FC2ブログ

次論公論

 
29
 
先日の大阪市長、府長の同時選挙。民意を受け市長は橋下さん、府長には大阪維新の会に所属し元県議の松下さんがそれぞれ当選された。これによって大阪都構想に着手する足がかりが出来た。逆を言えば足がかりに過ぎないとも言える。今後は法改正も含めて国も動かさなくてはいけない。前途多難であるというのが冷静な分析であろう。

今回の選挙を橋下氏は独裁か?

それとも反独裁か?

という対立軸を設定し選挙戦を戦った。非常にユニークでかつ分かり易いキャッチコピーであった。ただし選挙が終わった今、橋下さんを独裁者と断じるのはまるで筋違いだと僕は思っている。あれはただの選挙上の戦略に過ぎないと僕は認識している。未だに橋下さんを独裁者と非難するのであれば、その橋下さんを支持し支えた民意を非難する事に他ならない。そうなのだ橋下さんは民主的な手続きをふんだ上で自身の理念を貫き通そうとしているに過ぎない。

そういった意味では橋下さんは自身の理念を民に問い、その有権者の支持を得て国の法律まで改正させようとしている。だからトップダウンでもボトムアップでもあると僕は思うのだ。

僕はメガネ業界を改革しようと思っているが正にこれと同じ手順を踏むべきだと思う。僕は提言する。そして有権者の支持を得る。そして初めて改革出来るのだ。橋下さんはテレビ等でもよくお見かけした著名人でもあったし実際に有能でもあったのだと思う。また改革者としては既得権益と闘い抜く胆力も併せ持っていたのだと推察する。

一方僕は残念ながら無名であり、能力も足りずに、また肚も座っているか?と問われれば中途半端と答えざるを得ない。橋下さんはこれから大阪市に入り市役所の解体という業務が待っている。だがテレビのインタビューではあれを民意とは思わないと言いのけた市職員の言葉も紹介されていた。これには驚くばかりだが、問題があっても今飯が食えればそれでよし、改革なんて劇薬は不要だと思う方が意外と多いのだろう。

これが今回は大阪という一つの府での出来事だから可能だったかもしれない。全国レベルで見てみれば民主党も同様にマニュフェストで提言し圧倒的支持を受けて議席を確保した。ところがその後のやり取りでは自民党と何も変わらない。むしろ尖閣諸島での対応等ではこれは及び腰でこんな政党に政権担当能力等無いと一気に民主党にとって逆風が吹く事になった。

今全ての組織や業界で改革を求められていると僕は思っている。だがそれに背を向けて増税路線を突き進む今の民主党にはこれからも逆風が吹き荒れる事だろう。民主党は肚をくくっていないように見えるのだ。今回の大阪の例をだすまでも無く、今は地方行政の方が行財政改革に積極的に取り組んでいる。だが今日本の国家という視点に立ってみればその国家全体の行財政の改革にメスをいれずに足りないから税金よこせとは僕らにしてみれば噴飯ものの類の話だと感じる。やる事はやった、でもどうしても足らないので増税させて下さいという話が自然だ。増してや消費増税は景気後退を促進させ、計算通りに1%で2.5兆円の税収増にはならないと過去の歴史は教えてくれる。また消費税率20%のギリシャはどうなったのだろうか?この事から考えても国家財政の立て直しには行財政改革と次世代を担う産業育成に対するの種まきが本来だと思う。例えば大阪の例であれば一時的には改革中にはきめ細かい行政サービスが出来なくなるかもしれない。だが府の財政再建後にそれを改善しますので一時的にご迷惑をお掛けしますがご協力お願い致します。と財政再建の期限を公約として改革すれば良い。日本という国家単位でも肚をくくれば同じ事がきっと出来る。

こんな素人でも感じる改革が何故日本でも出来ないのか?僕は使い古された言葉だが抵抗勢力という奴がその道を阻んでいるのかなと思う。その正体を曝け出してしまえば後は民意が後押しする。そんな上下の自由な意見交換によるボトムアップでもトップダウンでも無い改革を僕は望むし、それって民主主義の本来の姿ではないのか?と言いたくもなるのであった。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://opteriaglassias.blog92.fc2.com/tb.php/2001-3bb6bbc6

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2019年 10月 【15件】
2019年 09月 【26件】
2019年 08月 【25件】
2019年 07月 【27件】
2019年 06月 【27件】
2019年 05月 【26件】
2019年 04月 【22件】
2019年 03月 【25件】
2019年 02月 【22件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【28件】
2018年 11月 【25件】
2018年 10月 【24件】
2018年 09月 【23件】
2018年 08月 【16件】
2018年 07月 【10件】
2018年 06月 【19件】
2018年 05月 【17件】
2018年 04月 【18件】
2018年 03月 【15件】
2018年 02月 【12件】
2018年 01月 【22件】
2017年 12月 【16件】
2017年 11月 【19件】
2017年 10月 【19件】
2017年 09月 【21件】
2017年 08月 【20件】
2017年 07月 【18件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム