのです。 http://t.co/v9JbypXq
10-23 11:26

両眼視28)両眼視にも段階があります。皆が高度な機能である立体視が出来る訳ではないのです。両眼視が出来る人と出来ない人との差は何でしょう?実はこれに答えるのは至難の技で眼鏡屋ではどんなに頑張ってもどうしようもないケースもあります。ですが両眼視を阻害する要因の一つに斜位があるのです
10-23 10:58

 
23
 
少し長いけど、スペインでの警察とのやりとり、若者の失業率が50%越えって半端じゃないっていうからストレスも溜まるよね。



仕事が無いっていうけど、こんな時こそ雇用を創出するのは政治家の役目だよ。僕は日本の農業を再建し食料自給率を限りなく100%に上げよ!と本ブログで提言してきたけど、いつ日本もスペインの様になるか?それは僕にはわからない。でもそうなっても農業、畜産業、漁業。この第一次産業を再構築すべきだと思うし、そうなっても政治主導で雇用を創出すれば大した問題じゃないと思うけど。

この期に及んでキツイ/キタナイ/キケンな仕事は嫌だって言う人はそんな多くはいないんじゃないかな?

くいっぱぐれるより仕事が有る方がましに決まっているし…。

スペイン単独でそんな方向転換はEUという枠組みの中では難しいのかもしれないけど、少なくとも日本ではそんな構造転換は可能だと僕は思うけどな。

ちなみに僕の夢は

田んぼのど真ん中で農作業の傍ら眼鏡屋をやる。そんなド田舎でもお客様が来るブランドに自分のお店が育てば理想だけど、例え売上無くっても自分らの胃袋を賄う最低限の農作物は自分らで用意する。そんなのが夢だな~。

これも本ブログでは耳タコフレーズだけど、まるで選民思想であるかの様に、エリートが多くの富を手に入れて、大衆は僅かな富を求めて奪い合う。

何度でも言うけど、奪い合えば足りずに分かち合えば余るのがこの世の真相だと僕は思うよ。

もしもエリートって人種が居るのなら、そのエリートこそ大衆の為に奉仕する思想が本来の人が人であるべき姿だと思う。ライバルを蹴落として自分が這い上がる弱肉強食は自然界の掟、ならば弱者の立場でその方々に奉仕する事に喜びを見いだせるエリートって人を育てられる教育システムがこれからの日本に必要じゃないかな?

 
23
 
opteriaglassias

両眼視27)だから僕は両目で捉え、左右の目の仕事量を均一にした上で、極力片方の目に負荷を掛けない事を目的にする両眼視機能検査を推奨し、更に全ての国民がこの視機能のケアを受けられる体制の整備を目標としています。決して目の不具合が原因で競争社会から脱落させてはいけないと思うのです。
10-22 10:58

 
22
 
ネットを徘徊していたら綺麗な映像を見つけた。

Milky Way

綺麗だな~、小学校の頃油絵教室に通っていた僕は元々絵は好きだったけど、美しい物を見て綺麗と感じたり、感動したり。自分を褒める事は苦手な僕でもそんな自分を僕は好きだったりする。

グラシアスのお店に飾ってある絵の多くは一人の画家さんの作品だ。そのお方は実は最近体調が悪く、創作活動に勤しむ環境ないそうだ。彼女の絵から僕はエネルギーを頂き元気百倍な僕は、ただただ彼女が健康になってくれる事を願っていたりする。

そう考えると絵描きさんが、絵を描けないって事は世間はともかく、少なくとも僕にとっては悲しい出来事以外の何物でもない。

その絵描きの彼女は抽象画家で、素晴らしい絵を描く。作品には自然の風景を描写した物が多いのだが、きっと彼女は自然を愛し、そして自然をリスペクトしているのだろう。今回ご紹介した映像はそんな自然を丸ごと写した動画だが、きっと彼女から見ても自然には敵わないなと思うのではなかろうか?

自然の産物である僕ら人類が自然を超えるなんておこがましいと思うのだ。
 
22
 
opteriaglassias

両眼視26)自律神経は心身が緊張と弛緩した状態とでその役割を使い分けます。では右目が緊張、左が弛緩した状態が同時に起こる事があり得るのでしょうか?僕は斜位がその神経の矛盾した状態を引き起こす可能性があると疑っています。それは片眼だけしか仕事をしていない時に起こる可能性を疑うのです
10-21 10:53

 
21
 
僕はプリズムという度数をうちのお店のお客様のおよそ半数に入れて眼鏡を作成している。それで自分でも

「え!?」

と驚く程の効果があり、喜んで頂ける。それを確信している。がしかし、眼鏡、医療どちらの業界でもこの度数を加味した眼鏡の効果を多くの方がご存じない。

従って消費者にとっては更に

「プリズム入りの眼鏡?なんじゃそりゃ?」

となる。これを僕は何度も言うが勿体ないと思っている。

今日ご紹介する女の子も浪人生で受験勉強真っ盛りのそのさなかにご来店頂いた。

そのA様(仮称 女性 18才)はこんな病気とも言えない体の不具合でお悩みだった。以下に列挙してみたいと思う。

肩こり

歯軋り

頭痛

眼精疲労

充血

めまい

耳鳴り

便秘下痢を繰り返す。

本を読むと行が飛んでしまう。

こんな状態だった。また今までは眼鏡を掛けると疲れてしまうと感じていたのでせっかく作った眼鏡も掛けたり掛けなかったりだったそうだ。

A様の眼はそんな難しい目だったのだろうか?

簡単に言えば外斜位、そして近視と乱視の屈折異常をお持ちだった。

眼位は偏光板で見れば

BI4D

フォロプターで見ると

BI0.25D

僕はフォロプターで検査した測定値は信用できません。偏光板の検査結果に比較してフォロプターでの測定値はBOよりに結果として出る事が多く、外斜位の方の多くは内斜位と言われたり、眼位のずれが無いと言われてしまう事もある。これを問題視していた。かといって偏光板が正確に眼のずれの量を測定出来るかと言えば、フォロプターよりもましとは言えるが、それでも万全ではないと思っている。正直お手上げなのだ。

だが少なくとも今回ご紹介するA様の場合ではフォロプターでは見逃しそうな眼位のずれを偏光板なら見つけられる。

僕は初めに修行したお店で働いていた方は、BI4D以下は悪戯する事が少ないのでプリズムを入れる必要性が無いケースが多いと仰っていた。今となってはこれは暴論とも言えるが、その当時はそんなものか、と聞いていた。

その当時の先輩はこのA様の辛さを理解する事が出来なかったのかもしれない。結局A様は今年に度を弱く調整した近視+乱視+プリズム入りの眼鏡を作り、今回半年ぶりにご来店頂いた。

そしてそこで分かった事がある。

変わった事と

変わらなかった事があったという事だ。

改善した点は以下の通りだそうだ。

歯軋り

頭痛(まるでしなくなったそうだ。)

眼精疲労

充血

めまい(天気が良いとめまいがしていたが、それもでなくなった。)

耳鳴り

便秘下痢を繰り返す。

本を読むと行が飛んでしまう。(これは装用テストの段階で改善の効果を実感されていた。)

これが改善したそうだ。簡単に言えば肩こり以外は全て改善したという事なのだが、これを皆さんはどう感じるだろうか?

一般の方、

そして業界の方、

それぞれの意見を聞いてみたいと僕は思う。この半年間でA様の体に何が起こり、環境に何が変化があり、そして何が変わらなかったのか?統計を取るデーター、そしてプリズム入りの眼鏡を入れた事で改善したその効果を特定するには正直データーが揃わず、眼鏡屋としての限界も感じるが、それでもこうやって本ブログで僕が報告する事で業界の方々にもっと両眼視に興味を持って頂きたいし、そしてそれで多くの方が救われる事を僕は望んでいる。

大きく言えばこの斜位によるリスクを放置する事は国家としての損失だと僕は本気で思っているし、このケアを受ける必要がある方とそうではない方との振り分けをするシステム作りが国家に求められていると僕は思っている。

僕は何度でも言うが、この記事を読み何か感じてくれた方はとりあえず検査だけでも受けに来て欲しい。そしてそこで感じた事をご家族等で話しあってみて欲しい。例え自分は幸いにも斜位が悪戯していなかったかもしれないが、僕に言わせれば50%の方が斜位を矯正する為にプリズムを入れて喜んで頂いているのだ。自分が大丈夫でもきっと身内に一人や二人は斜位に起因する不定愁訴でお悩みの方はいらっしゃるだろう。

ここで繰り返しになるが、私は眼だけはいいの、と謙遜交じりに仰る方がいるが、僕に言わせれば遠見視力に問題の無い方程の斜位が悪戯するリスクは高まるという事で視力が良い=眼が良い訳では決して無いという事は知識として知っていて欲しいのだ。

頭痛と外斜位のメカニズムが全て解明されている訳でもないが、それでも多くの方がメガネ一本で驚く程に体の不具合が改善されているというこの事実だけは知識として持っていて欲しいと願うのだ。

このご報告がどこかのお店の

  どなたかのお役にたちますように。

           プリズム滋郎より

登録店の方々へ~今回の度数データーもいつものサイトにアップしておきますのでご興味ある方はどうぞご覧になってくださいね。
 
21
 
opteriaglassias

両眼視25)自律神経は様々な体の機能を司っています。一例を挙げれば、呼吸、心拍数、体温、 内臓の消化にも関係があります。眼に限って言っても遠くを見る時と手元を見る時とでは自律神経を交感神経と副交感神経と切り替えます。ここからは仮定ですがもしも右目が交換、左が副交感の様になったら?
10-20 11:32

タイミング的に最悪やがね(^_^;)“@udonn: いい感じに風邪引きそう。”
10-20 10:46

 
20
 
opteriaglassias

両眼視24)骨格に続き、今日は自律神経についてのお話しです。自律神経失調症という状態は現代社会では決して珍しく無い病気とも言えない病気です。それが斜位と関連があるのか?僕は断言出来ません。ですが精神と密接に関わる体のある神経の状態がプリズムを入れた眼鏡で改善される事があるのです。
10-19 10:49

 
19
 
今日は久々に堅苦しい検査のお話しだ。僕は本ブログでこういったご報告をする事で業界に一石を投じたい。単純にそれだけを当初の目的としている。素人眼鏡屋が両眼視にこだわり、プリズムという度数をご来店のお客様に対して半数以上入れて評判になっている。

こうなれれば本望だが、残念ながらグラシアスの現状は事業の継続に困る訳でもなく、年々売り上げは微増しているものの、会社の経営としては僕の望んだ様に大きな並も無く推移している。

だが僕は業界の改革なんて大風呂敷を広げている。その改革の実現の為にはこのお店が業界内でも噂になる程の成功体験が検査法の普及なんて壮大な目標を掲げた際には必要だし、それが一番の普及への近道だろう。

お店の経営としては地道に堅実な経営を心掛けたい。

業界の改革の為にはどこかで多少無理してでも売り上げを急上昇させるポイントを作りたい。

僕はこの二つの目標の狭間で思い悩んでいたりもするのだ。

いつもの様に前置きは長くなってしまったが、そんな僕が本ブログで僕の検査の事例を報告するのにはその二つの目標双方に合致していると思っているから報告させて頂いている。

そして何度もこのブログではお伝えしているが、ここで僕が言っている事は全て、結論ではなく、報告だという事だ。

願わくば、僕の報告を叩き台にして議論する場があるのが一番望ましいと思っている。残念ながらそういった場にはまだ巡り合えていないのだが、それも機が熟せばきっとご縁があるだろうくらいにぼんやり思っている。

ではいつまでも長々と言い訳していてもしょうがないので報告させて頂く。

今回ご紹介する事例のA様(仮称 男性 41才)は中度の近視に多少の乱視をお持ちの目で、PCを一日10時間以上、ノートPCで距離は45㌢に設定し17インチのノートにしては大き目な画面のPCをお使いだった。

そんなA様がご来店時に掛けていた眼鏡は過矯正の眼鏡、つまり本来ご自分が持っている近視よりも強い度数の眼鏡をお使いだった。視力はその眼鏡を掛けて

1.2

まで出ている。僕は常々本ブログで言っている事は目的距離と焦点距離を使い分けした方が疲労も少なく、集中力が増します。つまりケアレスミスも減るし作業効率が上がるという事ですよ。

と次論を述べてきた。皆さんのイメージでは近く用に度数を入れ替えるのはお年を召して老眼になってから、そう考える方の方が多数だろう。中には度が違う眼鏡を掛けかえると違和感の原因になってしまう。こう思っている方も少なからずいらっしゃる。それはその通りだ。だが掛け替えにも必ず慣れる。慣れてしまえば後は快適に装用して頂けると僕は思っている。

だが少なくともグラシアスでは20代であろうとPCのへヴィユーザーの方には遠、近の使い分けを推奨している。

実際に近視は従来の眼鏡迄落とし、そして眼位は

フォロプターでBO7.5D

偏光板でもBO2D

所謂内斜位という奴だが、それでは僕はこの方にどんな眼鏡を作ったのだろう?

簡単に言えば

近視の度数を落として遠見の視力を出なくして、更にプリズムを入れる。その度数はBIに1Dづつ左右の目に入れた。これで過矯正の緊張癖を取り除き、そして本来のずれであるBI側にずれる様な余裕を持たせる環境の整備をした。

だがこれで終わりではなく、次はどんなステップが待っているかと言えば、今度は近視の度数が変化する事があるのでそのケアが必要だと思う。ここは予想するしかないが、数年後にレンズ交換に来るとこのA様の目は

0.5

しかこの眼鏡を掛けても視力が出ない筈だが、それが上手くいけば、

0.7場合によっては0.8まで視力が出る様になっている。

敢えてここで回復という言葉を使わなかったが、僕のイメージでは回復ではなく、ただ単に緊張がとれただけの話なのだ。そうすると次のステップで何をやるか?

今度はまた視力を落として

0.5

迄の度数を探り作り直す。これを繰り返すと近視はまた減り、視力は戻る。これを繰り返す事で近視が減っていくかの様に変化する方がいる。A様がこれに該当するかは分からないが、こういったケースではグラシアスでは近視が減る方向に変化する方が、相当数いらっしゃる事をご報告したい。

世間の常識では近視になったら戻らない。

これが常識かもしれないが、僕の中での常識はヴァイオリズムの有る人の体が常に一定の近視量である筈が無い。つまり減らすも増やすも本人の視生活に対する取り組みと眼鏡の度数次第というのが僕の現時点での見解だ。

少なくとも今日のブログで言いたい事は近視+内斜位の組み合わせは疑うべきで、どうやったらその緊張を外せるか?それが今の僕のメガネ作りの大きなテーマとなっている。

このご報告がどこかのお店の

  どなたかのお役に立ちますように

           プリズム滋郎より

登録店の皆さまへ~いつものサイトに今日の度数データーを挙げておきますのでご興味がございましたらご覧になってください。またその記事の中のコメント欄にご質問等は遠慮なくお願い致します。
 
19
 
opteriaglassias

ま、まさか!これでゴールドシップとフェノーメノの一騎打ちか!?ディープブリランテが菊花賞回避 http://t.co/hsmmjfz0
10-18 11:02

両眼視23)僕は斜位の心や体に与える影響は多岐に渡り、到底眼鏡屋が全てを把握するのは不可能とさえ思います。ですがあまりにも世間や眼鏡屋業界の常識とされる知識に斜位という要素が考慮されず眼に起因するストレス量を調整するという概念が余りにも希薄でありそれが危険だといっているのです
10-18 10:52

 
17
 
opteriaglassias

今月のラーメン部、部活動は一風堂だったのですが50人位並んでるのを見て凹みながら断念。むさしやに来ています。 http://t.co/PBcsN4jw
10-16 21:25

両眼視22)このような状態の多くは眼に上下のずれがあります。上下のずれを眼の筋肉で調整できない場合には首を傾ける癖がつきます。すると次は背骨が曲がり、更に腰にもストレスが溜まるのです。腰をかばえば膝にくる。この様に姿勢の乱れが実は眼にあったケースは弊店では決して珍しくないのです。
10-16 11:57

 
16
 
opteriaglassias

@masason 大変失礼ですが、お願いです。ソフトバンクの集金システムを使って、F-1レーサー小林可夢偉さんのレース活動を支える草の根基金制度をソフトバンクさんで作れませんか?一人1万で10万人で10億。このまま可夢偉さんの才能が花開く前に埋もれてしまうのが惜しくて惜しくて…。
10-15 16:25

両眼視21)前回の呟きは斜位を矯正する+の効果についてですが、これからは斜位を矯正すると意外な体の不具合が改善した事例のご紹介です。斜位を矯正したら姿勢の乱れが改善され靴の踵の減り具合が均等になり骨格の乱れが矯正されたと言うのです。これは眼に上下のずれがある場合に多く見られます。
10-15 13:15

 
15
 
僕が最近ゴルフを始めて、その始めた当初はゴルフが苦しくて辛くて本当に嫌だった。だが先日のコンペでミドルでバーディーをとってからゴルフ観が一変した。バーディーを得た時の感動を得られるのなら多少苦しくとも我慢できる。そう思えたのだ。だが実際に腕前の方はからっきしダメで、一緒に始めた妻の方が僕より常に良い成績だ。そんな僕は何しろクラブヘッドにちゃんとボールが当たらないのだが、その原因が頭のブレじゃないかな?と漠然と思っていた。

するとネットを徘徊してたら凄い写真が見つかった。

阿部選手

実は僕は野球は巨人ファンなのだが、そのジャイアンツは皆さんご存知の通り今年は優勝した。その後のクライマックスシリーズがこれまた大変だとは思うが、ともかく今年の巨人は強かった。原監督は今年は信之介のチームだなと仰っていたが、原監督のお言葉を借りずとも今年の阿部選手のご活躍は素晴らしかった。

惜しくもホームラン王にはなれなかったが、次点の二位、それ以外は打点、打率、共にトップだった。その阿部さんの秘密と僕のゴルフの下手くそさが、この写真の一枚に集約されている気がしたのだ。

頭がぶれない方が良いのは何となくわかっていたが、トップクラスのアスリートがこれほどとは思わなかった。

阿部さん、良い気づきを頂けました。また僕が巨人を応援すると負けるので今年は公言しませんでしたが、心の中ではいつも一緒に戦っておりました。

今後も怪我だけにはお気を付け下さい。そして末永くご活躍くださいね。
 
15
 
opteriaglassias

両眼視20)斜位を矯正するためにプリズムという度を入れた眼鏡で矯正します。その効果は遠近感、スピード感、視野の拡大、眼球運動、空間把握能力等、多くの眼に関する機能が改善します。昔から本を読むのが苦手と言う方の眼を見ると視力は問題無くとも視機能に問題ありというケースが多いのです。
10-14 11:06

 
14
 
opteriaglassias

賛成!“@koppe71: 可夢偉F1残留募金とかやらないか!!!http://t.co/FAV2EXu0
10-13 16:06

小林可夢偉さんが新たなスポンサーが見つからなければザウバー残留厳しいと報じられた。おらはもしも可夢偉基金があったら1万円は出すぞ、それが1万人で1億、その計算だと10万人位は必要なのかな?でも僕みたいな人意外と多いんじゃないかな?可夢偉さんに残りのレースに集中させて。#f1jp
10-13 15:52

両眼視19)肩こり、慢性頭痛、眼精疲労。これが眼からの悲鳴のサインと受け取っていいと思います。例えば眼精疲労が無いのに頻繁に頭痛が起こる。この場合には眼鏡で不具合を改善出来る度合いが少ないケースが多いのです。実際に三種の神器が揃っている方の眼を見ると多くの方に強い斜位があるのです
10-13 12:25

 
13
 
我ながらなかなか刺激的なタイトルだと思う。多くの読者がそんな馬鹿なとその実現の可能性を疑うだろう。だがこんな松下豊田ショックとも言うべき事態が起こらぬと誰が言えるだろう?今世界経済は不況から恐慌に移る過渡期で、世界中の銀行や政府機関はそれを食い止めようと必死だ。僕もそれらの対策が功を奏し、経済システムが安定し、世界が安堵し、平和な世の中になる事を願ってやまない。

 
13
 
opteriaglassias

両眼視18)眼に起因する体の不具合、これはこれからの研究課題で一眼鏡屋が言い切る事は非常に危険で消費者に悪戯に不安を煽る可能性がありますが、あくまでも弊店で効果があった事例の紹介に留めれば問題も軽微と言えるかもしれません。まず眼のストレスの三種の神器とも言える不定愁訴があります。
10-12 10:26

 
12
 
先日パリに行ってきたのはツイッターをご覧になっている方ならご存じだとは思う。そして僕が実は旅慣れない事も皆さんご存知だろうか?海外なんてパリ以外には以前の会社でハワイに社員旅行に二度行ったきりで、旅の手配なんて国内では奥様が担当なので僕はただ着いていくだけで良かった。つまり僕は自分で何処かに行くと決めても自分では何をどうしたらいいかてんで分からないという事なのだ。

 
12
 
opteriaglassias

楽しみですね。凱旋門賞のリベンジを!!“@sugawarataku: ジャパンカップ(GI)・ジャパンカップダート(GI)-海外からの予備登録馬- http://t.co/CyJXblqr
10-11 23:18

両眼視17)では分類したストレスの内何割程度が目からのストレスなのでしょう?これはケースバイケースとしか言い用がありませんが、目のストレス量が多ければ多い程に眼鏡一本でそのストレスを改善出来る度合いが大きくなるのでしょう。では実際にグラシアスでの実績を踏まえて具体例を挙げてみます
10-11 12:19

 
11
 
先日のパリ出張で時差ボケが直らず未だにいつも以上にボケボケしている滋郎さんであった。

それでも僕が不在の時に日本で何かおもろいニュース無いかな?と探してみるとこんなニュースが…。

牛丼大手、高価格路線に戦略転換

元々僕のいた業界だから無関心ではいられないのだが、例えその業界に携わっていなくとも近年のデフレ経営の象徴でもあった牛丼業界が高価格路線にシフトするというのは大きな時代の変革期に来ている証左だろうか?それは言い過ぎかもしれないが、行き過ぎた振り子が戻るのは必然でもあり、価格競争(だけ)をしていても誰にも幸せになれない事を業界関係者だけでなく、まずは誰より消費者が知るべきだろう。

眼鏡業界でも例外なくデフレ経営による小売価格の低下を消費者はもろ手を挙げて歓迎した。だがその結果のマイナス効果を知るべきだろう。

デフレとは僕に言わせれば、自分だけは損をしたくない、誰よりも得したい。そんな消費者心理を突いた商売のスタイルだと思う、当然消費者心理としてはそこに従事する方々の生活まで何て考えは及ばない。一例を挙げれば僕の居た業界でも価格を下げる際に真っ先に店舗の管理職である店長の残業手当が削られ、固定給になった。それで価格競争力を付けたと経営陣は胸を張り、そして消費者や投資家はその経営方針に賛意を示す。

だが僕はずっとそれで本当に良いのだろうか?

日本という国家はそれでも持続的に繁栄して行けるのだろうか?

と疑問を感じていた。デフレスパイラルという言葉が有るように、誰もが長期的にデフレが続く現状を良しとは思っていなかった筈だ。にも関わらず自分だけは得をしたい。少しでも安く買い物をしたい。これを僕は商売をする立場ながらムシが良い話と感じていたのだ。勿論企業努力としては経費を削減し利益を計上し、そして納税するという一連の流れは必要だ。だが行き過ぎた価格競争は本来必要な物さえ無駄と感じさせ、その手間や設備を省いてしまう傾向にある。これを僕は怖いと感じていたのだ。

今回の牛丼業界の流れは、当然経済の一面を表す象徴に過ぎないが、これは当然他の業界にも波及していく。

何故ならば、今、この時、

世界的な不況を打開する為に、実需を伴わない過剰な資金供給により世界的に資源や穀物類がインフレ傾向にあるからだ。そして小さな国ではその余った資金が流入し一気にハイパーインフレになる事も予想される。

つまりインフレは極端なデフレの結末として存在するという事なのだが、僕はその先に世界的な大戦が待ち受けていると言ってきた。そしてそれを回避する道は、この景気後退期をを僕らは歯を食い縛って受け入れ、そして身の丈の経済による新たな経済システムを構築するしかないと言ってきた。

それをしなければ結局地球規模の環境破壊で人類は身を滅ぼすのみだとも思っている。

戦争か?

環境破壊か?

それとも

身の丈の経済を目指し、景気後退を受け入れる。

僕にはこれ以外の選択肢がある様に思えない。

もしもあるとするならば

化石燃料や核分裂による原子力に依存しないエネルギー革命が必要だと思う。

ただし、その革命には莫大なお金が掛かる。人類がそのコスト負担に理解を示すだろうか?

その人類全体の合意形成の成否が大きな鍵となる。

消費者の消費に依存し自らの生活を成り立たせる商売人の僕の立場でも、僕は消費を抑えなさいとうちの顧客には言ってきた。無駄を省き、価格を抑える提案をしてきた。全ては身の丈の経済でも成り立つ仕組みを、実需に則った経営を考える為なのだ。

使える物は最後まで寿命を全うさせる。良い物は壊れても修理して使う。

こんな感覚は僕には当たり前と思えるが、一般の方はどう思うのだろう?

ともかく今回の記事は、大手量販のスタイルの限界を見限られ、中小零細にスポットが当たる時代に変わる時代の潮目を見た気がするのだ。
 
11
 
opteriaglassias

両眼視16)それ以外に?骨格や姿勢の歪み?食事の方法/内容?運動不足?呼吸方法。更に?目からくるストレス。このように分類しました。?~?のどれもストレス過多になれば心や体の病気になってしまうのでは?と仮説をたてたのです。目のストレスも他のストレスと同様に病気の原因なのでしょうか?
10-10 11:51

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 06月 【24件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム