FC2ブログ

次論公論

 
17
 
眼鏡つくりは難しい、それを痛感させられる日でした。今日お受取のM様(23歳 男性)はとにかく視力が出にくかった方でした。主訴としては左目に辛さを訴え、痙攣も度々という方でした。これは斜位か悪戯したか?といつもの悪い癖が出てきました。とりあえず診させて下さいとお願いし検査に入ります。

【レフという簡易に測定出来る機械の数値】
RS-7.25 C-0.50 AX162 
LS-6.75 C-0.75 AX11

強度の近視、僕に言わせれば近視や遠視の度数が強くなればなる程に視機能に悪戯するリスクが下がるとこのブログでも何度も言っている。その為最初に感じたのは斜位ではなく過矯正が原因かな?と感じました。

【今までお使いの眼鏡の度数】
RS-5.75  V=0.2
LS-5.75 C-0.25 AX179 V=0.2
両目で0.6程度は視力が出ていました。片眼に対して両眼ではぐんと視力が上がり、これは納得がいかんと思いながらも保留し先に進みました。

【完全矯正値】
RS-6.75 C-0.50 AX175
LS-6.50 C-0.75 AX10
遠見眼位BI2.00
上下斜位は斜頸の癖があり、その状態では右アップ1.50度程度、斜頸を治すと逆に左アップ0.50程度でした。水平は問題無いし、上下も斜頸は気になるがどちらがアップなのか決めかねている状態でした。結局斜位は矯正せず一度眼科にかかることをお勧めしました。作成した度数は

【処方度数】
RS-6.25 C-0.25 AX175
LS-6.00 C-0.50 AX10
これで当初は0.7程度、雲霧を掛けながら緊張を取り除いていくと最終的には0.9、検査時には出ていました。緊張壁があるのかな?と疑い少しずつ時間をかけながら視力が上がっていくのを確認していきました。完全矯正値に対して二段階下げて0.9なら悪い数値とはいえないなと無理やり納得させました。

ところが、お受け取り時に視力を測定すると0.5しか出ず、雲霧を入れても0.7程度、本人曰く今日は疲れているからということでした。だがそこで終わらないのが今日の次論公論でした。

その検査の最中、M様がいつもの癖でと顎を引き、まるで遠近両用の遠用明視域を使うように上目使いでレンズの上部を使って見るのです。すると何と!!視力が1.2まで向上したのでした。無理やり前傾角をつけてみることで発生する乱視度数との合成度数で視力が上がるのかな?と最初は思いましたが、ならば最初からその乱視度数をいれて再作成しなくてはと思いましたが、一つ閃きました。もしかしたら、

①外眼筋に癖があり、上目使いの方が上手く筋肉を使えるのか?

②それとも黄斑部の位置が通常の位置と少しずれていてプリズムが入った位置の方が良く見えるようになるのか?

僕はとりあえず②を試してみようと思い、ざっと僕の設定した光学中心からのずれを5mmと見立て計算しました。

6D×0.1×0.5=3D

ではそのおよそ7掛けの2Dを両目にアップで入れてみました。すると先ほどの度数で1.2の視力が出ました。歩いてみてもらうと装用感も悪くないそうです。床が浮いたりということも無かったようです。試しに片目にアップで1.50D入れても装用感は酷くて歩けないようでした。遠用と近用と各距離を見比べてもらい、最高視力の出た1.50Dアップを両目に入れて再作成することになりました。これが正しいのか、僕には分かりませんが、一度眼科にはかかってくださいとお願いをしたのです。ともかく今の時点で考えられるベストとして再作成をお願いした度数は以下の通りです。

【再作成した度数】
RS-6.25 C-0.25 AX175 右アップ1.50度
LS-6.00 C-0.50 AX10  左アップ1.50度
両目で1.2の視力です。

お陰様で最近は両眼視も少しずつ業界内でも注目されているようでお問い合わせもいただくようになりました。ですが僕は興味本位や、一山あててやろうという方にはこの検査法はお勧めしません。僕はあくまでも顧客満足度を追及するとこのブログで宣言したのです。ですから今回のM様のケースも見逃すこともできましたが僕はそこでM様にも嘘を吐き、自分自身にも嘘を吐いてしまうと感じました。僕は一度でこの両目にアップのプリズムを入れる処方を気付けずに二度手間になってしまったことをお詫びし再作成するので再来店をお願いしました。

ではこれはどういったことなのでしょう?どんなに僕がここで御託を並べても推測の域は出ませんが、一つ言えることはこのM様のケースはアップにプリズムを入れることで、網膜の黄班部により近い領域で像を捉えられるようになったということです。

不自然な姿勢でかつ上目使いという疲れる目の使い方を強いられていたM様にとってこの処方が良かったのか、それについては見解の分かれるところでしょう。ですが現状の眼鏡業界の多くの検査に携わる方々は、球面度数のプラスマイナスで網膜にいかにして近づけ、正視に近い状態に持っていくかということで検査しますが、その焦点の位置を決める対象の網膜は曲面で構成されていることにもっと留意するべきでしょう。要は黄班部にいかにして近づけるかということを考慮すべきだということです。その為にこのプリズム度数は一役買えるケースが多いと思うのです。M様未熟者ですみません。もう一度チャンスをいただけたことを有りがたく思います。

このご報告がどこかのお店の

  どなたかのお役に立ちますように。

        プリズム滋郎より

Comment

2010.02.21 Sun 16:54  |  

三原様

 貴重な情報であり、コメントを下さいまして
誠にありがとうございます。

 眼球振盪でお悩みの方も多くはないかもしれませんが
確実にいらっしゃいます。僕もインとアウトの使い分けの
必要性を感じています。単純に外眼筋の筋肉のストレス
だけの問題なら簡単なのですが、それ以外に精神や脳、
そして神経を疑いだすと眼鏡屋の手の出せる範疇ではないと思います。
 
 ですが、片方の眼が輻輳にストレス、
もう片方が開散にストレスという場合に
三原様のおっしゃるような処方が効果的であると僕も思います。
半信半疑でやっていますが、三原様のお陰背中を
押していただけた気がします。本当にありがとうございます。

 僕は、専門店の応援団という立場ではないのですが、
やはり個人経営のお店の方々が三原様のように
頑張っていただけることが消費者の利益に直結している思います。
僕はまだまだこの記事のように自身の不勉強を
痛感させられることが続く毎日ですが、
頑張りたいと思います。

 ありがとうございました。

2010.02.20 Sat 22:02  |  

いつも刺激を受けながら拝見しています。

私も、お客様の視線を注視した結果
片眼へBI、もう片眼へBOのプリズムを入れた事があります。
現在、快適にご使用との事です。

また、眼振に対して上記のベースと同様のプリズムを
最近入れ始めています。
手ごたえは有りますが、結果が判るのはこれからです。
思考錯誤の毎日です。

私も個人店です。頑張っていきたいです。
ありがとうございます。

2010.02.18 Thu 01:55  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • #
  • Edit

2010.02.17 Wed 01:21  |  

相互リンクのお願い様

 せっかくのリンクのお誘いはありがたいのですが、このサイトは相互リンクはお断りさせていただいています。あくまでも次論が公論であって欲しいという願いも込めてそういったポリシーで運営していますことをどうかご理解下さいませ。ありがとうございました。
  • #-
  • グラシアスの店長さん
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://opteriaglassias.blog92.fc2.com/tb.php/1102-81bc0f1e

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2019年 09月 【17件】
2019年 08月 【25件】
2019年 07月 【27件】
2019年 06月 【27件】
2019年 05月 【26件】
2019年 04月 【22件】
2019年 03月 【25件】
2019年 02月 【22件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【28件】
2018年 11月 【25件】
2018年 10月 【24件】
2018年 09月 【23件】
2018年 08月 【16件】
2018年 07月 【10件】
2018年 06月 【19件】
2018年 05月 【17件】
2018年 04月 【18件】
2018年 03月 【15件】
2018年 02月 【12件】
2018年 01月 【22件】
2017年 12月 【16件】
2017年 11月 【19件】
2017年 10月 【19件】
2017年 09月 【21件】
2017年 08月 【20件】
2017年 07月 【18件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム