次論公論

 
29
 
opteriaglassias

検査法44)そこをはき違えてしまった為に、経営者は従業員に単価アップを迫り、その方法論を論じます。ですが僕は例え単価が下がったとしても満足度が上がるのなら単価を下げる選択を推奨しているのです。そんな綺麗事を言っていては経営が成り立たないとお嘆きになる方もきっといらっしゃるでしょう
12-28 14:33

 
28
 
opteriaglassias

検査法43)検査の普及の為には専門店がシェアを奪い返す必要がありその為に原点に返るべきだと僕は言っています。それが顧客満足至上主義です。僕らは与えた満足に応じた報酬を手にします。接客技術は必要です。ですがマックがポテトもいかがですか?とやる様に提案するべきではないと思うのです。
12-27 11:18

 
27
 
僕は視力測定する機械を二デックという会社のおよそ1m程度のスペースで検査出来る機械にしている。この機械の是非については様々なご意見を頂戴している。絶対に5m必要だ、いや本来は6mが正しいんだ。そんな貴重なご意見を業界の諸先輩方から頂いている。

そして検査法について僕は

アメリカ式とドイツ式の良いとこどりをしていつの日か、検査仲間皆で侃々諤々の議論を交わし、一つの統一検査理論を構築する夢を持っている。

そんな僕だが、お店を開いて7年半、当然まだ究極って奴に辿り着いたとは到底思えない。それでも一つだけ気づいた点がある。

それはフォロプターという機械を用い、遠見眼位を測定すると偏光板に比較して4~6d程度内斜位寄りに測定されるという事でそれを本ブログでも何度かご報告させて頂いた。

今日ご紹介する事例はそれが極端に測定値として出たのでこんな事もあるんだ、という程度に聞いて頂ければ幸いだ。

まずフォロプターでの遠見眼位=12D

偏光板では=ベースイン1D

そしてカバーテストでは更に増えてベースインで6D

この様に僕の測定ではその測定値が変化した。これが全てのフォロプターで同様に変化するのか、それともグラシアスだけで起こる事象なのか?これの結論はまだ出ていないが、こういう事もあるんだよというくらいに思って欲しい。

内斜位で12D!

そりゃ大変だ。といって安直に内斜位を矯正するベースアウト方向に度数を入れる。それが僕も同じ間違いをしたが、まずは

近視+内斜位の場合にはその存在を疑う事から始める。これを僕は推奨したい。また偏光板を使う方は少数派だが、偏光板が無くともカバーテストは出来る筈。この事例でもしも本当にベースアウトで12Dの内斜位なら片目で1.5mm内側にずれているのが目測できる筈だ。その確認なら何の設備も必要無い。

結局このA様(仮称 24才 接客業)の方には偏光板での遠見眼位に対して目一杯の

左目に1Dのプリズムを入れて差し上げた。これが正解だと言い切るつもりも毛頭ないが、本ブログの目的はこんな事例もあったよ。皆さんはいかがですか?という投げかけに過ぎない事をどうかご理解頂きたい。

では何故、近視+内斜位は疑えというのか?

何故本来は外斜位の筈の人の眼が内斜位になってしまうのか?

その僕なりの見解は既に本ブログで僕の見解は報告済みだが、その説明はまた日を改めてご報告したい。

このご報告がどこかのお店の

  どなたかのお役にたちますように。

         プリズム滋郎より
 
27
 
opteriaglassias

検査法42)顧客のニーズが何なのか?顧客の期待に応える為にはどんな提案をしたら良いのか?その顧客の立場にたち接客する販売員は当然います。ですが、それよりも個人の成績、会社の売上予算、そして上場企業であれば経常利益。これらが顧客満足よりも上位に来てしまっていたのが過去の専門店です。
12-26 13:22

 
26
 
opteriaglassias

@Besson0905 僕はそうは思いません。僕の言いたい事はもう少し先まで読むときっとご理解頂けると思います。眼鏡屋は通常の対面販売の業種と違い異質だと僕は感じています。このお客様の眼ならこのレンズそれが顧客満足と直結していない事を僕は指摘しています。その反動がまさに今なのです
12-25 19:48

検査法41)我々は半医半商の商売です。専門的な知識が無いと一般消費者はレンズさえ選べません。言葉はきついのですが、その消費者の無知の上に胡坐をかいて座っていたのが過去の多くの専門店なのです。そして自分の都合と顧客の身なり等で顧客の収入を推測した上で顧客の単価を自分で決めていました
12-25 15:16

 
23
 
opteriaglassias

山頭火、大盛を中野頼んだけど細麺ちぢれはおいらのみたてで350g程度。ペロリと頂きました。しおだからあっさりなんて期待もしていませんでしたが、最初の一口でガツンと来ます。しつこい訳じゃなく。美味い!!気に入りました。 http://t.co/AzmW1mx2
12-22 22:12

今月の部活動、原宿の山頭火。しおラーメンを頂きます。
12-22 22:02

あ!今日Facebookで自分の新調したメガネがすこぶる調子が良い話を書こうとしたらラーメンと小説の話に夢中になり書き忘れた。では時間を作ってブログ記事にしよう。つまりFacebookの記事をご覧になった方はおいらが何故あんな写真を載せたか意味が分からんっちゅう事。くふふふ~ww
12-22 13:03

検査法40)前回の呟きを読んだ方はえ!?と驚かれた事でしょう。またこのアカウントは業界内の方の目にもとまるかと思います。過激な事を言うな、というのが正直な感想ではないのでしょうか?ですが今、この時に現実をハッキリという事が大切だと僕は思うのです。過去の経緯を踏まえて反省するのです
12-22 12:28

 
22
 
「ドラキュラ伯爵の憂鬱」

 第一話「序章」
 「おい、しっかりしろ。」

 薄暗い四畳半の和室で白髪の男は布団で寝込み息も絶え絶えだった。また付き添いの男は必死に看病している様だ。カーテンは半開き、照明も点いていないので昼間にも関わらず部屋は薄暗かった。

 「レイチェル、有難う。そろそろ俺はお迎えが来る様だ。お前と出会って本当にっ」

 と言いかけて白髪の男は咳き込んだ。

 
 
22
 
opteriaglassias

あら、有難う(^_^)☆良い言葉は人を時には励まし、時には叱咤激励するし。僕も元気を頂きました。あ、僕の呟きじゃないけど^_-☆“@Besson0905r: @opteriaglassias 私にとってとてもタイムリーなツイートありがとうございます^_^”
12-21 23:34

検査法39)もしも自分らの提唱する理念があるのならそれに賛同してくれる人=消費者を増やす必要があります。つまり大手量販店にシェアを奪われっぱなしでは改革どころではないという事です。では何故消費者は専門店を見捨てたのでしょう?それは専門店の経営者の多くが努力する事を忘れたからです
12-21 11:28

久々に気が向いたので、頭ん中で温めていた小説を書いてみよう。うん、そうしよう。ま、誰も期待してくれないだろうけど、良いんです。僕はいつの日か小説家になる夢があるのだから。え?どんなネタか?って?今回は現代版ドラキュラをファンタジー調で書いてみます。今日中には無理かな?
12-21 11:26

 
21
 
皆さ~ん、年の瀬も迫っていますが、いかがお過ごしですか?ちなみに年の瀬っていつまで?と調べてみても年末をさすとしか出てこないな~。今一つ納得していないのですが、一つ勉強した滋郎さんでした。

久々に今小説を書いています。以前に告知したゾンビネタは書いてみたら取材というか、調べる事が一杯有り過ぎてその調査無に書けない、つまりリアリティーがだせないという現実にぶち当たりとん挫していました。

でも今回のネタは構想二週間(短!!)の超大作で、しかもファンタジーというかSFというか…

その名も

「ドラキュラ伯爵の憂鬱。」

という「ドラキュラ伯爵の〇〇」という形で短編小説をシリーズ化してゆきたいと思います。赤川次郎先生の三毛猫ホームズの〇〇くらいに多作で息が長いシリーズになれば良いなと思っております。

勿論、僕の書く文章ですから駄文である事は間違い無いのですが、せめて読む人の事を考えて誤字脱字はもすこし減らしたいと思っております。

え!?ドラキュラならホラーじゃないの?

ええそうなんです。ホラーでは決してないんです。それが滋郎流なんです。

明日は短めの序章です。今から誤字脱字のチェックして仕上げてからアップします。

乞うご期待!!!
 
21
 
opteriaglassias

検査法38)法整備に理解を得る様に国民に啓発する事は勿論必要ですが、それよりも先ずは僕ら専門店が眼科医とタッグを組み、国民の健康を管理する。その事の意味/意義を誰より国民に理解される必要があります。量販店よりも価格の高い専門店の存在意義を国民に認めてもらう必要が有ると思うのです。
12-20 13:41

 
19
 
opteriaglassias

検査法37)それが出来れば苦労はありません。ですがこの取組を阻む壁が何重にも道を阻くかのように横たわっています。実際に眼鏡士国家資格化法案は二度廃案になっています。この障壁の詳細を語っていてはいつまで経っても先に進まないので割愛させて頂きますが、ともかくそういう物だと思って下さい
12-18 10:58

 
18
 
opteriaglassias

検査法36)機能的な眼鏡を選ぶ事に価値があり量販店より多少高くともご満足いただける。そんな消費者を育む観点が僕ら専門店経営者には今後求められます。別にそんな事しなくとも眼鏡屋が国家資格化になり安い眼鏡が流通出来なくなる様に制度改正すれば良いのでは?と思う方はいらっしゃいませんか?
12-17 18:58

 
17
 
opteriaglassias

今朝ワンピースを見た後に投票に行ってきた。今までの選挙では見た事が無い、順番待ちの列が出来てた。でもお店に来てネットにつなぐと10時の時点で投票率低いと報道されていた。ほんまかいな?と実際に行った感覚とのずれに驚いた。そんなに関心ないのかな~?それとも…まさか、ね…。
12-16 14:10

検査法35)今日本の眼鏡業界は一円でも安く、いわば軽薄短小のトレンドと視力補正器具としての機能的な眼鏡からファッションアイテムとしてのアクセサリー化が同時進行しています。その過程で真っ先に切り捨てられたのが機能性であり、まずは消費者がその機能に価値を見いだして頂く必要があるのです
12-16 13:58

 
16
 
opteriaglassias

検査法34)さて新たな検査論を構築し終え、さ~これから普及させようと思えば勝手に普及するのでしょうか?僕は違うと思っています。僕は僕の言っている検査法が普及すれば眼鏡の一式単価は少なくとも今より上がると言っています。まずはその価格上昇に対する消費者の理解が必要不可欠なのです。
12-15 12:02

 
15
 
opteriaglassias

検査法33)またこの日本発の新たな検査理論構築における成否の鍵は、各世代の代表をそのグループに加える事、そして参加者の地域性も出来れば日本全国から募る事が望ましいでしょう。世代間での認識の差異を意見交換させる事で修正集約し、意見の一致をみた上でその検査法を全国に広めるのです。
12-14 11:04

 
14
 
opteriaglassias

検査論32)ですからまず検査法を新たに構築しようと思えば、まずは言語の摺合せからが必要になると僕は感じています。その上で長所短所を抽出し取捨選択していくのです。きっと大きな労力を伴う作業でしょう。ですが一見遠回りに見えても日本全体を巻き込む為にはその回り道が必要だと思えるのです。
12-13 12:44

 
12
 
opteriaglassias

検査論31)ただし以前にドイツ式とアメリカ式をベースにした先生との意見交換の場に居合わせましたが、その先生お二人の議論はまるで違う国の方同士の会話の様でした。ベースとなる参考文献の違いや教わった環境の相違、また検査が未完であるという認識の欠如により議論の土俵すら構築出来ないのです
12-11 12:48

お待ちしてま~す。美味いですよ~(^_^)☆“@jujooyaji: おおおお~おばよぅごごじゃいワン♪めがねノささがわデス。本日は、定休日です。夕方から、吉祥寺に、遊びに行く予定です。本日も、宜しくお願いいたします。 http://t.co/kLKxmxAa
12-11 09:48

 
11
 
グラシアスでも人気のブランドPERSOL(ペルソール)そのブランドのプロモーションムービーが格好良いのでご紹介。

PERSOL
 
11
 
opteriaglassias

検査法30)そんな状態で他の派閥の方々と意見を戦わせてもどちらが正しいかという議論では答えは出ません。僕に言わせればどちらも間違っていて、そのどちらも正しいのです。つまり一長一短あるのが今の検査理論だと僕は感じています。ですから普及の前に見解の一致をみる必要があると僕は思うのです
12-10 11:54

 
10
 
実は疑っていてもそれを言い切れない、こんな眼のずれが危険だよと警鐘をならしたくとも公言出来ない。日々検査業務をしているとそんな事が山ほどある。

随分前から、ある因果関係を疑っていて着目しながら検査して来た。

だがその実際の処方例もある程度まとまってきたし、疑いの目から、ある程度の状況証拠に過ぎないが実例が上がってきたのでご紹介したい。

 
10
 
opteriaglassias

検査法29)ですが今の日本の眼鏡業界に多くの大小様々なピラミッド、いわば派閥が存在し、それぞれにピラミッド状の組織を構築しているからです。これでは業界全体で一つの目標に向かおうとはならず、またもし出来たとしても玉虫色の施策に終始するでしょう。一枚岩には程遠いというのが僕の感想です
12-09 11:52

 
09
 
opteriaglassias

検査法29)ですが今の日本の眼鏡業界に多くの大小様々なピラミッド、いわば派閥が存在し、それぞれにピラミッド状の組織を構築しているからです。これでは業界全体で一つの目標に向かおうとはならず、またもし出来たとしても玉虫色の施策に終始するでしょう。一枚岩には程遠いというのが僕の感想です
12-08 11:36

 
08
 
opteriaglassias

検査法28)今こそ侃々諤々の議論を業界全体ですべきなのです。ですが残念ながら眼鏡業界には多くの先駆者と言われる方々がいらっしゃり、そしてその先生方の多くは知識情報の共有にあまり興味を抱かないのです。何故なら一つの業界に一つのピラミッドなら情報もその頂点から下部組織団体に広まります
12-07 11:23

 
07
 
今朝、野菜ジュースを飲みながらアイパッドを用い、ネットで報じられるニュースをチェックする。すると自民が単独過半数、と読売が報じられていた。その後お店に入りやはり会社のPCを立ち上げ、ヤフーのトップページを開く。すると朝日新聞が「自民過半数…。」と報じていた。

その後入金や引出の手続きでいつもの信用金庫に行く。すると今度は日経新聞が

「自民、過半数の勢い。」

と報じていた。

僕は当初の読売の記事を見た時に

「あ、読売らしいな。」

 
07
 
opteriaglassias

検査法27)少なくとも今も昔も眼鏡作りを極めたという方はいらっしゃらない筈です。眼鏡の作りの全てが分かった等とは到底言えないレベルであると今の日本の眼鏡業界を見ていて思います。まだまだ研究の余地がいくらでもあると僕は感じているのです。だからこそ、普及の前に英知の集結が必要です。
12-06 17:41

 
05
 
opteriaglassias

検査法26)この様に時代が変われば人の営みも変化します。つまり眼鏡に求められる機能も、これもまた時代に応じたニーズが生まれると僕は言っているのです。ですが過去の検査理論を学習している方々の多くは過去の遺物を珍重しそこから先に進もうはしないのです。これを僕はおかしいと言っています。
12-04 13:40

 
04
 
opteriaglassias

検査法25)一例を挙げれば巷で効果の有無が噂になっているPC用眼鏡、僕は随分前からその必要性を訴えていましたが、これも昔では考えられなかった事です。以前は老眼になったら手元用、でも僕は例え20代でもPCのへヴィーユーザーであれば遠と近で、使い分けの必要があると言ってきたのです。
12-03 18:37

 
02
 
opteriaglassias

検査法23)私見ではありますが僕は議論の叩き台としてこの三案を提言したいと思います。勿論僕は最後の新たな検査法を構築するという案を支持し日々取り組んでいるのですが、圧倒的に米独どちらかの検査理論が優れていると結論が出ればそれに従うつもりです。ですが僕に言わせれば問題大有りなのです
12-01 19:03

 
01
 
opteriaglassias

検査法22)では延々と精神論の様な物をお話ししてきましたが、今度はもう少し込み入ったお話をしたいと思います。まず日本で検査法を普及させようとすれば日本でおおまかに分かれているアメリカ式を採用するか、ドイツ式を採用するか、それともそれらの良いとこどりをした新たな検査法を生み出すか。
11-30 14:16

イスラエルがどう動くのでしょう?逆にこれが火種になる事も充分に考えられると思うのですが…。“@naoyafujiwara: パレスチナを「国家」に格上げ 国連総会、決議を採択http://t.co/n35oK8V4
11-30 09:53

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【20件】
2017年 07月 【18件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム