FC2ブログ

次論公論

 
01
 
ここ数日、中東とイギリス、アメリカとの間がきな臭くなっている。イランの核開発、英兵拘束が双方の言い分らしい。

イラクでの失敗に懲りていないのか?


ブレア首相は
ブレア英首相は30日、イランで新たに領海侵犯を認める男性兵士の映像が放送されたことを受けて、イランの対応は理解できないといらだちを示し、「イランへの嫌悪感を高めるだけだ。このような態度をとり続ける限り、イランはますます孤立するということを肝に銘じるべきだ」と、厳しい口調で非難した。(産経新聞)


イラン側は
イランの国営アラビア語衛星テレビ局アルアラムは30日、イランがペルシャ湾で拘束した英兵15人のうち1人が「許可なくイラン領海を侵犯した」と告白する新たな映像を放送した。また、イランのファルス通信は同日、同国のアフマディネジャド大統領が、トルコのエルドアン首相との電話会談で、英政府に謝罪を要求したと報じた。(産経新聞)


アメリカは
米国務省は30日、イランの核開発・ミサイル製造にかかわっている同国の軍需企業「防衛産業機構」の資産を凍結すると発表した。昨年12月に採択された国連安保理の対イラン制裁決議などの下で、同機構は既に制裁を加えられているが、国務省は締め付けを徹底するため、先に採択された新たな安保理決議に沿い、重ねて制裁対象とした。 (時事通信)


ロシアは
 国営ロシア通信は31日、ロシア軍事筋の情報として、ペルシャ湾に展開中の米軍が4月前半にもイランへの攻撃を開始する可能性があると報じた。また、複数の露メディアは、イスラエル特殊機関に近い電子メディアが露軍事筋から得た情報として、攻撃開始が「4月6日未明」の予定だと伝えた。(産経新聞)


と報じた。まるで開戦前夜のようである。イラクでの失敗はイラク米国双方の尊い犠牲者の命は何の為に失われたのか?僕は憤りを感じる。


そして国際社会はこれでも英米にべったりな日本であるのか?と日本の動向に注目している。


結論から述べると僕は英米にべったりせざるを得ない状況だと考える。
アジアでは中ロと日米そして北朝鮮まで絡まり、
もはや軍事力無しではまともな外交交渉すら出来ない状況だと考える。
そこで日本も核武装をすべし、というのはやり過ぎだし、亜細亜の国々が許さない。
また自身の国を守ろうとする気概のある若者がどれだけいるのか?
その分の軍事費の負担を、ただでさえ苦しい庶民が支えきれるのか?
ここは米国の核の傘にしっかり収まっていた方が
短期的に国益になるのではないのだろうか?
米英支持を打ち出した時点でイスラエルやサウジ、エジプトを除く
中東諸国は反日にまわる事だろう。
所が外交政策という物を考える時に重要視しなければならないのは、
地域的近接だ。この場合、極東地域の混乱の方が日本にとって、
直接的リスクが大きいのだという事をお伝えしなくてはならない。
あくまでも一例だが、北朝鮮のミサイルは日本をかなりの確率で狙えるが、
中東から、日本を正確に狙うにはかなりの精度が必要だ。
この違いを政治家は考えるはずだ。


しかし日本は外交努力として非軍事的な手法で、
中東に貢献する為の施策を提案し、戦争回避の努力をするべきだとも考える。
二枚舌と言われようが、今米英もイラク、アフガニスタン、イラン、そして北朝鮮と
これらの地域に一斉に部隊を分散する方がリスクだと、
日本の政治家も表では米英支持を打ち出し、
裏では思いとどまらせる方向に意見してみてはいかがだろうか?
それこそ大人の関係だ。また外交と云うものは
二枚三枚の舌を使いこなした者が勝つのではないか。


人は失敗を繰り返さない様に努力すべきだと僕は考える。
その為には失敗から何かを学ばなければならない。
それでなければ失敗した意味が無い。
それではイラン、米英は何を学んだのだろうか?
今回の英兵の領海侵犯は外交上の挑発であろう。
それにイランはまんまと乗っかってしまったのだ。
何も相手に先制攻撃の理由等作らず、
国際世論を見方につける事の方が余程イランにとっては得策ではないのか?
ただし今回の挑発に乗らなくとも、必ず米英は挑発し続ける事から考えてみても、
核放棄しなくては敵対関係の精算にはならないのであろう。
そしてそれはイラン国民にとって敗北を意味するのだ。


ここで政治家たるものは


敗北であろうとも負けなければいけない時も有る。
                     国民の命こそが自国の宝だ。我慢してくれ」


と諭す器は無いものだろうか?
太平洋戦争の時の日本もそれが出来ずに無残な戦争をしてしまい
多大な犠牲者を生んでしまった。これも過去の失敗からの教訓だ。


僕は眼鏡しか作れない。でも眼鏡業界の事だけ考えていても
業界の利益にならない事がある。戦争中に眼鏡もくそもあったもんじゃない。
また戦争がもし日本で起こってしまったら、
折角僕の作った眼鏡で生活が楽になった方々を亡くすかもしれない。
「戦争」という言葉を思い浮かべるだけで寒気がする。
平和と言葉で言えば、戦争は無くなるものでもなく、
反戦と言ったって始まる時には国民の意思等関係無く始まる。


でも国民が開戦を望んだときには、手がつけられなくなる、常に冷静であれ。



Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://opteriaglassias.blog92.fc2.com/tb.php/51-10572f79

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

英兵士拘束で米軍がイランを攻撃?(国営ロシア通信) - ブログで情報収集!Blog-Headline

「英兵士拘束で米軍がイランを攻撃?(国営ロシア通信)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =200... 2007.04.01 18:52

Home

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2018年 12月 【13件】
2018年 11月 【25件】
2018年 10月 【24件】
2018年 09月 【23件】
2018年 08月 【16件】
2018年 07月 【10件】
2018年 06月 【19件】
2018年 05月 【17件】
2018年 04月 【18件】
2018年 03月 【15件】
2018年 02月 【12件】
2018年 01月 【22件】
2017年 12月 【16件】
2017年 11月 【19件】
2017年 10月 【19件】
2017年 09月 【21件】
2017年 08月 【20件】
2017年 07月 【18件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム