次論公論

 
07
 
無くて七癖というが、当然僕にも自分で気づいているのかはともかく、癖はある。癖そのものが人に不快感を与えるものでなければ人にとやかく言われる筋合いはないと思うが、それでも気づかずにやっていた癖が僕の人生に悪い影響を与える事があるのであれば当然僕にとっても他人事ではない。

それが

逃げる癖



疲れた

とつい言ってしまう癖である。

僕は一時期嫌な事から逃げる癖がついていた。それで離婚し、そして転職を二回した。この悪い癖を直したいと思ったのが創業時であったというお話しは随分前にこのブログでお話しさせていただいた。楽な道と辛い道、自分の中での二つの選択肢があった。そしてその二択の内のどちらが逃げるではなく、挑戦するなのか?そのどちらが辛い道なのか?それを僕は考慮し独立する道(辛いであろう道)を選んだというお話しだった。

この逃げるという行動は本当に癖になり、つい嫌な物程後回しに、そして気づけば忘れていたという事が人生の色々な場面で頻発した。そして僕はせっかくの長いようで短い人生で課題から逃げる事により何も成長していない日々を過ごしていた事にふと気づいた。今思えばその逃げ回る日々こそが僕に気づかせる為に必要だったし、その経験が有ったから今が有ると感謝出来ているが、ともかく嫌な事を試練と受け止め、極力その立ちはだかる壁を乗り越えようと努力することが尊いのだと四十を超えてやっと思えるようになった。

この逃げたくないという思いは負けず嫌いな性分がそうさせたのか、それとも別の要因なのかは分からない、分からないが今現在も僕はお世話になり、駄目な僕を拾ってくれた眼鏡業界に恩返しする為にも

眼鏡業界をお客様本位な業界へ改革する事。

お師匠から託された

両眼視機能検査を普及させる事。

この一見実現が困難に見える取組を幸せな事にライフワークとさせていただいている。目標がなく、成果が無かった三十代に比べれば、今僕の四十代は外的要因としては

100年に一度の不況や

1000年に一度の大震災。

こんな零細企業にとっては過酷な状況であるとは認識しつつも

実はこんな滅多に体験出来ない時代を目の当たりに出来て幸せだし、きっとこの不況を乗り越えられたとするならば僕は自分で自分をもっと好きになれる気がすると自分に期待している。もしも廃業の憂き目にあったとしても取組し続け、そして逃げずに努力を忘れなければ一度や二度の失敗は良い糧になってくれる筈だと腹も括り自分を信じている。

ともかく僕は逃げたくないというお話しだった。

次はもっとちっぽけなお話しになる。僕はどこかのサイトだったかな~?何しろ僕が自分で気づいて取組始めたことではないのだけれど、

「疲れた。」

と言いそうになった時は

「頑張った。」

と言うように切り替える事を癖を直すように意識して自分を変えている。それまでの僕は何しろ疲れていた。20代からず~っと走り続けてきて、企業の中では歯車の一つになりきろうと極力自我を押し殺し、上の意向をくみ取り実現しようと努めていた。(それでも社内ではハチャメチャな社員だったのよ。)眼鏡屋の修行時代では全く別の業種に30代で転職したこともあり、覚える事が山の様にあった。また眼鏡の小売が上手くいかなくなると今度はお店には応援の時だけ行くようになり、会社の経理とサングラスのOEMの新規顧客開拓をゼロから始めるという一事業部を作るかのような仕事を社長に任せられた。顧客がゼロから始めて自分の給料の元をとるというシビアな仕事と、会社のお金の管理を突然任された。帳簿なんて付けたこともないのに問答無用で始めたのだ。

今思えばむちゃくちゃな話だが、この経験が今の独立に活きているし当時の社長は

「伊藤君もいつか独立するかもしれないんだから経理の経験は無駄にならないよ。」

というお言葉からも社長は愛をもって僕を育てようとしてくれていた事が分かる。間違いなくこの経験がなければ今の僕は存在しないだろう。本当にこの時の社長にはお世話になりっぱなしだと思う。

さて例によって話は脱線するのだが、何が言いたいかと言うと、前職、前々職と多少の無理をしながら走り続けてきたという事が言いたかったのだが、その走り続けてきたつけが

「疲れた。」

という言葉を口走る癖につながっていたという事を言いたかったのだ。疲れている日々、疲れて当たり前。そんな自分に対する甘えもあったのかもしれない。だがそんな僕は単細胞なのでどこかで誰かが良いわよと言っている事はまずやってみる事にしている。そしてその呪文(疲れた。)を言わなくなってから体に変化が見てとれた。

気づけば呪文を言っていた当時に比べて充実感が全くと言っていい程に変化したのだ。

病は気から

とはよく言ったもんで僕の精神的な負担が減ったというのか、マイナスの力を持った言葉(呪文)はマイナスの体調を引き寄せるというべきか、日頃眼鏡作りの為に、問診しそして検査している立場からすると

目と心と体はセットである。

だから切り離しては考えられない。当たり前にようにそれを実感してきたが、言葉一つで体調が変わるとは思ってもみなかった。だから言葉って、口癖って大事ね~、と今更ながら気づいたのであった。

読者の皆様は

「そんなの知ってるよ!」

という方も多くいらっしゃるだろう、でももしも

「へ~。」

と思われた方がいらしたら是非お勧め健康法であると推奨したい。

疲れたと言いそうになったら自分で自分を褒めてあげるかのように

「は~、今日も頑張った。」

と言うのである。お金も道具もいらない簡単な健康法であったりもするのだ。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://opteriaglassias.blog92.fc2.com/tb.php/1767-a5419304

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【21件】
2017年 08月 【20件】
2017年 07月 【18件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム