FC2ブログ

次論公論

 
26
 
同じ第二次世界大戦での同盟国でもあり、敗戦国でもあるドイツでのお話だが、従軍慰安婦の強制連行に軍部が関与し、国策として慰安婦を集めたことを公式に認めた。一方日本では安部首相が関与はあるといったり無いといったり、別に安部首相に限らず過去に何度も中国や韓国をいらつかせてきた経緯がある。これは安部首相のいう「美しい国」のイメージにそぐわない為か。それが現在の同盟国であるアメリカの反発をくって、慌てて「河野談話」に準ずると言い換えたり、一体何をいいたいのか?これは戦前戦中の日本を見直そう、今まで日本はず~っと誤ってきた。いや誤りすぎた。なのでもう少し反省するという立場から誇りを取り戻そう!という決意の表れではないか?

このようにドイツでは戦中の自国を反省し、同じ過ちを繰り返さないという態度に
一貫出来て、なぜ日本ではそれが出来ないのか。これはドイツ国民自身がユダヤに
対するジェノサイドを認めている点と、日本はナチスとは違う、という自負に差異がある。これに関して僕の知る限りで言うと従軍慰安婦に関してと東京裁判についての
2点に整理しないと混乱してしまう。ただしこの問題を切り離す類の
問題でも無いということだ。まず慰安婦に関しては強制連行は有ったと認識している。
ただし自分の身内を守る為に自ら立候補した人もいるらしいのだ、
ここにこの問題の複雑さがある、僕らは歴史を勉強したがそれを


「知っている訳ではない。」


つまり過去の資料から推察するしかないのだ、ここでこのブログの読者にお伝えしたいのは、上記の通り大別すると強制された立場と自ら手を挙げた例と二つに分けられると、僕が言っている。ということに過ぎないと理解していただきたい。
これが事実かどうかを検証出来る資料も知識も僕にはない。
ただそう言っている奴がいるだけだ。


もう一点、ナチスと日本が同様か?という問に対し
東京裁判という裁判についてを僕の次論をご紹介したい。
まずこの裁判は戦勝国が敗戦国を裁くという特異な裁判であったこと。
これだけでも充分におかしな裁判だと感じていただけるだろう。
更に東条英機をはじめ極刑に処されたのは政治家や軍部の主要なメンバーだったこと。そもそも戦争行為そのものは国際法上でも認められている外交手段だ。
では日本を導いた指導者達はその戦争行為が違法だと言われたのか?
否、その部下や末端の兵士の行った行為について、
それを非人道的な行為として裁かれた。
所がここに並べられたA級戦犯達は国民からの選挙で選ばれている。
更に弱腰外交を口にするだけで暗殺さえされかねない時代だ、
国民も欧米列強のアジア進出を脅威に感じ、
そこに三国干渉で辛酸をなめさせられた。
戦争に進む道を国民も支持した時代だったのだ。(これに対し2.26事件を見ても分かるように軍部の暴走だという意見もあるが、その軍人も国民だ、というのが僕の見解だ。
この失敗から学べる事は軍人は政治に関与するな。政治化の駒であれということくらいか。)



僕に言わせればこの戦争での行為を犯罪とするならば国民全てを裁きなさい。
と声を大していいいたい。それは当然不可能なのだから被告全員無罪だと
インドのパル判事も言っている(逆に言うとパル判事しか言わなかった。)
戦時に不幸なことだが犠牲になるのは女性、子供、老人の弱者だ。
その方達が犠牲になるのは当然痛ましいことだと僕も思う。
ところがアメリカも含めて過去の戦争中に軍部の末端まで統制がとれていて
一切の犯罪行為を行わなかった例は無い。
それはベトナム、イラクでのアメリカ兵の行為を見れば一目瞭然だ。
それらの国が日本を裁くのだから片腹痛いというのが僕の実感だ。



更に日本軍のジェノサイドについては「南京大虐殺」が有名だ。
ところがこれについても諸説ある。これも僕の知る限りだが、
被害者側の中国が出した証拠及びそれに基づく虐殺人数は到底理解できない。
何しろ当時南京に居た市民以上の人数を虐殺したというのだ。
なので僕は中国のプロパガンダだと考えている。
ただし当然無抵抗の一般市民を殺傷した事例はあったであろう。
レイプもあったと考えるのが自然だ。ではそれを虐殺と言ってよいのか?
僕は軍部の末端の暴走といってよいと思う。
だが繰り返すが過去の戦争中にそれらが1件も報告されなかった事例を僕は知らない。では日本は、ドイツがユダヤに対して行ったように
中国国民全員皆殺しを企んでいたのか?
それも違う。当然そんなことは不可能であろう。




というようにナチスと日本は同列に扱うべきではない。というのが次論だが
海外から見るといまだに同列に扱う論調も多く見受けられる。
なのでドイツに出来て、何故日本に出来ないのか?と疑問視される訳だ。



戦争犯罪が当然のように行われ、アジアの国々を戦禍にに巻き込み多大な迷惑を掛けた。


こう一つにされることが日本の公益にはなっていない。戦争犯罪をいうならば、
それをしているのは日本だけではない。ましてや日本はナチスとは違う。
これとアジアの国に対する責任とは別の問題だ。
この日本は駄目な国だったというイメージを払拭させることを狙って発言する者がいる。
ところが東京裁判はもう覆らない。この事実は動かしようが無い。
そうであるならば本意ではないが、日本の戦中を美化するよりは認める所は認めて、
次のステップに進んだほうが国益になっているのではないか?
少なくとも今までの日本は謝りすぎた。
また外圧に屈して来た歴史は黒船来航依頼続いている日本の悪しき伝統だ。
まずは外圧を受けないスマートな外交を僕は望む。
その為なら僕はアジアの国々の方に対して土下座しても良いと心底思っている。
でももし僕に子供が出来たらその子供には土下座をさせたくない。


これは我が儘だろうか…


Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://opteriaglassias.blog92.fc2.com/tb.php/72-6364b8c2

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

眼鏡屋の店長のブログです。

初めていらした方は、最初に僕の【プロフィール】を見ていただくと僕のスタンスが分かるかと思います。

また業界用語が数多く出てきますので、その場合は【次論公論用語解説】をご参照下さい。

ちなみに【グラシアス文庫】では小説も書いてるよ!!!

ランキング参加しています。
良かったらクリックお願いします。

グラシアスの店長

FC2ブログランキング

カテゴリー



最近のコメント

月別アーカイブ

2018年 12月 【13件】
2018年 11月 【25件】
2018年 10月 【24件】
2018年 09月 【23件】
2018年 08月 【16件】
2018年 07月 【10件】
2018年 06月 【19件】
2018年 05月 【17件】
2018年 04月 【18件】
2018年 03月 【15件】
2018年 02月 【12件】
2018年 01月 【22件】
2017年 12月 【16件】
2017年 11月 【19件】
2017年 10月 【19件】
2017年 09月 【21件】
2017年 08月 【20件】
2017年 07月 【18件】
2017年 06月 【25件】
2017年 05月 【26件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【23件】
2017年 02月 【20件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【28件】
2016年 11月 【24件】
2016年 10月 【22件】
2016年 09月 【21件】
2016年 08月 【21件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【17件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【22件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【13件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【16件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【28件】
2014年 06月 【33件】
2014年 05月 【33件】
2014年 04月 【32件】
2014年 03月 【32件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【38件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【33件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【36件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【26件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【39件】
2012年 10月 【42件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【39件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【26件】
2012年 04月 【47件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【42件】
2012年 01月 【45件】
2011年 12月 【48件】
2011年 11月 【41件】
2011年 10月 【58件】
2011年 09月 【47件】
2011年 08月 【44件】
2011年 07月 【52件】
2011年 06月 【44件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【44件】
2011年 03月 【57件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【47件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【49件】
2010年 10月 【59件】
2010年 09月 【28件】
2010年 08月 【28件】
2010年 07月 【29件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【24件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【29件】
2010年 02月 【29件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【29件】
2009年 11月 【32件】
2009年 10月 【37件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【33件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【29件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【28件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【27件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【29件】
2007年 12月 【26件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【27件】
2007年 07月 【32件】
2007年 06月 【32件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【18件】
2006年 03月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2004年 03月 【1件】

最近の記事

アンケートコーナー

ブログ内検索

プリズム次郎の用語解説


リンク

アクセスカウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム