次論公論

 
08
 
昨日お伝えしたPARISストリートスナップ2011、早速お届けしたい。ちなみに僕は写真は素人なのでひたすらカメラの設定はオートで撮った。声掛け方法は前もって用意したスケッチブックに

「私は日本の眼鏡屋です。あなたの眼鏡が似合うのでお店のホームページで紹介したいのですが、写真を撮らせてもらえませんか?」

とフランス語で書いて持って行った。そして

「ボンジュール!ムッシュ(マダム)ジュ スイ オプテシャン ジャポネ。」

と声を掛け、後はスケッチブックを指さし読んでもらい

「ウイ?ノン?」

と聞くようにした。こんな時フランス語が話せればもっと会話も弾むのにと残念に思うが、とりあえずこれで写真を持ち帰るという最低限の目的は果たせると思った。

更に今回は折鶴を日本で予め折って(うちの奥様が!ここ大事。)おき写真を撮らせてもらった方には鶴の羽に

「Meruci beaucoup」

そして反対側の羽には

グラシアスのお店のURLを書いて渡した。さ~てどうなる事やら。はじまりはじまり~。

PARIS-1
これは市内を走る地下鉄の駅のホーム、電車待ちの一瞬で声を掛け撮らせてもらえた。彼女を見た瞬間に撮りたいとビビビと電気が走って撮る予定も無いのに声を掛けてしまった。日本でも流行しているラウンドタイプ。僕は似合っていると思う。
PARIS-2
これも別の路線、別の駅でのワンショット。別れ際にバイバイと声を掛けてくれ、かつ折鶴を渡したら日本語でありがとうと言ってくれた。

「日本語しゃべれますか?」

と日本語で僕が聞くと

「少しだけ。」

と少し恥じらいながら答えてくれた。フランス人の中で日本を友好的に思ってくれている方が多いのかな?と思った。
PARIS-3
オペラ座の裏手はパリ屈指の百貨店ストリートになっているのだが、その百貨店街のギャラリーラファイエ本館で撮影を始めた。
PARIS-4
親子で普通にお洒落に眼鏡とサングラス。楽しそうにお買い物をしていた。
PARIS-5
笑顔がチャーミングな彼女は快く撮影させてくれた。撮る技術が足りずに二枚も撮ってしまったが嫌な顔一つしなかったのが印象的。
PARIS-6
こんな絵がとりたかった。こういっては失礼かもしれないが、少しお年を召したご夫婦がこの写真の様に普通にお洒落のアイテムとして眼鏡を掛けこなしている。この事実を日本でお伝えしたくてこういったご年配のご夫婦を追いかけたがお年を召せば召す程に撮影の成功率が下がっていった。これは高齢になればなる程に保守的になると言うよりも、ご自身に対する自身の無さの表れかもしれない。

「私なんか…、もっとお洒落な人居るでしょ?」

と表情から察するにどうやら思っているようなのだ。ところが向こうにとっては別に珍しくなくとも(実際にこういった掛けこなしのご夫婦はいたる場所でお見かけした。本人は特に気張ってこの眼鏡を掛けている訳ではないのだ。だが日本でこれは稀なケースだ。特にご主人は眼鏡好き、でも奥様は眼鏡嫌いというケースの方が多い、また女性でも一度掛けた昔ながらの眼鏡を顔の一部と言わんばかりにかけ続ける傾向に日本ではある。流行に合わせるという感覚が日本人のご高齢の女性に関しては希薄だとパリと比較して僕は思った。僕は当たり前にこうしてお顔に合わせているパリの現状をうらやましくも思うのだ。
PARIS-7
これはサービスショット。この百貨店前で通行人に声を掛けまくっている僕らを見て不思議に思ったのか百貨店入口でビラを配っていた女の子二人が

「What do you do here?」

と声を掛けてきた。僕は上手に伝えられるか分からなかったので前述したスケッチブックを見せて指さした。すると

「それなら私達も撮ってよ。」

というので

「オーケー。」

と僕は答えた。それが上の写真だ。勿論折鶴もサービス。

PARIS-8
ここからはマレ地区。お洒落なパリジャンやパリジェンヌが集う街(と聞いている。)興味そそられる被写体が次から次へと通り過ぎる。
PARIS-9
素敵なカップル。彼女もティアドロップを無色で掛けこなし、男性はペルソールのスティーブマックイーンが愛したモデルを着用する。彼は

「君はこのブランド知ってるの?」

と聞いてきたので

「ペルソールだろ?アイノウ!」

と威張って答えた。
PARIS-10
今回の撮影で初めてお見かけしたtheoユーザー、グラシアスもテオの取扱い店、お願いだからと頼み込んだ。でも少しピンボケ。
PARIS-11
笑顔の素敵な彼女も快く取らせてくれた。
PARIS-12
微妙なサイズ感の違いを活かし、黒セルを上手にコーディテートしてるね。
PARIS-13
この方もマレ地区でシンプルな着こなしで颯爽と歩いていた。声を掛けるのに多少の戸惑いはあったが、実は声を掛けてみると非常にフレンドリーだった。こんな事も会話してみないと分からない。旅先で知らない人と触れ合うっていいなと思えた一瞬だった。
PARIS-14
何が良いってこのオジサマお二人の笑顔がいい。着こなしもシンプル。またマレ地区に限らずパリ全般で白を全身に合わせるコーディネートが流行していたこともご報告させていただく。
PARIS-15
今回の最年少かもしれない。元気な四人組。声を掛けると

「おい、遅いよ。早く撮れよ。」

とまくし立てる。

でも撮った写真を見せると

「おい、お前天才だな。」

と持ち上げる。良い意味でも悪い意味でも極端だな。と思った。楽しそうにデートしていた。

今回は一人でこの撮影をしようと思っていた。だが今回同行した三重県の眼鏡屋さんの二代目Hさん。今眼鏡学校で修行中の身だが、僕のこの撮影珍道中にお付き合いいただけるという事でその間一日を共にした。彼にもこの声掛けや撮影の一連の流れを実際にやってもらったのだが、最初はたどたどしく、表情も硬い、笑顔も出なかったが、それを指摘し改善すれば連続で撮影の承諾を得る事に成功した。若いだけにその上達っぷりには目を見張るものがあった事をご報告したい。

将来有望な若手が一皮むける瞬間を見られたようで、初めて彼が撮影の承諾を得た時は我がことのように感激した。また道中僕のくだらない話を聞いていただけし、異国の地で日本語をしゃべれた事も僕にとっては有難かった。Hさん本当にありがとう。また機会があったらご一緒してください。

今回は

15/60 の確率だったが、次回はもう一工夫し更に多くの写真を集め、皆さんにご紹介したい。

日本と違い、もっとラフにかつ上級コーデを自然に出来るパリの眼鏡事情の一端かもしれないがお見せ出来たと思う。

旅先で出会った皆さん、ご協力いただき本当にありがとうございます。こうして草の根のように触れ合うと言葉や肌の色の差なんて大した違いではなく、人類は国境を越えて仲良く出来ると痛感致しました。またどこかで会える事を願っています。その時は

「あ~、あの時のジャポネね。」

と言って下さい。すると僕は

「そうさ僕はパリが大好きだからまた来ちゃったよ。」

と少しハニカミながらフランス語で答えたいと思います。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://opteriaglassias.blog92.fc2.com/tb.php/1917-5a2ed42a

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 10月 【11件】
2017年 09月 【21件】
2017年 08月 【20件】
2017年 07月 【18件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム