次論公論

 
13
 
僕は最近とんとお見かけしなくなった江原さんや細木さんのことが好きでテレビに頻繁に出ている時は夢中になってその番組を見ていた。お二人の言うことをごもっともと素直に納得できるし腑に落ちたと感じることが何しろ多かったのだ。

先日のパリ出張、行きの飛行機は僕が我が儘を言ってわざわざ関空で乗り継ぎ、皆でヘルシンキまでご一緒させていただいた。ところが帰りの便は僕だけ成田、他の四人のメンバーは関空行きの便にそれぞれ分かれて乗ることになっていた。皆さんも既にご存知かとは思うが、僕は元々海外旅行に行く機会なんて滅多になく海外といえばハワイに数回行ったことがある程度だった。だから乗り継ぎなんて一人で出来る自信なんてないし、そもそもチケットや宿の手配だって自分でする自信がない。そんな僕だから帰りの飛行機は不安で一杯だった事は察していただけると思う。

その飛行機は2列/通路/4列/通路/2列の良くある客席の配置で僕は2列の通路側だったし痛風がひどい僕は豆に水分を摂取し頻繁にトイレに行く事が予想されたので予め通路側を行きの羽田でのチェックイン時にお願いしておいた。どんな綺麗なお姉さんが横に来るのかとドキドキしていたが、向こうもそう思ったのであろうが、僕の隣は期待に反して僕より少し年上に見える男性だった。

僕は二年前のフランス渡航時に通路側をとれず地獄の苦しみを味わったので、せめてこの隣の方にはそんな思いをさせたくないなと思い

「トイレは遠慮なく言ってくださいね。」

と精一杯の笑顔を作り声をかけてみた。先方もにこやかに

「ありがとうございます。」

と言って下さった。お互い希望には添えない10時間の旅の相方だが、始まりはこのように良好だった。そしてこれがきっかけでこのS様と僕は機中少し休んではお話をしてと初対面の男同志で語り合った。

僕は夢を語る。そして中間管理職でもあるS様は自身の立場上の苦悩であったり、仕事の醍醐味を僕に語ってくれた。時には熱く日本の今であったり、リーダー不在の日本の状況をどうしたらいいのだろう。僕らには何かできることはないか?初めてお会いしたのにそんな事まで話し込んだ。

そしていつしかIT関連のオープンソースの話になった。S様はラトビアのソフト会社に出張で今回この機に乗り合わせた。そのソフト会社は

たった一人のアイディアから始まり、

「これが普及すればもっと多くの方がハッピーになれる。」

その思いから始まったと教えてくれた。今では世界中でそのソフトを導入し開発者の思いは更に広まり、そしてオープンソースの恩恵を受け、さらにそのソフトの精度は高まり、使いかっては良くなっていく。

僕はこの話に物凄く共感したし、堪らなく嬉しくなった。僕も検査論は師匠の受け売りとはいえ、その検査方法が普及し日本の全ての国民がその検査に基づく視機能のケアを受けられれば大きな効果があるし、効果を肌で感じているだけにその体制の整備を夢見ている。だが師匠が一人で頑張っても結局普及しなかった。これは商業主義という大きな壁が立ちはだかったという要因と、人海戦術をとれるだけの組織力の欠如。この二点に問題があったのが普及を阻害する大きな要因だと僕は思った。耳たこ話ではあるが、両眼視機能検査に基づく機能的な眼鏡を製品化する為には人を育てる手間と、実際に店舗で行う検査/加工/フィッティング、この三点の手間がかかる。そしてその手間に消費者が理解を示さなければその手間分を小売価格に上乗せすることが非常に難しくなるし、高い眼鏡屋と安い眼鏡屋、そのどちらで買っても機能性に大差が無いと判断したから消費者は量販/激安店に一気に流れ、業界の主流となった。まずはそれをひっくり返さなくてはならない。

だが先ほどの検査法の普及と言う夢を実現できるかどうかの自信なんてこれっぽっちも無い。だがやらなきゃ行けないし、きっと普及すれば皆がハッピーになれる。だからビジョンは見えずともまずは僕はアドバルーンになりない。それを強くイメージしている。ピエロでも何でもいい。まずはこんな検査法があり、それの効果を業界の方々や消費者に知っていただく。それがすべての始まりだと思うからだ。

実際に普及に取り組まれた先人方ができなかった物をなぜ僕が出来るのか?それの根拠も分からない。でも多くの人が幸せになれるという根拠は無いが確固たる自信が僕にはあるのだ。だから先ほどのラトビアでのお話は勇気をいただいた。

そしてS様にも僕はその夢をお話しした。S様は聞いている時はただ肯き、言葉では否定も肯定もしなかった。そして熱くなりすぎた僕らのテンションをクールダウンさせる為にも僕らは一度席を立ち、トイレに行く事にした。そこで先ほどは熱くなり過ぎた反省から僕は話題を変えようと思い、僕の夢の別バージョンを話始めた。

「僕はいつか宇宙に行き、そしてハッブルという望遠鏡があるんですが、それの画像のような物をもっと簡単なタイプていいのでその望遠鏡を宇宙空間から覗きたいんです。変な夢でしょ?」

と聞いた。するとS様は驚くべきことを口にした。

「いや~、その宇宙の夢より、先ほどの検査法の普及の夢の方が実現可能ではないですか?」

と言って下さったのだ。まさかこういっては失礼だが、たまたま機内で一緒になった赤の他人に自分の夢の実現の為に背中をおしていただけるとは夢にも思わなかった。他人から見たら馬鹿げたことを言ってるな~、と受け止められると思っていたのだ。それだけに本当に鳥肌が立つ程に嬉しかった。

それからもお話したり眠ったりしながら10時間程のフライトは思ったよりも早く時間が経過した。成田に着き荷物を受け取り入国検査の時点でS様とはお別れになった。実はこれだけ話ていながら僕らは互いに名乗っていなかった。僕は勿論名刺も持っていたのでそれを渡せばもしかしたら何かのついでにS様も遊びにいらして下さるかもしれない。だがそれを僕の営業と受け止められるのが僕は怖かった。だから名刺交換も気が進まなかったのだ。だがお別れの時が来た。S様が先にベルトコンベアから荷物を受け取った。するとS様がこう言って下さった。

「私は○○と言います。この出会いはきっと必然ですよ。」

この瞬間にあ!S様もスピリチュアルな番組見ていたのかなと嬉しくなった。そして僕もやっと自分の名前を名乗る事が出来た。

きっと何処かでまたS様とお会い出来る日が来ると思えたしその時にはもう半歩でも検査法の普及に向けて進んでいますよと前向きな報告が出来る様に今から僕も頑張らなくては!と自然に思えたのだ。

袖触れ合うも他生の縁、なのかもしれない。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://opteriaglassias.blog92.fc2.com/tb.php/1925-bf382d47

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 08月 【13件】
2017年 07月 【18件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム