次論公論

 
11
 
僕は自身のお店のホームページで以下のように自分の見解を述べている。

(グラシアスホームページより引用始め)「僕のお店に眼鏡を新調しにくるお客様はよくこんな質問をされます。この眼鏡まだ使えますか?ってね、僕が見る限り半数以上のお客様のフレームはまだピンピンです。それを他のお店の方は、まだ使えるというと売上につながらないと考え、もう駄目ですね。と言います。皆さん騙されないで下さいよ、時計のように精密な構造ではなく最近はチタンフレームの普及のおかげで飛躍的に眼鏡の寿命は上がっています。だって通常は腐食が殆ど無い素材なんですから、せいぜい溶接の部分が弱くなりメッキが剥げている位です。ですからうちのお店ではそんな場合は再溶接/再メッキをお勧めします。チタンでも7.350円、合金だと5.250円程でその作業が出来ます。そしてその眼鏡を大事に使う事によっていずれ飽きてくるでしょう?そんな時もう1本買えばいいんですよ。そうすれば1本プラス溶接/メッキ代金で二つの眼鏡を所有出来るでしょ?」(引用終わり)

当時から僕は眼鏡業界から聞こえてくる複数本所有の提案というアプローチに疑問を感じていた。複数本所有という提案は誰の為に提案しているのか?その提案の裏に業界の利益が見え隠れしているのに気付いてしまったのだ。メガネが視力矯正器具という品からファッションアイテム化した事は業界にとっては立派な利益だ。ファッションアイテムなのだから、シルバーアクセサリーが数百円から10万円を超える品がマーケットに存在するように眼鏡の価格帯も多様であるべき、こんな風に考えていた。だから間口を広げ、マーケットの裾野が一気に広がるスリープライスショップの業界参入は本来喜ばしい事だと考えていた。だが時流にものり、マーケットがそればかりになってしまうのはいかがなものだろうか?とも思っている。本当に困った人が頼るべき技術のある専門店もプライスショップと同様に業界には必要だと考えるからだ。その頼るべき専門店は今、量販/激安店の攻勢にあえぎ、体力の無いお店から参ったと手をあげ降参している。量販/激安店がデフレという経済的な要因の追い風を受け、一気にシェアを取った事はそれはそれで仕方がない。繰り返しになるのだがそればかりでは困る人が必ずいるという事だ。

また話がそれた…、つまり僕は消費者に賢いお金の使い方をしてほしいと訴えたかったのだが、つい熱くなり話が横道に入る。僕は上記引用でも述べているが、複数本所有がもしも認知され広まるとするならば、次から次へ流行に合わせて洋服を着替えるかのように今年の流行はと買い換えるというイメージではない。これからの時代は1本を大切に使い、痛んでも修復し、そして1本の良い品を長く使う。そして気づけば眼鏡が複数になっていたというスタイルが理想だと思っている。100年に一度の不況下、世界は僕に言わせれば戦争まっしぐらと、地域紛争の種がそんじょそこらでばらまかれている。一方、観測史上最も…というフレーズが毎日の新聞を賑わす程に地球が悲鳴を挙げているかのように異常気象は人類に問題提起している。

僕はこんな今だからこそ、大量生産、大量消費の社会ではなく、環境負荷を極力抑えた少量生産、少量消費の時代が嫌でも来ると思っている。前年対比で+成長を義務付されてもそれをクリアーするのは一部の大企業のみで、その大企業でさえも投資家の期待に応えようと更なる成長戦略をとっても残念ながら「人・物・金」を計画通りに調達出来ない可能性が大きい。物を作りたくとも人手が足りない、資材が高騰し調達出来ない、もしくは資材そのものが争奪戦になり調達そのものが出来ない、そして風船がしぼむかのように景気が後退し続けている世界経済で投資という形でさえ資金を調達しにくくなっている現状が確実にある。

勿論僕のような零細企業はそんな苦しみは大企業に比べれば雀の涙程度だろう。でも僕は一気に成長しない、だから「人・物・金」は身の丈で良いと堂々と宣言出来る強みがあるのだ。

唯物論が経済界でも主流になり、拝金主義がはびこる今だからこそ僕はその逆が大切だと本ブログで言い続けてきた。目に見えない物を大切に思える感性こそが大切ですよと思っているという事だ。

さてここまでが前振り、実はここから今日の本題であり、お店の宣伝なのだが、ご興味ない方は読みとぼして頂きたい。

先日4~5年振りのお客様にご来店いただいた。前回お買い上げいただいたセルフレームが現役で使って頂いていた。だがそれが流石に4~5年も使うと明らかにくたびれている。ご本人様ももうくたびれているので今回は新調したいと思われたようだった。それはそれで新調していただいたのだが、従来の眼鏡が近視が弱くなり過矯正になっていた。そのレンズのまま掛けるのは止めて下さいねと伝えると、それならば従来の眼鏡を室内用で使おうかな?と言われた、運転が多いお仕事だと言われたので遠用が1.5の視力で出したのだが、室内用は思い切って0.8の視力になるくらいに弱くしたのだ。そしてレンズを新調したのだからフレームももう少しだけでも綺麗にしてあげたいなと思った。

その過程を写真に収めたのでご覧になっていただきたい。

メガネ再生-1
これが荒やすりを掛けただけの状態、この前の写真は…、取り忘れました。なんせブログ記事にしようと思ったのは途中からですから~。このリムというレンズを囲う部分が斜めに歪んでいる。これも直そう。

メガネ再生-2
もう少し番手の細かいやすりで磨きをかけた。さっきと多少違うね。
メガネ再生-3
一番目の写真と比較するとリムの厚みが減っているように見えるかもしれないけどこれは斜めに歪んでいた枠が水平になった為に薄く見えているのです。
メガネ再生-4
そして最後にバフという艶をだす機械で磨いた。黒い枠がきらっと光っているのが分かるでしょう?

あ~気持ち良かった。これできっと喜んでもらえるね。

最初の堅い語り口から最後は一気に砕けましたが、今日お話ししたことは当たり前じゃない?使える物は最後まで使いましょうと言っているのに過ぎないのです。

おしまいm(__)m

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://opteriaglassias.blog92.fc2.com/tb.php/1724-4065417a

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 10月 【11件】
2017年 09月 【21件】
2017年 08月 【20件】
2017年 07月 【18件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム