次論公論

 
16
 
経済学者でもないのにヨーロッパ発の金融恐慌、そしてその後は紛争レベルではない世界規模の戦争が待っている。だからこそそれを回避する為に僕らは対策を講じていこう。本ブログではそんな次論公論というブログの持つ本来の役目以外の事柄も記事にしてきた。それは

生活全てが政治であるという意味を込めて言ってきた事で、

政治に無関心と言っている方々はご自身の生活に無関心と言っているに等しいですよ。

と警告の意味も込めて門外漢の癖して政治経済ネタを記事にしてきた。政治経済は難しいなんて言っていても自分の生活が苦しくなれば何とかしてとお願いしたくなるのが僕も含めた庶民感情である。だが僕はそれをムシが良いと言ってきたのだ。もしも自身の生活の質を上げたいというのならば、まずは自身の義務を果たす必要があるという事だ。それはもうお分かりかもしれないが、投票行動でもあり、どんな形でも良いので政治参加をするという事だ。

では実際に金融恐慌に備え、そして戦争を回避する術とは何だろう?ここで色々な意味で良い記事があったのでリンクを貼っておく。

経済の死角。

この記事で注目すべき点は二点

①1929年に始まった世界恐慌が終息し、そのきっかけとして第二次世界大戦という景気刺激策があったという事。ただし僕の知る限りでは第二次世界大戦が景気を刺激したというよりは復興需要が景気を下支えしたとみて、1945年以降に少なくとも庶民は景気回復を実感する筈だという事。これは敗戦国、日本国民であればなおさらそう感じるだろう。ともかく1940年か1945年なのかはおいておくが過去の歴史に学ぶのであればこういった世界的なバブルが弾けた場合の世界恐慌は最低でも10年程度はリセッション(景気後退)を多少の上下動はありながらも収縮し続けるという事だ。今回の世界恐慌は2008年のリーマンショックから始まっている。もしも僕の指摘が的を射ているのであればその景気後退は最短でも2018年迄続くと覚悟した方が良い。

②そしてもう1点、この経済学者は緊縮財政は自らの首を絞めるだけだと断じていて、今回のケースでも財政出動をして札を刷れと言っている。そして景気後退から経済成長へ舵を切れと提言している。だが僕は規模を追い求めた成長はバブルの直接的な原因となり、結局その行く末には更なるバブルが待っている。そして何年後かは分からないが必ず、第二第三の世界恐慌と戦争を繰り返す恐れがあると指摘してきた。今回の恐慌は元々が実態経済ではなく金融工学を駆使したバブルで膨らんだ経済がベースなのだから、それを実態経済にまで戻す為に萎む必要があると僕は本ブログで常に指摘してきた。萎む過程を経て僕らは環境を考慮した新しいライフスタイルを構築する必要があると僕は言ってきた。成長はする、だがそれは規模ではなく質の向上を追い求めよ、と言っているのだ。

ノーベル賞だか何だか知らないが、経済学者は経済馬鹿なのだろう。経済という観点でしか物を語れないのかもしれない。もっと大きな視点で人類の行く末のビジョンを描く必要がある。そして本来はそれは政治家の仕事だと思う。100年先の未来を見据えた社会を自身の言葉で語る必要があると思うし、それこそがリーダーシップと言える。経済学者は経済では自身の居場所は作れても多くの人を導く事には不向きだと思うのだ。

今回のギリシャのユーロ離脱が折り込み済みだとすれば、スペイン、ポルトガル、そして最後にイタリアが標的にされる。そこまで行ってしまえば、フランス、そしてドイツも無傷では居られなくなるだろう。そしてそれはユーロという通貨体制の崩壊だけでなく、EUというスキームの崩壊すら意味している。その影響は勿論アメリカ、中国を筆頭に世界へ伝播する。更に僕らの住む日本だって無関係ではいられない。だがそれでも僕は日本は一足早くバブルが弾け、20年掛けて景気後退を繰り返してきた。逆にそれが功を奏すると読んでいる。そしてそれが円の独歩高に繋がっている。そんな日本だからこそ50兆円規模の財政出動をしても良いのかもしれない。それで円安に導く、だがこれは短期的な視点であり小手先だと僕は感じる。今後札を刷る競争が始まり、その後は今度インフレに歯止めが利かなくなるのが最悪のシナリオだからだ。だから僕は日本先頭をきって経済収縮を甘んじて受け、そしてそれでも成り立つ経済モデル、いや国家像を作りだす必要があり、そして緊縮財政を強要しても暴徒化しない日本国国民としての国民性がそれの実現を後押しするとさえ思っている。かと言ってこの経済学者も言うように、このタイミングで消費増税は最悪だと言わざるを得ない。

その前にやる事があるだろうという事だ。そしてそんな国民の生活に直結するニュースを大きく報じないメディアの有り方にも苦言を呈したい。陰謀論者はネットではオウムの高橋容疑者逮捕のニュースをわざわざ民自公の与野党三党が消費増税で合意したというニュースを隠す為に逮捕のタイミングを合わせたと訝しがっている。そこまでやるか?と思いながらもメディアと司法、そして検察の信用が地に落ちた今では、それも充分に有り得ると思ってしまう自分が怖いと思う今日この頃だった。

せめてそこくらいは信用したいと思うのだ。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://opteriaglassias.blog92.fc2.com/tb.php/2268-e34040c9

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 08月 【18件】
2017年 07月 【18件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム