次論公論

 
07
 
僕はこのブログで主張していることのうちの一つに、経済規模は適正化を目指し身の丈であるべきであると次論を展開している。何故なら、ミクロで言えば、成長を至上命題とすることで本来の経営スタイルを貫けないケースがあり、更に顧客満足も追求出来ず、もしもそれを追求するのなら価格を下げて満足度を上げる。国内で経費や原価の削減に目途がたたなくなれば、競争に勝ち残る為に多くの企業が海外の安価な人件費でより安いものを提供する。だがそれで産業の空洞化から、雇用の需給バランスの悪化による賃金低下を招き、結局安くて良い物をという消費者の当たり前をニーズに任せて追求すれば、自然と競争の原理により価格は下がり市民の生活水準も下がる。

優秀な経営者であれば、安くなった商材の次の駒を技術革新により開発し、そして目新しい技術で利幅を稼ぐ。価格を下げることと、新商品の開発とのバランスを当然考慮する。これが価格を下げるだけにもしもなってしまったら?それは先ほどの産業の空洞化なんちゃらかんちゃらという流れに一方的に流れていく。日本においてはユニクロや眼鏡市場、西友、ドンキホーテ、イオン、これらがその代表例だろう。

だがこの一連のデフレという流れは本当に悪いことばかりなのだろうか?もしも給与水準も下がらずに物価のみ下落するなんてマジックがあれば、それは素晴らしい。だが所得が下がり、物価も下げざるを得ないのが今の流れであれば、その魔法はただの妄想と化す。だが所得も物価も下がる。これは人件費が下がるということなのだから企業にとってはコストのマイナス要因となる。経費が下がれば、更に売価を下げる余力も生まれる。元々世界有数の物価高都市である東京で、物価が下がれば、それは観光客も呼び込む要素にもなりうる。ならば一度下がる所まで下がってみては?と単純に思ってみたのだがいかがだろうか?たとえ10%平均所得が下がったってまだGDPはそれなりの水準を維持するだろう。もしくはもうGDPを目安に国民の幸福度が計れないのかもしれないと僕は思う。

では、成長基調に再度戻せばどうなるのだろうか?そもそも、もしも高止まりしたままの人件費でグローバル社会の中、日本の企業は競争力を維持出来るのだろうか?またもしも成長したとしても環境負荷についてはクリアーできるのだろうか?排出権取引で済ませるのであれば、それは更なるコスト要因となる。循環型の社会で最先端技術は維持出来るのだろうか?また世界の中での競争力は維持するべきなのだろうか?勿論多くの方は資源も無い日本は技術立国で生き残っていくしかないとお考えだろう。僕もそう思っている。だが成長という選択肢を思い切って捨てたらどうなるのか?それは有権者の支持は受けるのだろうか?様々なシミュレーションをするべきだろう。

僕はこのブログで度々ルネッサンスを口にした。

量から質へ

とも言ってきた。その時点では成長そのものを否定する気も無かったし実態が伴わない成長をバブルと断じたのだが、一度成長を捨てた社会がどうなるのか?それを僕なりに今後は考えてみたい。

成長過程では僕も含めて誰もが、昨年対比で○○%UPと多くの方が勝ち組であることを誇りに口にする。だがその成長も永遠に続くものではないことは昨年のリーマンショック以降のトヨタの業績の推移を見ても明らかだ。増してや今回の金融危機はレバレッジを利かした実態経済の何倍もの米国発のバブルの崩壊だ。あるサイトによれば、その金融商品の総額は兆のレベルを大きく超えて、6京円とも8京円とも言われている。その米国発のバブルに乗っかり短い春を謳歌するにせよ。それは続かないことを前提に楽しむべきだろう。僕はこの酷く不安定な状態を一商店経営主として好ましく思えない。それをマクロ的観点から先日の記事にした。以下の一連の流れは決して国民を幸せに出来ないと僕は思うのだがいかがだろうか?

成長を義務付けしたマーケット⇒バブル⇒弾けて不況になる。⇒不況を乗り越える為に戦争を起こす。

この流れが僕に言わせれば明確にある。もしもそれが僕の言うとおりならば、成長を捨てたらどうなるの?と考えたのだ。

ここで久々のアンケートです。僕の今までの説明はともかく、単純に成長維持が国益と考える方が多いのか?それとも身の丈で充分と考える方が多いのか?いつものアンケートにお答えいただければと思う。トップページの右上にアンケート欄があるのでご協力をお願いしたい。

う~ん、今回のアンケートは予想が付かない。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://opteriaglassias.blog92.fc2.com/tb.php/1062-b047e93b

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 11月 【12件】
2017年 10月 【19件】
2017年 09月 【21件】
2017年 08月 【20件】
2017年 07月 【18件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム