次論公論

 
17
 
昨日は暗く、不安で一杯になりそうな記事を書いたが、大先輩のブログで素晴らしい記事があったのでご紹介したい。

アイウェアショップ北斗さん。←元ネタはこちら

ちょっと長いけどそのままコピペする。

(引用始め)よく聞かれる事ですがお店や商店街をを活性化するにはどうしたらいいかと・・・・聞かれることが多い。.

社長が社長室にいて売り上げ書類を苦虫つぶしたような顔で見てる店や、お店のスタッフがイキイキしていない店がいくら集まっても商店街にはならない。
楽しくないところに人は集まらないから商店街の人通りは減る一方。
大型店が出て来たから商店街がすたれたわけではない。
活性化ののためにいくら改装して綺麗な店や通りにしても人が来ないのは当たり前。
店が死んでいるからだ・・・店主の顔が見えない店、自動販売機のような接客しかできない店はどう考えてもお客様にとって楽しくない。
メガネ屋の接客例で言うと・・・・
「新製品です。」
「チタンだから軽いです。」
「○○のブランドです。」
「セットでお安いです。」
「形状記憶合金だから壊れないです。」

こう言っているお店がいかに多いか!.

いつも私はこう尋ねる・・・
「お店は何屋さんですかと・・・?」.

大抵の方は・・・・
「メガネ屋です。」「洋服屋です。」「バック屋です。」・・・と答える。.

「どんなメガネ屋さんなのですか・・・?」「どんな洋服屋さんなんですか・・・・?」「どんなバック屋さんなんですか・・・・?」と・・・問いかけると・・・.

大抵の方は・・・・
「メガネの専門店です。」「洋服の専門店です。」「バックの専門店です。」と・・・答えが返ってくる。.

「専門店ってなんですか?」と・・・問いかけると・・・・
大抵の方は口ごもり・・・そこで会話が途切れる。.

この答えが出来る小売店しか、これからは生き残れないですよ・・・と言うと・・・
怪訝な顔をされる方が多い。.

8年前まではeyewearshop 北斗もメガネ専門店ですとしか答えられなかった。
今はeyewearshop 北斗は「メガネをかける事の楽しさを販売している眼鏡店です。」と言える。
そのために鯖江や東京の展示会にでかけ自分の目でメガネをセレクトした。
儲かるだけのメガネから4年かけてお客様が楽しくなるメガネに入れ換えた。
ブランドや売れているデザインだからでメガネを仕入れる事は今はしない。
eyewearshop 北斗のお客様が楽しく素敵になって行けるメガネだけを仕入れている。.

接客は特に重視している、メガネを身に着けてお客様がどう変わるかをお伝えしている。
だから2時間の接客は当たり前。
イベントもeyewearshop 北斗のイベントに参加する事でお客様の人生が自然に豊かになって行く事を企画している。
変われば変わるもんです。(笑)
人間って目的をきちっと持つと変われるもんですね。
自分の体型を維持するのも当たり前、二度とデブにはならない。
お客様を楽しくお迎えできる空間と時間を作るために何度も改装を繰り返している。
接客も店作りも終着点はない。
日々努力をしていかなければ生き残れない。10年後のeyewearshop 北斗は「こんな店です」とお客様に言えるようになっているか・・・今から楽しみにして日々努力していきます。(引用終わり)

僕は、僕はどんな努力をしてどうやったらこんなお店ですと言い切れる程の自信に満ちた言葉を発せられるのだろう?今の僕はどちらかというと他力本願、お店を開いてから様々な方との関わりの中で生かされてきた気がする。僕のビジネスコンセプトが秀逸だったからお店が七年持ったなんて口が裂けても言えない。

検査法は師匠の受け売り、開業の費用は奥様に頼り、お客様が一生懸命僕のお店を紹介してくれてる。僕はただそれが嬉しくって、時には恐縮し、何とかご恩を返したいと走り続けてきた7年間だった。震災の時にはお店を心配してとは一切言わずに、ふらっと現れて節電の為に照明を落とした薄暗い店舗でさっと応援票の様に眼鏡を買ってくれたお客様の顔が眼に浮かぶ。そんな皆に支えられていないと糸の切れた凧の様にどっかに行ってしまいそうな僕でも理想の眼鏡屋像というのは頭に浮かんでいる。

それは

お客様のご要望に(価格以外で)全てYESと答えられるお店だ。それが無理難題である事は分かっているし、もしかしたらそれは一生掛かっても実現不可能かもしれない。でも量販店がシェアを独占している今だからこそ、僕ら専門店は量販店に出来ない事を求められていると僕は思う。少なくとも一年前より今の方がNOと答える回数を減らす企業努力を惜しまず続けたいと思っている。

量販店は規模があるからこそ出来る事(価格を下げる事)を追い求めて価格訴求に答えられば良い。量販店はその過程で手間を省く事を追求する。だからこそ僕らは手間を惜しまず質の向上を追い求める必要がある。

そして僕は差別化の第一歩として両眼視機能検査をお店の武器として少しでも両眼視にストレスを掛けず、バランスよく眼を使える環境整備に一役買えるかを追求している。

だがその検査法ですら実はお店のコンセプトの一部に過ぎない。枝葉であり幹は他に有るという事なのだ。

その話はまた次の機会にでも…。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://opteriaglassias.blog92.fc2.com/tb.php/2269-871496c6

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2017年 08月 【13件】
2017年 07月 【18件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム