次論公論

 
22
 
しばらく更新が滞りごめんなさい。今日はスッと頭に降りてきたのでとりあえず書いてみます。

何かここ最近忙しく頭の中が混乱していたのかもしれませんね。

それでは次論公論再開です。

僕は近視大国日本という現状は眼鏡店、そして眼科、これらが力を合わせて無理やり作り出していると本ブログで言ってきました。もしかしたらDNAや生活様式の変化にも原因があるのかもしれませんし、近年のPCや携帯電話、携帯ゲーム、そしてタブレットPCの普及。これらは僕らの生活様式を一変させてしまいました。

常に近距離で光る光源を見続ける事が20年前と比較しても大きく増え変化しました。この変化に関して僕は否定する気は毛頭ありません。逆にアイパッドを僕も使っていますがアイパッドを購入してから家のPCは一度も電源を入れていません。スティーブジョブスが言った様に、実際に僕もその生活パターンが変化したのです。

そしてこの生活習慣の変化と言っても良い程のデバイスの変容は眼にも当然変化を求めるでしょう。ですが環境に適応する能力で絶滅を避け命を繋いできた人類もこの視生活環境の急速な変化には近視を進行させる意外に対策が見つかっていない様です。ですが僕らはつい近視=悪と決めつけ、近視が進行すれば度を強くする事を繰り返してきました。そして眼の病気予備軍が出来上がるのです。僕はPCの普及からPCが生活にもっと踏み込み、身の回りに常にある環境が整えば整う程に人は近視を進行させて対応すると言ってきているのです。ですが先程述べた様に近視が進行してしまっては遠くの黒板も見えませんし、運転も出来ません。

ではどうすれば良いのでしょう?

僕は早いうちから目的距離と焦点距離を合わせた目的ごとの眼鏡を複数本所有し近視の進行を抑える、若しくは進行のスピードを緩めるべきだと提言してきました。

更に、弊店では小学4年以下のお子様は僕の検査だけでは度数決定せず必ず眼科医の先生の処方箋を見てから眼鏡を作る様にしているのですが、実はその処方箋が滅茶苦茶だと報告させて頂きました。

具体的に言えば初めて眼鏡を作るお子様の処方箋の多くは近視です。遠視のお子様はもっと幼少期からケアを受けているケースが多いからです。その近視の処方箋を持ってきたお子様の10人中6人は僕に言わせればなんと「遠視」なのです。そんな馬鹿なと思われるかもしれませんし、実際に僕が見させて頂いたお子様の数の分母が足りずに統計データーとしては正確な数値が提示出来ていないと僕は認識しています。それにしても遠視のお子様に近視の眼鏡の処方箋が僕の言っている事が正しければそんじょそこらで出されている事になります。

一体どうしてこんな事が起きるのでしょうか?

そして

こういって間違えて近視の眼鏡を掛けさせられたお子様達は一体どうなっていくのでしょうか?

僕は言います。

「近視の眼鏡を作ればものの半年もたたずにまた度が進むでしょう。そして度を強くします。その繰り返しで強度近視のお子様が出来上がります。更にその繰り返しが今の近視大国日本を作ってきたとも言えるのです。」

と僕は問われれば答えるでしょう。

このブログをご覧になっている読者の方々も、もしかしたら最初の一本目に近視ではなく遠視の眼鏡を掛けていればもしかしたらそんなに近視は強くなっていなかったかもしれません。僕はそんな強度近視の方々とお会いする度になんとかならんものか?と憤るのです。

ただしこういった遠視の眼鏡をかけさせるまでもなく、本当に近視になっているお子様もいらっしゃる事もこれもまた事実なのです。ですが例え本当の近視であっても目的別に眼鏡を複数本所有させれば近視の進行スピードを抑える一定の効果を僕は感じています。何をしても延々と近視が強くなる方もいらっしゃいました。ですが弊店の実績で言えばそれはどちらかと言えばレアケースと言えるでしょう。多くのケースでは進行のスピードを緩めるか、それとも近視の進行そのものを止める事に成功しているからです。

怖い話にはなりますしこのブログでは耳タコ話なのですが、こうやって安直に近視であると誤認し偽近視状態のお子様を近視でしばり本当の近視仕立てあげている現状があり、そしてその方が儲かるからと知らずに喜んでいる可能性がメガネ屋にも、もしかしたら眼科医の先生にもいらっしゃるのかもしれません。この方が怖いですね。自分の生活の為に、自分の営業成績の為に、そして自分の会社の為に、近視が進行するお客様を鴨がねぎ背負ってやってきたと喜んでいる方々がいるのかもしれないのです。勿論多くの眼科医や眼鏡士は真摯に顧客の健康を願っているでしょう。ですが処方箋を見ればその通り作成する事が当たり前になっている眼鏡店、お子様でも散瞳剤を使わない眼科医。このどちらも潜伏性の遠視を自分自身も知らないうちに見逃している可能性があると僕は指摘しているのです。

先日いらしたA君(9歳)も僕に言わせればそのパターンに綺麗にはまります。そのA君のお話しはお休み明けの木曜日に書けたら書きたいと思います。更新が出来ないケースが有る事はどうかご理解下さいませ。

それでは

明日はミスチルのライブで東京ドームに行ってきま~す(^^ゞ

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://opteriaglassias.blog92.fc2.com/tb.php/2247-7045e854

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 10月 【11件】
2017年 09月 【21件】
2017年 08月 【20件】
2017年 07月 【18件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム